暮らしのお悩み解決サイト

布団の処分方法9個!持ち込み・ニトリ・イオン・注意点や料金

布団の処分方法9個!持ち込み・ニトリ・イオン・注意点や料金

長年使用していて、新しい布団の買い替えや引っ越しに伴い布団を処分しようとする時はどのような方法で処分すると良いのでしょう。使わないまま色褪せてしまった布団の処分はただ捨てるだけではもったいないです。そこで今回は、布団の処分方法と再利用の方法についてまとめました。


新しい布団に買い替えていますか?布団は買い替える時期があり、ある程度年数が経った布団を使っている方は、新品に買い替える時期かもしれません。

例えば、布団の詰め物が綿の場合は薄くなった布団、羽毛が飛び出ている布団などは寿命を迎えている可能性があります。敷き布団の寿命は3年で掛布団の寿命は5年と言われているので、長きに渡って使い続けている布団は処分した方がいいです。

とは言え、ほとんどの方は寿命を迎えた布団を使っているでしょう。年数が経った古い布団を使っていない家では、押入れやクローゼットを圧迫して場所をとっているかもしれません。

古い布団を愛用している方は、布団用の掃除機で掃除をするなどしてケアしている方も少なくありません。しかし、長く愛用している布団はダニやほこりも溜まりやすく、特に喘息やアレルギー持ちの方は布団を清潔にすることが大切です。

今回は、布団を処分するタイミングや処分方法をご紹介します。古い布団を処分して新しい布団で快適な睡眠をとりましょう。

布団を処分するタイミングはいつ?

布団を処分するタイミングはいつなのでしょうか?4つのサインが出たら布団を処分するタイミングです。

・布団のかさが減った
・重く感じるようになった
・カビが生えた
・中綿の偏りが解消しない

【布団のかさが減った】
布団のかさが購入した時よりも減った場合(目安は3分の2)は、処分しましょう。布団のかさが減ると天日干しをしても回復せず、中の詰め物は傷んでいる状態です。

【以前よりも重たく感じる】
購入した時よりも布団が重い場合は劣化が進んでいます。布団を長く使い続けると汗や皮脂などのせいで重たく感じて、天日干しをしても回復しないです。

【カビが生えた時】
汗、おもらし、飲み物などにより布団の中までカビが生えた時は打ち直しをすることもできません。カビは根深く、目視で確認することができなくても布団の表面や中はカビだらけです。

【中の素材が偏っていて解消しない】
中の素材が偏っている布団は、乾燥させてから布団たたきなどを使うと元に戻ります。解消されない場合は劣化している証拠で処分対象の布団と思いましょう。

①布団の処分方法【粗大ごみ】

基本的に布団は粗大ゴミの扱いで燃えるゴミに出すことはできません。布団の素材は羽毛や綿などが使われており、素材だけを考えれば燃えるゴミの部類になります。

しかし、布団のサイズはベビー用や子供用の他にシングル~キングなどがあり様々です。多くの自治体では50cmや1mを超えるものは粗大ゴミとして扱うことから、布団も例外ではありません。

布団を粗大ゴミに出す場合の4つのこと(収集、持ち込む場合、料金、注意点)をまとめました。布団の処分を考えている方は、ぜひ目を通してみてください。

【布団を収集依頼して処分する】
自治体の粗大ごみ対策課に電話をして布団回収を依頼するか、インターネットで布団回収の予約をしましょう。

布団回収の予約をすると処分に必要な金額がわかります。布団回収の当日までにスーパーやコンビニなどで、処分に必要な金額分のゴミ処理券を購入しておきましょう。複数の布団を処分する場合は、個数分のごみ処理券が必要になります。

粗大ゴミの回収日は予約をしてから約1週間~10日後くらいです。布団回収の当日は指定された場所に置けば粗大ゴミとして引き取ってくれます。

【布団を持ち込んで処分する】
布団をクリーンセンターに持ち込んで処分することも可能です。布団が3枚や5枚など複数ある場合や、すぐにでも布団を処分したい時はクリーンセンターを利用してもいいでしょう。

【布団の収集依頼と持ち込みでかかる料金】
自治体へ布団収集を依頼して粗大ゴミとして処分する時は、1点につき数百円かかります。

粗大ゴミの料金は自治体によって違いますが、約300円~500円に設定しているところが多いです。処分したい布団が複数ある場合は高くつくと思いましょう。

処分したい布団をクリーンセンターへ持って行く場合は重さで料金を算定します。クリーンセンターにもよりますが、100kgまでなら約300円で処分することが可能です。処分したい布団が複数ある場合は、自分でクリーンセンターへ持ち込んだ方が安く済みます。

【注意点】
・布団回収を依頼して処分する場合は、1回で回収することができる布団の数量が決まっている自治体もあります。複数の布団を処分したい場合は、自治体へ確認してから収集依頼をするか決めてもいいでしょう。

・布団収集の当日は布団を袋に入れる必要はありません。指定された場所に布団を置くだけで構いませんが、車や人の邪魔にならないように置きましょう。

・布団の処分方法や料金、ゴミ出しのルールなどは自治体によって様々です。各自治体のホームページを見て確認したり、粗大ごみ対策課へ電話して聞きましょう。

②布団の処分方法【もえるごみ】

基本的に布団の処分は粗大ごみになりますが、燃えるごみや不燃ごみとして処分できるところもあります。布団を燃えるごみや不燃ごみとして処分することができる地域は、カットの大きさが指定されている(30cm四方など)ことが多いです。

布団をカットして処分する際は素材も確認する必要があります。なぜなら、カットすることで中の詰め物がこぼれたり舞う場合があり、掃除をする手間が増えるからです。

掛布団や敷布団に使われている素材を一部ご紹介します。
・綿:打ち直しも可能でカットすると綿ぼこりが出やすい
・合繊繊維(ポリエステル):カットしても詰め物が出にくい
・羽毛:軽くてほこりが出にくいですが、カットすると羽毛が飛び散って舞いやすい
・羊毛:弾力性があり燃えにくい素材で蒸れを感じにくい

掛布団をカットして処分する場合、掃除をする手間が少なく比較的ラクに捨てることができるのは化学繊維(ポリエステル)です。

また、ある自治体は燃えるごみや不燃ごみのサイズは一辺が90cm以内としています。一方、別の自治体は布団をヒモで縛れば1度の回収で1枚まで可能な地域もあるようです。

布団を燃えるごみや不燃ごみとして出す場合は、自治体のルールを守り適切な方法で処分しましょう。処分可能なサイズやごみの分類などを事前に確認してください。

③布団の処分方法【下取り ニトリ・イオンなど】

注意!)ニトリやイオンでの下取りはどんな布団でも無料とは限りません

「家の近くにイオンやニトリがない」
「布団以外にマットレスなど、ほかにも処分したい大型家具がある」

という方は次で紹介する④布団の処分方法【不用品回収業者】の方がお得に布団を処分できるかもしれません。ぜひチェックしてみてください。

処分したい布団は下取りサービスを利用したり、家具屋などに引き取ってもらうことはできるのでしょうか?布団を処分することができる条件や料金などをご紹介します。

【ニトリでも布団の処分はできる】
ニトリでも布団の処分をすることは可能ですが無料ではありません。ニトリへ布団の処分を依頼すると最低でも3,000円(税別)かかります。ニトリで購入した布団であっても無料で処分することはできません。

布団の処分依頼する際は次の条件を理解してからお願いしましょう。
・ニトリで家具や布団を購入された方のみ
・ニトリで家具(組立家具は除く)や布団を購入し、処分したい布団が同数量か同容量であること
・布団の処分料金は1注文につき3,000円(税別)かかる

店頭でも布団の処分依頼は対応していますが、ニトリのネットショップでも依頼することができます。ネットショップの場合は「引き取りサービスを利用する」にチェックして、布団の処分依頼を行いましょう。

【イオンは一部の店舗で羽毛布団のみ処分できる】
イオンはGreen Down Projectという企業が参入しており、企業や個人が処分したい羽毛用品を回収しています。

処分することができる羽毛布団は汚れていたり穴が開いていても問題ありません。また、処分したい羽毛布団を無料で引き取ってくれるのも嬉しいポイントです。

処分したい羽毛布団は次の条件を満たしていないといけません。
・羽毛布団のタグにダウン表記があり50%以上含まれている
・Green Down Project「VIRGIN DOWN」のタグが付いている羽毛布団

一方、回収不可の羽毛布団の条件は以下の通りです。
・羽毛布団が濡れている

イオンで行っている羽毛布団の回収サービスは、全店で取り組んでいるわけではありません。処分したい羽毛布団をイオンに持って行きたい方は事前に確認しましょう。

【下取りできる業者】
布団の下取りサービスを行っているところもあり、有名どころで言うと「ジャパネットたかた」さんです。

ジャパネットたかたさんの場合、下取り対象の布団は掛布団のみで詰め物の種類は問いません。敷き布団、毛布、電気毛布、マットレスなどは下取り対象ではないので注意しましょう。

ジャパネットたかたさんは場通販専門の会社で、処分したい掛布団を持ち込むことはできません。掛布団の下取りサービスは無料で、配達スタッフが新しく購入した商品と引き換えに処分したい掛布団を回収します。

掛布団の下取りサービスを利用する方は、配達スタッフが自宅を訪問する前にダンボールなどの箱へ処分したい掛布団を入れておきましょう。処分したい掛布団は紙袋に入れず、必ず箱に入れることも下取りサービスの条件です。

④布団の処分方法【不用品回収業者】

不用品回収業者は布団の処分も対応しています。不用品回収業者へ布団に処分を依頼する方法、ポイント、料金、注意点をまとめました。

【依頼する方法】
不用品回収業者へ布団の処分を依頼する時は、3社くらいを目安に見積もり依頼をしましょう。理由は業者によってサービス内容や料金に差があるからです。

【ポイント】
・お互いの予定が合えば即日や夜間対応も可能
・依頼主は布団を運んだりヒモで縛るなどの作業がない
・布団以外の物も処分することができる
・布団以外の物を処分すると割安になる

【料金】
不用品回収業者へ布団の処分依頼をすると約4,000円~9,000円かかります。

キレイな布団はリサイクルの対象になり、業者によっては安い料金で処分してくれるでしょう。また、布団以外の物も処分依頼すると手間賃が省けるなどの理由で安くしてもらえます。

【注意点】
・不用品回収業者の中には悪徳業者がいることを念頭において依頼しましょう。布団を不法投棄して処分するケースもあり、依頼主も罪に問われることがあります。

・布団1枚だけを処分したい場合は不用品回収業者はおすすめしません。布団1枚だけだと割高になる可能性が高いから。あくまでも「布団以外にも処分したい不用品がある」という方向けの処分方法です。

あなたの電話番号・住所は非公開で利用できる「タスクル」

不用品回収業者に依頼するときは安くてきちんとした業者を選びたいもの。「タスクル」なら正式に依頼するまで不用品回収業者にあなたの電話番号・住所は非公開なので安心して利用できます。

簡単な入力だけで最大5社の不用品回収業者から一括見積りがとれ、電話営業は一切なし!依頼したい業者ともチャットだけでやり取りできるので「早く布団を処分したいけど、日中忙しくて電話する時間がとれない」という方に最適です。

布団やマットレスなどの大型家具はまとめて処分する方が断然お得!買取りも得意な業者に依頼すればもっと安く処分できるかもしれません。さっそく以下のリンクから無料見積りをしてみましょう。

⑤布団の処分方法【引越し業者】

Photo by Maxim on Unsplash

【PR】不用品のことならお任せください。満足度93%以上!

明朗会計 業界最安値宣言!頼んだその日に解決できるスピード対応。家庭の家具や家電から、オフィス移転の片付け、遺品整理やゴミ屋敷まで!全国各地に対応したこちらのサービスがオススメです。

面倒な不用品回収を任せてみませんか? まずは無料お見積りから。専門の作業スタッフが丁寧・親切に対応してくれます。

ECOクリーン

\明朗会計 業界最安値/

年間30,000件の実績

 

  • ●相談や見積まで無料
  • ●丁寧なスタッフ対応
  • ●全国各地に完全対応
  • ●他社で断られた物も

関連するキーワード


粗大ごみ

関連する投稿


引越の不用品・粗大ごみを処分する7つの方法。買取・引取りでお得に!

引越の不用品・粗大ごみを処分する7つの方法。買取・引取りでお得に!

引越しの不用品の処分は、なるべくお金をかけたくありませんよね。大きな家電や家具、いらなくなった家財道具が大量にある場合、【不用品回収業者】に頼むと早く簡単にいらなくなった家具や家電を処分することができます。ここでは、不用品をお得に処分するポイントをご紹介します。


手間がかからないロフトベッドの処分方法は6種類

手間がかからないロフトベッドの処分方法は6種類

なるべく安くお得にロフトベッドを処分する方法を調べました。ロフトベッドの分解方法や、住んでいる自治体に粗大ごみとして出す時の金額の目安、家具メーカーに下取りしてもらう方法や、オークションでの売り方などについても解説しています。


捨てると損!お得にパイプベッドを処分する5つの方法

捨てると損!お得にパイプベッドを処分する5つの方法

パイプベッドの処分方法について、処分料がかかる方法から、収入を得られる方法まで色々な方法を解説しています。粗大ごみとしての捨て方や、オークションで高く売る方法、悪徳業者にひっかからないポイントについても説明しています。


引越しのゴミ処分方法7つ!粗大ごみ回収・間に合わない場合・どうする?

引越しのゴミ処分方法7つ!粗大ごみ回収・間に合わない場合・どうする?

引越しの際に出るゴミや不用品を処分する方法について、7つのポイントを紹介します。それぞれの具体的な処分方法や、処分する前の準備についてチェックして、引越し前にゴミを片づけましょう。また、不用品業者を利用する際の費用や選び方についても解説します。


食器の処分方法3つのコツ 。リサイクルや買取も可能?

食器の処分方法3つのコツ 。リサイクルや買取も可能?

家の中で何かと溜まりがちな食器は、欲しい人に使ってもらうことで気持ちよく処分することができます。1度でも使ったらユーズド品で価値が下がる食器も、海外では喜んで使ってもらえることが多いです。そこで今回は食器の処分方法について徹底解説します。


 

ビジネスパートナー募集