暮らしのお悩み解決サイト

ノートパソコンの廃棄方法と処分費用5つ!無料回収してもらえる?

ノートパソコンの廃棄方法と処分費用5つ!無料回収してもらえる?

コンパクトで人気の高いノートパソコン。そんなノートパソコンを処分をする方法について、漠然と面倒だという印象を持ってはいませんか? ノートパソコンの処分を方法は4ステップと意外と簡単。4つの手順を踏んで、ノートパソコンを安全に処理してみましょう。


ノートパソコンを安全に処分するには、どのような方法をとれば良いでしょうか。
初期化しただけでは個人情報が漏洩してしまう危険性があります。

パソコンに詳しくなくてもできる、個人情報が流出せずに、お金をなるべくかけないでノートパソコンを処理する方法をご紹介します。

ノートパソコン処分方法5ステップ

ノートパソコンの処分をするとき、わたしたちが踏むべき手順はたったの4ステップです。面倒だと思っていたノートパソコンの処分も、たったの4ステップだと思えば簡単にできる気がしませんか?

では、ノートパソコン処分の4ステップについて詳しくみていきましょう。

①ノートパソコン内のデータをバックアップ

(1)ノートパソコン内データのバックアップの必要性
新しいパソコンへデータの移行をするとき、正しい方法でデータの移行作業を行っていても、なんらかの理由でその作業に失敗をしてしまうことがあります。失敗するだけならやり直せば良いのですが、運が悪いと、元のパソコンのデータがきれいさっぱり消えてしまうこともあるのです。

一度すっかり消えてしまってからでは、大切なデータを元に戻すことはもうできません。そのため、新しいパソコンにデータの移行を行う前に、必ずデータのバックアップをとっておくことをおすすめします。

(2)ノートパソコンデータのバックアップ先は記録メディアへ
データのバックアップするときは、USBメモリや光ディスク、外付けハードディスクなどの記録メディアにバックアップしておくことをおすすめします。備えあれば憂いなし。さまざまな状況を想定しながら、あなたの大切なデータを守りましょう。

(3)クラウドストレージサービスへバックアップする
最近では、クラウドストレージサービスへバックアップをとっておく方法も一般的になってきました。クラウドストレージサービスでは、銀行にお金を預けるのと同じようなイメージで、クラウド上のデータ保管庫へデータを預けることができます。

記録メディアにデータをバックアップする場合は、その記録メディア自体の故障の心配が付きものです。しかし、クラウドストレージサービスではそのような心配がありません。とても安心なバックアップ先ということです。

②ノートパソコンの廃棄先を5つから選ぶ

(1)パソコン専門回収業者
パソコン専門回収業者とは、使用済みのパソコンを再利用できるような状態にして「リユースパソコン」としてリーズナブルな価格で販売をする業者のことです。リユースパソコンは新品のパソコンと比べて低コストで購入できるため、企業がパソコンを導入する際のひとつの選択肢として、大変注目を集めています。

(2)パソコンメーカー
処分をするパソコンのメーカーに直接回収を依頼をすることができます。パソコンメーカーでは、PCリサイクル法に則り、自社のパソコンの回収をすることが義務付けられているのです。

(3)家電量販店
多くの家電量販店では、買い替え時の下取りサービスや、買取りサービスなどのさまざまなサービスやキャンペーンを通してノートパソコンの回収を行っています。家電量販店によってサービス内容や回収方法がそれぞれ異なりますので、新しいパソコンを購入する予定がある場合は家電量販店へ問い合わせをしてみましょう。

(4)一部の自治体ではノートパソコンの回収も
一部の自治体では、ノートパソコンを含めた小型家電の回収を行っていることがあります。しかし、現状では、これらの回収を行っていない自治体の方が多く、一般的な回収方法と言うことは難しいでしょう。回収方法も自治体によってさまざまですので、お住まいの市区町村へまず確認をしてみましょう。

(5)不用品回収業者
不用品回収業者では、ノートパソコンを含め、不要なものを何でも回収してもらうことができます。ほかの回収方法と比較して回収料金が高額になりがちですが、ノートパソコンのほかにもまとめて回収をしてもらいたいものが多数ある場合にはおすすめの処分方法です。

③ノートパソコン内のデータ移行をする

(1)データ転送ツールを利用してノートパソコンデータを移行
パソコンには、元々データを転送するための転送ツールが搭載されています。この転送ツールを利用すれば簡単にデータの移行をすることができます。転送ツールを使用する際は、USBフラッシュメモリなどの記録メディアを準備しておく必要があります。無線LANを利用してデータを移行する方法もありますが、設定方法が少々ややこしくなります。

(2)記録メディアでノートパソコンのデータを利用
処分をするノートパソコンからUSBフラッシュメモリや外付けハードディスクなどの記録メディアに直接データのバックアップをとり、そのデータを新しいパソコンへ移行する方法もあります。記録メディアにデータをバックアップするとき、バックアップをしたデータはひとつのフォルダにまとめておくとわかりやすくて良いですよ。

(3)有料版ソフトでノートパソコンのデータを移行
有料版のデータの移行ソフトは、やはりお金を支払うだけあり、元々搭載されている転送ツールでは実現できないような機能が搭載されています。具体的には、転送ツールを使用しても移行することができないようなアプリケーションソフトを移行することができる機能が付いていたり、壊れて動かなくなったパソコンでもデータを移行することができる機能が付いていたりと、様々な便利な機能が用意されているのです。

有料版ソフトを利用したデータの移行方法は、利用者にとって満足度が高く、大変便利な方法であると言うことができるでしょう。データの移行にかかる時間も短縮できる場合が多いですよ。

(4)クラウドストレージサービスでノートパソコンのデータを移行
処分をするノートパソコンのデータをクラウド上にバックアップをしておけば、新しいパソコンと同期をするだけでデータの移行をすることができます。クラウドストレージサービスを利用すると、パソコンのみに留まらず、お持ちのスマートフォンやタブレットなどへもログインするだけで簡単にデータの移行をすることができるため、近年では大変便利なデータの管理方法として人気を集めています。

④ノートパソコンの回収処分をしてもらう

(1)パソコン専門回収業者で回収をしてもらう場合
パソコン専門回収業者にノートパソコンの回収を依頼する場合は、回収費用は基本的には無料となる場合が多いでしょう。手続き方法もとても簡単で、宅急便で発送するだけで手続き完了となります。そのほか、出張回収や持ち込みによる回収を行っている会社もあります。データの消去も行ってくれますし、データ消去証明書の発行もしてくれますので安心ですよ。

(2)パソコンメーカーで回収をしてもらう場合
処分をしたいノートパソコンの製造元のパソコンメーカーへ直接問い合わせをすると、不要なノートパソコンの回収をしてもらうことができます。パソコンメーカーでは、PCリサイクルマークが貼付されているノートパソコンを無償で回収をしてくれます。ちなみに、このマークが貼付されていないノートパソコンに関しては、3,000円ほどで有償回収となります。データの消去は基本的には自己責任となります。

※PCリサイクルマークとは
平成15年10月以降に販売された家庭向けパソコンに貼付されているマークです。このマークが貼付されているパソコンは、処分をするときに新たに料金を支払う必要がありません。

(3)家電量販店で回収をしてもらう場合
家電量販店では、お店によってさまざまなサービスによるノートパソコンの回収方法を用意しています。あらかじめどのようなサービスを行っているのか、確認をしてから回収を依頼するようにしましょう。データの消去も回収と同時に行ってくれるお店が多いようですよ。

(4)一部の自治体で回収してもらう場合
お住まいの市区町村でノートパソコンの回収を行っているかどうか、各自治体のホームページで確認をするか、もしくは直接電話で問い合わせをしてみましょう。回収を行ってくれる自治体では、ノートパソコンを含めた小型家電について、専用の回収ボックスにて回収を行っていることが多いでしょう。

自治体でノートパソコンの回収を行う場合は、データの消去に関して適切な管理が義務付けられてはいますが、事前にデータの消去を行っておくことが推奨されています。

(5)不用品回収業者で回収してもらう場合
不用品回収業者へ電話をし、見積りをとった上で、金額に合意ができたら業者の人に自宅までノートパソコンの回収をしに来てもらいます。不用品回収業者では基本的にデータの消去は行ってくれませんので、あらかじめしっかり消去しておきましょう。

⑤ノートパソコンのバッテリーは充電式電池リサイクルBOXへ

ノートパソコンのバッテリーも、パソコン専門回収業者やパソコンメーカー、家電量販店などでパソコン本体と一緒に回収してもらえます。予備のノートバッテリーを購入していて、ノートパソコンと一緒に処分したい場合も、パソコン専門回収業者やパソコンメーカー、家電量販店などで処分してもらえます。家電量販店やホームセンターなどに置いてある「充電式電池リサイクルBOX」でも処分可能です。

ノートパソコン5つの廃棄方法別メリット・デメリット

①パソコン専門回収業者

(1)メリット
ノートパソコンの処分先としてパソコン専門回収業者を選んだ場合、多くの場合、無料かつ簡単に回収をしてもらうことができるでしょう。回収方法は、宅急便で不要なノートパソコンを梱包して発送するという方法が一般的ですが、そのほかに持ち込みや訪問回収を行っている会社もあります。

基本的には発送するだけであとはお任せといった方法ですので、パソコン初心者の方や忙しい方には特におすすめな処分方法です。回収されたノートパソコンは、そのまま中古品としてリユースされることもあれば、パソコン本体に埋め込まれている資源や金属がリサイクルされることもあり、再利用されるために適切な方法で処分をされていきます。

(2)デメリット
基本的にどんなに古いパソコンでも無料で回収をしてくれるパソコン専門回収業者ですが、画面割れをしている場合など、外観上破損しているパソコンに関しては無料で回収をしてくれないこともあります。処分をしたいノートパソコンが破損している場合は、あらかじめ問い合わせをしておきましょう。

②パソコンメーカー

(1)メリット
パソコンメーカーに回収を依頼する方法は、製造元のメーカーが法律に則って適切に処分をしてくれる方法ですので、とても安心かつ安全な処分方法と言えます。PCリサイクルマークが貼付されていれば無料で回収を行ってくれます。

(2)デメリット
パソコンメーカーに回収を依頼する場合は、その手続き上、申し込みから回収までに最低でも1~2週間かかりますので、急ぎで処分を考えている場合には不向きな方法と言えます。また、当然ではありますが、他社の製品は回収をしてくれませんので、他社のメーカーのパソコンも同時に処分をしたい場合などは、それぞれのメーカーで手続きを行う必要があり、手間がかかってしまいます。

③家電量販店

【PR】不用品のことならお任せください。満足度93%以上!

明朗会計 業界最安値宣言!頼んだその日に解決できるスピード対応。家庭の家具や家電から、オフィス移転の片付け、遺品整理やゴミ屋敷まで!全国各地に対応したこちらのサービスがオススメです。

面倒な不用品回収を任せてみませんか? まずは無料お見積りから。専門の作業スタッフが丁寧・親切に対応してくれます。

ECOクリーン

\明朗会計 業界最安値/

年間30,000件の実績

 

  • ●相談や見積まで無料
  • ●丁寧なスタッフ対応
  • ●全国各地に完全対応
  • ●他社で断られた物も

関連するキーワード


家電ごみ パソコン処分

関連する投稿


テレビは料金無料で回収してもらえる?ヨドバシやケーズデンキも可能?

テレビは料金無料で回収してもらえる?ヨドバシやケーズデンキも可能?

古くなったテレビは、なるべく安く無料で捨てたいですよね。テレビは家電リサイクル法の対象品目なので、粗大ごみとして捨てられません。正しくテレビを廃棄するにはどうしたら良いのでしょうか。この記事ではテレビの回収方法や、リサイクルショップへ売却する時の注意点をご紹介します。


引越で家具を処分する方法7つ。業者に依頼した場合の相場料金一覧表付

引越で家具を処分する方法7つ。業者に依頼した場合の相場料金一覧表付

引越しを機に不要となった家具たち…。処分をしようと思っても、家具は大きくて持ち運びが困難なものが多く、処分方法に悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。そんなわたしたちを悩ませる「家具の処分方法」を7つ紹介していきます。引越しを機に家具やその他の不用品の処分に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね。


引越しのゴミ処分方法7つ!粗大ごみ回収・間に合わない場合・どうする?

引越しのゴミ処分方法7つ!粗大ごみ回収・間に合わない場合・どうする?

引越しの際に出るゴミや不用品を処分する方法について、7つのポイントを紹介します。それぞれの具体的な処分方法や、処分する前の準備についてチェックして、引越し前にゴミを片づけましょう。また、不用品業者を利用する際の費用や選び方についても解説します。


パソコンのケースだけを処分する6ステップ

パソコンのケースだけを処分する6ステップ

パソコンの外側のケース、入れ物の部分の処分方法を解説しています。ハードデイスクやDVDを読み込む部分を全て取った、外側の部分です。自治体にゴミとして出す方法や、業者に無料で回収してもらう方法、売ってお金にする方法など、あらゆる処分方法を調べてみました。


自作PCの処分方法は8ステップで!

自作PCの処分方法は8ステップで!

自分で組んだパソコンの処分方法についてまとめました。自治体の小型家電回収ボックスでの処分方法や、自作パソコンをオークションに出品する時の注意点、無料もしくは送料だけで自作パソコンを処分してくれる業者などを解説しています。


 

ビジネスパートナー募集