無料で処分できる?ブラウン管テレビの処分方法5つと料金

無料で処分できる?ブラウン管テレビの処分方法5つと料金

処分方法がわからず、なんとなく放置しているブラウン管テレビはありませんか? ブラウン管テレビは、家電リサイクル法という法律によって回収方法が定められています。ブラウン管テレビの処分方法について正しい知識を持ち、家の中に眠っているブラウン管テレビを今度こそ処分してしまいましょう! 


世間ではアナログ放送が終了しましたが、使用していたブラウン管テレビの処分方法がいまいちわからず、なんとなく家の中に放置してあるなんていうことはありませんか?確かにブラウン管テレビは、「粗大ゴミとして出しておく」といったような一般的な方法では処分をすることができません。

ブラウン管テレビは、家電リサイクル法という法律によって回収方法が定められているのです。

ブラウン管テレビの処分方法について正しい知識を持ち、家の中に眠っているブラウン管テレビを今度こそ処分してしまいましょう!

ブラウン管テレビは無料で回収や買い取り処分できるの?

ブラウン管テレビはジャンクショップやリサイクルショップで売れる場合に限り、無料で処分することができます。しかしメーカーや電気屋による回収は「家電リサイクル法」によりリサイクル料金が発生する仕組みになっています。そのためブラウン管テレビの回収では無料で処分することはできません

時間や手間を考え、ブラウン管テレビを売るのか捨てるのかを決めましょう。

1.ブラウン管テレビのリサイクル方法

ブラウン管テレビは、製品としてはあまり価値がありませんが、中に埋められている素材(ガラス・プラスチック)や金属には価値があります。家電リサイクル法に則り、適切な方法で回収されたブラウン管テレビは、専門の工場でフロン等の有害物質が放出されないように解体・分解をされ、取り出された素材や金属が再資源化されています。

2.処分をするにはリサイクル料金が必要

リサイクル料金とは、回収をした電化製品をリサイクルするために発生する費用のことです。家電リサイクル法では、家電量販店には不要になった家電引取の義務を、メーカーにはリサイクルの義務を課しています。そして、これらの処理を行うために発生する費用を、わたしたち消費者がリサイクル料金を払うことによって負担しています。

3.海外へ物資支援をしている団体に寄付する方法

ブラウン管テレビは、日本国内では需要がなくても海外では需要がある場合があります。テレビのリサイクル方法は、分解をして資源や金属の再利用をするという方法だけではありません。海外へ物資支援をしている団体へ寄付をして、そのままの形で再利用をするという方法もあるのです。

なお、このような団体へブラウン管テレビの寄付をする際、資源や金属のリサイクルではなく、そのままの形で再利用をすることになるため、リサイクル料金は発生しません。発生する費用は集荷料金のみとなります。

ブラウン管テレビの処分方法6つと料金

1.ジャンクショップへ売る

1-1.回収までの流れ

もし家の近くにジャンクショップがある場合は、持ち込んで査定をしてもらうと、意外にも買取りをしてもらえる可能性があります。ブラウン管テレビは、国内での需要はかなり低めですが、レトロゲームをプレイするための映像機器として一部の人に需要があるためです。

1-2.回収にかかる費用は全部でいくら?

ジャンクショップで回収を依頼した場合、買取りですので回収費用は発生しません。

以下でおすすめの買取業者とリサイクルショップでの買取価格をWebで簡単に比較できる便利なサービスを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

1.ジャンクショップへ売る
家から出ずに買取価格を比較する「おいくら」

リサイクルショップを利用するなら最も高価格で買取してくれるお店が知りたいですよね。全国のリサイクルショップが加盟している『おいくら』なら家にいながら複数のリサイクルショップの査定が可能です!

型式が古すぎるものなどはマイナス金額を提示されるかもしれませんが、その場合はブラウン管テレビのリサイクル料金やメーカー回収の料金と比較するのが良いでしょう。

使いかたもとても簡単。「おいくら」公式サイトで商品名や購入時期、お住まいの地域など必要事項を記入したら、最大20店舗から買取価格の見積もりをまとめてもらうことができます。

「自分で店頭に持って行くのが大変」という方は出張買取や宅配買取を選択することもできます。

買取してもらえた上に重たいブラウン管テレビを自宅にいながら処分できるチャンスかもしれません。まずは以下のリンク先から簡単な一括査定で買取のお値段を確認してみましょう。

2.メーカー指定の引取場所へ持ち込む

2-1.回収までの流れ

家電リサイクル券受付センターへ問い合わせをして、最寄りのメーカー指定の引取場所へ不要なブラウン管テレビを持ち込む方法があります。引取場所へ持ち込むまでの手順は以下の通りです。

① リサイクル料金を振り込む
リサイクル料金を郵便局で振り込み、リサイクル券を受け取ります。 郵便局の窓口、もしくはATMで振り込みが可能です。一部の簡易郵便局ではリサイクル券の用意がありませんので事前に確認をしておきましょう。

② メーカー指定の引取場所の確認
メーカー指定の引取場所を家電リサイクル券センターのホームページで確認し、営業日時などで不明な点があれば事前に問い合わせをしておきます。

③ 家電リサイクル券を不要なブラウン管テレビに貼る
家電リサイクル券を貼付する場所に悩んだ場合は、当日そのままの状態で渡しても問題ありません。

④ 指定引取場所へ持ち込む
指定引取場所へ持ち込み、担当者の指示に従い、引き渡しを行います。

2-2.回収にかかる費用は全部でいくら?

メーカー指定の引取場所へ持ち込んだ場合は、運搬は自分で行いますので、当然運搬料金は発生しません。リサイクル料金のみが発生することになります。

主要メーカーにおけるブラウン管テレビのリサイクル料金は下記の通りです。(メーカーによって少々差がありますので注意が必要です。)

 テレビの大きさ   金額(税別) 
 小型テレビ(15型以下)   1,700円 
 大型テレビ(16型以上)   2,700円 

3.購入元へ回収を依頼する

3-1.回収までの流れ

家電量販店には自店で販売した家電リサイクル法対象の家電を回収する義務があります。購入元の家電量販店へ問い合わせをした上で、不要なブラウン管テレビを回収してもらうための手続きについて指示を仰ぎましょう。

3-2.回収にかかる費用は全部でいくら?

購入元でブラウン管テレビの回収を依頼する場合、前述のリサイクル料金とは別に、運搬料が発生します。家電量販店によって運搬料が異なりますので、問い合わせをしてみましょう。運搬料は3,000円~5,000円ほどになる場合が多いです。

4.買い替え先で回収を依頼する

4-1.回収までの流れ

新しくテレビを買い替える予定がある場合は、買い替え先の家電量販店で下取りという形で引き取ってもらうことができます。

4-2.回収にかかる費用は全部でいくら?

テレビの買い替え時に不要となったブラウン管テレビの下取りをしてもらう場合も、リサイクル料金とは別に運搬料が発生します。ただし、回収のみを依頼する場合と比べると、格安の運搬料で回収をしてくれるケースがほとんどです。この場合の運搬料は、500円~1,500円程度となることが多いでしょう。

また、近年のリサイクルに対する意識の向上を背景に、購入元や買い替え先ではなくてもブラウン管テレビを回収してくれる家電量販店もあります。

家電量販店へリサイクルを依頼する一番のメリットは、自分で運搬をする手間が省けることです。引き取りのみの場合は運搬料が割高になってしまう可能性もありますが、運搬に心配がある場合などは、最寄りの家電量販店へ問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

5.町の電気屋さんへ依頼をする

5-1.回収までの流れ

各自治体ごとに、家電リサイクル法対象家電の回収を行っている協力店が多数存在します。そのため、個人経営をしている町の電気屋さんでも、ブラウン管テレビの回収を行っていることがあります。協力店は自治体のホームページなどで確認ができますが、回収方法や費用までは書かれていませんので電話で問い合わせてみましょう。

5-2.回収にかかる費用は全部でいくら?

個人経営をしている町の電気屋さんへブラウン管テレビの回収を依頼をする場合、運搬料は比較的割高になる傾向があるようです。その電気屋さんが家のすぐ近くにある場合は持ち込んでしまいましょう。持ち込みであれば運搬料は発生せず、リサイクル料金だけで回収してくれるはずです。また、元から付き合いがある電気屋さんであれば、交渉次第では料金を安くしてくれる可能性もあります。

6.不要品回収業者へ依頼をする

6-1.回収までの流れ

不用品回収業者へ回収の依頼をする場合は、まず電話をかけ見積りをとります。見積りの金額に合意ができたら業者の人に自宅まで来てもらい、回収をしてもらいます。見積りをとる際、見積りの金額に運搬料や作業費(人件費)が含まれているかどうかをきちんと確認しておきましょう。

6-2.回収にかかる費用は全部でいくら?

不用品回収業者でブラウン管テレビの回収を依頼した場合、その料金は業者によって様々です。そのため、きちんと見積りをとり、金額に納得をした上で依頼をすることがとても大切です。一般的には自治体に依頼をする場合の3倍~5倍ほど費用がかかると思っていた方が良いでしょう。

ブラウン管テレビを処分するときの注意点とトラブル

「不要な家電、無料で回収します」と謳っている業者を見たことはありませんか? このような業者は、本当に無料で回収してくれることもあるようですが基本的には注意が必要です。

1.不当に高額な請求に注意

無料で回収と言ったはずなのに、料金が発生する…なぜそうなるかというと、無料で回収ができる家電は一部の家電のみであったり、「リサイクル料金」は無料でも「運搬費や人件費」は発生するなど、なにかしらの理由をつけて料金を発生させているからです。

しかもその際に発生する料金は、不当に高額な金額である場合がほとんど。なかには本当に無料で回収をしてくれる業者もありますが、信用のできる業者を見極めることは困難です。このような業者は利用しない方が賢明でしょう。

どうしても利用したいという場合は、どうして無料で回収ができるのかをきちんと説明ができる業者を選びましょう。

2.不法投棄に注意

悪徳業者に引っかかってしまうと、高額な料金を支払ったにも関わらず、回収されたテレビが道端や山の中に不法投棄されてしまうといった恐れがあります。さらに悪いことには、もしも不法投棄されたテレビがあなたのものであるとわかった場合、あなたが犯人扱いされてしまうこともあるのです。

家電を不法投棄すると、拘束や罰金などの罰則を受けることもあります。料金を支払ったにも関わらず大変理不尽な事態になってしまいます。不法投棄をするような悪徳業者には絶対に引っかからないように注意しましょう。

3.家屋や家具を傷つけられる

不要なブラウン管テレビを家から運び出す際に、家屋や家具を傷つけられてしまうといったトラブルも目立ちます。悪徳業者は、家電の運搬もいい加減な場合がほとんどです。そのため、壁に穴をあけられてしまったり、ほかの家具にぶつかって傷をつけられてしまったりといった被害が多発しています。

まとめ

ブラウン管テレビを処分するとき、リサイクル料金自体は一律に定められていますが、その処分方法によって、運搬費や作業費、交通費などが発生することがあるため、回収にかかる総額費用は様々です。 ブラウン管テレビを処分をするときの注意点やトラブルに気をつけながら、状況に応じて適切な処分を行うように心がけましょう。

【PR】不用品回収業者を最大3社から一括見積もり!

タスクルは近隣の業者を最大3社同時に見積もり可能です。口コミと料金で業者を比較し、気になる業者とチャットで直接やり取りが可能なおすすめのサービスです。また対応エリアは全国となります。

タスクル不用品

\満足度No.1宣言!/

全額返金保証制度有り

 

  • ●口コミと料金で比較
  • ●コストダウンを実現
  • ●近隣の業者をご紹介
  • ●チャットで安心

関連する投稿


PCデータは自分で消去できる?無料の裏技・専用ソフト・おすすめ業者も紹介!

PCデータは自分で消去できる?無料の裏技・専用ソフト・おすすめ業者も紹介!

PCデータをできるだけお金をかけずに自分で消去したい方は必見!本記事ではPCのデータ消去と処分が無料でできる方法やデータ消去のおすすめ専用ソフト、しっかりデータ消去してくれる業者も紹介します。記事を読めば「PCデータ消去って自分でできるのかな?」「できるだけ安くデータ消去する方法は?」という疑問も解決しますよ。


パソコンモニターは無料回収してもらえる?法律を守ったお金をかけない処分方法4つ!

パソコンモニターは無料回収してもらえる?法律を守ったお金をかけない処分方法4つ!

パソコンモニターって捨てるのにお金がかかるのかな?と思っている方は必見!パソコンモニターは多くの場合無料で処分可能です。またパソコンモニターの種類によってはお金に換わる可能性も!本記事ではパソコンモニターを処分するときに守らなければいけない法律や、無料の正しい処分方法4つを徹底紹介!本記事を読めば余計な出費をせずパソコンモニターを処分することができますよ。


引越で冷蔵庫を準備する7つの方法。電源は前日?水抜きや運び方は?

引越で冷蔵庫を準備する7つの方法。電源は前日?水抜きや運び方は?

冷蔵庫の引越しをするとき、単純にコンセントを抜いてそのまま運んでしまえばOK!…というわけではもちろんありません。複雑な構造でその機能を保っている冷蔵庫だからこそ、必要な準備があります。冷蔵庫を引越しするために準備しておくべき7つの方法や注意点について紹介していきます。


テレビは料金無料で回収してもらえる?ヨドバシやケーズデンキも可能?

テレビは料金無料で回収してもらえる?ヨドバシやケーズデンキも可能?

古くなったテレビは、なるべく安く無料で捨てたいですよね。テレビは家電リサイクル法の対象品目なので、粗大ごみとして捨てられません。正しくテレビを廃棄するにはどうしたら良いのでしょうか。この記事ではテレビの回収方法や、リサイクルショップへ売却する時の注意点をご紹介します。


引越で家具を処分する方法7つ。業者に依頼した場合の相場料金一覧表付

引越で家具を処分する方法7つ。業者に依頼した場合の相場料金一覧表付

引越しを機に不要となった家具たち…。処分をしようと思っても、家具は大きくて持ち運びが困難なものが多く、処分方法に悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。そんなわたしたちを悩ませる「家具の処分方法」を7つ紹介していきます。引越しを機に家具やその他の不用品の処分に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね。


 

ビジネスパートナー募集