暮らしのお悩み解決サイト

バチの当たらない正しいお守りの処分方法6つ

お守りは捨てにくいものですが、正しい処分をすれば失礼に当たりません。お寺や神社、どんど焼きなどで処分する方法や、自分で燃やしたり捨てたりする方法、また、遠くのお寺や神社のお守りの処分方法についても解説しています。


■はじめに
この記事では便宜上ではお守りを『買う』と記述していますが、本来お守りは『神様から授かる』ものとされています。また同様にお守りは『処分』するのではなく、正しくは『お納め』するものです。

お守りとは「御守」や「守礼(まもりふだ)」とも呼ばれるもので、お寺や神社の境内で販売されているものです。袋状になっていて、上をヒモで結んであるものが多く見られますが縁起物を全て「お守り」と呼ぶこともあります

お正月や旅先で神社やお寺に行った時に、記念としてお守りを買うことがありますよね。また、合格祈願や交通安全、安産祈願など、お願い事があってお守りを買いに行くこともあります。

もし、お願い事が叶ったり、だいぶ時間が経ってしまったお守りが家の中にある場合、どうしたら良いのでしょうか?さすがに、普通にゴミとして捨てるのは縁起が悪そうですよね。

ここでは、正しいお守りの処分方法について調べてみました。

お守りを処分する時期

お守りに有効期限ってあるの?

お守りにも、ご利益がある有効期限があります。多くは1年で、長くても3年と言われています

きっちり一年間というわけではないので、お正月にもらってきたお守りであれば、次の年のお正月のいずれかの日にちを目安として買い換えるのが良いとされています。また、安産祈願や合格祈願のお守りなどは、一年経過していなくても願いが叶った後にお返しするものです

家族で旅行に行った先でお守りをいただいて、「また家族でお参りに行きたいね」と考えていたのであれば、1年以上経っていてもかまいません。そのお守りをいただいた時に、どのような気持ちだったかを考えると、お戻しする日にちも決めやすくなりますよ。

例えば、毎年11月の酉の日に「お酉さま」(酉の市)がありますが、この時には去年購入した熊手を神社にお返しして再び新しい熊手を購入します。そのため、お酉さまの熊手のご利益は1年間になります。

また、お正月のしめ飾りや門松などは、もっと期間が短くて約1ヶ月になります。飾って良いとされている12月13日から、1月7日まで(関西の一部では1月15日)までです。これ以上長く飾っていると、近所からもだらしないと思われてしまいます。

このように、御札やお飾り、門松などと同じく、お守りもご利益がある期間が限られています。もう一年以上経っているお守りがあったら、感謝の気持ちを込めて新しいお守りを頂きに再びお寺や神社にお参りに行くと良いでしょう。

【まとめ】お守りを処分する時期や有効期限は?

通常のお守りは1年から3年。安産祈願や合格祈願などは対象者がその期間を終えた時まで。

お守りは必ず処分しなくてはいけない?

お守りに託したお願い事が叶っても叶わなくても、入手した一年後には感謝をしながら処分をするのが通例です

ですが「どうしても取っておきたいお守り」や、「思い出の品」であれば、無理に処分する必要はありません。その場合、そのお守りを授かったお寺や神社にお礼としてお賽銭を気持ちとして入れるとなおよいようです。

お守りを神社やお寺に返しに行って、再び新しいお守りをいただいて帰ってくるなど、一年を1つのけじめとして考えると良いでしょう。

【まとめ】お守りは必ず処分しなくてはいけない?

大切にしたいお守りは持っていても良い。お礼の気持ちとしてお賽銭を入れるとなお良い。

お守りを処分するのは有料?

お守りを購入したお寺や神社にお戻ししたり、郵送でお守りをお返しする場合でも、特に費用は発生しません年末年始のシーズンでしたら、お寺や神社に専用のコーナーが設けられていたり、箱が置かれています

最近、インターネットで「お守りの処分を代行します」といって、いくらかお金を取る業者が見られますが、自分で郵送すれば無料でできます。代行業者に頼む時は、どのようなメリットがあるのか、よく調べてから頼むようにしましょう。

また基本的には無料ではありますが、守っていただいた感謝の気持ちをお賽銭として入れるとより良いでしょう。お賽銭の金額ですが、お守りを買った時に支払った金額と同じくらいの金額を目安にすると良いようです。

【まとめ】お守りを処分するのは有料?無料?

授かった寺や神社へのお戻しは無料。郵送でのお戻しの場合、郵送料は自己負担。

お守りを処分する6つの方法

1 お寺でお守りの処分をする

お守りの処分をする時には、お寺でいただいたものはお寺に、神社でいただいたものは神社にお戻ししなくてはいけません。お守りの後ろを見て、「~寺」や「~寺院」と書いてあればお寺でいただいたものになります

旅行先で買ったお守りなどは、わざわざそのお寺に戻しに行くのは大変なので、近所のお寺にお戻しすることで処分ができますこの時に注意しなくてはいけないのが、宗派が違うお寺には戻せないという点です。違うものを神様にお戻しするのですから、大変な失礼に当たります。

宗派の違うお寺に戻さないよう、気をつけてください。

2 神社でお守りの処分をする場合

お守りの裏に「~大社」「~神宮」と書かれている場合、それは神社でいただいたお守りになります。神社の「古神札納め所」と書かれている所に置いて戻したり、「お焚上げ」をしていただいて戻しましょう。

「古神札納め所」は12月から1月にかけて、神社の境内に設置されます。小さな神社の場合は、特に納め所は設けない場合もありますので、問い合わせてみましょう。

お納めする場合の注意ですが、神社によっては、御札やお守り、しめ縄やお正月飾り以外のものを受け付けない所もあります。例えば、爆発したりはじけたりする危険性があるので、ダルマや熊手は受け付けない神社もあります。また、人形も受け付けずに持ち帰るようお願いしている所もあります。

処分をお願いする神社の決まりをホームページなどでよく調べてから、お戻しするようにしてください

3 遠方のお寺や神社のお守りの処分をする場合

旅先や引っ越す前の家の近所の神社やお寺など、遠い場所で買ったお守りは「郵送」で処分ができる場合もあります。伊勢神宮では封筒に「お焚き上げ希望」と書いてお守りを送れば、他のものと一緒にお焚上げをしてくれ、料金はかかりません。また一年中いつでも受付けています。

ただし、お寺や神社によっては受け付けていない所もありますので送り先に電話で確認をとってから送りましょう

何も聞かずに処分できないものを送ると、受け取れないものはそのまま返送される場合がありますので気をつけましょう。

4 自宅の安全な場所でお守りを焼却する

自宅で火を焚くことができる庭がある場合は、自宅でお守りを焼却できます。目安としては、花火ができる広さの庭であれば、焼却可能です。

庭の広さから判断して「お隣やお向かいのお宅に迷惑になる可能性がある場合」は庭でお守りを燃すのは止めましょう。また、家の中やベランダでは大変危険なので、焼却作業は行わないでください。

火にお守りを入れる時には、直にそのまま入れるのではなく、一つまみの塩と一緒に半紙にくるんで火に入れます。火に入れる時には、願いが叶っても叶わなくても、お守りに感謝の気持ちでお礼を言うのを忘れないようにしてください。

また、自宅で燃やす場合には、花火をする時と同じように、バケツに水をくんで火事にならないように気をつけながら行います

【PR】不用品のことならお任せください。満足度93%以上!

明朗会計 業界最安値宣言!頼んだその日に解決できるスピード対応。家庭の家具や家電から、オフィス移転の片付け、遺品整理やゴミ屋敷まで!全国各地に対応したこちらのサービスがオススメです。

面倒な不用品回収を任せてみませんか? まずは無料お見積りから。専門の作業スタッフが丁寧・親切に対応してくれます。

ECOクリーン

\明朗会計 業界最安値/

年間30,000件の実績

 

  • ●相談や見積まで無料
  • ●丁寧なスタッフ対応
  • ●全国各地に完全対応
  • ●他社で断られた物も

関連するキーワード


粗大ごみ 仏壇処分

関連する投稿


布団の処分方法9個!持ち込み・ニトリ・イオン・注意点や料金

布団の処分方法9個!持ち込み・ニトリ・イオン・注意点や料金

長年使用していて、新しい布団の買い替えや引っ越しに伴い布団を処分しようとする時はどのような方法で処分すると良いのでしょう。使わないまま色褪せてしまった布団の処分はただ捨てるだけではもったいないです。そこで今回は、布団の処分方法と再利用の方法についてまとめました。


自転車の処分方法8つと費用!防犯登録抹消方法。あさひで処分?

自転車の処分方法8つと費用!防犯登録抹消方法。あさひで処分?

自転車は生活ゴミとして処分することはできません。また自転車の多くはリサイクル可能なため、ただ処分するだけでは勿体無い場合もあります。そこで今回、自転車の状態毎の処分方法について詳しくまとめました。処分の際の防犯登録シールの扱いについてもご説明致します。


引越しのゴミ処分方法7つ!粗大ごみ回収・間に合わない場合・どうする?

引越しのゴミ処分方法7つ!粗大ごみ回収・間に合わない場合・どうする?

引越しの際に出るゴミや不用品を処分する方法について、7つのポイントを紹介します。それぞれの具体的な処分方法や、処分する前の準備についてチェックして、引越し前にゴミを片づけましょう。また、不用品業者を利用する際の費用や選び方についても解説します。


1分でわかる!自転車の廃棄処分方法6種

1分でわかる!自転車の廃棄処分方法6種

自転車廃棄の方法6つを簡単にまとめました。


仏壇の引っ越しが自分で安くできる7ステップ

仏壇の引っ越しが自分で安くできる7ステップ

仏壇の引越し方法や金額について、まとめています。必ず行わなくてはいけない「魂抜き」「魂入れ」の費用、仏壇全体を処分する「お焚上げ」についても説明しているほか、移動を自分であるいは引越し業者、仏具業者に頼む方法なども解説しています。


 

ビジネスパートナー募集