暮らしのお悩み解決サイト

布団の処分方法9個!持ち込み・ニトリ・イオン・注意点や料金

布団の処分方法9個!持ち込み・ニトリ・イオン・注意点や料金

長年使用していて、新しい布団の買い替えや引っ越しに伴い布団を処分しようとする時はどのような方法で処分すると良いのでしょう。使わないまま色褪せてしまった布団の処分はただ捨てるだけではもったいないです。そこで今回は、布団の処分方法と再利用の方法についてまとめました。

 


新しい布団に買い替えていますか?布団は買い替える時期があり、ある程度年数が経った布団を使っている方は、新品に買い替える時期かもしれません。

例えば、布団の詰め物が綿の場合は薄くなった布団、羽毛が飛び出ている布団などは寿命を迎えている可能性があります。敷き布団の寿命は3年で掛布団の寿命は5年と言われているので、長きに渡って使い続けている布団は処分した方がいいです。

とは言え、ほとんどの方は寿命を迎えた布団を使っているでしょう。年数が経った古い布団を使っていない家では、押入れやクローゼットを圧迫して場所をとっているかもしれません。

古い布団を愛用している方は、布団用の掃除機で掃除をするなどしてケアしている方も少なくありません。しかし、長く愛用している布団はダニやほこりも溜まりやすく、特に喘息やアレルギー持ちの方は布団を清潔にすることが大切です。

今回は、布団を処分するタイミングや処分方法をご紹介します。古い布団を処分して新しい布団で快適な睡眠をとりましょう。

布団を処分するタイミングはいつ?

布団を処分するタイミングはいつなのでしょうか?4つのサインが出たら布団を処分するタイミングです。

【布団のかさが減った】
布団のかさが購入した時よりも減った場合(目安は3分の2)は、処分しましょう。布団のかさが減ると天日干しをしても回復せず、中の詰め物は傷んでいる状態です。

【以前よりも重たく感じる】
購入した時よりも布団が重い場合は劣化が進んでいます。布団を長く使い続けると汗や皮脂などのせいで重たく感じて、天日干しをしても回復しないです。

【カビが生えた時】
汗、おもらし、飲み物などにより布団の中までカビが生えた時は打ち直しをすることもできません。カビは根深く、目視で確認することができなくても布団の表面や中はカビだらけです。

【中の素材が偏っていて解消しない】
中の素材が偏っている布団は、乾燥させてから布団たたきなどを使うと元に戻ります。解消されない場合は劣化している証拠で処分対象の布団と思いましょう。

 

①布団の処分方法【粗大ごみ】

基本的に布団は粗大ゴミの扱いで燃えるゴミに出すことはできません。布団の素材は羽毛や綿などが使われており、素材だけを考えれば燃えるゴミの部類になります。

しかし、布団のサイズはベビー用や子供用の他にシングル~キングなどがあり様々です。多くの自治体では50cmや1mを超えるものは粗大ゴミとして扱うことから、布団も例外ではありません。

布団を粗大ゴミに出す場合の4つのこと(収集、持ち込む場合、料金、注意点)をまとめました。布団の処分を考えている方は、ぜひ目を通してみてください。

【布団を収集依頼して処分する】
自治体の粗大ごみ対策課に電話をして布団回収を依頼するか、インターネットで布団回収の予約をしましょう。

布団回収の予約をすると処分に必要な金額がわかります。布団回収の当日までにスーパーやコンビニなどで、処分に必要な金額分のゴミ処理券を購入しておきましょう。複数の布団を処分する場合は、個数分のごみ処理券が必要になります。

粗大ゴミの回収日は予約をしてから約1週間~10日後くらいです。布団回収の当日は指定された場所に置けば粗大ゴミとして引き取ってくれます。

【布団を持ち込んで処分する】
布団をクリーンセンターに持ち込んで処分することも可能です。布団が3枚や5枚など複数ある場合や、すぐにでも布団を処分したい時はクリーンセンターを利用してもいいでしょう。

【布団の収集依頼と持ち込みでかかる料金】
自治体へ布団収集を依頼して粗大ゴミとして処分する時は、1点につき数百円かかります。

粗大ゴミの料金は自治体によって違いますが、約300円~500円に設定しているところが多いです。処分したい布団が複数ある場合は高くつくと思いましょう。

処分したい布団をクリーンセンターへ持って行く場合は重さで料金を算定します。クリーンセンターにもよりますが、100kgまでなら約300円で処分することが可能です。処分したい布団が複数ある場合は、自分でクリーンセンターへ持ち込んだ方が安く済みます。

【注意点】
・布団回収を依頼して処分する場合は、1回で回収することができる布団の数量が決まっている自治体もあります。複数の布団を処分したい場合は、自治体へ確認してから収集依頼をするか決めてもいいでしょう。

・布団収集の当日は布団を袋に入れる必要はありません。指定された場所に布団を置くだけで構いませんが、車や人の邪魔にならないように置きましょう。

・布団の処分方法や料金、ゴミ出しのルールなどは自治体によって様々です。各自治体のホームページを見て確認したり、粗大ごみ対策課へ電話して聞きましょう。

②布団の処分方法【もえるごみ】

基本的に布団の処分は粗大ごみになりますが、燃えるごみや不燃ごみとして処分できるところもあります。布団を燃えるごみや不燃ごみとして処分することができる地域は、カットの大きさが指定されている(30cm四方など)ことが多いです。

布団をカットして処分する際は素材も確認する必要があります。なぜなら、カットすることで中の詰め物がこぼれたり舞う場合があり、掃除をする手間が増えるからです。

掛布団や敷布団に使われている素材を一部ご紹介します。
・綿:打ち直しも可能でカットすると綿ぼこりが出やすい
・合繊繊維(ポリエステル):カットしても詰め物が出にくい
・羽毛:軽くてほこりが出にくいですが、カットすると羽毛が飛び散って舞いやすい
・羊毛:弾力性があり燃えにくい素材で蒸れを感じにくい

掛布団をカットして処分する場合、掃除をする手間が少なく比較的ラクに捨てることができるのは化学繊維(ポリエステル)です。

また、ある自治体は燃えるごみや不燃ごみのサイズは一辺が90cm以内としています。一方、別の自治体は布団をヒモで縛れば1度の回収で1枚まで可能な地域もあるようです。

布団を燃えるごみや不燃ごみとして出す場合は、自治体のルールを守り適切な方法で処分しましょう。処分可能なサイズやごみの分類などを事前に確認してください。

③布団の処分方法【不用品回収業者】

不用品回収業者は布団の処分も対応しています。不用品回収業者へ布団に処分を依頼する方法、ポイント、料金、注意点をまとめました。

【依頼する方法】
不用品回収業者へ布団の処分を依頼する時は、3社くらいを目安に見積もり依頼をしましょう。理由は業者によってサービス内容や料金に差があるからです。

【ポイント】
・お互いの予定が合えば即日や夜間対応も可能
・依頼主は布団を運んだりヒモで縛るなどの作業がない
・布団以外の物も処分することができる
・布団以外の物を処分すると割安になる

【料金】
不用品回収業者へ布団の処分依頼をすると約4,000円~9,000円かかります。

キレイな布団はリサイクルの対象になり、業者によっては安い料金で処分してくれるでしょう。また、布団以外の物も処分依頼すると手間賃が省けるなどの理由で安くしてもらえます。

【注意点】
・不用品回収業者の中には悪徳業者がいることを念頭において依頼しましょう。布団を不法投棄して処分するケースもあり、依頼主も罪に問われることがあります。

・布団の処分料金を安く抑えたい方は不用品回収業者をおすすめしません。布団1枚の処分で数千円かかるので他の方法で処分しましょう。

④布団の処分方法【引越し業者】

Photo by Maxim on Unsplash

引越しをするタイミングで布団を処分する場合は、引越し業者に依頼することもできます。では、引越し業者へ布団の処分を依頼する方法と料金を見ていきましょう。

【布団の処分を依頼する方法】
引越し当日までに布団の処分をしてくれるのか業者へ確認します。多くの引越し業者は布団の処分を行っていますが、対応していない場合もあるので事前確認をしておくと安心です。

また、布団を処分する予定がなくても、引越し当日にいらなくなることもあるでしょう。引越し当日に布団の処分を依頼しても対応してくれる引越し業者も存在します。しかし、対応してくれるか定かではないので、布団が不要になった時点で引越し業者へ伝えましょう。

【料金】
布団の処分を対応している引越し業者は、無料の場合と有料の場合があります。

布団を有料で処分する引越し業者は、1点につき約1,000円〜5,000円です。また、引越し業者によっては委任状を出すと有料で布団の処分を行ってくれます。

⑤布団の処分方法【下取り ニトリ・イオンなど】

処分したい布団は下取りサービスを利用したり、家具屋などに引き取ってもらうことはできるのでしょうか?布団を処分することができる条件や料金などをご紹介します。

【ニトリでも布団の処分はできる】
ニトリでも布団の処分をすることは可能ですが無料ではありません。ニトリへ布団の処分を依頼すると最低でも3,000円(税別)かかります。ニトリで購入した布団であっても無料で処分することはできません。

布団の処分依頼する際は次の条件を理解してからお願いしましょう。
・ニトリで家具や布団を購入された方のみ
・ニトリで家具(組立家具は除く)や布団を購入し、処分したい布団が同数量か同容量であること
・布団の処分料金は1注文につき3,000円(税別)かかる

店頭でも布団の処分依頼は対応していますが、ニトリのネットショップでも依頼することができます。ネットショップの場合は「引き取りサービスを利用する」にチェックして、布団の処分依頼を行いましょう。

【イオンは一部の店舗で羽毛布団のみ処分できる】
イオンはGreen Down Projectという企業が参入しており、企業や個人が処分したい羽毛用品を回収しています。

処分することができる羽毛布団は汚れていたり穴が開いていても問題ありません。また、処分したい羽毛布団を無料で引き取ってくれるのも嬉しいポイントです。

処分したい羽毛布団は次の条件を満たしていないといけません。
・羽毛布団のタグにダウン表記があり50%以上含まれている
・Green Down Project「VIRGIN DOWN」のタグが付いている羽毛布団

一方、回収不可の羽毛布団の条件は以下の通りです。
・羽毛布団が濡れている

イオンで行っている羽毛布団の回収サービスは、全店で取り組んでいるわけではありません。処分したい羽毛布団をイオンに持って行きたい方は事前に確認しましょう。

【下取りできる業者】
布団の下取りサービスを行っているところもあり、有名どころで言うと「ジャパネットたかた」さんです。

ジャパネットたかたさんの場合、下取り対象の布団は掛布団のみで詰め物の種類は問いません。敷き布団、毛布、電気毛布、マットレスなどは下取り対象ではないので注意しましょう。

ジャパネットたかたさんは場通販専門の会社で、処分したい掛布団を持ち込むことはできません。掛布団の下取りサービスは無料で、配達スタッフが新しく購入した商品と引き換えに処分したい掛布団を回収します。

掛布団の下取りサービスを利用する方は、配達スタッフが自宅を訪問する前にダンボールなどの箱へ処分したい掛布団を入れておきましょう。処分したい掛布団は紙袋に入れず、必ず箱に入れることも下取りサービスの条件です。

⑥布団の処分方法【買い替えるタイミング】

【高級布団やブランドの布団の買い替え】
高級布団や同じブランドの布団を購入すれば、古い布団を処分してもらえることがあります。新しい布団の購入を考えている場合には一度聞いてみるのもいいでしょう。

また、何らかの形で割引きしてくれるかもしれません。一部の高級布団店やブランド店では、購入した布団の処分を無料で引き受けているところもあります。自宅の布団が高級布団やブランドの布団を使っている方は、店舗に聞くなどして処分方法について確認してみましょう。

【インターネットでの買い替え】
大手の通信会社で布団を購入したい時、企業によっては布団の購入と同時に古い布団の下取りや処分を引き受けてくれることがあります。他の処分方法と同じように、処分料金や回収方法について確認しましょう。

インターネットで布団を購入する場合は、正規のブランドのサイトであるのか、それとも布団のカテゴリーでまとめて販売している会社なのかも確認してください(ネット上で)。購入店舗の違いにより、布団のブランドは一緒でもサービスや対応が異なることがあります。

⑦布団の処分方法【リサイクルショップ】

リサイクルショップでは新品未使用の布団や、開封済みでも状態が良く色褪せていないものであれば買い取ってくれる場合もあります。

使用済みの布団に関しては買い取ってもらえないと思っていた方がいでしょう。使用済みの布団を買い取ってくれる条件は、老舗の布団メーカーや高級布団でない限りは難しいです。

また、性能がいい布団や高級布団でなければ買い取り価格はほぼ0円になります。しかし、布団の処分料金を安く済ませたい人は、買い取ってもらうことでお得に手放すことができるのと手早く処分することができます。

⑧布団の処分方法【ネットオークション】

Photo by Jacob Townsend on Unsplash

ネットオークションで布団を処分する場合は、オークションやフリーマーケットサイトでの販売が主流です。

オークションやフリーマーケットサイトでの布団販売では、新品未使用が望まれます。布団は衛生品なので本当にいいものでなければ売れません。また、購入希望者が見つかるまでには比較的時間を要する場合も多いです。

しかしながら、老舗メーカーの布団や高級布団や使用済みでも売れることがあります。該当する布団をお持ちの方はおすすめの処分方法です。

⑨布団の補文方法【寄付】

汚れやシミのある布団でも世界規模で見ると需要があります。使い古した布団は衛生面が気になるなどの問題点がありますが、使用済みの布団でも喜んでもらえることが多いです。

新品未使用の布団や開封しただけで色褪せてしまっている布団は、リサイクルショップなどで買い取ってもらえないことがあります。そんなときには世界で必要としている人に使ってもらうのはいかがでしょうか。

【布団の用途】
布団は単に睡眠や休息の場として用いるだけではなく、布団を分解して生地として使ったり輸時の緩衝材としても多用されています。

他にも、布団は水や油の吸水も良く、重機などを使用する場所や企業でも活躍するアイテムです。緩衝材では食器などの割れ物も防ぎ家具は傷から守ります。そのため、古い布団でも喜んでもらえるのです。支援団体についてまとめました(以下参照)。

【支援先】
支援団体では途上国で支援活動をしているNGOへ、現地パートナーを通じて随時寄付しています。

他にも、被災地、貧困な地域、物資が行き届いていない学校、病院、警察や軍、自治体、災害支援団体、その他施設も対象です。布団は輸送や重機での利用の他、あらゆる場所や団体で使用されているのです。

日本でも保育所や小学校、障害者の支援団体や被災地等への寄付活動を強化しています。特に障害者の支援団体や学校、被災地からは感謝状をもらうほど喜んでもらえているようです。

【可愛いペットにも活用】
布団や毛布類は動物愛護団体にも寄付されます。

いくら毛皮を着ているワンちゃんやネコちゃん達でも冬場は寒さが応えます。赤ちゃんの犬猫や他の動物の健康を維持するためにも布団は活用されているのです。

不要になった布団をNGOやNPOに寄付すれば、必要としている人や企業、団体、動物達の元で再利用することができます。

寄付の方法

団体によっては送料はかからず、「再利用サービス料金(再利用に必要な料金)」のみを負担してもらうことがあります。そのため、布団の処分料金やリサイクル料金は不要なことが多いです。

海外には輸出されるまでの料金を支払い、段ボールなどの梱包材や大きさによっては、布団の他に再利用できる物を一緒に入れることもできます。

【梱包の方法】
梱包の方法も団体によって異なりますが、基本的には段ボール以外にも布団袋や衣装ケース、旅行カバンでの簡易的な梱包でも可能です。

梱包サイズが120サイズ以下の場合(段ボールなどの梱包材)は、縦、横、奥行きの合計が120㎝以下に収まるようにします。

場合によっては段ボールを張り合わせるような梱包でも可能です。料金と支払方法、梱包方法も各団体の指示に従いましょう。

【布団の汚れ】
布団にちょっとしたシミや汚れがある場合は、できるだけキレイにしてから寄付するといいでしょう。

布団の洗濯表示を見て素材や洗濯できるか確認します。洗濯可能な布団であれば、布団を畳んでから洗濯用ネットに入れるか布団をヒモで縛ってから洗濯機に入れます。脱水が終ったらベランダなどに干して数日かけて布団の中までしっかり乾かしましょう。

自宅の洗濯機で布団を洗うのが面倒な方や、洗濯機が小さくて布団を洗うことができない場合はコインランドリーが便利です。コインランドリーは洗濯~乾燥までできるので、洗濯済みの布団をベランダなどに干す手間がありません。

布団に血液などの部分汚れがある場合は、酸素系漂白剤をかけてブラシでこすります。汚れを落としたら洗濯用洗剤で洗いましょう。

布団を処分するときの注意点

【ベッド用のマットレス】
布団と一緒にマットレスを処分したい時も、基本的に粗大ごみとして処分します。

マットレスはスプリング入っている場合や布団と同じでサイズが大きいことから、燃えるごみに出すことができません。

ただし、スプリングがないマットレスは不燃ごみとして出せる地域もあります。こちらも自治体の処分方法に従って正しく処分しましょう。状態のいいマットレスであれば、リサイクルショップで買い取ってくれる可能性があります。

【打ち直しはほぼ不可能】
以前多く使用されていた木綿の敷き布団は打ち直しをすることで弾力性が戻り、寝心地のいい布団によみがえります。

しかし、近年販売されている布団はほとんどが化学繊維を用いているので打ち直しができません。そのため、布団は使い捨ての対象で買い替えが主流になっています。

布団の処分は1組であれば、可燃ごみや不燃ごみ、粗大ごみとして処分することができるでしょう(自治体による)。3組以上の布団は、車に処分したい布団を積んでクリーンセンターまで運んだり、不用品回収業者にお願いする方法が最適かもしれません。

まとめ

日本では物資が飽和状態で、常に新しいものやデザインの凝ったものに買い替えが可能となっています。布団も例外ではなく、機能性に富んだタイプやスタイリッシュなタイプが存在しているのは事実です。

しかし、国内でも災害などが起きれば物資が足りなくなることもありますし、世界では物資がまだまだ足りていない国も少なくありません。

処分したい布団をあらゆる場所の家庭や団体に提供して喜んでもらえるなら、寄付をして貢献する方法もあります。布団の処分料金を再利用料に代えて、世界中の必要としている人に使ってもらうのはいかがでしょうか。

【PR】不用品のことならお任せください。満足度93%以上!

明朗会計 業界最安値宣言!頼んだその日に解決できるスピード対応。家庭の家具や家電から、オフィス移転の片付け、遺品整理やゴミ屋敷まで!全国各地に対応したこちらのサービスがオススメです。

面倒な不用品回収を任せてみませんか? まずは無料お見積りから。専門の作業スタッフが丁寧・親切に対応してくれます。

ECOクリーン

\明朗会計 業界最安値/

年間30,000件の実績

 

  • ●相談や見積まで無料
  • ●丁寧なスタッフ対応
  • ●全国各地に完全対応
  • ●他社で断られた物も

 

関連するキーワード


粗大ごみ

関連する投稿


自転車の処分方法8つと費用!防犯登録抹消方法。あさひで処分?

自転車の処分方法8つと費用!防犯登録抹消方法。あさひで処分?

自転車は生活ゴミとして処分することはできません。また自転車の多くはリサイクル可能なため、ただ処分するだけでは勿体無い場合もあります。そこで今回、自転車の状態毎の処分方法について詳しくまとめました。処分の際の防犯登録シールの扱いについてもご説明致します。


引越しのゴミ処分方法7つ!粗大ごみ回収・間に合わない場合・どうする?

引越しのゴミ処分方法7つ!粗大ごみ回収・間に合わない場合・どうする?

引越しの際に出るゴミや不用品を処分する方法について、7つのポイントを紹介します。それぞれの具体的な処分方法や、処分する前の準備についてチェックして、引越し前にゴミを片づけましょう。また、不用品業者を利用する際の費用や選び方についても解説します。


1分でわかる!自転車の廃棄処分方法6種

1分でわかる!自転車の廃棄処分方法6種

自転車廃棄の方法6つを簡単にまとめました。


本を処分する12の方法!断捨離で小遣い稼ぎ?

本を処分する12の方法!断捨離で小遣い稼ぎ?

部屋を占領している不要になった本はありませんか?たくさん読まれて役目を終える本、次の読み手に渡っていく本など、それぞれの本にあった処分方法をお伝えしていきます。引っ越しや断捨離ついでにちょっとした小遣い稼ぎになるかもしれませんよ。


金庫を処分する6つの方法 粗大ごみにしてはダメ?

金庫を処分する6つの方法 粗大ごみにしてはダメ?

古くなった金庫は、他の家具と同様に粗大ごみとして処分できると思いがちです。しかし金庫は特殊な素材でできていることが多いので、他の方法も検討する必要があります。そこで今回は、金庫を処分する6つの方法について徹底解説します。


最新の投稿


靴の臭い消し方法10個。スプレーや重曹や粉を使って消臭しよう!

靴の臭い消し方法10個。スプレーや重曹や粉を使って消臭しよう!

靴の臭い消しスプレーなどを使っていますか?靴が臭うことを自覚している方は、様々な方法の臭い消しを実践している方も少なくありません。靴が臭う原因や臭いの消し方を知って、靴の臭いを根本から改善しましょう。


墨汁の落とし方を詳しく解説。服・上履き・壁床タイル・手に有効な方法

墨汁の落とし方を詳しく解説。服・上履き・壁床タイル・手に有効な方法

お子さんの服や上履き、壁や床などに付いた墨汁は落ちないと諦めていませんか?墨汁の落とし方がわかれば自分でもキレイにすることができます。墨汁が付いた時の落とし方をチェックして、黒いシミを攻略しましょう。


ベタつくフローリングの掃除方法!原因は?洗剤はセスキ・重曹など

ベタつくフローリングの掃除方法!原因は?洗剤はセスキ・重曹など

ベタベタしたフローリングは不快に感じる方も思いでしょう。フローリングのベタつきは、正しいやり方で落とすとサラサラの床になります。今回は、フローリングのベタベタを解消する掃除方法などをみていきましょう。


東京都内の解体工事業者おすすめ10選  口コミと料金相場一覧比較

東京都内の解体工事業者おすすめ10選 口コミと料金相場一覧比較

解体工事業者の選び方を悩むかは必見。選ぶ際に何を気をつければ良いか、どのように選べばいいのか、そして実際におすすめな東京の解体工事業者を10社紹介します。人生で何度も依頼するわけでは無いので、しっかりと慎重に選べるよう準備しましょう。


東京都の不用品回収業者おすすめ25選!料金比較一覧付き

東京都の不用品回収業者おすすめ25選!料金比較一覧付き

東京都でわたしたちが普通に生活を送っていれば、必ず出てくる「不用品」。不用品の処分に困ったら、不用品回収業者に依頼をしてみてはいかがでしょうか。あなたのニーズにぴったり合う不用品回収業者を選ぶことで、不用品を便利でお得に処分をすることができますよ。


 

 

ビジネスパートナー募集