暮らしのお悩み解決サイト

ダンボールを処分する4つの方法!引越し終わりでも困らない♪

ダンボールを処分する4つの方法!引越し終わりでも困らない♪

引越しや宅急便の利用などで出た使用済みのダンボール。これらのいらなくなったダンボールには、どのような処分方法があるのでしょうか。ダンボールを処分する4つの方法と、処分以外のダンボールの活用法、処分する際の注意点などについて紹介していきます。


引越しや宅急便の利用などで出た使用済みのダンボール。これらのいらなくなったダンボールを処分しようとしたとき、その厚みや頑丈さがネックとなってとても簡単に処分ができるものとは言い難く、その処分方法に悩んでしまうこともあると思います。

いらなくなったダンボールには、どのような処分方法があるのでしょうか。また、処分をする以外にもわたしたちの生活で活用していく方法はあるのでしょうか。ダンボールを処分する4つの方法と、処分以外のダンボールの活用法、処分する際の注意点などについて紹介していきます。

ダンボールの処分方法4選

① 引越し業者に引き取ってもらう

もし処分をしたいダンボールが引越しによって出たものであれば、引越し業者に引き取ってもらう方法が一番おすすめです。引越し業者に依頼をすれば、引越し完了と同時にダンボールもすっかり片付けてしまうことができます。

ただし、引越し業者によってダンボール回収のサービス内容が異なりますので注意が必要です。たとえば、自社のロゴのはいったダンボールしか引き取ってくれない業者もありますし、そもそもダンボールの回収サービスを行っていない業者もあります。

ダンボールの回収サービスを行っている引越し業者では、引越し料金にダンボールの回収料金が含まれているケースもあります。せっかく料金を支払っていますので、利用した方がお得ですよね。引越し業者のサービス内容を確認した上で、ぜひ活用してみましょう。

② 資源ゴミとして回収してもらう

ダンボールの処分方法には、資源ゴミとして自治体に回収をしてもらう方法があります。ダンボールは紙ですのでうっかり燃えるゴミとして出してしまいそうになりますが、ほとんどの自治体ではリサイクルが可能な資源ゴミ扱いとなっていますので、注意が必要です。自治体のルールに則って正しい方法で処分をするようにしましょう。

また、自治体に回収を依頼する場合は、指定のゴミ収集所に出しておくことになります。そのため、大量のダンボールを一度に出してしまっては近隣の方に大変迷惑です。処分をしたいダンボールが大量にある場合は、数回に分けて少量ずつ出すことを心がけましょう。回収日まで待てない場合は、自治体のリサイクルセンターへ直接持ち込む方法もありますよ。

③ ダンボールの引き取りを行っているお店に回収してもらう

近くのスーパーマーケットやドラッグストアがダンボールの引き取りを行っている場合は、そこで回収をお願いするのも良いでしょう。古紙回収ボックスとしてコンテナが設置してあるお店もあります。処分をしたいダンボールが少量であれば、買い物ついでに処分をすることができるため、大変便利です。

もし処分をしたいダンボールが大量である場合には、少し不向きな方法と言えるかもしれません。まず持ち込むことが大変ですし、お店の人も困ってしまうかもしれません。大量のダンボールを持ち込みたい場合は、持ち込む前にお店の人に相談をしておくと安心でしょう。

④ 回収業者に引き取ってもらう

ダンボールの処分方法には、上記にあげた処分方法のほかに、古紙回収業者や不用品回収業者に依頼をする方法があります。古紙回収業者を利用してダンボールの処分をする場合は、回収料金は無料で回収してくれるケースもあります。古紙回収業者は引き取ったダンボールを売って利益にしていますので、無料で引き取ることができるのです。

一方、不用品回収業者を利用する場合は、回収料金は有料となるケースがほとんどです。不用品回収業者の良いところは、ダンボールのほかにも一緒に引き取ってもらいたい不要品がある場合は、一度に回収をしてくれるところ。特に持ち運びが困難である大型のものや重いものを同時に処分したい場合は、ダンボールと一緒に回収をしてもらうと大変便利ですよ。

処分以外の活用法も

使用済のダンボールは当たり前のように処分してしまいがちですが、意外な活用法もあります。ダンボールの処分以外の活用法についてみていきましょう。

除湿効果を利用する

ダンボールは高い除湿効果が期待でき、湿気対策として利用することができます。押入れやタンスなどの湿気が気になるところに敷いておくのも良いですし、家具と壁の隙間に差し込んでおくのも湿気がこもるのを防いでくれるためおすすめです。お金をかけることなく簡単に湿気対策をすることができますよ。

収納ボックスとして利用する

いろいろな大きさがあり、頑丈なダンボールは、収納ボックスとして利用するのが特におすすめです。好みの柄の布や包装紙を使ってリメイクしてみましょう。収納ボックスは、買おうとすると意外と高いものです。不要なダンボールをリメイクして収納ボックスとして利用すれば、かかる費用は格段に抑えることができます。

ダンボールはさまざまな大きさが用意されていますし、不要な部分をカットすることもできますので、大きさや形も自由自在。おしゃれにリメイクすることで、収納のできるインテリアとしても活躍してくれますよ。

家具の下に敷いて床の傷を防ぐ

ベッドや冷蔵庫などの大型の家具を置くとき、床の傷が気になることはありませんか? 家具の下にダンボールを敷いておくことで、床の傷やへこみを防ぐことができます。

特に住んでいる家が賃貸の場合は、床に傷やへこみがあると、出ていくときに補修費用が発生することもありますので注意が必要です。いらなくなったダンボールを活用することで、床の傷を最小限にとどめることができます。

工作に利用する

小さなお子さんがいるご家庭では、夏休みや冬休みに工作をするタイミングがあることもあるでしょう。もしくは、単純に工作に興味があったり、趣味としている方もいらっしゃるでしょう。

ダンボールは、適度な厚みとその頑丈な性質から、工作に使用するのにとても適しています。インターネットで検索するとダンボールの工作アイデアがたくさん出てきます。なかでも海外で大人気のダンボールハウスは、小さなお子さんが喜ぶこと間違いなし。シールを貼ったり落書きしたりと、自由に楽しく遊ぶことができます。

インターネットなどの工作アイデアを参考にするのも良し、完全にオリジナルなアイデアを考案するのも良し、興味のある方はぜひダンボール工作を楽しんでみてくださいね。

ペットのトイレとして利用する

【PR】不用品のことならお任せください。満足度93%以上!

明朗会計 業界最安値宣言!頼んだその日に解決できるスピード対応。家庭の家具や家電から、オフィス移転の片付け、遺品整理やゴミ屋敷まで!全国各地に対応したこちらのサービスがオススメです。

面倒な不用品回収を任せてみませんか? まずは無料お見積りから。専門の作業スタッフが丁寧・親切に対応してくれます。

ECOクリーン

\明朗会計 業界最安値/

年間30,000件の実績

 

  • ●相談や見積まで無料
  • ●丁寧なスタッフ対応
  • ●全国各地に完全対応
  • ●他社で断られた物も

関連するキーワード


粗大ごみ

関連する投稿


引越の不用品・粗大ごみを処分する7つの方法。買取・引取りでお得に!

引越の不用品・粗大ごみを処分する7つの方法。買取・引取りでお得に!

引越しの不用品の処分は、なるべくお金をかけたくありませんよね。大きな家電や家具、いらなくなった家財道具が大量にある場合、【不用品回収業者】に頼むと早く簡単にいらなくなった家具や家電を処分することができます。ここでは、不用品をお得に処分するポイントをご紹介します。


手間がかからないロフトベッドの処分方法は6種類

手間がかからないロフトベッドの処分方法は6種類

なるべく安くお得にロフトベッドを処分する方法を調べました。ロフトベッドの分解方法や、住んでいる自治体に粗大ごみとして出す時の金額の目安、家具メーカーに下取りしてもらう方法や、オークションでの売り方などについても解説しています。


捨てると損!お得にパイプベッドを処分する5つの方法

捨てると損!お得にパイプベッドを処分する5つの方法

パイプベッドの処分方法について、処分料がかかる方法から、収入を得られる方法まで色々な方法を解説しています。粗大ごみとしての捨て方や、オークションで高く売る方法、悪徳業者にひっかからないポイントについても説明しています。


布団の処分方法9個!持ち込み・ニトリ・イオン・注意点や料金

布団の処分方法9個!持ち込み・ニトリ・イオン・注意点や料金

長年使用していて、新しい布団の買い替えや引っ越しに伴い布団を処分しようとする時はどのような方法で処分すると良いのでしょう。使わないまま色褪せてしまった布団の処分はただ捨てるだけではもったいないです。そこで今回は、布団の処分方法と再利用の方法についてまとめました。


引越しのゴミ処分方法7つ!粗大ごみ回収・間に合わない場合・どうする?

引越しのゴミ処分方法7つ!粗大ごみ回収・間に合わない場合・どうする?

引越しの際に出るゴミや不用品を処分する方法について、7つのポイントを紹介します。それぞれの具体的な処分方法や、処分する前の準備についてチェックして、引越し前にゴミを片づけましょう。また、不用品業者を利用する際の費用や選び方についても解説します。


 

ビジネスパートナー募集