暮らしのお悩み解決サイト

不用品回収

不用品回収

不用品回収はその名の通り、不要になった家電製品や家具、処理しきれないゴミなどを回収すること、またはそれらを代行する業者さんなどを指す場合もあります。業者さんは個人業者や企業など様々です。

不用品回収に関連するキーワード

家電ごみ 粗大ごみ ゴミ屋敷 不用品回収業者 リサイクル 掃除テクニック
>>不用品回収に関連するキーワード一覧

不用品回収の記事一覧

粗大ごみ回収!不用品回収業者と自治体、値段はどちらが安い?

粗大ごみ回収!不用品回収業者と自治体、値段はどちらが安い?

粗大ごみの回収を自治体に頼む場合、面倒だなと感じるのが手続きです。ここでは、自治体に粗大ごみの回収をしてもらう場合の手続きの方法、費用だけでなく、回収してもらえないものの処分方法、民間の回収業者さんに依頼した場合のメリットデメリットについても分かりやすくご紹介しています。


家電リサイクル法の対象と料金は?罰則・罰金はある?

家電リサイクル法の対象と料金は?罰則・罰金はある?

家電リサイクル法は2001年からスタートした、テレビや冷蔵庫、エアコン、洗濯機を処分する時に関係する法律です。粗大ごみとして捨てられないからといって、不法投棄すると法律で罰せられてしまいます。ここでは家電リサイクル法4品目の処分方法や、罰則金額についてご紹介します。


家電リサイクル法って?適正に家電を処分する方法4つ

家電リサイクル法って?適正に家電を処分する方法4つ

電化製品を処分する時、大きくて重かったり、または個人情報がつまっていたりと、その方法について悩んでしまうことが多いと思います。電化製品はその性質上、処分方法について法律で定められており、決められた方法で処分を行う必要があります。電化製品の正しい処分方法について知っておきましょう。


パソコンの処分方法おすすめ7選!無料で直接持ち込みできる?

パソコンの処分方法おすすめ7選!無料で直接持ち込みできる?

パソコンやモニターは、燃えないごみや粗大ごみとして捨てることができません。作ったメーカーに引き取ってもらったり、パソコンショップに直接持ち込んで回収してもらう必要があります。ここでは、パソコンの処分方法と、安全にデータを消去する方法、データの移行方法についてご紹介します。


発泡スチロールの種類と処分方法4つを徹底解説!捨てない方法もある!?

発泡スチロールの種類と処分方法4つを徹底解説!捨てない方法もある!?

発泡スチロールの処分方法や、捨て方について解説をしています。また、EPS、PSP、XPSという発泡スチロールの種類の違いによる処分方法の差や、発泡スチロールは燃やしても大丈夫なのか、といったことについても説明しています。


引越しの不用品処分7つのポイント!費用相場は?

引越しの不用品処分7つのポイント!費用相場は?

引越の時に、新生活で必要ない家具や家電まで運んでしまうと、引越代が高くなってしまいます。冷蔵庫は粗大ごみとして捨てられない家電もありますし、ピアノのように売ってお金になるものもあります。ここでは、不用品を処分するときに知っておきたいポイントを7つにまとめました。処分費用の相場もご紹介します。


揚げ油や天ぷら油の処理方法8つと古い油の見分け方を徹底解説

揚げ油や天ぷら油の処理方法8つと古い油の見分け方を徹底解説

サラダオイルやゴマ油、オリーブオイルなど、揚げ物や天ぷらに使った食用油の正しい処理方法について解説しています。また、古くなった油はどうやって見分けるのか、排水口に油を捨てるとどうなってしまうのか、といったことについても調査しています。


ビデオテープの処分方法5つとDVDへのダビング費用

ビデオテープの処分方法5つとDVDへのダビング費用

VHSやS-VHS、VHS-C、S-VHS-C、DVCAM、β(ベータ)、8ミリビデオ、Hi8、デジタル8、ミニDVといった磁気テープ(ビデオテープ)が安く処分できる方法と、DVDへのダビング費用について解説しています。ゴミとして捨てるだけでなく、お金になる処分方法や、大量のビデオテープを一度に捨てる方法も紹介します。


油を固める3つの方法と再利用する4つの方法

油を固める3つの方法と再利用する4つの方法

使用済みの天ぷら油や揚げ油など、食用油を固めて捨てる方法と、使用済み油を再利用する方法について解説しています。小麦粉や片栗粉など、固める油処理剤が無い時の対処法や、エコキャンドルやエコ石けんの作り方も説明しています。


フライパンの処分方法5つと、再フッ素加工で新品同様によみがえらせる裏技

フライパンの処分方法5つと、再フッ素加工で新品同様によみがえらせる裏技

不要になったフライパンはどう処分すれば良いでしょうか。捨てる時のゴミとしての区分や、買い取ってくれるショップの紹介、高額査定が期待できるフライパンメーカーや、フライパンの再フッ素加工についても解説しています。