暮らしのお悩み解決サイト

遺品整理士になるには?資格取得の流れを解剖

遺品整理士になるには?資格取得の流れを解剖

みなさんは遺品整理士という職業をご存知でしょうか。遺品整理業界は、近年、高齢化社会と核家族化を背景に注目されている職業です。この業界は今後しばらくは収益をあげることができると言われており、遺品整理士の資格取得者数は年々増加傾向にあります。遺品整理士の仕事について理解し、資格取得までの流れを解剖していきましょう。


資格の需要は、時代の背景とともに絶えず変化しています。近年、高齢化社会が急速に進んでいく中で、医療関係や福祉関係などの資格とともに注目を集めている資格として、遺品整理士があげられます。その名の通り、故人の遺品を整理するための資格です。故人の大切な遺品を扱う業務のため、専門性や信頼性を求めて依頼を受けることが多く、遺品に対する心構えや遺族に対する配慮を必要とします。

需要が高まっている中で、資格取得者を徐々に増やしている遺品整理士。遺品整理士の仕事について理解した上で、資格取得までの流れを解剖していきましょう。

遺品整理士とは

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

遺品整理士という職業をあなたは知っていますか?近年、高齢化社会が急速に進み、さらに核家族(夫婦と未婚の子供で成立する家族のこと)が一般的な家族形態となっている日本において、大変注目を集めている職業です。岡田将生と榮倉奈々が主演した映画、「アントキノイノチ」で遺品整理士について取り上げられ、記憶に新しい方もいらっしゃるのではないでしょうか。

まず、遺品整理士という職業について知っておきましょう。

1.遺品整理士とはどんな職業?

遺品整理士とは具体的にどんな職業なのでしょうか。

遺品整理士は、遺族と相談し、要望をしっかりと確認しながら、亡くなった方のお部屋の片づけや清掃、不用品の正しい処分・回収を行うことを主な業務内容としています。これまでは遺族によって行われることが一般的だった遺品整理ですが、現在のわたしたちのライフスタイルにおいては、時間も人手も足りていないのが現状です。

そのため、遺品整理業界は今後も需要が高まり、今後20年の間は確実に収益を上げることができる職業として、とても注目を集めているのです。



2.遺品整理士の仕事内容

遺品整理士の仕事は、単なる不用品回収とは異なり、多くの場合、高い信頼性と専門性が必要とされます。遺品整理士の仕事内容をみていきましょう。

1.遺品の仕分けをする
時間や人手が不足していたり、その他さまざまな事情で故人の遺品整理を行うことができない遺族に代わって、遺族と相談しながら、遺品を「残すもの」「処分するもの」「供養するもの」に仕分けします。

2.不用品や廃棄物の処分
遺族と相談した上で廃棄することになった不用品を、自治体のルールに従って正しく処分します。ほとんどのものが可燃ゴミや粗大ゴミとして処分をすることになりますが、遺品によっては自治体で処分ができない場合もあり、不用品回収業者へ回収を依頼したり、リサイクルに回したりすることもあります。

3.供養をする
遺品によっては遺族から供養を依頼されることもあります。通常は菩提寺で供養しますが、最近では菩提寺がない家も増えてきています。その場合は遺品整理士が供養できる施設を紹介します。

4.遺品整理以外の仕事
遺品整理士が遺品の整理を行うとき、さまざまな現場に立ち会うことになります。遺族がいない人の遺品整理を行うこともあります。お部屋の掃除、消臭や除菌をする必要がある場合もあります。どんな現場に立ち会うことになっても、故人に敬意をはらった上で遺品を整理していくことが、とても大切です。


遺品整理士の資格取得までの流れ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

わたしたちが遺品整理士として活躍したいと思った時、まず一般社団法人遺品整理士認定協会の運営する遺品整理士の資格を取得する必要があります。遺品整理士の資格は、2011年につくられた比較的新しい資格ですが、徐々に人気を高め、年々資格取得者数は増加傾向にあります。ここでは遺品整理士の資格を取得するまでの流れを説明していきます。

1.講座の申し込みをする

遺品整理士認定協会へ電話、もしくはweb上から、遺品整理士養成講座の申し込みをします。受講資格は特にありません。誰にでも受講ができます。目安としては約2カ月の間、通信講座を受講することになります。これを短いと感じるか長いと感じるかは個人差があると思いますが、気合いをいれて挑みましょう!



2.受講を開始する

申し込み手続きが完了すると、教本、資料集、問題集、DVDが届きますので、受講を開始します。受講内容は、遺品に接する際の心構えについて、そして廃棄物を処理するための法律についてなどです。受講期間を延長したい場合は、遺品整理士認定協会へ連絡をしてみましょう。無料で受講期間を延長してくれます。

3.課題レポートを提出する

講座の受講を終えたら、問題集に沿って遺品整理士認定協会へ課題レポートを提出します。レポートは郵送、もしくはweb上で提出ができます。合否を決定づけるレポートです。しっかりと解答し、仕上げていきましょう。そして、合否通知を待ちます。合否通知が出るまで約2カ月ほどかかりますので、ドキドキしながら待ちましょう。

4.合格通知が届く

合否通知が届きます。晴れて合格していたら、指示に従いながら、認定手続きを行っていきます。さあ、遺品整理士の資格取得まであともう少しです。



5.認定証書の発行

おめでとうございます! 認定証書が発行され、これで晴れて遺品整理士の資格を取得することができました。今後、遺品整理士として活躍していく上で役に立つ資料も一緒に届きますので、今後の活動に役立てましょう!

さて、ここまで遺品整理認定協会公認の遺品整理養成講座による資格取得方法について説明をしてきましたが、ほかにもさまざまな通信講座を運営する会社により、遺品整理養成講座のカリキュラムが用意されています。出題傾向の対策問題集などを取り扱っている場合もありますので、そちらを活用してみるのもいいでしょう。

遺品整理士の合格率は65パーセントと、決して低くありません。通信講座なので家で手軽に受講をすることができますし、比較的取得しやすい資格と言えるのではないでしょうか。

資格取得でできること

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

遺品整理業界は近年、需要が徐々に高まり、リサイクル業や不用品回収会社、運送業などもこの業界に参入してきています。実は、遺品整理士の資格をもっていなくても、遺品整理の依頼自体を受けることは可能なのです。では、遺品整理士の資格をもっているからこそできることとは、どんなことなのでしょうか。

1.遺品整理の専門家としての信頼を得ることができる

遺品整理業の需要が高まっていく一方で、遺品整理業に関する法整備はほとんど整っていません。不要品を不法に投棄したり、遺品を粗末に扱ったり、不当に高額な料金を請求したり、到底信頼をすることができないような悪徳な業者も存在しているのが現状です。

遺品整理士認定協会は、この遺品整理業界におけるモラルの低下を是正することを目的として、違法整理士の資格制度を導入しました。つまり、遺品整理士の資格を持つことにより、遺品整理の専門家としての信用度が高まり、利用者から信頼を得ることができます。



2.遺品を正しい心構えで扱うことができる

遺品整理士認定講座では、遺品に対する心構えを学びます。この心構えこそ、遺品整理士と単に不用品回収を行う業者との一番の違いと言えるのではないでしょうか。遺品に対する扱い方に、遺品整理に関する専門家としてのプロ意識を持ち、大切な遺品を供養する気持ちで、丁寧に扱うことができます。

3.不用品や廃棄物を正しく取り扱うことができる

遺品整理士認定講座では、不用品や廃棄物処理に関する法律を学ぶため、正しい知識を持った上で不用品や廃棄物の処分を行うことができます。不用品とはいえ、大切な故人の所持品であったものです。正しく処分をしてあげることが故人への供養であり、遺族に対する配慮でもあるのです。

高齢化社会に求められる資格

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

高齢化社会とは、具体的には総人口に占める65歳以上の高齢者の人口が増大した社会のことを言います。近年、日本では、総人口に占める65歳以上の高齢者が4人に1人を超し、大きな社会問題となっているのです。

そんな中、遺品整理士と同じように、高齢化社会だからこそ需要が高まっている資格があります。資格の需要はその時代のニーズにより、絶えず進化しているのです。高齢化社会に求められる資格についていくつかあげていきましょう。




1.福祉関係の資格

・介護福祉士
介護が必要な人の身体介護や生活支援を行う専門職です。高齢化社会が進むにつれて大変需要が高まっており、現場はまだまだ人手不足であると言われています。公的認定資格であるホームヘルパーの資格とは違って国家資格であるため、就職や年収の面で有利です。

・ケアマネージャー
介護保険利用者と相談しながら、適切な介護サービスの計画を作っていく専門職です。介護保険施設において、ケアマネージャーを1人以上配置することが法律により義務付けられ、ケアマネージャーの資格はより一層人気が高まっています。

2.医療関係の資格

・理学療法士
理学療法士とは、リハビリが必要な人に、マッサージや歩行訓練など、社会復帰ができるようにお手伝いをする専門職です。主に筋肉の機能回復を目的とします。

・作業療法士
作業療法士とは、筋肉の機能回復をお手伝いする理学療法士とは異なり、指先の動きの回復をお手伝いする専門職です。絵画や手芸などを通して指先の動きの機能回復を目指します。

・言語聴覚士
言語聴覚士は、言語機能や聴覚機能の回復をお手伝いする専門職です。コミュニケーションに関するリハビリはもちろん、嚥下障害を持つ人に対して食べ物をうまく飲み込むことができるようリハビリを行います。

最近では、事故や病気が原因によるリハビリではなく、加齢が原因によるリハビリの必要性が急速に高まっており、これら3つの資格は医療施設において大変需要が高まっています。

3.お金や法律に関する資格

高齢者は身体の問題とは別に、資産の運用や遺産相続の問題など、お金や法律に関する問題を抱えています。それらはどれもややこしい内容ばかりで、とても高齢者ひとりで処理できるような問題ありません。そのため、行政書士や税理士、ファイナンシャルプランナーなどお金や法律に関する資格も、高齢化社会が進む中で非常に需要が高まっているのです。



まとめ

遺品整理士のお仕事と資格取得までの流れを理解していただけましたでしょうか。今後どんどん需要が高まるとされている遺品整理業界。この業界を目指す方は、遺品整理士の資格を取得しておくことをおすすめします。遺品整理の専門家としてのプロ意識を持ち、正しい方法で遺品整理を行い、依頼者の信用度を高めていくことが成功の秘訣と言えるでしょう。

関連するキーワード


遺品整理

関連する投稿


東京都のおすすめ遺品整理業者20選!料金比較付き

東京都のおすすめ遺品整理業者20選!料金比較付き

様々な理由で遺品整理を行う必要がある事もあるでしょう。死亡経緯や死亡してからの経過時間によって、床や畳等も汚れるため、遺品整理業者に依頼する方も多いです。そこで今回は、東京都の遺品整理業者を20社、ご紹介します!


孤独だと死亡率が高くなる?死にいたる病とは?

孤独だと死亡率が高くなる?死にいたる病とは?

独身だと孤独死する確率が高くなるのか心配ですよね。孤独感が原因で自殺する人も増えています。病気以上に「孤独」は死亡リスクが高くなるのです。うさぎは孤独だと死ぬというのはデマですが、人間の場合は死に至る病です。孤独死で死ぬタレントも最近はいますよね。ここでは孤独死について調べてみました。


遺品整理の時期はいつがベスト?失敗しない7つのコツ

遺品整理の時期はいつがベスト?失敗しない7つのコツ

遺品整理は、亡くなった方のためだけでなく、遺されたご遺族が気持ちを整理するためにも非常に大切なことです。 ここでは、遺品を整理するのに適した時期と気を付けたいポイントについてご紹介しています。


お焚上げ(おたきあげ)とは? 捨てにくいものを供養して処分する8つのポイント

お焚上げ(おたきあげ)とは? 捨てにくいものを供養して処分する8つのポイント

最近よく聞く「お焚上げ(おたきあげ)」について調べてみました。お焚上げに出せる品物の種類や、品物別の値段のめやす、お焚上げを行うにあたっての注意などを解説しています。また、遺品整理士についても説明しています。


いくらかかる?遺品整理の料金相場を徹底分析

いくらかかる?遺品整理の料金相場を徹底分析

亡くなられた方の遺品を整理するというのは、一生のうちでそう何度も訪れるものではありません。 故人の遺したものを適切に整理するには、いくらくらいの費用がかかるものなのでしょうか?また、遺品整理業者に依頼できる範囲や遺族としての心構えもご紹介します。


最新の投稿


お風呂の床掃除のコツ5つ!黒ずみ、白い水垢、赤カビ、黄ばみもキレイに落とす

お風呂の床掃除のコツ5つ!黒ずみ、白い水垢、赤カビ、黄ばみもキレイに落とす

お風呂用洗剤で落ちない風呂床の黒ずみや、石のようにかたくなった水垢、ピンクのぬめりがある赤カビ、原因不明の黄ばみの掃除方法をご紹介します。大理石やタイルなど、材質別掃除方法や、床掃除に便利なグッズも解説します。


室内のムカデ退治方法4つと、隠れたムカデ退治方法3ステップ

室内のムカデ退治方法4つと、隠れたムカデ退治方法3ステップ

室内でムカデに遭遇すると背筋が凍る方もいるでしょう。ムカデに噛まれると命の危険もあるため、見つけたら退治しなければいけません。「ムカデ退治の正しい方法」を知って、室内にいるムカデを退治しましょう。


部屋がカビ臭い…原因と5つの対策と4つの家のカビ防止グッズ

部屋がカビ臭い…原因と5つの対策と4つの家のカビ防止グッズ

お掃除してるのにカビ臭い! 家に入った瞬間、なんとなくカビくさい臭いがツンとする……、クローゼットや下駄箱を開けたらカビの臭いがした……、そんな経験はありませんか? 今回はそんなお部屋のカビの原因と、カビの臭いを抑える対策を徹底検証していきます。


除虫菊の成分・効果と育て方5ステップ!植えただけで防虫効果あり?

除虫菊の成分・効果と育て方5ステップ!植えただけで防虫効果あり?

「ゴキブリ・ムカデ・ゲジゲジは本当に無理! 」という方も多いでしょう。虫が嫌いな方は、除虫菊を活用しませんか? 除虫菊は天然殺虫成分の植物のため、犬・猫がいても安心です。除虫菊で昆虫を撃退しましょう!


冬のゴキブリ駆除対策3つ!越冬させず死滅させるには?

冬のゴキブリ駆除対策3つ!越冬させず死滅させるには?

冬のゴキブリは春・夏に比べて動きが鈍くなり、遭遇する機会も減ります。実は活動が鈍る冬は、ゴキブリ駆除をするには最適な季節だと知っていますか? 冬にゴキブリ・卵・幼虫の駆除をして、繁殖を防ぎましょう! 


ビジネスパートナー募集