暮らしのお悩み解決サイト

仏壇を処分する5つのコツ!仏壇じまいの金額は?

仏壇を処分する5つのコツ!仏壇じまいの金額は?

仏壇を引き継ぐ人がいなかったり、住居環境の変化等で、仏壇の処分を考える人が増えています。でも、実際にどのようにして処分するのか見当もつかないという方がほとんどなのではないでしょうか? この記事では、仏壇を処分する際に知っておきたいことを5つに分けて解説しています。参考にしてみて下さいね。


引き継ぐ人がいなかったり、引っ越し等で仏壇を持ち続けられなくなった場合、どのようにすれば良いのか困ってしまいますよね。仏壇の処分は人生でそう何度もあることではないので、周りに聞ける人もそういないのではないでしょうか?
この記事では、仏壇の処分の際に知っておきたいことをまとめてみました。ぜひ参考にしてみて下さいね。

仏壇を処分する3つの方法と金額

Getty logo

仏壇や仏壇の中に入っている仏具は、ゴミとして処分することができます。大きな仏壇は粗大ごみとして収集してくれますし、おりんなどの金属製の仏具は燃えないゴミに、位牌や木魚は燃えるゴミとして処分できます。

しかし心理的に仏壇をゴミとして捨てるのは、心が痛みますよね。ここでは、仏様とご先祖様のお家とも言える仏壇を、正しく処分する方法を3つご紹介します。

1 仏壇じまい(魂抜き,お性根抜き)の専門業者に依頼する

もうご縁のある方もなく、先に挙げた方法での処分も難しい場合は、仏壇じまいを専門に請け負っている業者に依頼するのがおすすめです。ほとんどの業者は宗派に関係なく処分を請け負ってくれますし、必要な供養まですべてしてくれるので、依頼する側に負担がほとんどないのが最大のメリットです。

中に入っている方にあまり縁がなくても、仏様としてお祀りされているものを粗大ゴミとして処分するのはあまりにも気が引けますよね。でも、供養を依頼するあてがない……という場合にもありがたい存在です。

「仏壇じまい」「魂抜き」「お性根抜き」といった言葉でネット検索してみましょう。多くの業者が出てきます。

専門業者に仏壇じまいを依頼した場合の金額

仏壇の処分を専門にしている業者の料金体系は「仏壇の処分料金+仏具の処分料金+魂抜き等のご供養」で成り立っています。大きな仏具がなく、宗派の指定もしないのであれば仏壇の処分料金だけしか請求されないこともあるようです。
この場合も仏壇の大きさによって金額は異なり、1万5千円~8万円程度の開きがあります。

専門業者だけあって、他の方法に比べて料金は比較的明瞭です。しかし、仏壇じまいは葬祭業のなかでも新興ジャンルだけあって、質の低い業者も残念ながら存在します。
事前に複数の見積もりを取って、金額や対応等をよく確認してから依頼することをおすすめします。

2 お寺に依頼する

仏壇を処分する際、今まで最も多く行われてきたのがお寺に依頼する方法です。できれば菩提寺にお願いしてください。菩提寺とは先祖代々のお墓があるお寺のことで、自分たちはそのお寺の「檀家」となってさまざまな法要や供養と行うことになります。

仏壇にお祀りされている方のお墓参りに行ったという記憶はありませんか?もしそれがお寺にある墓地であれば、そこが菩提寺になっている可能性があります。他の親族にも心当たりがないか確認してみましょう。

菩提寺に仏壇の処分を依頼した場合、その宗派の様式にのっとって供養をしたのち、仏壇は引き取ってもらえることが多いようです。手厚い供養という意味では、代々の菩提寺にお願いするメリットは大きいと言えるでしょう。なじみのあるお寺に依頼するということで、親族の理解も得られやすい傾向にあります。

しかし、一方で檀家関係の付き合いが煩わしいと敬遠されるケースが多いのも事実です。また、菩提寺が遠方にあるため付き合いが疎遠になり、依頼しづらいということもあるでしょう。
そんな時は、菩提寺でなくても宗派や檀家であるか否かに関係なく、仏壇じまいを取り仕切ってくれるお寺に依頼するのがおすすめです。「仏壇じまい」で検索すると業者がヒットしますよ。

菩提寺に処分を依頼した場合の金額

菩提寺に仏壇の供養と処分を依頼した場合、【お布施】という形で代金を支払うことになります。

お布施は明確な基準がありませんので、お寺に「慣れていないので、どのくらいお包みすれば良いのか教えてほしい」と聞くのが一番です。「お気持ちで」と明確な返答を避けるお寺もありますが、たいていは目安の金額を教えてもらえます。

法要に際してのお布施は3万円~6万円あたりが相場です。法要には仏壇を実際に搬出してもらう代金は含まれていません。

仏壇の搬出はお寺から業者を紹介してもらえますので、搬出料金は改めてそちらに支払う必要があります。金額は仏壇の大きさによって変わり、1万円~5万円の間が多いようです。

3 仏具店に引き取りを依頼する

仏壇を購入した店がわかっている場合は、その仏具店に引き取りを依頼する方法もあります。多くの仏具店では、自分たちの店で購入した仏壇を引き取るサービスを提供しています。購入したときのことを知っている方に、購入店の心当たりがないかを聞いてみるのも良いでしょう。

また、新しい仏壇を購入するのと引き換えに古い仏壇を引き取って、お焚き上げしてくれるところもあります。その場合はあちこちに依頼をする必要もなく、労力は最小で済みます。
仏壇の持ち替えを検討されている方は、古い仏壇の処分についてのサービスも含めて仏具店を選ぶことをおすすめします。

仏具店に引き取りを依頼した場合の金額

古い大きな仏壇を処分して小さな仏壇に持ち替える場合、購入した仏具店で古い仏壇を引き取ってもらえることがほとんどです。

仏壇の設置状況や地域によって金額が大きく異なります。最も小さなタイプの仏壇であれば5千円~1万円程度で引き取ってもらえますが、最も大きいタイプの30号のものになると3万円~7万円とかなり高額になります。

新しい仏壇を購入するのと引き換えに古い仏壇を引き取ってもらうのであれば、引き取り代金を割り引いてくれるサービスを提供している仏具店もあります。

仏壇を処分するときの2つの注意点

Getty logo

仏壇の処分には、通常の不用品処分ではあまり起きないような問題が発生することがあります。ここでは、仏壇の処分にまつわる注意点を2つピックアップしてご紹介するとともに、その対応についても解説しています。事前に注意点を把握したうえで、手続を進めていきましょう。

1 中に何か残されていないか確認する

仏壇を処分する時には、中に何か残されていないかをよく確認しましょう。一般的に「台付」と呼ばれる仏壇の下半分は収納部分になっています。日ごろ使わない仏具等がここに収納されているはずです。まずここを開けてすべて荷物を取り出してみましょう。

ここ以外にも、仏壇には「隠し引き出し」が作られていることが珍しくありません。引き出しの奥や装飾に見える部分を外すと、引き出しが出てくることがあるのです。
昔は仏壇を貴重品入れのように使っており、このような隠し引き出しがよく作られていたようです。その名残か、ご高齢の方は通帳や家系図といった大切なものを仏壇にしまっておくケースが多々あります。

特に遺品整理の際に、こういった貴重品が後から出てくると大変です。仏壇の処分手続を始める前に、残されたものがないかをよく確認しましょう。

2 親族全員の同意を取る

仏壇を処分する際、面倒でも避けて通れないのが関係する親族全員の同意を取るということです。

閉眼供養をして仏壇を処分したら、当然のことながらもう元には戻せません。先祖代々の仏壇は唯一無二のものである以上、それぞれに考えや思いがあることでしょう。継承者がいなかったり、供養が難しいという問題をよく説明して、理解を求めることは非常に大切なことです。このステップを不十分にしたままで処分を進めてしまうと、あとになって感情のこじれを招くこともあります。

特にご高齢の方は、仏壇に対する思い入れも若い世代とは違います。同意を取ることには充分な時間をかけることをおすすめします。場合によっては、第三者に入ってもらうことを検討すると良いでしょう。

仏壇を処分する流れ5ステップ

Getty logo

仏壇を処分することが決まったら、どこから手をつけていけば良いでしょうか?実際に処分する際にクリアしていくべきことを、5つの項目にまとめました。ひとつずつ漏れのないように、着実に手続を済ませていくようにしたいですね。

1 本当に継承者がいないか確認

自分の家系であれば継承者の有無がわかりますが、結婚した相手の実家や亡くなった方が知人の場合、勝手に仏壇を処分すると後々になってトラブルの元となります。身寄りがないまま亡くなられたと思われるケースでも、戸籍を辿っていくと近しい親族がいるケースがありますので注意しましょう。

連絡がつかないと思っていたら、海外に移住していたという場合もあります。まれに親族が供養を続けたいと申し出ることもあるので、仏壇を処分する前に本当に継承者がいないのかをよく確認してください。

また、処分することは確定していても、本当にそれで良いのかの意思確認は必要です。また、処分方法や費用の負担等の相談もしておく必要があります。

2 仏壇に収められている品から宗派を確認

処分が決定したら、その仏壇を購入した際にどういった法要が営まれたかを調べる必要があります。処分を考えているお仏壇がどの宗派に属していたかを知るには、下記の関連リンクを参考にして掛け軸やお経、ご本尊、戒名を見ると良いでしょう。

その他 仏教宗派の調べ方|葬儀・葬式なら小さなお葬式

http://www.osohshiki.jp/knowledge/manner/oth_shirabe.html

仏教宗派の調べ方のご説明です。葬儀・葬式なら小さなお葬式へ。家族葬や火葬・直葬・密葬・一日葬・一般葬などを追加料金がかからない安心の定額プランでご案内。必要な物品・サービスを含んでおり、充分なお葬式を行えます。ご相談も無料で365日24時間対応!

3 処分方法を決める

仏壇を処分するために必要な供養が分かったら、次はどのように処分するかを決めましょう。先に挙げた3つの方法が主なものですが、どの方法を選ぶにせよ周りに同意を得る必要があります。それぞれの方法のメリット・デメリットを明確にして、親族に説明できるようにしましょう。
また、本当に仏壇も位牌も処分して良いのか、仏壇を持ち替えて供養を続けたい人はいないのか、等も納得いくまで話し合うことをおすすめします。

4 必要な供養や法要を営む

仏壇を処分する費用といっても、見当がつかない方がほとんどだと思います。それぞれの方法でかかる費用の目安を簡単にまとめてみました。目安のひとつとしてご活用くださいね。

ここからは処分方法によって、取るべき行動が変わってきます。家にお坊さんが来て法要を営むのであれば、その準備をしなければいけません。親族に参列を依頼したり、法要後の会食の手配等も必要でしょう。
業者に依頼して、あとは引き取りを待つだけの状態でも、最後に手を合わせたいという親族がいればその対応をする必要があります。

どちらの場合にしても、今まで家を守って下さった仏壇ですから、最後に見送る者でできる限りきれいに掃除しておくことをおすすめします。

5 仏壇を廃棄する

ご本尊から魂を抜いた仏壇は、ただの入れ物になります。これで初めて処分することが可能になります。それぞれの方法で処分・廃棄することになりますが、搬出経路の確保には注意が必要です。

仏壇は重さもさることながら、奥行きがかなり長いものです。特に昔の仏壇は壁に埋め込むように設置されており、壁から外して移動するには広いスペースが必要になります。事前に搬出経路周辺の家具等を移動して、場所を広く開けましょう。事前に間口を測っておき、玄関から出せるのかを調べておくことも大切です。

仏壇処分後の供養方法について

Getty logo

仏壇を持たなくても、自分にできる範囲で供養を続けたいと考える方は年々増えていると言われています。ここでは、小さな仏壇に持ち替えて供養を続ける方法や、仏壇を処分したあとでも続けられる供養の方法についてご紹介しています。

小さな仏壇に持ち替える場合

供養は続けたいけれど大きな仏壇を置くスペースはない、という場合は小さな仏壇へ持ち替える方法があります。最近は、現代の住居事情に合わせて、コンパクトでインテリアになじむデザインの仏壇が多く販売されています。

たくさんの方がお祀りされている仏壇は、お位牌だけでもかなりのスペースを取ってしまいますよね。その場合は、直近で亡くなられた方以外のお位牌を回出位牌(くりだしいはい)にまとめることもできます。また、お弔い上げ(33回忌もしくは50回忌)が済んだご位牌は、過去帳に記載して仏壇から下げる方法もあります。

コンパクトな仏壇は意外と安価なものもあります。スペースの問題で仏壇を持ち続けられないが、自分のできる範囲での供養を続けたいと思う方は仏具店に相談してみることをおすすめします。

お位牌だけ持っておくことは可能?

仏壇と同時に位牌も手放す場合、お寺や業者に供養してもらうことになります。しかし、仏壇は持てないが位牌だけでも手元に置いて、供養したいと考える方も増えています。

位牌にはご先祖の魂が宿っていると考えられており、故人ゆかりの品と位牌だけを手元に置いて供養したいと思う方が多いのも当然のことと言えるでしょう。その場合は、位牌だけは魂抜きをせずに持っておくと良いでしょう。

仏壇を持たずに位牌だけを安置すること自体はなんの問題もありませんが、安置する場所はあまり低い場所は避けましょう。できるだけ目線以上の場所にお祀りするのが、ご先祖様にも失礼のない祀り方です。きれいな布やクロスを敷いた上に位牌や形見の品、写真等を安置して、お水やお線香をお供えできるようにしましょう。

仏壇以外の仏具はどう処分したらいいの?

仏壇にはたくさんの仏具が付属しています。これらはただの道具ですから、自治体のルールに従って廃棄しても特に問題はありません。でも、仏具をゴミとして捨てるのはちょっと気が引けてしまいますよね。

仏壇の引き取りを依頼した時に、仏具も一緒にいれて良いか確認してみましょう。大抵の業者は仏壇と仏具はセットで引き取ってくれます。大きくてかさばる遺影も一緒に供養処分してくれるところもあるので、こちらも事前に確認しておくことをおすすめします。

まとめ

仏壇の処分は、ちょっと気が引けてしまったり後ろめたい気持ちになりがちなものです。しかし、仏壇を持ち続けなくても、ご供養の気持ちがあれば故人のなぐさめになるという考え方もあります。
今まで家を見守ってくださった仏壇に感謝の気持ちを込めて、気持ちよく送り出してあげたいものですね。

【PR】不用品回収業者を最大3社から一括見積もり!

タスクルは近隣の業者を最大3社同時に見積もり可能です。口コミと料金で業者を比較し、気になる業者とチャットで直接やり取りが可能なおすすめのサービスです。また対応エリアは全国となります。

タスクル不用品

\満足度No.1宣言!/

全額返金保証制度有り

 

  • ●口コミと料金で比較
  • ●コストダウンを実現
  • ●近隣の業者をご紹介
  • ●チャットで安心

 

ビジネスパートナー募集