暮らしのお悩み解決サイト

ダンボールを処分する4つの方法!引越し終わりでも困らない♪

ダンボールを処分する4つの方法!引越し終わりでも困らない♪

引越しや宅急便の利用などで出た使用済みのダンボール。これらのいらなくなったダンボールには、どのような処分方法があるのでしょうか。ダンボールを処分する4つの方法と、処分以外のダンボールの活用法、処分する際の注意点などについて紹介していきます。


引越しや宅急便の利用などで出た使用済みのダンボール。これらのいらなくなったダンボールを処分しようとしたとき、その厚みや頑丈さがネックとなってとても簡単に処分ができるものとは言い難く、その処分方法に悩んでしまうこともあると思います。

いらなくなったダンボールには、どのような処分方法があるのでしょうか。また、処分をする以外にもわたしたちの生活で活用していく方法はあるのでしょうか。ダンボールを処分する4つの方法と、処分以外のダンボールの活用法、処分する際の注意点などについて紹介していきます。

ダンボールの処分方法4選

Getty logo

① 引越し業者に引き取ってもらう

もし処分をしたいダンボールが引越しによって出たものであれば、引越し業者に引き取ってもらう方法が一番おすすめです。引越し業者に依頼をすれば、引越し完了と同時にダンボールもすっかり片付けてしまうことができます。

ただし、引越し業者によってダンボール回収のサービス内容が異なりますので注意が必要です。たとえば、自社のロゴのはいったダンボールしか引き取ってくれない業者もありますし、そもそもダンボールの回収サービスを行っていない業者もあります。

ダンボールの回収サービスを行っている引越し業者では、引越し料金にダンボールの回収料金が含まれているケースもあります。せっかく料金を支払っていますので、利用した方がお得ですよね。引越し業者のサービス内容を確認した上で、ぜひ活用してみましょう。

② 資源ゴミとして回収してもらう

ダンボールの処分方法には、資源ゴミとして自治体に回収をしてもらう方法があります。ダンボールは紙ですのでうっかり燃えるゴミとして出してしまいそうになりますが、ほとんどの自治体ではリサイクルが可能な資源ゴミ扱いとなっていますので、注意が必要です。自治体のルールに則って正しい方法で処分をするようにしましょう。

また、自治体に回収を依頼する場合は、指定のゴミ収集所に出しておくことになります。そのため、大量のダンボールを一度に出してしまっては近隣の方に大変迷惑です。処分をしたいダンボールが大量にある場合は、数回に分けて少量ずつ出すことを心がけましょう。回収日まで待てない場合は、自治体のリサイクルセンターへ直接持ち込む方法もありますよ。

③ ダンボールの引き取りを行っているお店に回収してもらう

近くのスーパーマーケットやドラッグストアがダンボールの引き取りを行っている場合は、そこで回収をお願いするのも良いでしょう。古紙回収ボックスとしてコンテナが設置してあるお店もあります。処分をしたいダンボールが少量であれば、買い物ついでに処分をすることができるため、大変便利です。

もし処分をしたいダンボールが大量である場合には、少し不向きな方法と言えるかもしれません。まず持ち込むことが大変ですし、お店の人も困ってしまうかもしれません。大量のダンボールを持ち込みたい場合は、持ち込む前にお店の人に相談をしておくと安心でしょう。

④ 回収業者に引き取ってもらう

ダンボールの処分方法には、上記にあげた処分方法のほかに、古紙回収業者や不用品回収業者に依頼をする方法があります。古紙回収業者を利用してダンボールの処分をする場合は、回収料金は無料で回収してくれるケースもあります。古紙回収業者は引き取ったダンボールを売って利益にしていますので、無料で引き取ることができるのです。

一方、不用品回収業者を利用する場合は、回収料金は有料となるケースがほとんどです。不用品回収業者の良いところは、ダンボールのほかにも一緒に引き取ってもらいたい不要品がある場合は、一度に回収をしてくれるところ。特に持ち運びが困難である大型のものや重いものを同時に処分したい場合は、ダンボールと一緒に回収をしてもらうと大変便利ですよ。

処分以外の活用法も

Getty logo

使用済のダンボールは当たり前のように処分してしまいがちですが、意外な活用法もあります。ダンボールの処分以外の活用法についてみていきましょう。

除湿効果を利用する

ダンボールは高い除湿効果が期待でき、湿気対策として利用することができます。押入れやタンスなどの湿気が気になるところに敷いておくのも良いですし、家具と壁の隙間に差し込んでおくのも湿気がこもるのを防いでくれるためおすすめです。お金をかけることなく簡単に湿気対策をすることができますよ。

収納ボックスとして利用する

いろいろな大きさがあり、頑丈なダンボールは、収納ボックスとして利用するのが特におすすめです。好みの柄の布や包装紙を使ってリメイクしてみましょう。収納ボックスは、買おうとすると意外と高いものです。不要なダンボールをリメイクして収納ボックスとして利用すれば、かかる費用は格段に抑えることができます。

ダンボールはさまざまな大きさが用意されていますし、不要な部分をカットすることもできますので、大きさや形も自由自在。おしゃれにリメイクすることで、収納のできるインテリアとしても活躍してくれますよ。

家具の下に敷いて床の傷を防ぐ

ベッドや冷蔵庫などの大型の家具を置くとき、床の傷が気になることはありませんか? 家具の下にダンボールを敷いておくことで、床の傷やへこみを防ぐことができます。

特に住んでいる家が賃貸の場合は、床に傷やへこみがあると、出ていくときに補修費用が発生することもありますので注意が必要です。いらなくなったダンボールを活用することで、床の傷を最小限にとどめることができます。

工作に利用する

小さなお子さんがいるご家庭では、夏休みや冬休みに工作をするタイミングがあることもあるでしょう。もしくは、単純に工作に興味があったり、趣味としている方もいらっしゃるでしょう。

ダンボールは、適度な厚みとその頑丈な性質から、工作に使用するのにとても適しています。インターネットで検索するとダンボールの工作アイデアがたくさん出てきます。なかでも海外で大人気のダンボールハウスは、小さなお子さんが喜ぶこと間違いなし。シールを貼ったり落書きしたりと、自由に楽しく遊ぶことができます。

インターネットなどの工作アイデアを参考にするのも良し、完全にオリジナルなアイデアを考案するのも良し、興味のある方はぜひダンボール工作を楽しんでみてくださいね。

ペットのトイレとして利用する

犬や猫を飼っている方は、底を浅くしたダンボールを使ってペットのトイレを手作りすることもできます。犬であればダンボールの中に直接ペットシーツを、猫であればダンボールにビニール袋をかけてネコ砂を敷き詰めましょう。

ダンボールがくたびれてきたらそのまま捨てることもできますので、処分方法に困りません。また、汚れた場合もそのまま捨てて新しいものを作れば良いだけですので、ペットのトイレをいつでも簡単に衛生的な状態に保つことができます。

ダンボールを捨てるときの注意点

Getty logo

ダンボールはリサイクル価値のある資源ですので、処分をするときに気をつけておきたいいくつかの注意点があります。ダンボールを捨てるときの注意点についてみていきましょう。

保管場所に注意する

ダンボールを処分するまでの間、一時的にどこかで保管しておくこともあるでしょう。その時の保管場所には注意が必要です。ダンボールはリサイクル価値のある資源です。直射日光や雨による劣化が激しいと、回収をしてもらえない場合もあります。

ダンボールを一時的に保管しておく場合は直射日光や雨があたる場所を避け、保管期間は2カ月を目安に、できるだけ早く処分をするようにしましょう。

個人情報をはがす

宅急便などで送られてきたダンボールには、個人情報が貼られています。これをうっかりはがし忘れてしまうと、個人情報が流出してしまう恐れがあります。十分に注意しましょう。

運良く個人情報の流出を免れても、ゴミ集積所にそのまま出しておくことで、近隣の人たちに自分の購入したものが知られてしまう恐れも。プライバシーを守るためにも、貼られた個人情報はしっかりとはがすようにしましょう。

汚れや臭いがないか確認

ダンボールは一部の汚れや軽い汚れであれば問題なく回収してもらえることが多いですが、ひどい汚れの場合は回収をしてもらえない場合があります。宅配ピザなどの油がしみているダンボールや、臭いがひどくしみついているダンボール、伝票などのカーボン紙が貼付されているダンボールなどはリサイクル処理を行う上で妨げとなります。

ダンボールをまとめる前に、汚れや臭いなどの状態がひどくないかチェックしておきましょう。粘着テープやシールなどはできる限りきれいに剥がしておきます。判断が難しい場合は回収先に事前に確認をとっておくことをおすすめします。

しっかりまとめる

ダンボールの処分をするときは、回収しやすいようにしっかりとまとめておきましょう。ひと言でダンボールとは言っても、その大きさはさまざま。しっかりまとめておかないと、崩れたり、ずれたりして、回収する方にも大変迷惑です。

ダンボールはなるべく同じくらいの大きさのものに仕分けた上で、紐などを使ってまとめていきましょう。リサイクルを行う工程でのりが付着していると厄介ですので、粘着テープを使用してまとめるのはやめましょう。

大きなダンボールは折りたたんで小さくしてサイズを大体合わせていきます。まとめるときに「十字結び」をしている方が多いと思いますが、「キの字結び」がしっかり縛ることができておすすめですよ。

自治体へ回収依頼する場合はルールに則る

ダンボールに限ったことではありませんが、ゴミの回収を自治体に依頼する場合は、各自治体によってルールが異なります。どこで回収してもらえるのか、月に何度回収してくれる日があるのかなど、そのルールはさまざまです。お住まいの自治体のルールに則り、正しい方法で処分をするようにしましょう。

ダンボール処分業者まとめ

Getty logo

ここではダンボール処分業者を6つ紹介していきます。業者による処分を考えている場合はぜひ参考にしてみてくださいね。

株式会社山室

創業100年の信頼とノウハウであらゆる資源物のリサイクルを手掛ける株式会社山室。関東圏を中心に長野松本、札幌に支店を構え、北海道から沖縄まで全国にネットワークがあります。回収量、頻度が少ないと買取金額よりも回収費が上回ってしまうため買取はしてもらえませんが、場所によっては無料回収をしてくれます。

株式会社DSP

株式会社DSPでは、関東全域(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、群馬、栃木)でダンボールの回収を行ってくれます。ただし、少量のダンボールを回収する場合は回収費用が発生することがほとんどですので注意が必要です。

株式会社関東古紙商事

株式会社関東古紙商事では、神奈川県、東東京を回収可能エリアとし、ダンボール1枚から上限なしで回収をしてもらうことができます。自宅の玄関先まで来てもらうことができますので楽ちんです。集団回収であれば回収費用は無料、そうでない場合は回収費用がかかる場合もありますので、まず問い合わせてみましょう。

株式会社増田商店

株式会社増田商店では、23区とその周辺を回収可能エリアとしてダンボールを回収してくれます。回収料金は200kg以上であれば基本的には無料回収、それ以下の場合は場所や量によって決まりますので、一度問い合わせをしてみましょう。

リーガルサービス株式会社

リーガルサービス株式会社では、ダンボールの無料回収、100kg以上であれば買取りを行ってくれます。対応エリアは千葉県、東京都の一部。エリアからはずれていても対応してもらえる場合がありますので、一度相談してみましょう。

パソコンダスト

パソコン・不用品回収業者のパソコンダストでは、いらなくなったダンボールの無料回収も行っています。回収可能エリアは、宅配のため全国対応OKです。梱包したダンボールを送るだけの簡単作業で、かかる費用は送料のみです。送料無料対象品目を同梱する場合は送料も無料になりますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ダンボールにはさまざまな活用方法、そして処分方法がありましたね。捨てるにはもったいないほど作りが頑丈なダンボールですので、活用できる場合はぜひ活用してみましょう。

処分をする場合は、ダンボールが引越しによって出たものなのか、また量はどのくらいなのかなど、状況によって適した処分方法が変わってきます。自分にとって最適な処分方法をさがしてみてくださいね。

関連するキーワード


粗大ごみ

関連する投稿


手間がかからないロフトベッドの処分方法は6種類

手間がかからないロフトベッドの処分方法は6種類

なるべく安くお得にロフトベッドを処分する方法を調べました。ロフトベッドの分解方法や、住んでいる自治体に粗大ごみとして出す時の金額の目安、家具メーカーに下取りしてもらう方法や、オークションでの売り方などについても解説しています。


大型家具を処分!誰でも出来る7つの方法

大型家具を処分!誰でも出来る7つの方法

大型家具の処分は、引っ越しや転勤、大掃除のときに頭が痛い問題ですね。ここでは、家具を処分するための7つの方法を考えてみるとともに、不用品回収業者に依頼する時に気を付けたいポイントについてもご紹介しています。


捨てると損!お得にパイプベッドを処分する5つの方法

捨てると損!お得にパイプベッドを処分する5つの方法

パイプベッドの処分方法について、処分料がかかる方法から、収入を得られる方法まで色々な方法を解説しています。粗大ごみとしての捨て方や、オークションで高く売る方法、悪徳業者にひっかからないポイントについても説明しています。


自転車を回収してくれる4つの方法と費用

自転車を回収してくれる4つの方法と費用

通勤や通学、ショッピングにと、便利で手軽な自転車ですが、引っ越しや買い替えなど、いざ処分するとなると、その方法に困るものです。今回は、自転車を処分する際、回収してもらう方法や注意する点について触れていきます。


衣類を捨てずに処分する6つの手段

衣類を捨てずに処分する6つの手段

古くなった衣類を処分する方法をまとめました。リサイクルショップやオークションでの販売、服の交換サービスや衣類の下取りなど、6つのポイントに絞って解説しています。また、回収した服で社会貢献している活動も紹介しています。


最新の投稿


お風呂・浴槽の掃除方法8ヶ所!重曹が効果的?水垢・カビは?

お風呂・浴槽の掃除方法8ヶ所!重曹が効果的?水垢・カビは?

浴槽掃除などをしばらくしていない方もいるでしょう。しかし、浴槽掃除などをしないと様々な汚れやカビが生えお風呂は汚れる一方です。今回は、汚れやカビが生えたお風呂をキレイにする掃除方法をご紹介します。


水垢の簡単掃除方法8選!風呂・キッチンシンク・加湿器などの汚れも綺麗に

水垢の簡単掃除方法8選!風呂・キッチンシンク・加湿器などの汚れも綺麗に

掃除の中でも、"水回りの掃除をするのが嫌い!"と答える方は多いでしょう。しかし、水回りの掃除を怠ると水垢汚れがたまっていきます。今回は、水垢掃除が嫌いな方でも「簡単にできる掃除方法」をまとめました。


鏡の掃除方法4ステップでウロコ状汚れを綺麗に!必要な道具や洗剤は?

鏡の掃除方法4ステップでウロコ状汚れを綺麗に!必要な道具や洗剤は?

鏡は汚れが付着しやすく、白いウロコ汚れが目立ちます。鏡に付着する汚れの種類や、鏡を簡単に掃除する方法、また、毎日の掃除が面倒だという人のために可能な限り鏡が汚れないようにするための予防方法も解説します。


シンクの掃除方法5ステップ!必要な道具は?頻度は毎日がおすすめ?

シンクの掃除方法5ステップ!必要な道具は?頻度は毎日がおすすめ?

食材を扱う場所であるキッチンは可能な限り清潔な状態にしておきたいものです。シンクは汚れが付着しやすく、蓄積しやすい場所でもあります。シンクの基本的な掃除方法やサビの除去方法や汚れを予防するための注意点を解説します。


網戸掃除の簡単な方法5ステップ!洗剤やカビ取りは?おすすめ頻度

網戸掃除の簡単な方法5ステップ!洗剤やカビ取りは?おすすめ頻度

網戸掃除はハードルが高いと考えがちですが、実際には簡単に掃除をする方法もあるのです。簡単な網戸掃除の方法や必要な道具、さらにカビや窓枠の掃除方法について紹介します。また、網戸の汚れを防止するための方法やコツについても解説します。


ビジネスパートナー募集