暮らしのお悩み解決サイト

遺品供養にはお寺・神社に持ち込む以外に郵送もある!5つの方法を解説

遺品供養にはお寺・神社に持ち込む以外に郵送もある!5つの方法を解説

遺品供養をしたいけれど具体的にどうすればいいかわからないという方も多いのでは?ニーズが高まる郵送供養など遺品供養の5つの方法を解説します。


遺品には魂が宿ると考え、お寺や神社で祝詞やお経を上げてもらったり、お焚き上げをしたりして「遺品供養」をしてから手放すならわしがあります。

遺品供養はかならずしないといけないものではありませんが、故人が大切にしていた品をそのままゴミとして捨てるのは気が引けるもの。感謝を込めて供養することで遺族のこころの負担が軽くなります。遺品供養の方法はおもに以下の5つです。

【遺品供養のおもな5つの方法】
①お寺・神社に持ち込んで合同供養してもらう
②お寺・神社に頼んで現場供養してもらう
③お寺・神社に郵送して供養してもらう
④お焚き上げ業者に郵送して供養してもらう
⑤遺品整理業者に頼んで供養してもらう

本記事では、遺品供養の5つの方法について、費用相場やメリット・デメリットを解説していきます。便利な郵送による方法についてもくわしく紹介しているので、遺品供養をどのような方法でおこなうか悩んでいる方はぜひご覧ください。

遺品供養の方法1
①お寺・神社に持ち込んで合同供養してもらう

故人のお墓があるお寺などに遺品を直接持ち込んで供養してもらう方法で、ほかのひとがあずけた遺品とまとめて供養してもらいます。

遺品供養では焼却して炎で魂や念を浄火する「お焚き上げ」をおこなうのが一般的ですが、近ごろは環境問題や防災などの理由からお焚き上げをしない神社仏閣も増えてきました。

お焚き上げをおこなわないお寺・神社では、お経や祝詞を上げて遺品を供養したあと自治体のルールにしたがって遺品を分別処分する方法をとっています。お焚き上げで供養したい場合は、電話やホームページでよく確認しておきましょう。

料金相場|お寺・神社で遺品供養【合同供養】
合同供養なら費用は5,000円ほどが相場

お寺や神社に持ち込んで遺品を合同供養してもらうときにかかる費用はおよそ5,000円ほど。依頼する遺品の量やどのお寺・神社に頼むかによっても変わってきます。

また、仏壇や神棚、位牌などの場合は閉眼供養とよばれる魂抜きの儀式が必要になるので注意。これをおこなわないとご先祖の魂もいっしょに処分することになってしまいます。閉眼供養には3万円~5万円ほどのお布施が必要です。

メリット・デメリット|お寺・神社で遺品供養【合同供養】
持ち込む手間がかかるぶん費用をおさえられる

【メリット】
・神社仏閣に直接頼むため安心感がある
・比較的費用をおさえられる

【デメリット】
・供養してほしい遺品が多いときや大きいときは不向き
・ほかのひとの遺品とまとめて供養するため立ち会えないことが多い
・氏子や檀家でないと受け付けてくれないこともある

なかには供養証明書や供養中の写真をくれる寺院もあります。きちんと供養されたか心配な方はこれらのサービスをおこなっている寺院を選ぶといいでしょう。

遺品供養の方法2
②お寺・神社に依頼して現場供養してもらう

故人がくらしていた部屋に僧侶や神主さんを招き、その場で読経して遺品を供養してもらう方法です。

料金相場|お寺・神社で遺品供養【現場供養】
現場供養を頼むときは2万円~7万円がめやす

僧侶や神主さんに現地まで来てもらうため、出張費で費用がやや高くなります。宗派や内容によっても金額は変わりますが、おおよそ2万円~7万円ほどが相場です。

メリット・デメリット|お寺・神社で遺品供養【現場供養】
費用はかかるが遺品を持ち出す手間がかからない

【メリット】
・遺品を持ち出さなくていいためラク
・供養に立ち会える

【デメリット】
・費用が高い

僧侶や神主さんが来てくれるため、供養してもらいたいものが大きく持ち運びにくい場合や、こまかな生活用品や大きな家具までまとめて供養してもらいたいときに便利です。

遺品供養の方法3
③お寺・神社に郵送して供養してもらう

郵送や宅配便による遺品供養を受け付けている寺院・神社もあります。全国から依頼を受け付けているケースも多いので、菩提寺や近所のお寺ではお焚き上げをしていないなど依頼先に悩んだときは利用を検討してみましょう。

郵送だときちんと供養してもらえたかどうか心配という方もいるかもしれませんが、供養証明書や供養のようすを撮影した写真をくれるところもあります。

料金相場|お寺・神社で遺品供養【郵送】
ダンボール1箱あたり3,000円~1万5,000円

ダンボール1箱あたりおおよそ3,000円~1万5,000円ほどが相場です。サイズによって料金が変わるケースが多く、これに別途送料もかかります。

また、仏壇や神棚、位牌の供養は受け付けていなかったり、別料金が設定されていたりするケースも多いです。不燃物がふくまれると2,000円追加など料金が上乗せになるところもあります。

メリット・デメリット|お寺・神社で遺品供養【郵送】
近くのお寺・神社で遺品供養できないときに便利

【メリット】
・遺品供養をしてくれるお寺・神社が近くにない場合、遠方までわざわざ持っていく必要がない

【デメリット】
・梱包に手間がかかる
・送料がかかる

大きなものや重たいものは送料が高くつくためやや不向き。郵送による遺品供養は、写真や手紙、お守りや人形などダンボールに入る大きさ・量の遺品を供養したいときに利用しやすい方法です。

お寺・神社に郵送で遺品供養を頼むときのながれ
お寺・神社に郵送で遺品供養を頼むとどうなる?

【PR】遺品整理や仏壇の処分はプロの片付け業者に相談しませんか

終活を始めた身の回りの生前整理や親族が亡くなったあとの遺品整理も、片付け業者に相談してみましょう。リサイクル品の買取も含めて、面倒な実家の仏壇処分や供養もまとめて引き受けて欲しいなら、資格を持った業者が見つかるこちらのサービスがオススメです。

遺品整理・生前整理業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_遺品整理

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連するキーワード


身辺整理

関連する投稿


エンディングノートの書き方講座!基本項目から20代~70代の年代別ポイントまで

エンディングノートの書き方講座!基本項目から20代~70代の年代別ポイントまで

エンディングノートは高齢の方が作成するイメージがありますが、20代など若い人を含め幅広い年代の方にメリットがあります。今回は、エンディングノートの書き方を特集!基本項目から年代別の書き方まで解説します。若い人から高齢の方まで、エンディングノートに興味がある方はぜひ参考にしてください。


東京都のおすすめ遺品整理業者20選!料金比較付き

東京都のおすすめ遺品整理業者20選!料金比較付き

様々な理由で遺品整理を行う必要がある事もあるでしょう。死亡経緯や死亡してからの経過時間によって、床や畳等も汚れるため、遺品整理業者に依頼する方も多いです。そこで今回は、東京都の遺品整理業者を20社、ご紹介します!


 

ビジネスパートナー募集