暮らしのお悩み解決サイト

引越しで不要になったものを徹底処分!押さえておきたい7のポイント

引越しで不要になったものを徹底処分!押さえておきたい7のポイント

引っ越しが決まって一番気がかりなのが、不用品の処分ではないでしょうか?要らないものは処分して、すっきりと新生活を迎えたいものですよね。ここでは、不用品を処分するときに知っておきたいポイントを7つにまとめました。気になる費用についても解説しているので、ぜひ引っ越しの参考にして下さいね。


引っ越しが決まって、真っ先に気になるのが不用品の処分ではないでしょうか?使っているものばかりだと思っていても、新居まで持っていくものとなると、処分したくなるものが増えるものです。この記事では、不用品を処分する方法と知っておきたいポイント、気になる費用のアレコレについてご紹介しています。


引越しで処分する7つのコツ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ここでは、引っ越しで出てくる不用品の処分方法を7つご紹介しています。自分の生活スタイルに合った方法を見つけるための参考にしてくださいね。

① リサイクルショップで売却する

比較的新しくて、きちんと動く家具や家電を捨てずに活用する手段として、最も手軽な方法のひとつがリサイクルショップに売却することです。売れ筋商品は、意外なくらいの高値で買い取ってもらえることも。
売却された家具や家電はプロの手でメンテナンスされて、必要としている人に買われていきます。
不用品をお金に換えられ、手間も時間もさほどかからないので、どなたにでもおすすめできる方法です。

② オークションやフリマアプリで売却する

好きな人には価値が分かる……そんなアイテムは、ネットオークションやフリマアプリで売却するのがおすすめです。取引のほとんどがネット上で完結するので、スキマ時間に作業ができるのもメリットのひとつです。
また、実店舗とは比べ物にならないほど多くの人が品物を目にするので、値段がつきづらい雑貨類やコレクションアイテムも売れやすいのが特徴です。ひとつからでも気軽に出品できるので、不用品の量が少ない時にも気軽に使える方法ですね。

③ フリーマーケットに出品する

こまごまとした不用品がたくさんあるなら、フリーマーケットに出品して一気に売り払ってしまうという方法もあります。要らない服や靴、日用品を持ち寄って、思い思いの値段で売り買いするフリーマーケットは、不用品を処分するというだけでなくお店ごっこのような楽しさも一緒に味わえます。
レジャーのような感覚で、家族や友人と楽しんで参加できるのも特徴のひとつです。
地元の大きな公園やリサイクルセンター等で年に数回開催されていることが多いので、ネットやタウン誌で探してみましょう。

④ ゴミとして捨てる

不用品の処分として真っ先に思いつくのは、ゴミの回収日に捨てることではないでしょうか。回収場所まで持っていくだけなので、一番簡単な方法と言えますね。
普通の小型ゴミであれば週に何回か回収日がありますので、通常の範囲内であればゴミとして捨てることはそんなに負担はないでしょう。
また、捨てたものは自治体がルールに則って処理してくれますので安心感もありますね。
ただし、引っ越しの際に出た大量のごみは通常の方法で回収してくれない自治体もあります。事前によく確認して、引っ越しまでに処分できるようなスケジュールを組むようにしましょう。

⑤ 引っ越し業者に不用品回収を依頼する

引っ越しに伴う不用品回収で「穴場」とも言える方法は、引っ越しを依頼した業者に不用品も回収してもらうことです。引っ越しの日に一緒に不用品を回収するオプションを設けている業者があるので、そういったところを利用することで、時間や手間を大幅に省略できます。
不用品の選別と処分は自分で済ませておくつもりでも、日常生活を送りながらの引っ越し準備は思った以上の重労働です。不用品の処分まで手が回らないことも考えられます。念のための「保険」として、見積もりの際に引っ越し業者に大まかな不用品の量を知らせておきましょう。
選別は終わったけれど、自治体の回収日と引っ越しのタイミングが合わない時やリサイクルショップまで持っていく時間がない時等の強い味方になります。

⑥ 友人や親戚にゆずる

春先の引っ越しであれば、誰か不用な家具や家電を必要としている人がいるかもしれません。周りに声をかけてみましょう。特に期限付きの転勤や転居の場合、引っ越しにあまりお金をかけたくないと思う人も多いものです。そういった方に、まだ使える家電や家具は喜ばれることでしょう。
家具や家電といった大物だけでなく、時計やキッチンツールといった日用品も、状態の良いものならまとめて引き取ってくれることも。
個人同士のやりとりなので、お互いの都合さえ合えば、いつでも引き渡しができるのも嬉しいポイントと言えるでしょう。

⑦ 不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に不用品の処分を依頼するのも、時間と手間を大幅に省ける方法のひとつです。
業者の営業時間帯ならば、いつでも引き取りに来てくれるので、自治体のゴミ回収スケジュールにどうしても間に合わない人にとっても強い味方と言えるでしょう。
大型の家具や家電からこまごました不用品まで、まとめて引き取ってくれるので引っ越しを機に断捨離をしたいという方にもぴったりの方法です。
しかし、残念ながら不用品回収業者の中には、法律で決まっている廃棄方法を守らないものも一定数存在します。そういった業者を利用してしまうと、自分たちも罪に問われる可能性があります。知らなかったでは済まされないので、業者を選ぶ際にはウェブサイトや地元の口コミ等をよく調べてから依頼するようにしましょう。

処分方法別、廃棄費用まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

不用品の処分と聞いて、一番に気になるのが費用のことではないでしょうか。各方法のポイントを押さえておくことで、出費を最小限にできることもあるんです。ここでは、各方法にかかる費用や気を付けたいポイントを重点的に解説しています。

① 完動品ならリサイクルショップに売却

比較的新しくてきちんと動くものを処分するのなら、リサイクルショップが一番手早く売却できます。必ずしも買い取り価格がアップするというわけではありませんが、売却する前にはきちんと手入れして、ホコリや汚れを拭き取っておきましょう。

リサイクルショップに売却する時に気を付けたいのが、引き取り料の問題です。
本来、リサイクルショップに売却した場合は売却したお金を受け取ることができます。しかし、洗濯機やエアコンといった大型家電や家具をショップまで持ち込む手段がないときは、引き取りを依頼しなくてはいけません。その引き取りにかかる費用は、売却した料金から差し引かれることになります。買い取り価格が安価だった場合、こちらがお金を支払わなくてはならない場合もありますので注意しましょう。依頼する際は、引き取り料について事前に確認しておくことをおすすめします。

とは言っても、リサイクルショップはまだ動く家電や家具を処分したい時に魅力的な選択肢です。不用品を手早くお金に換えられるのが嬉しいですね。

② オークションやフリマアプリは腕次第で利益アップ

ネットオークションやフリマアプリは、見せ方次第で思った以上の収入になるのが魅力です。品物の状態がよくわかるように写真の撮り方を工夫したり、買いたくなるような説明文をつけることで、商品に付加価値を付けることができます。
また、リサイクルショップでは値が付かないような品でも、どこかで必要としている人はいるものです。こんなものが?と思えるような品に値段がついたり、マニア向けのアイテムを高く売れる可能性があるのもネットでの売買の醍醐味と言えるでしょう。

しかし、気を付けておきたいこともいくつかあります。
ネット上ですべての取引が完了するのが、オークションやフリマアプリの大きなメリットですが、品物の梱包や発送、購入者とのやりとりは全て自分でこなさなくてはなりません。特に、購入者とのやりとりは、相手がどういう人かわからないのでトラブルに発展することもあります。ある程度、ネット上の振る舞いに慣れておく必要があるでしょう。

③ フリーマーケットはレジャー気分で

大きな公園や野外ホール等で行われるフリーマーケットは、個人でも参加することができます。青空の下でお店を広げて、思い思いに売り買いを楽しむことができるので、休日のレジャー気分で家族や友人とチャレンジすることができます。
ネット売買では送料のほうが高くなってしまうような、小さな不用品や梱包に気を使う割れ物も扱いやすいのが魅力です。

しかし、一方で荷物の運搬を自分たちで全てしなければならないことから、大きな家具や電化製品を売却するには向いていません。また、利益を上げることがフリーマーケットの目的ではないので、値段を吊り上げたり、あまりにも高価なものを売るのはNGです。
また、参加費や交通費、品物を入れる経費もかかるので、場合によっては赤字になることもあります。「赤字が出なければ良し」くらいの気楽な気持ちでいたほうが良いかもしれません。

それでも、小さな不用品も使ってくれるひとの所へ渡せるエコ的観点からも、フリーマーケットの意義は大きいものです。楽しみながらこまごまとした不用品を一気に処分できる機会として、参加してみるのもおすすめです。

④ 大型ゴミの回収は事前調査がカギ

売れそうもない大型の不用品を、安価に処分できる方法のひとつが大型ゴミとして自治体に回収してもらう方法です。回収日に出せるものであれば、無料で処分することができます。
費用がかかる場合でも、不用品回収業者に依頼する場合に比べて安価で回収を依頼できることがほとんどです。また、集積場へ直接持ち込めばより安価に処分できることもあります。自分たちで不用品の選別はしたけれど、不用品回収業者に処分を依頼すると高額の料金がかかる……という方は、トラック等をレンタルして持ち込むことを検討してみても良いでしょう。トラックのレンタル料のほうが安ければ、お得に不用品を処分できるかもしれません。

しかし、回収方法や料金の支払方法等は自治体によって大きく異なり、同じベッドの処分でも数百円~数千円までと幅があります。また、回収日も月に1回程度と少ないことがほとんどです。回収スケジュールをよく確認しておきましょう。
処分する量に目途がついたら、自治体のウェブサイト等でゴミの回収方法についてもチェックしておくことをおすすめします。

⑤ 急ぐときは引っ越し業者に依頼しよう

引っ越しギリギリまで使いたい家電等は、引っ越し業者に回収を依頼しましょう。引っ越しと同時に回収してもらえるので、あちこちの業者とアポイントを取る必要もありませんし、時間も大幅に節約できます。また、引っ越し業者によっては貴金属やブランド品の買い取りをしているところもあり、引っ越し料金と料金を相殺してくれることもあります。
引っ越しと同時に不用品の処分を考えている場合は、見積もり時に相談してみると良いでしょう。場合によっては不用品回収業者に依頼するよりも高額になることもありますが、引っ越し前日まで家電やベッドを使えるメリットは非常に大きいと言えるでしょう。
また、引っ越しの荷物と不用品が同じトラックに乗せられる程度の量であれば、意外と安価で回収を引き受けてくれる場合もあるので、話だけでも聞いてみることをおすすめします。
後ほど、引っ越しと合わせて不用品を回収してくれる業者をいくつかご紹介しますので、参考にしてくださいね。

⑥ 友人や親戚に譲るのは輸送方法に注意

まだ使えるけど処分したい家具や家電を友人や親戚に譲るのは、一見手軽な方法に思えます。しかし、相手の家まで輸送する費用をよく計算してから決めることが大切です。大きな荷物を宅急便等で送るのは、費用が高額になることがあります。また、梱包にもそれなりのコツが必要です。
それだけのコストをかけても譲るべきかを、先方とよく考えてみることをおすすめします。

輸送方法さえクリアできれば、まだ使える家電や家具はひとり暮らしを始める予定の人にとってありがたいものです。周りに必要としている人がいないか声をかけてみると良いですね。

⑦ 不用品回収業者は業者選びがポイント

不用品回収業者の中には、廃棄方法を守らない「悪徳業者」が一定数存在することは先にお話ししました。それに加えて、不用品回収に関する料金トラブルも非常に多いことをご存知でしょうか?
特に「無料回収」を謳う業者を巡るトラブルは後を絶たず、国民生活センターからも注意喚起がなされています。

一般的に不用品回収の料金は「基本料金+回収料」で成り立っています。基本料金は3,000円~5,000円、軽トラック1杯分の不用品を回収してもらったと仮定すると、総額で16,000円~30,000円+家電リサイクル料がだいたいの相場と考えて良いでしょう。
これより大幅に安くても高くても、何らかの問題が潜んでいる可能性があります。最初に見積もりをきちんと取って、これ以上の請求はしないという確約をしてから作業に取り掛かってもらうことが大切です。

引越しと合わせて処分してくれるオススメ業者

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

時間と手間を節約する時にお世話になりたいのが、引っ越し業者による不用品回収です。引っ越し前日まで使いたい家電もお願いできるのが嬉しいですね。
でも、不用品回収はすべての引っ越し業者が請け負っているわけではありません。ここでは、不用品回収サービスを引き受けているオススメ業者をまとめました。単身向けに強かったり、不用品の買い取りに重点を置いていたり……とそれぞれの業者に特徴があります。自分の引っ越しに合う業者を見つけて下さいね。

引越し料金見積もり・単身引越しは引越し業者に相談【ハート引越センター】

http://www.hikkoshi8100.com/

引越しならハート引越センター。単身、ご家族、オフィスの引越しはプロの引越し業者にお任せ!引越し料金のクイック見積もりもご用意しています。

引越しの見積もりは引越しの専業【サカイ引越センター】公式サイト

http://www.hikkoshi-sakai.co.jp/

引越しならサカイ引越センター【公式サイト】。お見積もり無料!ご家族、単身、事務所の引越しなど、予算に合わせたコースをご用意。徹底教育されたスタッフが安心サービスをご提供します。

これはどうする?処分に関するQ&A

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ここでは、不用品処分のときに出てくる疑問をいくつかピックアップしました。引っ越しの前に知っておいて損はないことばかりです。ぜひ参考にしてくださいね。

家電リサイクル法ってなに?

不用品を処分するにあたって、テレビや冷蔵庫、洗濯機の処分料だけが高いと思ったことはありませんか?タンスやベッドのほうが大きくて重いのに、小さなテレビのほうが回収料金が高く設定されていることも珍しくありません。
これは各業者に支払う処分料に「家電リサイクル料金」が含まれているからです。

家電は不用品として回収されたあと、金属パーツやガラス類を取り出して資材に変換されます。これらは有効資源として再活用されるのです。ゴミを減らすための「3R(リデュース・リユース・リサイクル)」のリサイクル部分にかかる費用を消費者が担っているということですね。

このリサイクルにかかる料金は全国共通です。

エアコン:972円~
テレビ(ブラウン管)15型以下:1,296円~
テレビ(ブラウン管)16型以上:2,376円~
テレビ(液晶・プラズマ)15型以下:1,836円~
テレビ(液晶・プラズマ)16型以上:2,916円~
冷蔵庫170L以下:3,672円~
冷蔵庫171L以上:4,644円~
洗濯機・衣類乾燥機:2,484円~

業者に回収を依頼した場合、これに運搬料や収集料が加算されます。
どういったルートで処分をしても、この家電リサイクル料は誰かが支払わなくてはいけないものです。つまり、無料で家電リサイクル対象の品物だけを引き取ってくれるサービスは存在し得ないということになりますね。
今までお世話になった家電ですから、最後も正しい方法で処分して再利用できるようにしてあげたいものですね。


ピアノや楽器類はどう処分しよう?

もう弾かなくなったピアノや楽器を処分するのはどういった方法があるでしょうか?
楽器は、よほど状態の悪いものでなければ、中古店に売却するのが一番手間がかからず費用もかからない方法です。

管楽器や弦楽器は常に一定の需要があるので、古いものでもそれなりの金額で売れることがあります。販売店で買い取りを実施している場合もあるので相談してみましょう。
ただし、エレクトーンやドリマトーンといった電子オルガン類は、古いものはほとんど需要がありません。当時の上位機種でも買い取り拒否されることがほとんどですし、多くの自治体で大型ゴミ回収の対象外になっています。こちらは専門業者に依頼して回収を依頼することになりますが、10,000円~30,000円程度の費用がかかります。

それに比べて、ピアノは古いものでもそれなりの金額で引き取ってもらえることがほとんどです。ただ、ピアノは電子オルガンよりもかなり重量があるため、運搬料との兼ね合いでマイナスになることもあります。特に、グランドピアノや大型のアップライトは分解して搬入していることが多いため、搬出にも分解工事が必要になります。その料金は買い取り料金から差し引かれることになるので注意しましょう。

仏壇や仏具、そのまま処分したらダメ?

引っ越しに伴い、仏壇もコンパクトなものに変更する方が増えています。でも、古いほうの仏壇はどう処分したら良いのでしょうか?最近は菩提寺とお付き合いのない方も多く、仏壇じまいについて聞けるところがなく困っている方も多いようです。

仏壇は仏様やご先祖様をお祀りする厨子、いわば「家」のようなものです。普通にゴミとして処分することが法に触れるわけではありませんが、きちんと供養をしたうえで仏様もお引越しをしてもらいたいものですよね。
仏壇をただの「モノ」に返すには、魂抜き・性根抜き・閉眼法要(宗派によって呼び方は異なります)を営むことが必要です。そして新居に着いてから新しい仏壇に魂入れの法要をして、「ここが新しいお家です」とお知らせすることで仏様のお引越しも完了という流れになります。

この一連の法要は、菩提寺に依頼するか仏壇じまいの専門業者に依頼することになります。業者に依頼した場合は料金を提示されますが、菩提寺に依頼する場合はお布施という形で支払うことになります。
宗派や地方によって金額は大きく異なりますが、法要のお布施は20,000円~50,000円程度包むのが一般的です。これに仏壇の処分費用が必要になります。業者に依頼した場合も30,000円~80,000円と、総額ではさほど変わらない金額になることが多いようです。
仏壇の処分や持ち替えは、一生のうちでそう何度もあることではありません。悔いのないように、家族全員でよく話し合ってから取り掛かるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?引っ越しにともなう不用品の処分は、生活スタイルや量によって対応が大きく異なります。自分に合った方法で無理なく不用品をスッキリ処分して、身軽に新生活を始めたいですね。

【PR】最安値で不用品処分をするには?

格安で不用品処分をするには複数の業者から一括で見積りを取る方法もおすすめです。個人で複数の業者に見積り依頼をするのは対応が大変ですが、
こちらのサイト は一度に最大5社から見積りを取ることができ、一番安い業者を選ぶことができます。

有料お片づけ業社で一括見積もり比較

\あなたにピッタリの/

お片づけ業者を一括比較
  • ◇利用料0円!
  • ◇最大5社に一括査定!
  • ◇会員登録不要!
  • ◇全国対応可能!
  • ◇信頼できる業者を厳選!

一括査定はこちら

関連するキーワード


引越し準備 引越し費用

関連する投稿


引越しにかかる時間はどれくらい?当日に押さえておくべき10つのポイント

引越しにかかる時間はどれくらい?当日に押さえておくべき10つのポイント

引っ越しにかかる時間って気になりますよね。この記事では、引っ越し作業時間の目安や、時間を有効に使って作業時間を短縮するコツをご紹介しています。ちょっとしたひと手間でできることばかりなので、引っ越しが決まったらぜひチェックしてくださいね。


引越しの準備期間は?準備中にやる25のこと

引越しの準備期間は?準備中にやる25のこと

引っ越しの準備は、とにかくやることが盛りだくさん。「まだ間に合うから」と、さまざまな作業をついつい後回しにしてしまっていませんか? 引っ越しの準備に必要な期間と、準備中にやるべき25つのことについてまとめていきます。


【特集】1分でわかる『引越し関連手続き一覧』

【特集】1分でわかる『引越し関連手続き一覧』

引越しで必要な様々な手続きを可能な限り全てまとめた保存版マニュアルです。各項目の詳しい解説はリンク先を別途ご参照ください。


引越しの流れを把握!10ステップで簡単に終わらせよう

引越しの流れを把握!10ステップで簡単に終わらせよう

引っ越しを成功させるには、大きな流れを把握したうえで効率良く行動することが非常に重要です。ここでは、10個のステップに分けて引っ越しの流れを説明しています。また、知っておきたいお金のことや荷造りに役立つグッズの紹介もしています。


引越し前日にしておきたい6つのこと

引越し前日にしておきたい6つのこと

引っ越し前日は、当日の作業をスムーズに進めるために抑えておきたいポイントがいくつかあります。ここでは、前日に済ませたい作業を6つにまとめてご紹介しています。また、引っ越しギフトの選び方も解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。


最新の投稿


エアコンにゴキブリを侵入させない対策5つ。ドレンホースは要注意!

エアコンにゴキブリを侵入させない対策5つ。ドレンホースは要注意!

夏の暑い時期に欠かせないエアコン。でも、その中にゴキブリが侵入することがあるということをご存知でしょうか?快適なはずのエアコンからゴキブリが出てくるなんてぞっとしますよね。この記事では、ゴキブリの侵入する原因と、その対策についてまとめています。暑くなる前に、しっかり対策を取りましょう!


本当に効き目がある!ゴキブリ団子の作り方6ステップ

本当に効き目がある!ゴキブリ団子の作り方6ステップ

昔ながらのゴキブリ駆除剤「ゴキブリ団子」。名前は知っているけど作ったことがあるという方は意外と少ないのではないでしょうか?一度設置すると長期間効果を発揮するので、ゴキブリが活性化し始める季節にぜひ試してみたいもの。 この記事では、簡単に作れる方法や設置のポイントについてご紹介しています。


ゴキブリの侵入経路10ヶ所と対策方法。マンションや新築も要注意

ゴキブリの侵入経路10ヶ所と対策方法。マンションや新築も要注意

ゴキブリが活性化する嫌な季節がやってきました。 今年こそはゴキブリを根絶したい!とお思いの方も多いのではないでしょうか?この記事では、ゴキブリが侵入してくる経路やその対策について考えてみました。また、ゴキブリが寄ってこない家づくりのために、今日からできる小さなポイントもご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね!


チャドクガの発生時期・駆除対策5つと刺されたときの対処方法5つ

チャドクガの発生時期・駆除対策5つと刺されたときの対処方法5つ

近年大量に発生して恐れられている「チャドクガ」。チャドクガに刺されると激しいかゆみに襲われ、最悪のケースではアナフィラキシーショックを引き起こす危険性もあります。チャドクガの生態や特徴、発生時期、さらに駆除対策や刺された時の対処法について説明していきます。


お風呂掃除用洗剤おすすめランキングTOP20!強力洗剤で水垢もキレイに

お風呂掃除用洗剤おすすめランキングTOP20!強力洗剤で水垢もキレイに

お風呂のカビや汚れがよく落ちる、おすすめの人気洗剤をご紹介します。こすらなくて良いカビ取り用洗剤や、身体に優しい浴室用洗剤、防カビ剤など、Amazonや楽天市場で常にベストセラーになっているお風呂用洗剤ばかりです。


最近話題のキーワード

タスクルで話題のキーワード


洗濯槽掃除 害虫駆除 洗濯物裏技 衣類 トイレ掃除
エコノバ