暮らしのお悩み解決サイト

【まとめ】家具の処分方法は4つ!値段、サービスなどを徹底解説

【まとめ】家具の処分方法は4つ!値段、サービスなどを徹底解説

引っ越し、家族構成の変化など、様々な理由で不要になった大型家具は頭を悩ませがちです。そのような処分方法があり、またどう処分するのが良いのか、各項目別にに調べました。新生活、模様替えなどなど、あらゆるシーンで参考になれば幸いです。

 



長年使い慣れた家具でも、処分する時期はやってきます。捨てようと決めたものの、大きな家具ですとどう処分するのがいいのか、悩むところでしょう。ここで処分方法を紹介しますので、参考にしてください。

家具の処分方法は大きくわけて4つ

Getty logo

処分方法は大きくわけて4つあります。自治体での回収、リサイクルショップへの売却、不要品回収業者への依頼、引っ越し業者の引き取りです。

それぞれに利点がありますから、1つずつ検討していきます。あなたが処分したいと思っている家具には、どの方法が一番ふさわしいか、検討してみてください。

1・自治体での回収

お住まいの地域には、役所のホームページがあると思います。そちらを検索して、粗大ゴミの回収方法について調べます。そこに回収費用、回収日程、回収場所などが明記されているでしょう。記されたとおりに行えば、処分ができます。

自治体ごとに多少の違いはあるでしょうが、大まかな流れは同じです。ここでは仮にソファーを処分するとして、具体的に説明します。

自治体の粗大ゴミ処理申し込み番号に電話して、処分の予約をします。今はかなりの自治体でインターネット予約申し込みも可能です。受付されたら、家具を処分に出す日にちと、収集場所を確認します。

回収費用ですが、1600円が必要だとします。その金額の粗大ゴミ処理券(自治体によって呼び方はいろいろあります)を購入します。役所、役所の支所、公民館、地元商店、コンビニエンスストアなどで販売されていますので、購入先を探してください。

処理する家具によって、回収金額も変わりますから、事前にしっかりチェックしておく必要があります。金額を多く払ってしまっても、ほとんどの自治体は差額を返してくれません。

券を処分する家具に貼り付け、収集場所まで運びます。交通の妨げになったりすれば、近隣住民に迷惑がかかります。収集日前に運び出すことはやめましょう。

自治体によっては、自宅前まで回収に来てくれるところもあります。その場合は、家の中まで入って運び出すまではしてくれません。必ず外までは自力で搬出してください。

引っ越しの期日が決まっていて、収集日まで待てないなどの理由があるときには、自ら自治体のクリーンセンターに搬入することもできます。ただし自分で運ばないといけません。処分する家具を運べる乗り物が必要です。自治体によっては、軽トラックなど貸し出ししてくれるところもあります。

自治体での回収は、処分だけなら一番安上がりですが、搬出は自力でやらなければいけません。人手がない、高齢や病気で運べない、などの理由がある場合は、向かない処理方法といえます。

2・リサイクルショップへの売却

リサイクルショップに見積もりを頼む前に、自身でもう一度処分する家具を点検しましょう。傷、へこみ、陽に焼けた色あせ、ねじなどの摩耗によるがたつきはありませんか? 使用期間はどれぐらいの長さでしょうか。

残念ながら、古くて汚れがあるものには、値が付きません。引き取ってもらえない可能性もあります。またベッドは、たとえ新しいものであっても、使用感が嫌がられて買い取りされない可能性があります。

有名メーカーのブランド家具は、高値で買い取ってもらえる率が高いです。それと買い取りが一点でなく、複数あると交渉は有利に運ぶようです。

リサイクルショップも、個人経営から大型チェーン店まであります。どの業者がいいか、事前にしっかり選びましょう。見積もりは3社以上すると、平均的な買い取り金額の参考になります。

見積もりをしてもらい、引き取り運送料は必要なのかも確認しておきましょう。実際に引き取りにきて、見積もりと違った金額を提示されることのないよう、事前に文書での確認や、交渉の会話の録音などしておくと、トラブルを回避できます。

エレベーターのない上層階、解体しないと運び出せない家具、クレーンでの搬出などが必要となる場合は、ほとんどのリサイクルショップは対応してくれません。その代わりに自力で店舗まで搬入すれば、買い取り価格は少し多めにしてくれます。

3・不要品回収業者への依頼

家具などの処分ができる業者は、『一般廃棄物処理業許可』をとっている業者です。『産業廃棄物処理業の許可』や『古物商の許可』をとっていても、家庭用の不要家具の回収はできません。許可をとった業者だから安心と思わず、許可内容を確認をしてから依頼してください。

なぜ業者の選択がそんなに大事なのかというと、許可のない業者によっては、不法投棄をする可能性があるからです。回収先のお客から高額の処分料金をとりながら、山中にただ捨てて環境破壊をするのです。不法投棄されたものの処理費用は、わたしたちの税金から捻出されます。許されることではありません。

業者を探すのに、電話帳やホームページから検索することと思います。対応が素早く、実店舗の写真が掲載されているような業者を選びましょう。

料金の支払い方法は、業者によって異なります。エレベーターのない上層階からの搬出、クレーンの使用、解体作業、これらはほとんどの業者が別料金になります。

高額にはなりますが、部屋まで回収にきてくれるという利点があります。ドアから出せないものは解体してくれ、自治体では回収しない金庫やピアノも、業者によっては回収してくれます。


基本料金が決められている業者
家具によって基本料金が決まっています。事前に支払い金額がわかるので安心ですが、割高感はあります。


基本料金なし、見積もりで決定
はっきりとした料金体系がわからないので不安ではありますが、ものによっては割安になります。交渉次第なので、そういったことが苦手なかたにはおすすめできません。


容量によって基本料金が決まる
トラックの荷台に積む処分品の容量によって、料金が決まるタイプです。家具以外の処分品も同時に引き取ってくれるので、多少料金は高めでも利用価値はあります。

4・引っ越し業者の引き取り

引っ越し業者によっては、不要品の処分も引き受けてくれるところがあります。引っ越しの見積もりのときに、相談してみるといいでしょう。

引っ越し業者に頼む利点は、当日まで処分予定の家具を使えることです。処分料金はとられますが、大手の引っ越し業者なら、不当な料金を請求される心配はありません。

 

家具種類別の処分費用

Getty logo


新しい家具に買い換えると、販売業者が無償で引き取ってくれる場合があります。処分だけの場合、どのような金額が必要か家具別に調べてみました。業者によっては違った金額を提示されると思いますが、おおよその基準にしてください。

タンス・棚・机(小)
2,000~4,000円

タンス・棚・机(中)
4,000~5.000円

タンス・棚・机(大)
6,000円~

本棚
5,000円~

一人掛けソファー
3.000円~

二人掛けソファー
4.000円~

三人掛けソファー
5,000円~

一人掛けチェアー
2,000円~

ダイニングチェアー
500~1,000円

ダイニングテーブル
4,000円~

ローテーブル
2,000円~

サイドボード
5,000円~

テレビ台・レンジ台
2,000~3,000円

カラーボックス
500円

プラスチック衣装ケース
500円

こたつ・ちゃぶ台
1,500~2,000円

鏡台
4,000円~

家具を引き取ってくれるサービスまとめ

Getty logo

業者ごとにさまざまな下取りサービスがあります。参考にしてください。

引っ越し業者の家具引き取り

サカイ引っ越しセンター
http://www.hikkoshi-sakai.co.jp/service/
購入後6年以内の家電品、家具などを買い取りしてくれます。
汚れなどで買い取れない場合は、処分を有料で引き受けてくれます。

日本通運
http://www.nittsu.co.jp/hikkoshi/optional/garbage/
不要品処分の委任状が必要ですが、引っ越しのときに処分してくれます。

ハート引っ越しセンター
http://www.hikkoshi8100.com/
購入5年以内の汚れや傷のないものは、無料で引き取ってくれます。それ以外は有料で処分してくれます。

0003アーク引っ越しセンター
http://www.0003.co.jp/option/
引っ越しのとき、オプションで家具の処分をしてくれます。

ヤマトホームコンビニエンス
http://www.008008.jp/moving/
購入後6年以内の家具、家電は買い取りしてくれます。ただし布張りのソファやベッドは不可です。
買い取りできないものには処分費用がかかります。

購入すれば不要な家具を処分してくれるショップ

dinos
https://www.dinos.co.jp/special/fur/hikitori/
購入した品物と、同数を無料引き取りしてくれます。

BELLE MAISON
http://www.bellemaison.jp/
購入すると古いほうの家具を無料引き取りしてくれます。

Shimachu.NET
http://netshop.shimachu.co.jp/shop/
購入した品物と同等の古いものを下取りしてくれます。ネットでの購入時に、下取りのチェックを忘れずに入れてください。

無印良品
http://www.muji.com/jp/
脚付マットレス各種、ベッド各種、ベッド用マットレス各種、ソファ、テーブルに限り、同製品購入で古いものを下取りしてくれます。

ニトリ
http://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/
購入すると古いほうの家具を3,000円で下取り処分してくれます。

家具を処分するときの注意点

Getty logo

リサイクル業者、不要品回収業者を選ぶもう1つのポイント

家具を搬出するときに、壁にぶつけて穴を空けてしまった。窓ガラスにぶつけて割ってしまった。そんな思いがけない不祥事が、起こるかもしれません。

そういった場合の保証がしっかりした業者を選びましょう。契約のときに、保証の項目が書かれているか、確認してください。場合によっては、数百円で一時的な保険に加入することを、すすめてくる業者もいます。

賃貸物件の場合、自身が賃貸の保険に加入していればいいのですが、そうでないと修繕費はすべて自己負担になってしまいます。

捨てる前に点検を

処分を依頼された業者が、古いタンスを解体していたら、裏側の板の間にびっしりとお金が隠されていたことがあったそうです。

家具を処分する前に、もう一度よく中を点検しましょう。お金は特別な例ですが、個人情報が特定されるようなメモ、手紙などが挟まっているなどはよくあることです。

リフォームしてまた使う

ここでは処分の方法について書いてきましたが、椅子やソファーなどは、生地を張り替えてリフォームするということも可能です。専門の業者もいますから、検討してみてはいかがでしょう。

ヨーロッパなどでは、生地を張り替えて、家具を長く使うのはよくあることです。思い入れのある家具などでしたら、考えてみてください。

まとめ


引っ越し、家族構成の変化などで不要となって家具の処分、どのようにするかの参考になりましたでしょうか。新しい住宅は、クロゼットが利用しやすいように作られているものが多く、家具の必要性も変わりつつあるようです。暮らしやすさを求めていくと、思い切って古い家具を処分することも必要に思えます。

【PR】不用品のことならお任せください。満足度93%以上!

明朗会計 業界最安値宣言!頼んだその日に解決できるスピード対応。家庭の家具や家電から、オフィス移転の片付け、遺品整理やゴミ屋敷まで!全国各地に対応したこちらのサービスがオススメです。

面倒な不用品回収を任せてみませんか? まずは無料お見積りから。専門の作業スタッフが丁寧・親切に対応してくれます。

ECOクリーン

\明朗会計 業界最安値/

年間30,000件の実績

 

  • ●相談や見積まで無料
  • ●丁寧なスタッフ対応
  • ●全国各地に完全対応
  • ●他社で断られた物も

 

関連するキーワード


粗大ごみ

関連する投稿


1分でわかる!自転車の廃棄処分方法6種

1分でわかる!自転車の廃棄処分方法6種

自転車廃棄の方法6つを簡単にまとめました。


本を処分する12の方法!断捨離で小遣い稼ぎ?

本を処分する12の方法!断捨離で小遣い稼ぎ?

部屋を占領している不要になった本はありませんか?たくさん読まれて役目を終える本、次の読み手に渡っていく本など、それぞれの本にあった処分方法をお伝えしていきます。引っ越しや断捨離ついでにちょっとした小遣い稼ぎになるかもしれませんよ。


金庫を処分する6つの方法 粗大ごみにしてはダメ?

金庫を処分する6つの方法 粗大ごみにしてはダメ?

古くなった金庫は、他の家具と同様に粗大ごみとして処分できると思いがちです。しかし金庫は特殊な素材でできていることが多いので、他の方法も検討する必要があります。そこで今回は、金庫を処分する6つの方法について徹底解説します。


勉強机を処分する6つのオススメ方法を徹底解説

勉強机を処分する6つのオススメ方法を徹底解説

幼い頃から使っている学習机は、大人に成長したことで「処分しよう」と思うことがあります。しかし、学習机は手軽に購入したり処分できるような安価な物ではありません。学習机は、状態に合わせて適切な方法で処分しましょう。


不要な家具を売ってお金に!処分する5つの方法と業者選び3つのコツ

不要な家具を売ってお金に!処分する5つの方法と業者選び3つのコツ

家具を処分するのならお得な方法で! 粗大ごみに出すと費用がかかりますが、リサイクルショップに買い取ってもらえばお金になりますし、フリーマーケットやオークションで売ることもできます。不要な家具を処分する方法と、家具のリサイクル業者の選び方をご紹介しましょう。


最新の投稿


広島県の外壁塗装業者おすすめ5選  口コミと料金相場一覧比較

広島県の外壁塗装業者おすすめ5選 口コミと料金相場一覧比較

広島県は、地域密着型の外壁塗装業者が多いことが特徴です。 そこで、広島県内で外壁塗装を依頼できる業者を5社に絞って紹介します。いずれの業者も強みがあるので、自分の目的に合うかどうかもチェックしましょう。


岐阜県の外壁塗装業者おすすめ5選  口コミと料金相場一覧比較

岐阜県の外壁塗装業者おすすめ5選 口コミと料金相場一覧比較

今回は岐阜にあるおすすめの外壁塗装業者を5つチェックしましょう。ご紹介する業者は口コミ評価もいいです。岐阜に家があり外壁塗装を探している方や、業者選びに迷っている方は参考にしてみてはいかがでしょうか?


子供部屋レイアウト実例35選!女の子・男の子別に紹介

子供部屋レイアウト実例35選!女の子・男の子別に紹介

子供部屋のレイアウトで悩んでいる親御さんもいるでしょう。子供部屋のレイアウトは大人の部屋のレイアウトよりも難しいかもしれません。今回は子供部屋の畳数やなどに合わせたレイアウトのパターンをまとめました。


静岡県の外壁塗装業者おすすめ10選  口コミと料金相場一覧比較

静岡県の外壁塗装業者おすすめ10選 口コミと料金相場一覧比較

静岡の外壁塗装工事の料金相場や、外壁塗装をしたサンプル板が見られる自社ショールームの有無、説明会やセミナーを行っているかなどをご紹介します。また、実際に外壁塗装を行った方からの口コミ情報も掲載しています。


アジアンテイストな部屋・インテリア実例20選!ワンルーム・寝室・リビング

アジアンテイストな部屋・インテリア実例20選!ワンルーム・寝室・リビング

おしゃれなアジアンテイストの部屋にしたい方は要チェックです!おしゃれなアジアンテイストの部屋にするならコツを抑えれば叶います。アジアンテイストの部屋にしている方を参考にしておしゃれな空間にしましょう。


 

 

 

ビジネスパートナー募集