暮らしのお悩み解決サイト

老前整理で成功する6つのコツ

老後を快適に暮らすために、元気な40代50代のうちに家の中の整理作業を行うことを「老前整理」と言います。ここでは、老前整理の心構えやコツ、老前整理を行わないとどうなるのか、整理する時の注意点などについてまとめました。


年をとるほど、物の整理は体力や気力たいるのでめんどくさくなります。老人になる前に、自分の身の回りを見直してみませんか。「これからの自分」を想像することは、前向きに生きることでもあります。

足が悪くなってからでは、整理作業どころかトイレに行くのも一苦労です。元気な40代50代のうちに、「老前整理」に取り組みましょう。

老前整理とは

老前整理とは?

老前整理とは、年を取って体が不自由になる前に、元気な今のうちに部屋を整理することです。
そしてこれから先、自分がどうやって行きていきたいのか、なりたい自分を想像して整理するのです。
本当に必要なものを取捨選択することで、物だけでなく頭と心も整理することができます。
老前整理とは、前向きにこれからの自分の人生を生きるために行うのです。

老前整理をスタートする年齢に、決まりはありません。
何歳からでも良いのです。
引っ越しのように期限があるわけではないので、やりたいと思った時にはじめてみましょう。
気軽な気持ちでスタートすれば良いのです。
今回調べたところによると、40代後半から50代にかけてやりはじめる人が多く見られました。

40代の老前整理

40代では体力もまだ十分あり、本当に大切なことも冷静に考えられます。老前整理に最適な年齢と言えるでしょう。

元気で生活できているので、まだ自分の介護について考えるには早い時期でもあります。身体のどの部分が悪くなるのかによっても生活が変わってきますので、介護については50代で考えましょう。

自分の葬式や遺言もまだ先なので、あまり早く決めてしまうと後から考え直さなくてはいけません。40代の老前整理は、自分の物を整理したり、親や家族の物がどうなっているか把握したりするのが中心になります。

結婚している場合は、パートナーと老後について「定年後には田舎に帰って生活したい」「今より病院やスーパーが近い場所に引越したい」など、何となく話題にしておくと良いでしょう。

50代の老前整理

50代の老前整理は、40代より具体的になってきます。自分の親の介護や葬儀を体験して、自分の時はどのようにするか現実的に考えられるようになっている年齢でもあります。

預貯金やローン、資産などの現状が自分ですぐに把握できるようにしておきましょう。遺言を書く場合も、どの程度資産があるかを確認しておく必要があります。

40代に引き続き、物の整理は何年かおきに行ってください。

生前整理とは?

「老前整理」とは「生前整理」とは少し違います。

生前整理とは、自分が生きることが中心ではなく、自分が亡くなった後に残された家族のためにおこなう整理です。
相続で遺族がもめないように財産を整理したり、遺品になるものを整理したりすることを言います。

老前整理を成功する6つのコツ

1 物は見るだけでなく一度外に出す

押入れや戸棚を開いただけで、
「そういえば、ここにはコレがあったな」
と思い出がよみがえってきて、外に出すのがおっくうになります。

しかし物を外に出さないと、いつまでたっても整理できません。ここは一度外に出して、本当に使うのか考えましょう。

押入れの中には覚えていないものも入っているので、一度全部出さないと結局は整理できません。
覚悟を決めて、物は見て終わらせるのではなく、引っ張り出して中身を点検してみましょう。
もし壊れていたら扱いも変わってきます。

いつまでも壊れているものを大切にしていては場所がもったいないので、道具類なども一年に一度はチェックや手入れが必要です。

2 整理する場所と時間を決める

いっぺんに家の中を全部整理しようと思ったら何日もかかってしまいます。疲れてくると思わぬケガだってしかねません。

まずは家全体の整理計画を立てましょう。簡単な間取り図を描いて、押入れは今週、タンスは来週というように、場所と時間の計画を立てるのです。

老前整理をしないと生活できないわけではないので、頑張りすぎず、完璧を目指さずにスタートしてみましょう。

3 一日に1つの引き出しで良い

老前整理は一気に捨てることではなく、本当に必要なものを見極めることが大切なので、スローペースでも良いのです。まだ使えるものでも、この2年間で使っていなければ、将来使う可能性も低いです。

リサイクルショップに持って行ってお金にしたり、オークションに出したりしても良いでしょう。

4 迷ったら一週間後に捨てるか考える

整理していると、捨てようかどうしようか迷うことがあります。そのような場合は、少なくとも一週間程度は頭をクールダウンさせたほうが良いでしょう。

しかしあまり時間をあけると、老前整理の意欲も薄れてしまって保留ボックスそのものを物置に突っ込んでしまうことになりかねません。一ヶ月以内には保留ボックスの中身を「使う」「捨てる」「リサイクルショップ、オークション行き」のどれかに分類するようにしましょう。

このクールダウンする時間がとても大切です。物の選択は、自分の人生の取捨選択の時間でもあるのです。

5 収納場所は決めておく

老前整理というと、捨てることばかり考えがちですが、大切なのは整理によって新しい生活をスタートさせることです。老いても快適に暮らせるよう、よく使うものはしゃがまなくても、椅子に乗らなくても手に取れる場所に置いておきましょう。

高いところに収納すると、物を出し入れする時に脚立や椅子から落ちてケガをしてしまうかもしれません。思い切って、天井に近い部分の押入れには物を置かないなど、自分の中で収納のルールを決めておきましょう。

また、コンセントや延長コード、アンテナの線といったものも、この際整理すると良いでしょう。
家具を動かして少し整理するだけで、使わないのにコンセントにさしていた延長コードが見つかるかもしれません。

コンセントとプラグの間のホコリが火事の原因ともなりかねませんので、収納以外の電気まわりにも気をつけると危険が予防できます。

【PR】遺品整理や仏壇の処分はプロの片付け業者に相談しませんか

終活を始めた身の回りの生前整理や親族が亡くなったあとの遺品整理も、片付け業者に相談してみましょう。リサイクル品の買取も含めて、面倒な実家の仏壇処分や供養もまとめて引き受けて欲しいなら、資格を持った業者が見つかるこちらのサービスがオススメです。

遺品整理・生前整理業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_遺品整理

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連するキーワード


生前整理

関連する投稿


生前整理の重要な5つのポイントまとめ!遺品整理との違いは?

生前整理の重要な5つのポイントまとめ!遺品整理との違いは?

生前整理と聞いて、若いしまだまだ健康だから自分には関係ないと思っていませんか? 生きている限り、いつだって死は隣り合わせです。家族への負担を少しでも減らしたいのであれば、元気なうちに大掃除や片付けのつもりで生前整理を行っておくことがおすすめです。


跡を濁さないために!7つのポイントで解説する身辺整理

跡を濁さないために!7つのポイントで解説する身辺整理

「断捨離」や「ミニマリスト」など、近年の片付けブームを背景に、身辺整理という作業が注目を集めています。身辺整理とひと言で言っても、整理すべきものは、所持品はもちろんのこと、財産や人間関係、デジタルなものまで様々です。それぞれの整理方法について理解し、身辺整理について正しい知識を身につけましょう。


孤独だと死亡率が高くなる?死にいたる病とは?

孤独だと死亡率が高くなる?死にいたる病とは?

独身だと孤独死する確率が高くなるのか心配ですよね。孤独感が原因で自殺する人も増えています。病気以上に「孤独」は死亡リスクが高くなるのです。うさぎは孤独だと死ぬというのはデマですが、人間の場合は死に至る病です。孤独死で死ぬタレントも最近はいますよね。ここでは孤独死について調べてみました。


 

ビジネスパートナー募集