暮らしのお悩み解決サイト

エアコンは自分で取り外せる?ガス抜きするための12ステップ

エアコンは自分で取り外せる?ガス抜きするための12ステップ

エアコンの取り外し方を12ステップでご紹介しています。必要な工具から、取り外す前にチェックするべきポイント、ガス抜きの注意点などもまとめています。また、業者に頼む場合の相場や、外したエアコンを賢く処分する方法も解説しています。

 


自分でエアコンの取り外しができたら、買い替えの時にお金もかからないし楽ですよね。引っ越す時に、自分でエアコンを取り外せたら、金銭面でもだいぶ助かります。しかし、家の掃除や工事は、何でも自分でできる人も、エアコンの取り外しまではやったことのない人が多いのではないでしょうか。

また、最近何だかエアコンの効きが悪くなったと思ったら、「ガス抜き」をすると調子が復活するという話も耳にします。エアコンの中にはガスが入っていますが、プロでなくても扱って良いものなのでしょうか?

自分でエアコンを取り外せるかどうか、そして難しいと言われている「ガス抜き」はどのようにするのか、手順を調べてみました。

① エアコンのしくみ

Getty logo

エアコンは室外機と室内機、そして室外機から室内機へのパイプと、室内機から室外機へのパイプでできています。 室外機とパイプの接合部分には、それぞれバルブキャップというものがついています。 エアコンの室外機は、マンションやアパートの場合「団地吊り」といって、ベランダの天井に金具がついていて、その中に吊られていることがあります。

室内機と室外機の間は、配管があります。 この配管の中に冷媒と呼ばれているガスが入っており、かつてはフロンガス(R11、R22、R502という番号のもの)が使われていました。 フロンガスによる大気汚染が世界的に問題になり、現在は代替フロン(R22、R123、R141b)や、アンモニアや二酸化炭素を利用した冷媒(R717、R744)が使用されるようになりました。

室外機の横に、使用されている冷媒ガスの種類が記されていることがありますので、チェックしてみましょう。

 

② エアコンのガス抜きで必要な道具

Getty logo

■モンキーレンチ
バルブキャップの六角ナットを外すのに必要です。ペンチでは角度的に六角ナットは外せませんので、モンキーレンチを用意したほうが力もしっかり入りますのでオススメです。モンキーレンチは2つあると作業効率が上がります。

■プラスのドライバーとマイナスのドライバー
室外機のカバーを外す時に使用します。ネジよりも小さいドライバーだと、ネジの目がつぶれてしまいかねません。必ずサイズの合うドライバーを用意してください。

■ニッパ
電源のための電線を切るために必要です。ハサミでは力が入らないので、ニッパも用意したほうが良いでしょう。

■六角レンチ
六角ナットの奥にあるバルブを開けたり閉めたりするのに必要です。 六角レンチには、さまざまな大きさがあるので、ホームセンターなどでサイズごとに違った六角レンチがセットになって束になっているものを購入すると良いでしょう。

■ カッターナイフ
室内機の配管などを束ねているテープを切るときに、あると便利です。

■エアコンキャップ
エアコンを外した時に、エアコンの管が通っていた部分の穴をふさぐためのキャップです。 プラスチック製で、室内用と室外用があります。 ホームセンターでも販売しています。

■エアコン配管用パテ
粘土のようなものです。 エアコンの管が入っている部分にエアコンキャップを入れますが、もし壁とエアコンキャップの間に隙間があいてしまった時はエアコン配管用パテを使用します。

■ その他
上記の他には「ペンチ」や「軍手」、その他に「はがしやすいガムテープ」などもあると便利です。また今後も色々な物を自分でメンテナンスをするのであれば、ホームツールセットを購入してしまうのもの良いでしょう。その他、回せなくなってしまっているネジやボルトを回す道具も持っておくといざという時便利です。

E-Value ホームツールセット 日曜大工・住まいのメンテナンス用 60点組 ETS-60H

③ エアコンのガスのエアパージ

Getty logo

エアコンの室外機と室内機をつないでいる配管の中に、空気や不純物が入っているとエアコンが正常に作動しません。 そのために、エアコンを取り付ける時には「エアパージ」つまり、空気抜きをします。例えば引っ越しの時ためにエアコンを取り外した場合、ガスを空中に間違って放出してしまうと環境に悪いだけでなく、引っ越した先で全くエアコンが機能しなくなってしまいます。

ここでは、エアコンの取り付け取り外しでよく言われる「エアパージ」とは何か、チェックしておきましょう。

過去に行われていた「フロンガスによるエアパージ」

エアコンの室外機の中に入っているフロンガスを、室内機とつながっている配管に勢い良く流すことで、配管の中に入っている空気や不純物を排出します。 20年位前までは、家庭用のエアコンにはフロンガスでエアパージをしていました。 もう現在では行われていない方法です。

エアコンの室外機と室内機は配管でつながれています。 配管でつながった空間には、冷媒ガスが入っていて、酸素や水分などが混入してしまうとエアコンの調子が悪くなってしまったり、内部がサビたりしてしまいます。 しかし、オゾン層保護のために、1994年頃から各エアコンメーカーではフロンガスによるエアパージを行わないようにしました。

真空引き

真空ポンプを使用して行うエアパージです。 晴れた日では10分程度、雨の日は1時間程度の時間をかけてエアパージを行います。 真空ポンプは通販などで1万円から2万円ほどで入手可能です。
また、真空ポンプだけでなく、マニホールドゲージという高圧ゲージと低圧ゲージという圧力を計るゲージが2つついた物を使用し圧力を計ります。 マニホールドゲージは通販などで数千円で入手可能です。 この他に赤青黄色の三色のチャージングホースなども必要です。

ずっと前から、業務用のエアコンはフロンガスではなく真空ポンプによるエアパージを行っていました。 業務用のエアコンは家庭用のエアコンよりも配管が太く、冷媒も多く必要なため、真空ポンプを昔から使用していたのです。 今日では、家庭用エアコンのエアパージも、真空ポンプによるエアパージが一般的になっています。

④ エアコンの室外機の確認

Getty logo

エアコンを自分で取り外すにしても、業者に取り外してもらうにしても、どちらの場合も室外機の位置を確認しておきましょう。室外機の横で作業を行いますので、室外機のまわりにある物をどけておくようにしましょう。また室外機を家の外に持ち出す場合のルートの確保も必要です。重いので、玄関までに距離がある場合は一旦床に置くためのダンボールなども用意しておきましょう。

家庭用エアコンの室外機は少なくとも30キロから40キロの重さがあります。重い物になると、50キロから60キロにもなります。また、置いて普段使用するものなので、持ち運ぶようにはできていません。そのため重心のバランスが非常に悪く、プロではなく一般のシロウトが扱う場合は二人で持ち運びしないと危険です。

また、ベランダなどの上のほうに室外機が吊られている場合は、下ろす場所の確保や、安全な作業台も準備しなくてはいけません。室外機は見た目よりも非常に重いものであることを、肝に銘じておきましょう。

⑤ エアコンの室外機のカバーを取る

エアコンの室外機のカバーを外します。 側面にネジがあるので、ドライバーで外していきましょう。全部外すのではなく、短いほうの側面に配管が通っていますので、よく見てから外すようにしてください。取ったネジは再び必要になるので、なくしてしまわないようにしてください。カバーを取ると、配管や電気のコードが入っているのが見えます。

⑥ 六角ナットを取り外す

室外機のカバーを外したら次に、配管と室外機がくっついている根本の六角ナットを取り外します。配管が伸びているほうの六角ナットと、キャップのように外に突き出ている六角ナットがありますが、今回は外の飛び出ているほうの六角ナットを取り外します。2個あるので、2個とも六角ナットを外します。外す順番はどちらが先でもかまいません。

⑦ 強制的に冷房運転をする

Getty logo

室外機の六角ナットを外したら、今度は室内機側で作業を行います。「室内機と室外機をつなげている配管パイプの中にあるガス」を室外機に送り出す「ポンプダウン」という作業です。温度を一番低くして、冷房運転させます。普通に冷房にしただけだと動き出さないので、冬でも温度設定を一番低くしてから運転させましょう。

もし、使用しているエアコンが強制的に冷房運転できない時には「使っているエアコンの機種 ポンプダウン」で検索すると、その機種に合ったやり方がわかります。

⑧ バルブを閉める

細い配管側のバルブをレンチで閉める

次は、エアコンは強制的に冷房運転させたまま室外機のバルブを閉めます。バルブは、最初に取った六角ナットを取り外した中にあります。そのため、六角ナットを取り出した中に、レンチを入れてバルブを締めます。

冷房運転させてから、すぐにバルブを締めてかまいません。締めるのは、細い配管のバルブだけです。(太い配管と細い配管が有ります)六角ナットを外した部分に、六角レンチを入れます。そして向かって右回しに回して締めていきます。(六角レンチは短いほうを入れると回しやすいです。)

この作業で、室外機の中にあるガスが室内機に行かなくなりました。このまま3分から5分ほど強制的に冷房運転をさせていきます。

太い配管側のバルブをレンチで閉める

3分から5分経過したら、エアコンは強制的に冷房運転させたまま、今度はもう1つのバルブも六角レンチで閉めます。細い配管側のバルブと同じように、右回しで閉めてください。これで、ガスが室外機に閉じ込められました。

⑨ 電源をオフにする

室外機の2つのバルブを締めたら、エアコンの電源をオフにします。コンセントも壁から確実に抜いておきましょう。 心配な場合は、エアコンをつけている部屋のブレーカーをオフにすると、より安全になります。

【注意!】
※電源を確実に切らないと「感電する危険性」があります。電源が切れているかを必ずチェックしましょう。

⑩ バルブキャップを元に戻す

最初に取り外した六角ナットを元に戻します。取り外した時は工具で作業しましたが、今度は普通に手でまわすだけで大丈夫です。どちらを先につけてもかまいません。

⑪ 配管と電源の取り外し

■配管を外す
室外機から配管を取り外します。室外機には、太い配管と細い配管の2本の配管がくっついていますが、2本とも配管を取り外します。今回ゆるめる六角ナットは先程手で閉めたほうとは違い、配管がくっついているほうの六角ナットです。どちらの配管を先にはずしてもかまいません。

緩めた時に、「プシュッ」と一瞬音がすればポンプダウンが成功しています。「シュー、シュー」と連続的の音がするようでしたら、ポンプダウンが失敗しています。その場合は「⑦の、強制的に冷房運転させるところ」からやり直してください。


■電源コードをカットする
エアコンの電源コードが確実に外れているのを確認してから、電源コードをカットします。根本からカットせずに、本体から10センチ以上残した状態でカットします。切る順番は『黒いコード → 白いコード → 赤いコード』です。

⑫ 室外機と室内機の取り外し

Getty logo

室外機を取り外す

室外機を持ち運べるように取り外します。中に入っていた雨水やゴミが、かたむけることで出て来る場合があるので濡れないように気をつけてください。室外機は、地面のコンクリなどにボルトで止められていたり、金具や部品で倒れないようにしている場合があります。
長年風雨に耐えられるようにしっかりと固定されていますので、レンチやドライバーなど専用の工具で作業を行いましょう。

室内機を取り外す

最後は室内機を外します。室内機も室外機ほどではないですが、重いので気をつけましょう。約20キロ前後はあるので、外した時に床に落としてしまったり、ガラスを割ってしまったり、ケガをしないように注意してください。

作業する前に、外したエアコンをどこに一旦置くかを考えておきましょう。床に直接置くと汚れてしまうので、ダンボール等を下に置いておくと良いでしょう。

室外機を外す作業は、プロは一人で行いますが、一般の方が行うのであれば二人で持ったほうが安全です。踏み台や椅子も、しっかりとした安定したものを選びましょう。室内機は壁に取り付けられた金具にぶら下がっています。エアコンを、壁にくっついている金属から外せば良いのですが、配管などを切断する作業があります。


■壁から少し浮かす
エアコンの壁側の下には、2箇所のプッシュマークがあります。 プッシュマークを押すとエアコンが持ち上げられるのです。 プッシューマークを押して少しエアコンの下を浮かして、中に入っている配管を取り出します。

配管がカットしやすいように、そして手がエアコンと壁の間にはさまってしまわないように、5センチ程度の厚みのあるものを壁とエアコンの間にはさめると良いでしょう。 ガムテープなどでもかまいません。

エアコンの下から手を入れると、配管やパイプが出てきます。『電気のコード』『配管』『パイプ』この3種類を、本体から1メートルほどの残した状態でカットします。本体の根元でカットしないでください。


■エアコンの取り付け金具を外す
エアコンを吊り下げていた取付金具を外します。ドライバーで簡単に外せるタイプがほとんどです。エアコンを業者に回収してもらう時に、この取付金具が必要になりますので、捨てないで取っておくようにしてください。

エアコンのガス抜きの注意点

エアコンのガス抜きで失敗するポイントは、『レンチでバルブをきっちり閉めていなかった』『強制冷房運転する時間が足りなかった』の2点になります。

ガス抜き(ポンプダウン)に失敗してしまうと、再びガスを充填するのに2万円程度かかってしまいます。引っ越しでエアコンを自分で取り外したいという場合は、業者に取り外してもらった場合の金額と、自分で取り外して失敗した場合の金額をよく考えてから作業するようにしてください。

「ガス抜き」という言葉だけ聞くと、エアコンの中にあるガスを外に放出することのように聞こえますが、実際はエアコンの中のガスは外に出してしまってはいけません。エアコンを捨てる時には、専門家が中のガスを回収します。

エアコンを設置する時に、バルブ等がしっかりと閉められていなかったり、新米の業者で手順が間違っていたりすると、ガスが抜けてしまってエアコンがききません。中の冷媒ガスは再充填できるので、エアコンは交換したくないけれど、何だか調子が悪いと思ったらプロにガスを再充填してもらうのも1つの方法です。しかし、この方法でもどこかでガスがモレていると直すことができません。

エアコンのガス抜きをプロに頼む

Getty logo

エアコンの取り外しだけをプロに頼む場合、5,000〜10,000円以内という相場になります。出張費や駐車場代が込みなのか別なのか、階段やエレベーターの具合、高所での作業があるのかなど、条件によって異なりますので、まずは電話で相談してみましょう。

エアコンの取り付けとセットの場合は、5,000円以下が標準的です。また、1台だけでなく複数台の場合は割引サービスがある業者が多く見られます。

ガスチャージをしてほしい場合

エアコンの調子が悪かったり、以前エアコンを取り付けた業者の作業が上手で無くエアコンの中からガスが出てしまった場合など、ガスチャージしてほしい場合もあると思います。そいうった時にも、プロの業者であれば対処してもらえます。

エアコンの中に入れるガスによって値段が異なるので、あらかじめ説明書などで自宅のエアコンの中のガスの種類を調べておきましょう。『410』という種類のガスであれば16,000円程度、『R3』という種類は22,000円程度になります。

説明書にガスの種類が書かれていない場合は、室外機を見て見ましょう。室外機の横のカバーを外した部分にガスの種類が書いてある場合があります。それでもわからない時には、型番をメモしてメーカーに電話して聞いてみてください。

まとめ

取り外したエアコンの処分方法

■取り外したエアコンの処分方法
エアコンを取り外した場合は、自治体では引き取ってもらえません。普通の燃えないゴミにも出せませんし、粗大ごみにも出せません。税抜き900円(税込972円)のリサイクル料金と、収集運搬料金(業者によって異なる)を支払って、購入した小売店に回収してもらう必要があります。

もしも、購入した小売店がわからない場合は、近所の家電リサイクル協力店にお願いします。この場合も税抜き900円(税込972円)のリサイクル料金と、収集運搬料金がかかります。収集運搬料金は業者によって数千円の差が出る場合がありますので、よく調べてから一番安い業者に引き取ってもらうようにしましょう。


■オークションで売る
お金をかけたくない場合は、室内機と室外機をあわせてオークションで販売するという方法もあります。製造年が、ここ1、2年の場合は2万円から3万円で売れることもあります。また発送方法は例えばヤマト運輸ですと150キロ以内の「大型家具家電」の扱いになります。室内機と室外機を別々に発送したほうが送料が安くなることもありますので、梱包方法をよく調べてから出品しましょう。


■ガス抜きよりも「重い」のが問題
エアコンの取り外し方をまとめましたが、いかがでしたでしょうか。エアコンの取り外しは、ガス抜き以前に重さも問題となります。40キロ前後の室外機の取り外しと運搬、そして20キロ前後の室内機の取り外しと運搬は、とても女性一人でできる重さではありません。

また、四角いので重くても運搬できそうに感じてしまいますが、重さのバランスはかなりアンバランスで重心も中央にあるものではありません。男性の場合でも、誰かもう一人はお手伝いが必要でしょう。

【PR】不用品のことならお任せください。満足度93%以上!

明朗会計 業界最安値宣言!頼んだその日に解決できるスピード対応。家庭の家具や家電から、オフィス移転の片付け、遺品整理やゴミ屋敷まで!全国各地に対応したこちらのサービスがオススメです。

面倒な不用品回収を任せてみませんか? まずは無料お見積りから。専門の作業スタッフが丁寧・親切に対応してくれます。

ECOクリーン

\明朗会計 業界最安値/

年間30,000件の実績

 

  • ●相談や見積まで無料
  • ●丁寧なスタッフ対応
  • ●全国各地に完全対応
  • ●他社で断られた物も

 

関連するキーワード


エアコン処分

関連する投稿


ゴミ屋敷の実家を片付けるコツ4つ。結婚前に!旦那、嫁の里帰りは?

ゴミ屋敷の実家を片付けるコツ4つ。結婚前に!旦那、嫁の里帰りは?

ゴミ屋敷になった実家をキレイに片付けるコツについてまとめました。ゴミをためてしまう親とどうすれば仲良くゴミをすてられるようになるのか、ゴミ屋敷の片付けのプロに頼んだ場合の値段の相場と仕事内容など、気になるポイントを解説しています。


エアコン処分方法6つ!ケーズデンキで回収してる?買取や持ち込みは?

エアコン処分方法6つ!ケーズデンキで回収してる?買取や持ち込みは?

エアコンは粗大ごみとして捨てることができません。家電リサイクル法で中の部品を再利用することが義務付けられているからです。この記事では、エアコンを正しい方法で安く処分回収する方法をご紹介します。


引越で家具を処分する方法7つ。業者に依頼した場合の相場料金一覧表付

引越で家具を処分する方法7つ。業者に依頼した場合の相場料金一覧表付

引越しを機に不要となった家具たち…。処分をしようと思っても、家具は大きくて持ち運びが困難なものが多く、処分方法に悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。そんなわたしたちを悩ませる「家具の処分方法」を7つ紹介していきます。引越しを機に家具やその他の不用品の処分に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね。


エアコンの処分は4ステップで!リサイクル料金の金額は?

エアコンの処分は4ステップで!リサイクル料金の金額は?

『古くなったエアコン』や『引っ越し・買い替えに伴うエアコン』の処分は方法がイマイチ分からず悩みがちです。エアコンは家電リサイクルの指定があり「リサイクルの義務」があります。そのため一般ごみや粗大ごみとしては処分できません。そこで今回はエアコンのリサイクルの方法と料金についてまとめます。


エアコンの取り外しは12ステップで自分で出来る!

エアコンの取り外しは12ステップで自分で出来る!

エアコンは専門家でなくても、自分でも取り外すことができます。ここでは、取り外し方法を12段階に分けて説明します。また、取り外し作業を行う時の失敗例や、必要な道具、取り外しを専門業者に依頼する時のポイントなども解説します。


最新の投稿


椿の剪定方法とコツ12個!剪定時期・道具・樹形は?

椿の剪定方法とコツ12個!剪定時期・道具・樹形は?

冬の景色にアクセントを加える花として人気の椿ですが、正しい方法で剪定をしなければ美しく花を咲かせられず、見た目も悪くなるので注意が必要です。そこで、椿の剪定に最適なタイミングや剪定方法、必要な道具などを紹介します。


ツツジの剪定方法とコツ13個!剪定時期・道具・自然樹形・刈り込み

ツツジの剪定方法とコツ13個!剪定時期・道具・自然樹形・刈り込み

ツツジは自宅で育てている人も多く、他の花と比べると育てやすいことが特徴です。ツツジの花や、美しい樹形を維持するために剪定作業をしなければなりません。ツツジを剪定する時期や剪定方法について詳しく紹介します。


ノミを完全に退治する方法6つとおすすめスプレーランキングTOP15

ノミを完全に退治する方法6つとおすすめスプレーランキングTOP15

ノミ対策で困っている方に、ノミを退治する方法をお教えします。また、ノミの駆除や予防するための室内用のスプレーや、犬の散歩前にノミがつかないようにするスプレー、ネコのためのノミ予防スプレー、人間のためのノミ避けスプレーをご紹介します。


着なくなった洋服の処分方法6つと服を捨てる7つのメリット

着なくなった洋服の処分方法6つと服を捨てる7つのメリット

いらない洋服の処分方法について解説しています。無料で捨てられる方法や、買取や下取りでお金になる処分方法から、古着で寄付をする方法まで6つのやり方を説明しているほか、服を捨てるとどのような良いことがあるか7ポイントに分けて紹介します。


失敗したくない!シマトネリコの剪定方法16ステップ

失敗したくない!シマトネリコの剪定方法16ステップ

シマトネリコ(タイワンシオジ)の剪定方法について、簡単にできるやり方を解説しています。また、剪定に必要な道具や薬剤、剪定時期について説明しているほか、シマトネリコの害虫の特長と退治する薬についても調査しました。


 

 

ビジネスパートナー募集