暮らしのお悩み解決サイト

エアコンは自分で取り外せる?ガス抜きするための12ステップ

エアコンは自分で取り外せる?ガス抜きするための12ステップ


室外機の六角ナットを外したら、今度は室内機側で作業を行います。「室内機と室外機をつなげている配管パイプの中にあるガス」を室外機に送り出す「ポンプダウン」という作業です。温度を一番低くして、冷房運転させます。普通に冷房にしただけだと動き出さないので、冬でも温度設定を一番低くしてから運転させましょう。

もし、使用しているエアコンが強制的に冷房運転できない時には「使っているエアコンの機種 ポンプダウン」で検索すると、その機種に合ったやり方がわかります。

⑧ バルブを閉める

細い配管側のバルブをレンチで閉める

次は、エアコンは強制的に冷房運転させたまま室外機のバルブを閉めます。バルブは、最初に取った六角ナットを取り外した中にあります。そのため、六角ナットを取り出した中に、レンチを入れてバルブを締めます。

冷房運転させてから、すぐにバルブを締めてかまいません。締めるのは、細い配管のバルブだけです。(太い配管と細い配管が有ります)六角ナットを外した部分に、六角レンチを入れます。そして向かって右回しに回して締めていきます。(六角レンチは短いほうを入れると回しやすいです。)

この作業で、室外機の中にあるガスが室内機に行かなくなりました。このまま3分から5分ほど強制的に冷房運転をさせていきます。

太い配管側のバルブをレンチで閉める

3分から5分経過したら、エアコンは強制的に冷房運転させたまま、今度はもう1つのバルブも六角レンチで閉めます。細い配管側のバルブと同じように、右回しで閉めてください。これで、ガスが室外機に閉じ込められました。

⑨ 電源をオフにする

室外機の2つのバルブを締めたら、エアコンの電源をオフにします。コンセントも壁から確実に抜いておきましょう。 心配な場合は、エアコンをつけている部屋のブレーカーをオフにすると、より安全になります。

【注意!】
※電源を確実に切らないと「感電する危険性」があります。電源が切れているかを必ずチェックしましょう。

⑩ バルブキャップを元に戻す

最初に取り外した六角ナットを元に戻します。取り外した時は工具で作業しましたが、今度は普通に手でまわすだけで大丈夫です。どちらを先につけてもかまいません。

⑪ 配管と電源の取り外し

■配管を外す
室外機から配管を取り外します。室外機には、太い配管と細い配管の2本の配管がくっついていますが、2本とも配管を取り外します。今回ゆるめる六角ナットは先程手で閉めたほうとは違い、配管がくっついているほうの六角ナットです。どちらの配管を先にはずしてもかまいません。

緩めた時に、「プシュッ」と一瞬音がすればポンプダウンが成功しています。「シュー、シュー」と連続的の音がするようでしたら、ポンプダウンが失敗しています。その場合は「⑦の、強制的に冷房運転させるところ」からやり直してください。


■電源コードをカットする
エアコンの電源コードが確実に外れているのを確認してから、電源コードをカットします。根本からカットせずに、本体から10センチ以上残した状態でカットします。切る順番は『黒いコード → 白いコード → 赤いコード』です。

⑫ 室外機と室内機の取り外し

室外機を取り外す

室外機を持ち運べるように取り外します。中に入っていた雨水やゴミが、かたむけることで出て来る場合があるので濡れないように気をつけてください。室外機は、地面のコンクリなどにボルトで止められていたり、金具や部品で倒れないようにしている場合があります。
長年風雨に耐えられるようにしっかりと固定されていますので、レンチやドライバーなど専用の工具で作業を行いましょう。

室内機を取り外す

最後は室内機を外します。室内機も室外機ほどではないですが、重いので気をつけましょう。約20キロ前後はあるので、外した時に床に落としてしまったり、ガラスを割ってしまったり、ケガをしないように注意してください。

作業する前に、外したエアコンをどこに一旦置くかを考えておきましょう。床に直接置くと汚れてしまうので、ダンボール等を下に置いておくと良いでしょう。

室外機を外す作業は、プロは一人で行いますが、一般の方が行うのであれば二人で持ったほうが安全です。踏み台や椅子も、しっかりとした安定したものを選びましょう。室内機は壁に取り付けられた金具にぶら下がっています。エアコンを、壁にくっついている金属から外せば良いのですが、配管などを切断する作業があります。


■壁から少し浮かす
エアコンの壁側の下には、2箇所のプッシュマークがあります。 プッシュマークを押すとエアコンが持ち上げられるのです。 プッシューマークを押して少しエアコンの下を浮かして、中に入っている配管を取り出します。

配管がカットしやすいように、そして手がエアコンと壁の間にはさまってしまわないように、5センチ程度の厚みのあるものを壁とエアコンの間にはさめると良いでしょう。 ガムテープなどでもかまいません。

エアコンの下から手を入れると、配管やパイプが出てきます。『電気のコード』『配管』『パイプ』この3種類を、本体から1メートルほどの残した状態でカットします。本体の根元でカットしないでください。


■エアコンの取り付け金具を外す
エアコンを吊り下げていた取付金具を外します。ドライバーで簡単に外せるタイプがほとんどです。エアコンを業者に回収してもらう時に、この取付金具が必要になりますので、捨てないで取っておくようにしてください。

エアコンのガス抜きの注意点

エアコンのガス抜きで失敗するポイントは、『レンチでバルブをきっちり閉めていなかった』『強制冷房運転する時間が足りなかった』の2点になります。

ガス抜き(ポンプダウン)に失敗してしまうと、再びガスを充填するのに2万円程度かかってしまいます。引っ越しでエアコンを自分で取り外したいという場合は、業者に取り外してもらった場合の金額と、自分で取り外して失敗した場合の金額をよく考えてから作業するようにしてください。

「ガス抜き」という言葉だけ聞くと、エアコンの中にあるガスを外に放出することのように聞こえますが、実際はエアコンの中のガスは外に出してしまってはいけません。エアコンを捨てる時には、専門家が中のガスを回収します。

エアコンを設置する時に、バルブ等がしっかりと閉められていなかったり、新米の業者で手順が間違っていたりすると、ガスが抜けてしまってエアコンがききません。中の冷媒ガスは再充填できるので、エアコンは交換したくないけれど、何だか調子が悪いと思ったらプロにガスを再充填してもらうのも1つの方法です。しかし、この方法でもどこかでガスがモレていると直すことができません。

エアコンのガス抜きをプロに頼む

【PR】不用品のことならお任せください。満足度93%以上!

明朗会計 業界最安値宣言!頼んだその日に解決できるスピード対応。家庭の家具や家電から、オフィス移転の片付け、遺品整理やゴミ屋敷まで!全国各地に対応したこちらのサービスがオススメです。

面倒な不用品回収を任せてみませんか? まずは無料お見積りから。専門の作業スタッフが丁寧・親切に対応してくれます。

ECOクリーン

\明朗会計 業界最安値/

年間30,000件の実績

 

  • ●相談や見積まで無料
  • ●丁寧なスタッフ対応
  • ●全国各地に完全対応
  • ●他社で断られた物も

関連するキーワード


エアコン処分

関連する投稿


引越で家具を処分する方法7つ。業者に依頼した場合の相場料金一覧表付

引越で家具を処分する方法7つ。業者に依頼した場合の相場料金一覧表付

引越しを機に不要となった家具たち…。処分をしようと思っても、家具は大きくて持ち運びが困難なものが多く、処分方法に悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。そんなわたしたちを悩ませる「家具の処分方法」を7つ紹介していきます。引越しを機に家具やその他の不用品の処分に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね。


エアコンの取り外し方法12ステップ!必要な道具は?自分でできる?

エアコンの取り外し方法12ステップ!必要な道具は?自分でできる?

エアコンは専門家でなくても、自分でも取り外すことができます。ここでは、取り外し方法を12段階に分けて説明します。また、取り外し作業を行う時の失敗例や、必要な道具、取り外しを専門業者に依頼する時のポイントなども解説します。


家電リサイクル特定4品目の処分方法5つ!エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯

家電リサイクル特定4品目の処分方法5つ!エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯

家電リサイクル法で特定家電四品目に指定されているエアコンやテレビ、冷凍・冷蔵庫、洗濯機・衣類乾燥機の処分方法をご紹介します。リサイクル回収や収集運搬にかかる費用や、注意点についても解説します。


ゴミ屋敷の実家を片付けるコツ4つ。結婚前に!旦那、嫁の里帰りは?

ゴミ屋敷の実家を片付けるコツ4つ。結婚前に!旦那、嫁の里帰りは?

ゴミ屋敷になった実家をキレイに片付けるコツについてまとめました。ゴミをためてしまう親とどうすれば仲良くゴミをすてられるようになるのか、ゴミ屋敷の片付けのプロに頼んだ場合の値段の相場と仕事内容など、気になるポイントを解説しています。


エアコン処分方法6つ!ケーズデンキで回収してる?買取や持ち込みは?

エアコン処分方法6つ!ケーズデンキで回収してる?買取や持ち込みは?

エアコンは粗大ごみとして捨てることができません。家電リサイクル法で中の部品を再利用することが義務付けられているからです。この記事では、エアコンを正しい方法で安く処分回収する方法をご紹介します。


 

ビジネスパートナー募集