暮らしのお悩み解決サイト

パソコンの処分方法おすすめ7選!無料で直接持ち込みできる?

パソコンの処分方法おすすめ7選!無料で直接持ち込みできる?

パソコンやモニターは、燃えないごみや粗大ごみとして捨てることができません。作ったメーカーに引き取ってもらったり、パソコンショップに直接持ち込んで回収してもらう必要があります。ここでは、パソコンの処分方法と、安全にデータを消去する方法、データの移行方法についてご紹介します。

 


2003年から資源有効利用促進法がスタートして、パソコンやモニターは粗大ごみとして捨てられなくなりました。パソコンにはメールアドレスのほか、ネットバンキングやクレジットカード情報など、個人情報がつまっているので安全に捨てたいですよね。

長年使用していくうちに、たくさんの個人情報がどんどんつまっていったパソコン。いざ買い換えるとなると、どうやって処分をしていいのか、とても悩みますよね。お世話になったパソコンにお別れを告げ、新しいパソコンを迎え入れるために、パソコンの正しい処分方法を知っておきましょう!

パソコンの処分方法おすすめ7選!

増え続けるゴミ問題がエスカレートすることを懸念し、パソコンは資源有効利用促進法(通称 PCリサイクル法)という法律によって、処分をする際はメーカーの自主回収、もしくはリサイクルが義務付けられています。

それでは、わたしたちがパソコンの処分をするときに、どのような処分方法があるのかみていきましょう。

1 パソコン宅配回収を頼めば、基本的に「無料」

ネット検索で「パソコン回収」「パソコン廃棄」で検索すると、無料でパソコンを回収してくれる会社が見つかります。リネットジャパンのように国が認定していて、東証マザーズに上場している企業もあります。

いらなくなったパソコンをダンボールに詰めて、電話やインターネットで申し込むと集荷に来てくれて無料で回収してくれるというサービスです。

パソコンリユース企業は、古くなったパソコンを回収し、再利用可能なパソコンに生まれ変わらせ、再度製品として市場に送り出します。基本的には無償で廃棄をすることが可能ですし、データの消去も行ってくれます。

宅急便(着払い)で送るだけなので、手早く簡単に処分ができる方法として人気です。

2 パソコン製造メーカーによる回収は「無料」

処分をしたいパソコンを作ったメーカーに直接処分を依頼する方法です。PCリサイクル法に基づき、PCリサイクルマークがついているパソコンに関しては無償で回収をしてくれます。

※PCリサイクルマークとは
平成15年(2003年)10月以降に販売された家庭向けパソコンに貼付されているマークです。

このマークが貼付されていないと有償回収となります。なお、メーカーによる有償回収は、3000円~4000円ほどになるようです。

データの消去は基本的には自己責任となります。メーカーによっては買い取りを行っていることもあり、回収方法や処分方法もそれぞれ異なるため、メーカーの窓口へ問い合わせをしてみると良いでしょう。

一般社団法人パソコン3R推進委員会のページに、各パソコンメーカーのパソコン回収問い合わせ窓口一覧があります。

パソコン3R推進委員会:メーカー受付窓口一覧

http://www.pc3r.jp/home/partner_list.html

家庭系PCリサイクル・使用済みとなったパソコンを回収・リサイクルする仕組みです。

3 地域によっては自治体で「無料」で回収してくれる

平成25年(2013年)から施行されている、小型家電リサイクル法に基づき、地域によっては自治体が回収を行ってくれる場合があります。お住まいの市区町村のゴミ処理担当に問い合わせてみましょう。

データの消去に関しては、適切な管理が義務づけられていますが、事前にデータを消去しておくことが推奨されています。回収や処分方法は自治体によってそれぞれ異なるため、自治体による回収を希望する場合は、お住まいの地区町村へ問い合わせをしてみましょう。

4 家電量販店やパソコンショップに直接持ち込みすると「無料」?

もし新しいパソコンを購入する予定があるなら、購入する際に家電量販店やパソコンショップで回収をしてもらうこともできます。前述のPCリサイクルマークが貼付されていれば無償で回収をしてもらえますし、下取り扱いとなって値引きサービスを受けられることもあります。新しいパソコンを購入するときにお店に確認をしてみましょう。

また、中古のパソコンを取り扱っているパソコンショップであれば、買い取ってもらえる可能性もあります。処分をしたいパソコンが正常に動作している場合は、査定してみるのも良いでしょう。

5 オークションに出品すると「高値」がついて儲かる場合も

もし処分したいパソコンが正常に動作するようでしたら、オークションで売ってみても良いでしょう。少し故障をしていたり、汚れていても、びっくりするような高値で売れることがあるかもしれません。

また、パソコンが完全に動作しなくても、オークションでは、パソコンを分解して部品単位で売ったほうが高値がつく場合もあります。専門的な知識をお持ちの方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

6 不用品回収業者を利用する

引っ越しなどが理由で、パソコンの処分と同時にほかの不用品も回収をしてもらう予定がある場合は、不用品回収業者を検討してみても良いでしょう。

データの消去は行ってくれませんので、必ず事前に済ませておきましょう。

【PR】30秒で無料オンライン査定!パソコン宅配買取
パソコン 買取

 

7 ジャンクショップに回収してもらう

もし処分をしたいパソコンが壊れてしまっているなら、秋葉原の「ショップインバース」のようなジャンクショップを利用する方法もあります。ジャンクショップは、壊れたパソコン部品をジャンク品として販売しているため、回収をしてもらうことができるでしょう。

ジャンクショップでは、個人情報データの消去は行ってくれませんので、事前に必ず済ませておく必要があります。

 

パソコン種類別、5つの処分方法一覧

あなたが処分したいパソコンはどのような種類ですか?実は、パソコンの種類によって、処分方法が少し変わってきます。種類別のパソコンの処分方法をみてみましょう。

1 デスクトップパソコンの場合

デスクトップパソコンの処分をしたい場合、パソコンリユース企業やメーカー、パソコンショップで回収をすることが可能です。

パソコンの回収を実施している自治体であっても、デスクトップパソコンの回収は行っていないこともありますので、お住まいの地域のゴミ処理担当部署に問い合わせをしてみましょう。

2 ノートパソコンの場合

ノートパソコンの処分をしたい場合は、パソコンリユース企業、メーカー、パソコンショップ、パソコンの回収を実施している自治体へ回収を依頼しましょう。

ただし、液晶が割れてしまっている場合は、パソコンリユース企業での回収は不可となっています。

地方自治体やメーカーであれば液晶が割れてしまっていても回収が可能となります。破損状態がひどく、液晶が割れて危険な場合は、回収ができないこともありますので確認してください。

3 液晶一体型パソコンの場合

液晶一体型パソコンの処分をしたい場合は、パソコンリユース企業やメーカー、パソコンショップでの回収を依頼しましょう。パソコンの回収を実施している自治体での回収を希望する場合は、液晶一体型パソコンの回収は行っていない場合がありますので、確認が必要となります。また、液晶が割れてしまっている場合は、パソコンリユース企業での回収は不可となります。

4 タブレットやスマートフォンの場合

タブレットやスマートフォンの処分をしたい場合は、パソコンリユース企業、メーカー、パソコンショップ、パソコンの回収を実施している自治体へ回収を依頼しましょう。

液晶が割れてしまっているものについては、やはりパソコンリユース企業での回収は不可となります。

なお、携帯会社が販売しているタブレットの場合、メーカーだけでなく、それぞれの携帯会社のショップへの持ち込んで回収してもらうことができる場合がありますので、近くにショップがある場合は確認をしてみても良いでしょう。

5 その他(ブラウン管パソコンなど)


その他、処分をしたいパソコンがバラバラな状態になってしまっている場合は、パソコンリユース企業やメーカー、パソコンショップでの回収はできませんので、廃棄処分業者やジャンクショップなどを利用すると良いでしょう。また、自治体によっては不燃ゴミや粗大ゴミとして回収をしてくれる場合もありますので、確認をしてみましょう。

処分をしたいパソコンがブラウン管の場合は、パソコンリユース企業やパソコンショップでは回収をすることができませんが、メーカーによる回収ができる場合がありますので、メーカーに問い合わせをしてみると良いでしょう。

処分前に必須!データ移行の方法4つ

さて、パソコンの処分方法が決まったら、今度はパソコンの中にあるデータのことが心配になってきます。今まで使っていたパソコンのデータが、処分と同時にきれいさっぱり消えてしまったら大変です! 新しいパソコンにデータを移行させるにはどのような方法があるのかみていきましょう。

1 転送ツールを利用する

パソコンに搭載されている転送ツールを使えば、転送ツールケーブル(1000円~3000円)や、外付けハードディスクUSBメモリなどを使って、簡単にデータの移行を行うことができます。また、少し設定がややこしくなりますが、処分をするパソコンと新しいパソコンをLANで接続してデータを移行する方法もあります。

2 外付けハードディスクやUSBメモリを利用する

転送ツールを使わずに、外付けハードディスクやUSBメモリなどに直接データをコピーし、新しいパソコンへ移行する方法です。この方法でデータを移行する場合は、転送するデータをひとつのフォルダにまとめておくと移行しやすいでしょう。

3 有料版ソフトを利用する

有料版ソフトを利用するメリットは、転送ツールを使っても移行することができないアプリケーションソフトの移行ができたり、故障して動かなくなってしまったパソコンからデータを移行できる機能があったりと、ソフトによって機能は異なりますが、安心、そして安全に、納得のいくデータ移行を実現してくれるところにあります。安全かつ確実にデータの移行を行いたい方は是非利用してみてはいかがでしょうか。

4 クラウドストレージを利用する

クラウドストレージとは、web上にデータを保存しておくための倉庫のようなものです。 処分をするパソコンのデータをクラウドストレージ上にバックアップし、新しいパソコンと同期をして、簡単にデータの移行をすることができます。

ログインをするだけでほかのパソコンやスマートフォンからもデータの確認をすることができますし、とても便利なサービスなので、ぜひ利用してみると良いでしょう。

ハードディスク内のデータを確実に消去する3つの方法

データをゴミ箱に捨てても、ハードディスクにはデータが残っています。パソコンが全く動作しない状態でも見られなくなっているだけで、中に個人情報が残っています。

パソコン内の個人方法が流出してしまうことによって、自分だけではなく、他人に迷惑がかかってしまう場合もあります。個人情報流出によるトラブルを未然に防ぐために、データの消去はしっかりと責任を持って行うようにしましょう。

1 ハードディスクをドリルやハンマーで破壊

データ消去の方法として、パソコンからハードディスクを取り出して破壊する方法があります。ハードディスクは必ずしも捨てる必要は無いので、バックアップ用として保管しておくこともできます。

破壊方法は、ドリルで穴を開けたり、ハンマーで叩いたり、水につけたりする方法が一般的です。パソコンの分解をする必要がありますので、自信がない方は無理をせず、ほかの方法でデータの消去を行うことをお勧めします。

2 データ消去ソフトを使って消去

データ消去ソフトを利用すれば、自分で簡単にデータを消去することが可能です。インターネットで「パソコン データ 消去」で検索すると、消去ソフトを見つけることができます。

データ消去ソフトを使用すると、パソコン内のデータが記号や数字といった無意味なデータに上書きされ、読み取りができないようにしてくれます。

データ消去ソフトは、フリーソフトでも十分です。パソコン本体にプレインストールされていることもあります。有償のものを利用する場合は、大体5000円程度で購入することができます。

3 専門の業者やメーカーに依頼

回収依頼先がデータ消去を行ってくれる場合もあります。業者によっては、完全にデータを抹消したことを証明する書類を発行してくれる所もあります。

まとめ

パソコンがわたしたちの生活に必要不可欠な存在となっていく中で、増え続けるゴミ問題のエスカレートが懸念され、その処分方法はPCリサイクル法という法律によって定められるようになりました。わたしたちはパソコンの処分をするとき、この法律に基づいて正しい方法で処分をする必要があります。

また、パソコン内に保存されている個人情報の流出を防ぐ点に関しても、わたしたち自身が自らの手で行うか、もしくは信頼できるプロに依頼をするなど、責任をもって対処する必要があります。

わたしたちがいつもお世話になっているパソコンですから、処分をするときも感謝の気持ちをこめて、正しい方法で処分をしてあげてくださいね。

【PR】不用品のことならお任せください。満足度93%以上!

お片付け人気業者ランキングTOP2にランクインしたエコピットは不用品片付け業者です。24時間相談可能、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県に対応。多数の店舗がありすぐに回収依頼が可能です。定額制の基本料金に加え、様々な要望に柔軟にも柔軟に対応してくれます。

エコピット

\お客様満足度 93%!/

ご相談件数23万件突破!!

 

  • ●365日年中無休受付
  • ●夜遅い時間も相談可
  • ●すぐに回収伺えます
  • ●ゴミ分別すらも不要

 

関連する投稿


キーボードの掃除水洗い6ステップと外さない方法!楽々便利アイテム11選

キーボードの掃除水洗い6ステップと外さない方法!楽々便利アイテム11選

パソコンのキーボード掃除に便利なグッズをご案内しています。また、キーボードを分解掃除して水洗いする方法も紹介しています。キーボード掃除の時だけ無効化させるソフトや、100均で買える掃除グッズも調査しました。


引越しのゴミ処分方法7つ!粗大ごみ回収・間に合わない場合・どうする?

引越しのゴミ処分方法7つ!粗大ごみ回収・間に合わない場合・どうする?

引越しの際に出るゴミや不用品を処分する方法について、7つのポイントを紹介します。それぞれの具体的な処分方法や、処分する前の準備についてチェックして、引越し前にゴミを片づけましょう。また、不用品業者を利用する際の費用や選び方についても解説します。


自作PCの処分方法は8ステップで!

自作PCの処分方法は8ステップで!

自分で組んだパソコンの処分方法についてまとめました。自治体の小型家電回収ボックスでの処分方法や、自作パソコンをオークションに出品する時の注意点、無料もしくは送料だけで自作パソコンを処分してくれる業者などを解説しています。


不要な家具を売ってお金に!処分する5つの方法と業者選び3つのコツ

不要な家具を売ってお金に!処分する5つの方法と業者選び3つのコツ

家具を処分するのならお得な方法で! 粗大ごみに出すと費用がかかりますが、リサイクルショップに買い取ってもらえばお金になりますし、フリーマーケットやオークションで売ることもできます。不要な家具を処分する方法と、家具のリサイクル業者の選び方をご紹介しましょう。


家電リサイクル特定4品目の処分方法5つ!エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯

家電リサイクル特定4品目の処分方法5つ!エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯

家電リサイクル法で特定家電四品目に指定されているエアコンやテレビ、冷凍・冷蔵庫、洗濯機・衣類乾燥機の処分方法をご紹介します。リサイクル回収や収集運搬にかかる費用や、注意点についても解説します。


最新の投稿


シラミの駆除方法と予防方法!原因は?大人でもなるの?

シラミの駆除方法と予防方法!原因は?大人でもなるの?

シラミに聞く薬剤が普及し衛生面も良くなったことから、”シラミとは無縁”と思っていませんか?実はある年代を境に急増しています。被害に遭った時のために、「駆除方法、原因、予防対策」などの知識を得ましょう。


雨漏りの応急処置方法!場所別に詳しくご紹介します【プロ監修】

雨漏りの応急処置方法!場所別に詳しくご紹介します【プロ監修】

突然の雨漏りでどう対処したら良いか慌てた経験はありませんか?本記事では自分でできる雨漏りの応急処置方法や対策を詳しくご紹介します。雨漏りに対する心構えから原因・調査方法、対処方法を知って、雨漏りから住まいを守るための参考にしてください。


床暖房リフォームの費用相場や期間。マンションでもできる!【プロ監修】

床暖房リフォームの費用相場や期間。マンションでもできる!【プロ監修】

真冬でも暖かく快適に過ごせる床暖房は、今や人気の設備の一つです。 そのため、いつかは床暖房にリフォームしたいと思っている方も少なくないでしょう。本記事では床暖房の種類やリフォーム費用の相場、我が家に最適な床暖房の選び方などをわかりやすく解説します。


屋根リフォームの費用相場!種類別事例4つ・時期は?【プロ監修】

屋根リフォームの費用相場!種類別事例4つ・時期は?【プロ監修】

屋根リフォームの費用相場は、メンテナンス・リフォームの方法によって変わるので、屋根に関する正しい知識を身に付けておかなければなりません。 本記事では、屋根リフォームの費用相場を4つの事例をまじえながら詳しく解説します。


羽アリが家に大量発生する原因3つと対策5つ。シロアリだと危険!【プロ監修】

羽アリが家に大量発生する原因3つと対策5つ。シロアリだと危険!【プロ監修】

羽アリによる被害、自分には関係ないと思っていませんか?実は羽アリの生息エリアは日本全国に及んでいるのです。この記事では、羽アリの見分け方や駆除方法等をご紹介しています。被害に遭う前に、ポイントを押さえて自衛するようにしたいですね。


 

 

 

ビジネスパートナー募集