暮らしのお悩み解決サイト

布団のダニの駆除対策方法6つ注意点4つ!掃除機やドライヤーは有効?

布団のダニの駆除対策方法6つ注意点4つ!掃除機やドライヤーは有効?

ダニは2ヶ月で3,000匹も繁殖します。私達が毎日使う布団にもたくさんのダニがいて、ダニを放置するのは健康を害する恐れがあり危険です。そこで今回は、「布団のダニを駆除やダニ対策」についてまとめました!


ダニの種類は世界で50万種類はいると言われていて、中には人間の目には見えないダニもいます。ダニの生息場所は様々です。例えば食べ物、畳、カーペット、動物の体内等があります。私達が毎日寝る布団も例外ではありません。

ダニは高温多湿を好むのが特徴です。湿度は50%~80%、温度は25度~28度はダニにとって好条件のため繁殖率が上がります。特に湿気が多い6月~8月はダニが大繁殖する季節です。また布団はダニにとって繁殖しやすい環境のため、放置すると2ヶ月で3,000匹も繁殖します。

今回は「布団のダニの駆除対策方法」「布団のダニ駆除の注意点」「布団をクリーニングに出した場合の相場」をチェックしましょう!

布団のダニの駆除対策方法6つ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

布団に多く生息しているのが「ヒョウヒダニ(チリダニ)」です。布団にはたくさんのダニが潜んでいて、季節を問わず1年中いると思いましょう。布団にいるダニはフケ等の皮膚片、ホコリやゴミ、汗等が大好物です。ダニの駆除やダニ対策を怠ると、布団には想像を絶する程のダニが繁殖します。

では早速、「布団のダニの駆除対策方法6つ」をチェックしましょう。

1 布団乾燥機

布団乾燥機はダニの駆除やダニ対策に役立ち、生きているダニや卵に効果があります。布団乾燥機のポイントは乾燥と高温です。布団乾燥機は60度以上の温風で、布団を乾燥させながら乾かしていきます。

ダニは乾燥と高温にとても弱く、50度以上になると死滅するのが特徴です。ダニは50度でゆっくり弱っていき死滅し、60度以上の場合は瞬殺です。布団乾燥機の製品にもよりますが、最高で75度の高温に達するものもあります。

布団乾燥機は最低でも30分使うとダニの駆除に効果的です。布団の繊維と繊維の間に潜んでいるダニや卵も、一気に駆除できます。布団乾燥機を使った後、布団には駆除したダニの死骸等が残っているため、掃除機や布団クリーナー吸い取りましょう。

週に1度は布団乾燥機を使うと良い

高温多湿が大好きなダニ達にとって、布団はとても居心地が良い場所です。布団乾燥機で一気にダニの駆除をしても、ダニは1年中いるため、しばらくすれば再び布団はダニの棲家となり繁殖します。

布団をダニの棲家にしないためにダニ対策をしましょう。布団乾燥機をできれば週に1度は使うと、ダニの繁殖を防ぐことができます。

シーツも定期的に洗濯をして乾燥させる

ダニは布団だけでなくシーツにもいます。布団を布団乾燥機でダニの駆除をしても、シーツを洗濯し乾燥させなければ意味がありません。シーツは春夏は週に1度、秋冬は2週に1度が理想です。布団と同じくシーツも定期的に洗濯をして乾燥させれば、ダニの駆除とダニ対策ができます。

シーツを洗濯機で洗う時は、じゃばらになるよう(シーツを縦にして3つ折り)に畳んでから洗濯ネットに入れましょう。特に汚れが気になる部分がある時は、汚れ部分が表にくるようにします。洗濯後は衣類乾燥機を使うとダニの駆除ができます。



2 衣類乾燥機

衣類乾燥機もダニの駆除やダニの対策に最適です。自宅に衣類乾燥機がある方もいるのではないでしょうか? 家庭用衣類乾燥機の多くは55度以上になるタイプがほとんどです。

ダニが死滅する温度は50度以上のため、衣類乾燥機でも布団のダニを駆除することができます。ただし50度以上でも60度に達しない衣類乾燥機の場合は、ダニを瞬殺で駆除することができません。そのため1時間は衣類乾燥機に布団を入れて乾燥させましょう。

衣類乾燥機を使った後は布団に掃除機をかけたり、週に1度は衣類乾燥機で布団を乾かすとダニ対策ができます。シーツも洗濯をして衣類乾燥機で乾かしましょう。

家庭用衣類乾燥機はタイプによって温度が違う

家庭用衣類乾燥機には縦型や横型だけでなく、タイプによって温度に違いがあります。例えばヒートポンプ式、ヒーター乾燥式(水冷・除湿)、ヒーター乾燥式(空冷・除湿)、ヒーター乾燥式(排気)等です。

ヒートポンプ式の温度は60度以下、ヒーター乾燥式(空冷・除湿)の温度は70度以下、ヒーター乾燥式(水冷・除湿)とヒーター乾燥式(排気)の温度は80度以下で、布団のダニを駆除します。

家庭用衣類乾燥機で布団を乾燥させる時は、最高温度がどれくらいになるのかを確認しましょう。温度を把握すればダニの死滅時間がわかります。

3 コインランドリー

布団のダニを駆除する時はコインランドリーが便利です。コインラインドリーの多くは布団乾燥機や衣類乾燥機があります。一人暮らしの方はもちろん、家族全員分の布団を乾燥させるならコインランドリーが最適です。

コインランドリーなら大型の布団乾燥機等が完備されているため、布団類をまとめてダニの駆除をしたり、ダニ対策ができます。コインランドリーの布団乾燥機や衣類乾燥機は高温タイプが多いため、瞬時にダニの駆除ができるでしょう。

4 アイロン

布団のダニの駆除やダニ対策はアイロンでも可能です。アイロンは低温~高温までありますが、布団のダニを駆除する時は高温に設定して使います。アイロンは高温にすると100度を超えるものがほとんどです。ダニは高温に弱いため、布団を高温でアイロン掛けすると効果を発揮します。

布団にアイロンをかけてダニの駆除やダニ対策をする時は、注意点があります。4つの注意点から説明しましょう。

1.布団の素材がシルク、ポリウレタンやラテックスはアイロンが使えません。布団の生地が傷みます。

2.スチーム機能がないアイロンは使わないことです。布団の側生地を熱で劣化させる可能性があるため、必ずスチームアイロン機能があるものを使いましょう。

3.必ず布団に当て布をしてアイロンをかけます。熱で布団が焦げる可能性があるからです。

4.シーツは必ず外してから直接布団にアイロンを当てます。シーツの上からアイロン掛けをすると効果が落ちるからです。

布団にアイロンがけをする方法

布団にアイロン掛けをする方法を説明しましょう。

1.アイロンの温度を高温に設定したらスチーム機能もONにします。

2.アイロン掛けをする部分に当て布を置いて、スチームを約3秒当てましょう。これを布団全体に行います。布団のダニは頭部分に多く潜んでいます。布団にアイロン掛けをする時は頭部分から始めて、背中部分、脚部分と少しづつ下へ向ってアイロン掛けをしましょう。

3.布団全体にスチームアイロンを当てたら、布団を日光に当てて天日干しをします。しっかり布団を乾燥させましょう。スチームアイロンを掛けた後の布団は湿気を多く含んでいるため、しっかり乾燥させないとダニが繁殖しやすいです。



5 ダニ対策用スプレー

ダニ対策用スプレーは主に2種類あります。1つ目は「布団にいるダニを駆除しながら、ダニ対策をするタイプ」、2つ目は「ダニ対策のみのタイプ」です。1つ目のダニの駆除をしながらダニ対策ができるタイプは人気があります。

ダニの駆除やダニ対策に熱心な方は、「できれば毎日使う布団は洗濯をして、布団乾燥機等を使いたい! 」等の声もあるようです。ダニ対策用スプレーなら布団に毎日噴きかけるだけで、ダニの駆除やダニ対策ができます。

ダニ対策用スプレーでダニを駆除した後は、掃除機でダニの死骸を吸い取りましょう。

定期的に使い続けると効果が増す

ダニ対策用スプレーを定期的に使い続ければダニの駆除効果が持続し、ダニ対策もできるため積極的に使った方が良いです。また天然ハーブを使っているものが多く、子供やペットにも安心なダニ対策用スプレーもあります。

ハーブの香りが苦手な方は石鹸の香りがするものもあるため、上手に活用しましょう。

6 ダニ対策シート

ダニ対策シートは布団の下に置いておくだけで、ダニの駆除とダニ対策ができます。ダニ対策シートの良い点は、簡単にダニの駆除とダニ対策ができるところです。布団を布団乾燥機や衣類乾燥機に入れたり、アイロン掛けをする必要がないため体力がない方でもダニ対策シートなら気軽に使えます。

ただしダニ対策シートは、布団乾燥機や衣類乾燥機のように即効性はありません。時間をかけてダニを捕まえて駆除し、ダニを減らすことでダニ対策に繋がります。

捕獲したダニが見える

ダニ対策シートに、どれくらいのダニが布団にいたのか知りたい方もいるでしょう。約1ヶ月後に再度ダニ対策シートを確認すると、ダニがたくさんいることがわかります。肉眼でダニを見るのは難しいですが虫眼鏡等で見ると、小さなダニが良く見えるでしょう。

さらに詳しく知りたい方は、ダニ対策シートを業者に郵送してみてはいかがでしょうか? 有料ですがダニの数を調べてくれます。

布団のダニ駆除の注意点4つ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

布団にいるダニを駆除したりダニ対策をする時、掃除機やドライヤーを使う方もいるでしょう。「布団にいるダニは掃除機を使うと効果的」と、聞いたことがあるかもしれません。でも生きているダニとダニの死骸、両方に効果があるのでしょうか? 

またドライヤーの熱でダニを駆除することはできますが、気をつけないと大変なことになる可能性があります。この他にもダニの駆除をする時は、いくつか注意しなければいけません。

では「布団のダニ駆除の注意点4つ」をご紹介します。



1 ドライヤーは火事になる危険がある

布団のダニをドライヤーで駆除する方もいるでしょう。ドライヤーの温度は100度近くあり、かなり高温です。本来ドライヤーは髪の毛を乾かすためのアイテムですが、ドライヤーを布団に当てると生きているダニの駆除や卵も駆除できます。

ただしドライヤーを布団に当てる時は注意しましょう。100度にまで達するドライヤーを布団に当て続けると、布団に熱がこもり発火する可能性はゼロではありません。ドライヤーの熱で布団が発火し火事になる恐れがあります。

2 ダニを放置していると感染症に

布団のダニを放置しているとアレルギーを含め、感染症になる恐れがあり危険です。布団等の室内を棲家にしているダニもいれば、草が生い茂っている公園等の室外を棲家にしているダニもいます。室内のダニを放置するのも良くないですが、室外にいるダニを知らないうちに自宅へ持ち帰った時は要注意です。

例えばレジャーや犬の散歩等で草があるところに行くと、マダニが服や犬につくことがあります。マダニは血液を吸うのが特徴です。何かしらのルートで布団にマダニがつき、気付かないうちにマダニを放置してしまうこともあるでしょう。マダニに咬まれて血液を吸われると、皮膚が炎症を起こし感染症を引き起こすこともあります。

3 バルサンは布団や寝具には使えない

布団のダニを駆除したい時、布団を敷いたままバルサンを焚けば、簡単にダニの駆除ができると思っていませんか? 実は布団を敷いたままバルサンを焚くのは危険行為です。バルサンにも「寝具に直接触れないように」と書かれています。

バルサンはダニを駆除するための薬剤が含まれているため、布団に薬剤が付いたり、口から吸うと人体に良くありません。布団は敷いたままにしないで別の部屋に移動させるか、押入れ等に必ずしまいましょう。



4 掃除機は生きたダニには効かない

ダニの駆除やダニ対策に掃除機を使う方法がありますが、生きているダニには効果がありません。何故なら生きているダニがいる布団に掃除機をかけても、ダニは掃除機に吸われないよう、繊維に足を引っ掛けて踏ん張るからです。掃除機はダニの死骸を吸い取るアイテムだと思いましょう。

布団をクリーニングに出した場合の相場

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

布団をクリーニングに出した場合の相場ですが、まず羽毛と羽毛以外では値段が違います。また布団の中の素材がシルクの場合は羽毛より値段が高いです。では掛け布団と敷布団をクリーニングに出した時の相場を、見ていきましょう。

羽毛の掛け布団と敷き布団は3,000円~7,000円です。羽毛以外の掛け布団と敷布団は3,000円~6,000円と約1000円安くなります。

布団の中の素材がシルクの掛け布団と敷布団は、それぞれ7,000円です。両方クリーニングに出すと14,000円とかなり高額になります。

まとめ

布団にいるダニは1年中いるため、大繁殖をする前に定期的に駆除をして対策をすることが重要です。是非、ご紹介したダニの駆除やダニ対策を参考にして、ダニのいないキレイな布団で寝ましょう。

関連するキーワード


害虫駆除

関連する投稿


室内のムカデ退治方法4つと、隠れたムカデ退治方法3ステップ

室内のムカデ退治方法4つと、隠れたムカデ退治方法3ステップ

室内でムカデに遭遇すると背筋が凍る方もいるでしょう。ムカデに噛まれると命の危険もあるため、見つけたら退治しなければいけません。「ムカデ退治の正しい方法」を知って、室内にいるムカデを退治しましょう。


除虫菊の成分・効果と育て方5ステップ!植えただけで防虫効果あり?

除虫菊の成分・効果と育て方5ステップ!植えただけで防虫効果あり?

「ゴキブリ・ムカデ・ゲジゲジは本当に無理! 」という方も多いでしょう。虫が嫌いな方は、除虫菊を活用しませんか? 除虫菊は天然殺虫成分の植物のため、犬・猫がいても安心です。除虫菊で昆虫を撃退しましょう!


冬のゴキブリ駆除対策3つ!越冬させず死滅させるには?

冬のゴキブリ駆除対策3つ!越冬させず死滅させるには?

冬のゴキブリは春・夏に比べて動きが鈍くなり、遭遇する機会も減ります。実は活動が鈍る冬は、ゴキブリ駆除をするには最適な季節だと知っていますか? 冬にゴキブリ・卵・幼虫の駆除をして、繁殖を防ぎましょう! 


アシナガバチの巣を作らせない!駆除方法7ステップ【業者料金比較付き】

アシナガバチの巣を作らせない!駆除方法7ステップ【業者料金比較付き】

アシナガバチの巣の駆除方法について解説しています。アシナガバチが巣を作る場所や、種類、スズメバチとアシナガバチの巣の見分け方のほか、具体的な巣の駆除方法や口コミで良いと言われている殺虫剤についてもまとめています。


ゴキブリは熱湯で瞬殺!熱湯をどれくらいの温度や量で当てたら死ぬ?

ゴキブリは熱湯で瞬殺!熱湯をどれくらいの温度や量で当てたら死ぬ?

ゴキブリに遭遇したくなくても、ある日突然、遭遇するのがゴキブリです。ゴキブリを殺す時、あなたならどうしますか? 実は熱湯でゴキブリで殺せます。熱湯は様々なメリットがあるため、殺すやり方を覚えましょう!


最新の投稿


お風呂の床掃除のコツ5つ!黒ずみ、白い水垢、赤カビ、黄ばみもキレイに落とす

お風呂の床掃除のコツ5つ!黒ずみ、白い水垢、赤カビ、黄ばみもキレイに落とす

お風呂用洗剤で落ちない風呂床の黒ずみや、石のようにかたくなった水垢、ピンクのぬめりがある赤カビ、原因不明の黄ばみの掃除方法をご紹介します。大理石やタイルなど、材質別掃除方法や、床掃除に便利なグッズも解説します。


室内のムカデ退治方法4つと、隠れたムカデ退治方法3ステップ

室内のムカデ退治方法4つと、隠れたムカデ退治方法3ステップ

室内でムカデに遭遇すると背筋が凍る方もいるでしょう。ムカデに噛まれると命の危険もあるため、見つけたら退治しなければいけません。「ムカデ退治の正しい方法」を知って、室内にいるムカデを退治しましょう。


部屋がカビ臭い…原因と5つの対策と4つの家のカビ防止グッズ

部屋がカビ臭い…原因と5つの対策と4つの家のカビ防止グッズ

お掃除してるのにカビ臭い! 家に入った瞬間、なんとなくカビくさい臭いがツンとする……、クローゼットや下駄箱を開けたらカビの臭いがした……、そんな経験はありませんか? 今回はそんなお部屋のカビの原因と、カビの臭いを抑える対策を徹底検証していきます。


除虫菊の成分・効果と育て方5ステップ!植えただけで防虫効果あり?

除虫菊の成分・効果と育て方5ステップ!植えただけで防虫効果あり?

「ゴキブリ・ムカデ・ゲジゲジは本当に無理! 」という方も多いでしょう。虫が嫌いな方は、除虫菊を活用しませんか? 除虫菊は天然殺虫成分の植物のため、犬・猫がいても安心です。除虫菊で昆虫を撃退しましょう!


冬のゴキブリ駆除対策3つ!越冬させず死滅させるには?

冬のゴキブリ駆除対策3つ!越冬させず死滅させるには?

冬のゴキブリは春・夏に比べて動きが鈍くなり、遭遇する機会も減ります。実は活動が鈍る冬は、ゴキブリ駆除をするには最適な季節だと知っていますか? 冬にゴキブリ・卵・幼虫の駆除をして、繁殖を防ぎましょう! 


ビジネスパートナー募集