引越しの不用品処分7つのポイント!費用相場は?

引越しの不用品処分7つのポイント!費用相場は?

引越の時に、新生活で必要ない家具や家電まで運んでしまうと、引越代が高くなってしまいます。冷蔵庫は粗大ごみとして捨てられない家電もありますし、ピアノのように売ってお金になるものもあります。ここでは、不用品を処分するときに知っておきたいポイントを7つにまとめました。処分費用の相場もご紹介します。


引っ越しが決まって、真っ先に気になるのが不用品の処分ではないでしょうか?使っているものばかりだと思っていても、新居まで持っていくものとなると、処分したくなるものが増えるものです。この記事では、不用品を処分する方法と知っておきたいポイント、気になる費用のアレコレについてご紹介します。

引越しで不用品を処分する7つのポイント

1 引越しの不用品をリサイクルショップで売る

不用品をお金にする最も手軽な方法がリサイクルショップへの売却です。車で引き取りに来てくれたり、売れ筋商品は高値で買い取ってもらえることもあります。

売却された家具や家電はプロの手でメンテナンスされて、必要としている人に買われていきます。不用品をお金に換えられ、手間も時間もさほどかからないので、どなたにでもおすすめできる方法です。

売却する前にはきちんと手入れして、ホコリや汚れを拭き取っておきましょう。洗濯機やエアコンといった大型家電の買取値段がつかない場合、業者によってはこちらがお金を出せば引き取ってくれることもあります。

2 引越しの不用品をオークションやフリマアプリで売る

インターネットオークションは、実店舗とは比べ物にならないほど多くの人が品物を目にするので値段がつきづらい雑貨類やコレクションアイテムも売れやすいのが特徴です。ひとつからでも気軽に出品できるのが良いですね。

品物の状態がよくわかるように写真の撮り方を工夫したり、買いたくなるような説明文をつけることで、落札金額が大きくアップします。ゼロ円でスタートさせたり、セット販売したりと工夫すると高値になりますよ。

また、リサイクルショップでは値が付かないような品でも、どこかで必要としている人はいるものです。こんなものが?と思えるような品に値段がついたり、マニア向けのアイテムを高く売れる可能性があるのもネットでの売買の醍醐味と言えるでしょう。

3 引越しの不用品をフリマに出品

こまごまとした不用品がたくさんあるなら、フリーマーケットに出品して一気に売り払ってしまうという方法もあります。大きな公園や野外ホール等で行われるフリーマーケットは、個人でも参加することができます。

要らない服や靴、日用品を持ち寄って、思い思いの値段で売り買いするフリーマーケットは、不用品を処分するというだけでなくお店ごっこのような楽しさも一緒に味わえます。地元の大きな公園やリサイクルセンター等で年に数回開催されていることが多いので、ネットやタウン誌で探してみましょう。

4 引越しの不用品をゴミとして捨てる

不用品回収業者に依頼する場合に比べて、自治体に粗大ごみの処分をお願いすると、安価で回収を依頼できることがほとんどです。しかし、回収方法や料金の支払方法等は自治体によって大きく異なり、回収日が月に1回程度と少ないことがほとんどです。回収スケジュールをよく確認しておきましょう。

また、集積場へ直接持ち込めばより安価に処分できることもあります。自分たちで不用品の選別はしたけれど、不用品回収業者に処分を依頼すると高額の料金がかかる……という方は、トラック等をレンタルして持ち込むことを検討してみても良いでしょう。トラックのレンタル料のほうが安ければ、お得に不用品を処分できるかもしれません。

処分する量に目途がついたら、自治体のウェブサイト等でゴミの回収方法についてもチェックしておくことをおすすめします。

5 引っ越し業者に不用品を回収してもらう

引っ越しに伴う不用品回収で「穴場」とも言える方法は、引っ越しを依頼した業者に不用品も回収してもらうことです。引っ越しの日に一緒に不用品を回収するオプションを設けている業者があるので、そういったところを利用することで、時間や手間を大幅に省略できます。

不用品の選別と処分は自分で済ませておくつもりでも、日常生活を送りながらの引っ越し準備は思った以上の重労働です。不用品の処分まで手が回らないことも考えられます。念のための「保険」として、見積もりの際に引っ越し業者に大まかな不用品の量を知らせておきましょう。

選別は終わったけれど、自治体の回収日と引っ越しのタイミングが合わない時やリサイクルショップまで持っていく時間がない時等の強い味方になります。

引っ越し前日まで家電やベッドを使えるメリットは非常に大きいと言えるでしょう。

引越しと合わせて処分してくれるオススメ業者

引越し料金見積もり・単身引越しは引越し業者に相談【ハート引越センター】

http://www.hikkoshi8100.com/

引越しならハート引越センター。単身、ご家族、オフィスの引越しはプロの引越し業者にお任せ!引越し料金のクイック見積もりもご用意しています。

引越しの見積もりは引越しの専業【サカイ引越センター】公式サイト

http://www.hikkoshi-sakai.co.jp/

引越しならサカイ引越センター【公式サイト】。お見積もり無料!ご家族、単身、事務所の引越しなど、予算に合わせたコースをご用意。徹底教育されたスタッフが安心サービスをご提供します。

6 引越しの不用品を友人や親戚にゆずる

春先の引っ越しであれば、誰か不用な家具や家電を必要としている人がいるかもしれません。周りに声をかけてみましょう。特に期限付きの転勤や転居の場合、引っ越しにあまりお金をかけたくないと思う人も多いものです。そういった方に、まだ使える家電や家具は喜ばれることでしょう。

家具や家電といった大物だけでなく、時計やキッチンツールといった日用品も、状態の良いものならまとめて引き取ってくれることも。
個人同士のやりとりなので、お互いの都合さえ合えば、いつでも引き渡しができるのも嬉しいポイントと言えるでしょう。

7 引越しの不用品を回収業者に依頼する

不用品回収業者に不用品の処分を依頼するのも、時間と手間を大幅に省ける方法のひとつです。業者の営業時間帯ならば、いつでも引き取りに来てくれるので、自治体のゴミ回収スケジュールにどうしても間に合わない人にとっても強い味方と言えるでしょう。大型の家具や家電からこまごました不用品まで、まとめて引き取ってくれるので引っ越しを機に断捨離をしたいという方にもぴったりの方法です。

しかし、残念ながら不用品回収業者の中には、法律で決まっている廃棄方法を守らないものも一定数存在します。そういった業者を利用してしまうと、自分たちも罪に問われる可能性があります。知らなかったでは済まされないので、業者を選ぶ際にはウェブサイトや地元の口コミ等をよく調べてから依頼するようにしましょう。

引越しで不用品を処分する費用相場

まとめて処分する場合は、トラックの大きさで料金が変わる

不用品回収業者にまとめて家具や家電の処分を頼む場合、トラックの大きさによって金額が変わってきます。

軽トラックに積み放題  1 ~ 2万円 
2トントラックに積み放題  3 ~ 4万円 

引越しが重なる2月や3月は高くなる傾向がありますので、ゆとりを持って業者の予約をしましょう。

粗大ごみに出せない物がある?!

エアコンやテレビ、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機は粗大ごみとして捨てることができません。「家電リサイクル法」で決められた方法で回収してリサイクルすることが決められているからです。

車や電動自転車などの大型バッテリーやプロパンガスボンベ、灯油、ガソリン、塗料、薬品、農薬、タイヤ、小型充電式電池、ピアノ、バイク、消化器なども自治体によっては回収してもらえません。購入したお店に処分方法を聞いてみましょう。

エアコンやテレビ、冷蔵庫、洗濯機、衣類乾燥機のリサイクル料金

税込金額 税抜金額
エアコン 972円 900円
テレビ (ブラウン管) 15型以下 1,296円 1,200円
テレビ (ブラウン管) 16型以上 2,376円 2,200円
テレビ (液晶・プラズマ) 15型以下 1,836円 1,700円
テレビ (液晶・プラズマ) 16型以上 2,916円 2,700円
冷蔵庫170L以下 3,672円 3,400円
冷蔵庫171L以上 4,644円 4,300円
洗濯機・衣類乾燥機 2,484円 2,300円

実際にはこの料金の他に、「収集運搬費」がかかります。「収集運搬費」は頼む業者によって違うので、何社か料金を聞いてみましょう。

エレクトーン、電子オルガンの処分料

エ レ ク ト ー ン 
電 子 オ ル ガ ン 
 1 万円 ~ 3 万円 

楽器は楽器の中古店に売却するのが一番手間がかからず費用もかからない方法です。

管楽器や弦楽器は常に一定の需要があるので、古いものでもそれなりの金額で売れることがあります。販売店で買い取りや下取りを実施している場合もあるので相談してみましょう。

エレクトーンやドリマトーンといった電子オルガンは、古いものはほとんど需要がありません。当時の上位機種でも買い取り拒否されることがほとんどですし、多くの自治体で大型ゴミ回収の対象外になっています。電子オルガンは専門業者に依頼して回収を依頼することになりますが、10,000円~30,000円程度の費用がかかります。

ピアノは買取サービスを利用するとお得!

ピアノは古いものでもそれなりの金額で引き取ってもらえることがほとんどです。ただ、ピアノは電子オルガンよりもかなり重量があるため、運搬料との兼ね合いでマイナスになることもあります。特に、グランドピアノや大型のアップライトは分解して搬入していることが多いため、搬出にも分解工事が必要になります。その料金は買い取り料金から差し引かれることになるので注意しましょう。

ピアノ買取金額の目安 (ヤマハ・カワイ)
1960年頃に購入したヤマハ アップライトピアノ 1万円くらい
1980年頃に購入したヤマハ アップライトピアノ 5万円くらい
1990年頃に購入したヤマハ アップライトピアノ 10万~15万円くらい
1960年頃に購入したカワイ アップライトピアノ 5千円くらい
1980年頃に購入したカワイ アップライトピアノ 2万円くらい
1990年頃に購入したカワイ アップライトピアノ 10万円くらい
1960年頃に購入したグランドピアノ 3万円~5万円くらい
1980年頃に購入したグランドピアノ 15万~20万円くらい

仏壇や仏具は「供養」して処分

引っ越しに伴い、仏壇もコンパクトなものに変更する方が増えています。でも、古いほうの仏壇はどう処分したら良いのでしょうか?最近は菩提寺とお付き合いのない方も多く、仏壇じまいについて聞けるところがなく困っている方も多いようです。

仏壇は仏様やご先祖様をお祀りする厨子、いわば「家」のようなものです。普通にゴミとして処分することが法に触れるわけではありませんが、きちんと供養をしたうえで仏様もお引越しをしてもらいたいものですよね。

仏壇をただの「モノ」に返すには、魂抜き・性根抜き・閉眼法要(宗派によって呼び方は異なります)を営むことが必要です。そして新居に着いてから新しい仏壇に魂入れの法要をして、「ここが新しいお家です」とお知らせすることで仏様のお引越しも完了という流れになります。

この一連の法要は、菩提寺に依頼するか仏壇じまいの専門業者に依頼することになります。業者に依頼した場合は料金を提示されますが、菩提寺に依頼する場合はお布施という形で支払うことになります。
宗派や地方によって金額は大きく異なりますが、法要のお布施は20,000円~50,000円程度包むのが一般的です。これに仏壇の処分費用が必要になります。業者に依頼した場合も30,000円~80,000円と、総額ではさほど変わらない金額になることが多いようです。

仏壇の処分や持ち替えは、一生のうちでそう何度もあることではありません。悔いのないように、家族全員でよく話し合ってから取り掛かるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?引っ越しにともなう不用品の処分は、生活スタイルや量によって対応が大きく異なります。自分に合った方法で無理なく不用品をスッキリ処分して、身軽に新生活を始めたいですね。

【PR】不用品回収業者を最大3社から一括見積もり!

タスクルは近隣の業者を最大3社同時に見積もり可能です。口コミと料金で業者を比較し、気になる業者とチャットで直接やり取りが可能なおすすめのサービスです。また対応エリアは全国となります。

タスクル不用品

\満足度No.1宣言!/

全額返金保証制度有り

 

  • ●口コミと料金で比較
  • ●コストダウンを実現
  • ●近隣の業者をご紹介
  • ●チャットで安心

関連する投稿


PCデータは自分で消去できる?無料の裏技・専用ソフト・おすすめ業者も紹介!

PCデータは自分で消去できる?無料の裏技・専用ソフト・おすすめ業者も紹介!

PCデータをできるだけお金をかけずに自分で消去したい方は必見!本記事ではPCのデータ消去と処分が無料でできる方法やデータ消去のおすすめ専用ソフト、しっかりデータ消去してくれる業者も紹介します。記事を読めば「PCデータ消去って自分でできるのかな?」「できるだけ安くデータ消去する方法は?」という疑問も解決しますよ。


パソコンモニターは無料回収してもらえる?法律を守ったお金をかけない処分方法4つ!

パソコンモニターは無料回収してもらえる?法律を守ったお金をかけない処分方法4つ!

パソコンモニターって捨てるのにお金がかかるのかな?と思っている方は必見!パソコンモニターは多くの場合無料で処分可能です。またパソコンモニターの種類によってはお金に換わる可能性も!本記事ではパソコンモニターを処分するときに守らなければいけない法律や、無料の正しい処分方法4つを徹底紹介!本記事を読めば余計な出費をせずパソコンモニターを処分することができますよ。


引越見積が安くなるコツ10つ。何月が一番値下げする?

引越見積が安くなるコツ10つ。何月が一番値下げする?

引っ越しは時期や曜日によって費用が著しく変わることがあります。しかし繁忙期の引っ越しでも、需要が少ない日を選べば料金を抑えることができます。新生活のスタートとなる引っ越しでは、その後の生活も気持ちよく過ごせるように引っ越し業者にもこだわりましょう。


仏壇の引っ越しが自分で安くできる7ステップ

仏壇の引っ越しが自分で安くできる7ステップ

仏壇の引越し方法や金額について、まとめています。必ず行わなくてはいけない「魂抜き」「魂入れ」の費用、仏壇全体を処分する「お焚上げ」についても説明しているほか、移動を自分であるいは引越し業者、仏具業者に頼む方法なども解説しています。


引越で冷蔵庫を準備する7つの方法。電源は前日?水抜きや運び方は?

引越で冷蔵庫を準備する7つの方法。電源は前日?水抜きや運び方は?

冷蔵庫の引越しをするとき、単純にコンセントを抜いてそのまま運んでしまえばOK!…というわけではもちろんありません。複雑な構造でその機能を保っている冷蔵庫だからこそ、必要な準備があります。冷蔵庫を引越しするために準備しておくべき7つの方法や注意点について紹介していきます。


 

ビジネスパートナー募集