暮らしのお悩み解決サイト

ぬいぐるみや人形を処分する7つの方法!リサイクルできる?

ぬいぐるみや人形を処分する7つの方法!リサイクルできる?

ぬいぐるみや人形はとても捨てにくいものです。くれた人や自分の思いが詰まっている人形を、どうしたら罪悪感なく処分できるでしょうか。ここではゴミとして捨てるだけではない、ぬいぐるみや人形との別れ方をご紹介します。


子供の成長につれて不要になったぬいぐるみ。可愛がっていた時のことを知っているだけに、処分方法に迷ってしまいますよね。この記事では、ぬいぐるみを処分する方法や上手にぬいぐるみと「お別れ」するコツについてご紹介しています。

ぬいぐるみや人形を処分する7つの方法

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

もう遊ばなくなってしまったぬいぐるみ、ずっと置きっぱなしにしておくわけにはいきませんよね。綿と布でできたぬいぐるみは、ずっと放置しているとホコリやダニの温床になってしまうことも。

でも、いざゴミとして捨てられるかと言うと、躊躇してしまう方も多いのではないでしょうか?大事にされていた人形には魂が宿るなんて言い伝えも、迷信とはわかっていても気になってしまうことでしょう。

でも、ぬいぐるみを処分するのに、捨てる以外にも方法があるんです。ここでは、ぬいぐるみを処分する5つの方法をご紹介しています。

① ぬいぐるみや人形を、お寺や神社で供養して処分してもらう

雛人形や五月人形等の厄を吸い取ると言われている人形は、人形供養を行いお焚き上げをしてもらうのが一般的です。今まで子どもを守ってくださった感謝を込めて供養するというわけですね。

手厚く供養をするという意味では、ぬいぐるみも人形供養を出すことができます。人形寺と銘打っているところ以外でも、年に一度ほど人形のお焚き上げをしているところがあります。お住まいの地域にそういったお寺や神社がないか探してみると良いですね。

大きく広告は出していなくても、地域の葬祭センターで人形葬をまとめて受け付けていることもあるようです。供養してほしいぬいぐるみを郵送等で受け付けているところもあるので、近くに供養できる場所がない場合におすすめです。

② ぬいぐるみや人形をネットオークションやフリマアプリで売る

まだきれいなぬいぐるみを処分したい場合は、ネットオークションやフリマアプリで売却するのもおすすめです。人気のキャラクターやプレミアのついたものは、意外な高値で売れることも。
ほとんどの手続をスマホやパソコン上で済ませることができるので、自宅にいながらにして売買ができるのも魅力的ですね。

他には、公園等で開催されているフリーマーケットに出店するのもひとつの方法です。家族連れが多く来場するので、実際に見て買ってもらえることもあるでしょう。

大切なぬいぐるみを売ってしまうのは気が引けるかもしれませんが、「お金を払ってでもこのぬいぐるみを欲しがっている人がいる」と思うと気持ちも楽になるのではないでしょうか?

③ ぬいぐるみや人形を施設や支援団体に寄付して処分する

それなりにきれいなぬいぐるみでも、大量のぬいぐるみをひとつひとつ売却していくのは時間がかかります。また、フリマ等で売れ残ってしまったぬいぐるみは、海外途上国への支援団体に寄付することができます。寄付したぬいぐるみは、海外途上国や日本の児童福祉施設の子どもたちへ贈られます。

捨ててしまえばそれまでですが、まだきれいなぬいぐるみを捨てるのは心苦しいですよね。こういったシステムを利用すれば、ぬいぐるみを必要とする子どもたちへ届けることができます。ぬいぐるみ以外にも文房具やおもちゃも寄付できるので、大掃除や断捨離の機会と思って、一気に寄付するのもおすすめです。

④ ぬいぐるみや人形を、自治体のゴミとして処分する

破損していたり汚れていたりするぬいぐるみは、いくら愛着があったものでも他人に譲るには難しいですよね。使い込んで汚れたぬいぐるみは、その使命を全うしたのだと考えて、思い切って処分しましょう。ぬいぐるみは、一般的なものであれば普通にゴミとして出すことができます。

どうしても罪悪感や後ろめたさで捨てきれないという方は、人形との「お別れ」について解説している項がありますので、そちらも参考にしてみてくださいね。

⑤ ぬいぐるみや人形を友人や親族に譲って処分する

兄弟が多いと、頂きもののぬいぐるみもたくさんあるのではないでしょうか?中には、パッケージのままで子どもが大きくなってしまったというケースもあるようです。

そんなぬいぐるみは友人や親族に必要としている方がいないか声をかけてみましょう。小さな子どもさんのいる家庭にとって、気軽に遊べるぬいぐるみはありがたいものです。それがきれいなものならなおさらですよね。

気心の知れている人なら、荷物の引き渡しもお互いが都合の良い日時を相談するだけで済むので負担も少なくて済みます。周りに小さな子どもさんがいるご家庭があれば「もし良かったら……」と申し出てみましょう。

⑥ぬいぐるみや人形を、リサイクルショップで買い取ってもらう

レアなぬいぐるみや人形は、リサイクルショップで買い取ってくれることもあります。説明書やボックスがあれば、一緒に忘れずに持っていきましょう。査定額が違ってきます。

⑦ぬいぐるみや人形を、ペットのおもちゃにする

犬や猫を飼っている家庭であれば、飼い主の家族の臭いがついたぬいぐるみは格好のおもちゃになります。犬や猫が飲み込んでしまって危ない部品は取ってから、ペットにあげましょう。

ぬいぐるみや人形を処分することへの罪悪感を減らす方法 3選

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

① ぬいぐるみや人形をキレイにして「お別れ会」をする

どうしても捨てがたいぬいぐるみは、自分たちでできる「お別れ会」をしてあげましょう。

とは言っても、正式な人形供養のようなものではありません。ホコリをきれいに払って、できる限りで良いので掃除してあげたら、数日は家族の集まるリビング等に飾ってあげましょう。そのぬいぐるみで遊んでいた頃のことを家族みんなで思い出してあげると良いですね。
ぬいぐるみとお別れする心の準備期間と思って、たくさん可愛がってあげましょう。

② 処分するぬいぐるみや人形を、写真に納めておく

可愛かったぬいぐるみも、処分するともう元には戻せません。最後に、遊んでいた頃のように写真におさめておくのはいかがでしょうか?大きく成長した子どもと一緒に写真を撮ったり、昔の写真と同じアングルで撮っておくと、成長記録としても感慨深い一枚になることでしょう。

いつか「どんなぬいぐるみだったかな」と思い出した時にも、写真に撮っておけばいつでも見返すことができます。デジタルカメラやスマホで撮って、データにしておけばかさばることもないので安心ですね。

③ ぬいぐるみや人形の捨て方に一工夫

ぬいぐるみとの「お別れ」を済ませたら、いよいよ処分です。でも、他のごみと一緒に捨ててしまうのは忍びないものですよね。

捨てる前に「今までありがとう」と感謝の気持ちを込めてお清めの塩をぱらぱらとふりかけましょう。そして、要らないシーツや大きな白い紙でぬいぐるみを包み他のごみとは別にしてゴミ袋に入れます。顔を見えなくすることで、ゴミ袋に入れた後も気になりにくくなりますよ。

お清めや顔を見えづらくすることに科学的な根拠はありません。でも、ぬいぐるみを捨てるという心理的な罪悪感や後ろめたさが少しでも解消されるのではないでしょうか。

細かい手順にルールはないので、自分なりの感謝の気持ちを込めて処分しましょう。

ぬいぐるみや人形を処分できないのはなぜ?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ぬいぐるみを捨てるのはどうしても無理!と貯めこんでしまっている方って意外と多いですよね。捨てると呪われるとか、捨てても帰ってきてしまうなんて怪談もたくさん出回っています。

ここでは、ぬいぐるみをどうしても捨てきれない時に役に立つ「お別れ」の方法について解説しています。やってみると、少し心が軽くなるかもしれませんよ。

ぬいぐるみを捨てるのは縁起が悪い?

昔から「目鼻口のついているものには魂が宿る」と言われています。雛人形や五月人形で健やかな生育を願ったり、身代わり人形といったものがあるのは、こういった言い伝えのせいでしょう。海外でも、子どもの最初の親友としてテディベアを贈る風習があります。

こういった考え方が発展して「人形やぬいぐるみを捨てると呪われる or 縁起が悪い」ということが言われるようになりました。まったく根拠はなく、捨てても特に問題がないのは明らかですが、今まで可愛がってきたのに捨ててしまうという、ひとの罪悪感が発生源なのかもしれませんね。

捨てるふんぎりがつかない

呪われるとか縁起が悪いとまではいかなくても、子どもが小さな頃に名前をつけて可愛がっていた様子を思い出すと、捨てがたい気持ちになるという方も多いでしょう。また、今まで忘れていたのに、捨てるとなるとどうにも踏ん切りがつかないということも。

子どもの小さな相棒だった存在ですから、処分するとなると罪悪感や寂しさが湧いてくるのは当然のことかもしれませんね。では、その罪悪感を減らして、少しでも気持ちよくお別れができる方法を3つご紹介したいと思います。

ぬいぐるみ処分の注意点

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ぬいぐるみを処分する時は、どういう方法にせよマナーを守らなくてはなりません。ここでは、処分する時に気を付けたい注意点を二つほどお話ししたいと思います。

捨てる時はマナーを守って

ぬいぐるみをゴミとして捨てる場合、たいていは普通ごみとして分類されます。しかし、金属パーツがたくさんついているぬいぐるみは、パーツを取り外してからでないと回収してもらえないこともあります。捨てる際には、必ず自治体のゴミ出しルールをよく確認してから捨てるようにしましょう。

また、ぬいぐるみをそのままゴミ袋に突っ込んで捨てるのは、他の人に嫌な思いをさせることもあります。袋を二重にしたり、紙袋等に入れてから捨てることをおすすめします。

処分するぬいぐるみが大量にある場合も、一気にたくさんのごみを捨てるのはマナー違反です。迷惑にならない程度の量に分けて捨てるようにしましょう。

寄付の前に掃除してあげよう

ぬいぐるみを支援団体に寄付することで、海外途上国の子どもたちへ届けることができる活動については先にご紹介しました。個人で寄付をしようと思うと手続等が非常に煩雑ですが、こういった団体に寄付することで気軽に海外支援ができるのはとても嬉しいですよね。

でも、いくら寄付と言っても押し入れ等でほこりだらけになっていたものをそのまま送ることはマナー違反です。子どもたちが抱っこしたり一緒に寝たりするかもしれないものですから、自分たちのできる範囲で良いのでほこりをはらったり汚れを拭き取るようにしましょう。

手放した先でまた可愛がってもらえるように、心をこめて掃除してあげたいですね。

ぬいぐるみを処分したママたちの体験談

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ぬいぐるみの処分に一番頭を痛めている人といえば、やはり小さな子どもを持つママさんたちではないでしょうか?ここでは、ぬいぐるみを処分した経験を持つママさんの体験談を集めてみました。皆さん同じような悩みを持っているんだと思えるかもしれませんよ。

人形はなんとなく怖くて捨てられないけど、ぬいぐるみは塩振って何回か捨てた。何にもないよ。
小綺麗なのは保育園に寄附しました。

私もぬいぐるみをどうするか悩みました。
そのまま捨てるということはとてもできないので、神社にもっていこうかとも思いましたが、近くの児童館に寄付しました。
大切にしていたぬいぐるみだったので状態も良かった為、とても喜ばれました。

保育園や児童館でも寄付を受け取っているところがあるようですね。同じように寄贈したいと考えている人は多いはずなので、必ずしも受け取ってもらえるかはわかりませんが、確認してみるのも良いかもしれませんね。

なんか可燃ゴミでは捨てられず、人形供養に出しました。
お金はかかりましたが、家族や友人からもらったりしたものなので、ちゃんと供養してもらって良かったです。

普通に捨てる。
でも、一応さよならとごめんねは言う

寄付するのと同じくらい、人形供養に出したりごみとして捨てるというコメントも多く見られました。その中でも共通しているのは「ぬいぐるみはまだ捨てられるが、人形は怖くて捨てられない」というものでした。

確かに、人間と同じ形をしている人形を捨てるのはちょっと勇気が要りますよね。そのため、人形だけはお寺等の供養に出すという方が多いようです。

どのようなかたちで処分するにせよ、「ありがとう」と「ごめんね」の気持ちを持って処分することが何より大事なのだと思わされる体験談ばかりでした。

ぬいぐるみや人形を、どうしても捨てきれないときは?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

さまざまなステップを踏んでも、どうしても捨てきれないぬいぐるみはどうしたら良いのでしょうか?

大量に処分するぬいぐるみがある場合は「〇〇個まで」や「この棚におさまる分だけ」とルールを決めて、手元に置いておくのもひとつの方法です。全部は持っておくことができないから、この〇〇個は大事に可愛がろうという解決をする方もいるようです。

他には、きれいに掃除したあとで布団圧縮袋に入れて収納する方法もありますが、形が崩れやすくなるので、これは最後の手段にしておいたほうが良いでしょう。

また、期間を決めて明るいところに飾っておいて、その間に処遇を決めるという手もあります。悩んでも捨てる決心がつかない場合は、少し時間を置いてから決断するのも良いですね。

まとめ

いかがでしたか?いろいろなぬいぐるみの処分方法についてご紹介しました。今までの感謝を込めて処分することで、ぬいぐるみたちは役目を終えたり新たな旅に出たりすることができます。ちょっと勇気を出して、押し入れや物置にしまいこんだぬいぐるみを出してみませんか?

【PR】最安値で不用品処分をするには?

格安で不用品処分をするには複数の業者から一括で見積りを取る方法もおすすめです。個人で複数の業者に見積り依頼をするのは対応が大変ですが、
こちらのサイト は一度に最大5社から見積りを取ることができ、一番安い業者を選ぶことができます。

有料お片づけ業社で一括見積もり比較

\あなたにピッタリの/

お片づけ業者を一括比較
  • ◇利用料0円!
  • ◇最大5社に一括査定!
  • ◇会員登録不要!
  • ◇全国対応可能!
  • ◇信頼できる業者を厳選!

無料一括査定はこちら

関連する投稿


引越の不用品・粗大ごみを処分する7つの方法。買取・引取りでお得に!

引越の不用品・粗大ごみを処分する7つの方法。買取・引取りでお得に!

引越しの不用品の処分は、なるべくお金をかけたくありませんよね。大きな家電や家具、いらなくなった家財道具が大量にある場合、【不用品回収業者】に頼むと早く簡単にいらなくなった家具や家電を処分することができます。ここでは、不用品をお得に処分するポイントをご紹介します。


テレビは料金無料で回収してもらえる?ヨドバシやケーズデンキも可能?

テレビは料金無料で回収してもらえる?ヨドバシやケーズデンキも可能?

古くなったテレビは、なるべく安く無料で捨てたいですよね。テレビは家電リサイクル法の対象品目なので、粗大ごみとして捨てられません。正しくテレビを廃棄するにはどうしたら良いのでしょうか。この生地ではテレビの回収方法や、リサイクルショップへ売却する時の注意点をご紹介します。


粗大ごみ回収!不用品回収業者と自治体、値段はどちらが安い?

粗大ごみ回収!不用品回収業者と自治体、値段はどちらが安い?

粗大ごみの回収を自治体に頼む場合、面倒だなと感じるのが手続きです。ここでは、自治体に粗大ごみの回収をしてもらう場合の手続きの方法、費用だけでなく、回収してもらえないものの処分方法、民間の回収業者さんに依頼した場合のメリットデメリットについても分かりやすくご紹介しています。


家電リサイクル法の対象と料金は?罰則・罰金はある?

家電リサイクル法の対象と料金は?罰則・罰金はある?

家電リサイクル法は2001年からスタートした、テレビや冷蔵庫、エアコン、洗濯機を処分する時に関係する法律です。粗大ごみとして捨てられないからといって、不法投棄すると法律で罰せられてしまいます。ここでは家電リサイクル法4品目の処分方法や、罰則金額についてご紹介します。


パソコンの処分方法おすすめ7選!無料で直接持ち込みできる?

パソコンの処分方法おすすめ7選!無料で直接持ち込みできる?

パソコンやモニターは、燃えないごみや粗大ごみとして捨てることができません。作ったメーカーに引き取ってもらったり、パソコンショップに直接持ち込んで回収してもらう必要があります。ここでは、パソコンの処分方法と、安全にデータを消去する方法、データの移行方法についてご紹介します。


最新の投稿


東京都のおすすめ遺品整理業者20選!料金比較付き

東京都のおすすめ遺品整理業者20選!料金比較付き

様々な理由で遺品整理を行う必要がある事もあるでしょう。死亡経緯や死亡してからの経過時間によって、床や畳等も汚れるため、遺品整理業者に依頼する方も多いです。そこで今回は、東京都の遺品整理業者を20社、ご紹介します!


バスタオルの干し方おすすめベスト6

バスタオルの干し方おすすめベスト6

「バスタオルがなかなか乾かない! 」と嘆いているあなた、早く乾く干し方があります。早く乾かすなら干し方を見直しましょう。干し方次第で乾くスピードが違います。早速、バスタオルの干し方をチェックしましょう!


赤いクモみたいな虫「タカラダニ」の特徴6つ!小さくても毒はある?

赤いクモみたいな虫「タカラダニ」の特徴6つ!小さくても毒はある?

小さなクモのような、ダニ。体が赤く、大量に発生することから見た目が気持ち悪く、不安に襲われる方もいるでしょう。実はこれ、タカラダニというダニの一種であり、クモとは全く別の生物です。しかし、だからといって放置しておくわけにはいきません。ここでは、タカラダニの生態などについて解説しています。


エアコンの取り外しは12ステップで自分で出来る!

エアコンの取り外しは12ステップで自分で出来る!

エアコンは専門家でなくても、自分でも取り外すことができます。ここでは、取り外し方法を12段階に分けて説明します。また、取り外し作業を行う時の失敗例や、必要な道具、取り外しを専門業者に依頼する時のポイントなども解説します。


ゴキブリの子供(幼虫)の特徴5つと退治方法5つ

ゴキブリの子供(幼虫)の特徴5つと退治方法5つ

ゴキブリには、幼虫が存在します。自宅のさまざまなところで、ふと見かけることがあるかもしれませんが、放置しておくと知らぬ間に成虫になってしまい、大変なことになります。ここでは、ゴキブリの幼虫の特徴や退治法などについて、ことこまかに解説をしています。


エコノバ
ビジネスパートナー募集