暮らしのお悩み解決サイト

ゴミ屋敷になってしまう心理?片付けられない人の特徴とは

ゴミ屋敷になってしまう心理?片付けられない人の特徴とは

「片づけられない人」の行き着く先がゴミ屋敷です。しかし、ゴミ屋敷問題は一部の限られた人だけのものでしょうか?「片づけられない」という現象に潜んだ心理的な背景や、自分の部屋をゴミ屋敷にしないための対策を考えてみました。収集癖のある方は要チェックです。


部屋をゴミだらけにしてしまう人は、ただ「だらしない」とか「掃除ができない」という言葉では片づけられない心理的な背景があります。自分ではどうしようもないくらい部屋を散らかしてしまう人にみられる心理的特徴の一例を挙げてみました。

ゴミ屋敷になってしまう心理的特徴とは

Getty logo

忙しすぎて心の余裕がない

仕事や介護に追われて昼夜働いている人は、片づける気持ちがあっても気力や体力が追いつかなかったり、ゴミ捨ての指定日に在宅できないことでどんどんゴミが溜まってしまいます。散らかった部屋に暮らしていることで、心の余裕がなくなり掃除する気力がより削られてしまうという悪循環に陥ってしまう人も多いようです。

コンビニ弁当で済ませて片付けづに寝てしまう方などは注意が必要です。

掃除が苦手な人

掃除が苦手な人は、部屋が散らかっていても「ま、いいか」と掃除を先延ばしにしてしまいがちです。 掃除をしないと当然部屋はどんどん汚くなっていきますが、それに慣れてしまうと汚いことに違和感を感じなくなっていきます。
それがエスカレートすると、自分では手に負えないほどのゴミ屋敷になってしまうのです。

また、掃除したいという気持ちがあってもどうしても集中できない、どこに何を片づければ良いのかわからないという人もいます。 こういう人は、ADHD(注意欠陥多動性障害)、 ADD(注意欠陥障害)の可能性を疑ってみることも必要でしょう。

精神的な疾患を抱えている人

部屋の状態と精神状態は密接に関わっています。 元々は綺麗好きだったのに急激に部屋が散らかりだした、部屋を清潔に保とうという気力が湧かない、という人は要注意です。 うつ病、統合失調症、認知症、セルフネグレクト等の症状のひとつに、生活環境の低下が挙げられます。
この場合は、部屋を掃除するだけでは根本的な解決にはなりません。

専門家のサポートを受けて、精神的な問題をクリアする必要があります。

ゴミ屋敷になりやすいのはこんな人

Getty logo

ゴミを貯めこんでしまう人には、さまざまな心理的要因が働いていることをご紹介しました。 では、具体的にどういうタイプの人があてはまるのでしょうか? 5つのタイプ別に分けてご紹介したいと思います。

忙しすぎて部屋の掃除が出来ない人

連日、深夜から早朝まで働いて家には寝るために帰るだけ……という人は、片づける気はあっても体力や気力が追いつかず、どんどんゴミが溜まってしまいます。 特に、ひとり暮らしやサポートしてくれる人が身近にいない場合に多いケースです。
また、生活スタイルに合っていない部屋に住んでいる人も、物が増えすぎて片づけられなくなってしまうことがあります。

潔癖症な人

潔癖症とゴミ屋敷は相反するもののように思えます。 しかし、「汚いものを触りたくない」という気持ちがエスカレートすると、汚れた台所や水まわりを掃除のために触ることも耐えられなくなってしまう人がいます。
掃除をしないから、ますますその部分が汚れてしまうという悪循環に陥るというわけですね。 度を越した潔癖症は、精神的な問題が潜んでいる可能性もあります。

「もったいない」が口癖の人

物を大事にする心はとても素晴らしいものです。 しかし「もったいない」からと言って物をとっておく癖のある人はゴミ屋敷になりやすい傾向があります。 まだ使えるかもしれない、と大量のガラクタを貯めこんでしまったり、使いきれないくらい日用品のストックを買いこんでしまうのがこのタイプの人です。
特に、モノの少ない時代に生まれた高齢者は「捨てる」という発想が浮かびにくく、どんどんモノを増やしてしまう傾向にあるようです。

モノに囲まれていると安心感があるので、モノを捨てて隙間が出来るのを非常に嫌います。

片づけ方がわからない人

部屋を片付けなくてはいけない、と漠然と思ってはいるもののどうして良いのかわからないというのがこのタイプです。 このタイプには、単なる掃除下手で片づけられない問題が潜んでいる場合があります。 掃除を始めてもすぐに気が散って集中できない、どこに何を片づければ良いのかわからない……というのは、ADHD(注意欠陥多動性障害)、 ADD(注意欠陥障害)の典型的な症状です。

ADHDやADDの人が、自力でゴミ屋敷から脱出するのは非常に困難です。 片づけられない、というストレスで別の精神的な問題を引き起こす可能性もあるので、周りのサポートが重要になってきます。

孤独な人

地域社会や身内と距離を置いて孤独に暮らしているというのも、ゴミ屋敷になりやすい要素のひとつです。 他人と関わらないことで、自分を客観的に見ることができなくなり、ゴミに囲まれて暮らしているということに気づけなくなってしまうのです。 また、自分の周りをモノで満たすことで孤独や不安感を癒しているケースも多く見られます。
このタイプは、ただモノを減らすだけでは根本的な解決になりません。 周りが見かねて片づけても、またいつのまにかモノが増えているということも多いようです。

孤独に暮らすというのは高齢者だけの問題ではありません。 仕事以外で他人と関わらない人や、在宅勤務の人もゴミ屋敷になりやすい要素があると言えます。

ゴミ屋敷には身体、心にデメリットが

Getty logo

ゴミ屋敷には色々なタイプがあります。 文字通りゴミで埋め尽くされた部屋もあれば、本や服が増えすぎて収納からあふれてしまった部屋、引っ越しの荷物がそのまま積み上がった部屋……タイプはさまざまです。
しかし、どの場合も思わぬ事故の原因になったり、心身に多くのデメリットを与えるのは間違いありません。 そして、自分だけでなく他人にまで被害を与える可能性があるのです。

では、具体的にどういったデメリットがあるのでしょうか?

虫やダニによるアレルギーを発症しやすい

ゴミがうず高く積み上げられた部屋は、虫やダニが多く住み着きます。 キッチンや水まわりだけでなく、服や本を好んで食べる虫も多くいます。 また、敷きっぱなしの布団や洗っていないシーツはダニの格好の棲み家になってしまいます。

虫やダニに肌を刺されるのも厄介ですが、それ以上に厄介なのがアレルギーを発症してしまうこと。 小さなダニや虫はそれ自体がアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)となり、健康に悪い影響を与えます。
咳やくしゃみ、じんましんだけでなく、深刻な健康被害を引き起こすこともあるのです。

アレルギーは気管支炎や喘息の原因にも

アレルギーは、咳やくしゃみだけでなく気管支炎を引き起こすことがあります。 いつまでも風邪が治らない……と思っていたらアレルギー性の気管支炎だったというのもよくある話です。 また、気管支炎が重症化すると喘息を発症することも。こうなると、日常生活にも多大な影響が出てきます。

ゴミが崩れて思わぬ事故に

本や服というのは意外に重いものです。それが部屋中に積みあがった状態で転倒すると、思わぬ事故に繋がる恐れがあります。 ゴミが頭上に落ちてきたり、割れたゴミを踏んでケガをすることも恐ろしいですが、限界まで貯めこんだゴミの重みで床が崩落する事故が起きることもあるのです。
実際に、本の重みで床が崩落して階下の住人が死亡する事故も発生しています。

自己評価が下がって鬱の原因に

散らかった不衛生な部屋は精神的にも悪影響を与えます。 特に「片づけなくては」という気持ちを持っている人にはなおさらです。 忙しすぎて掃除が出来ず部屋を散らかしている自分を責めたり、恥じる気持ちが自信を喪失させ、一層動く気力を奪ってしまうのです。
散らかった部屋に帰っても心身ともに休まらず、知らず知らずにたまった疲れはうつ病の一因にもなります。

火災の原因になることも

ホコリが溜まった部屋は、コンセントからの漏電による火災の危険があります。 コンセントに挿したままの電源ケーブルがゴミの下敷きになって千切れたり、虫に食われたり腐食したケーブルが原因になることもあります。
また、住んでいる集合住宅で万が一火災が起きた時も、積みあがったゴミが原因で延焼が広がったり、救助が遅れて被害が拡大するという可能性もあるのです。

ゴミ屋敷にならないために気をつけること

Getty logo

さまざまな角度から、ゴミ屋敷が作られていく背景をご紹介しました。 多忙や不安感等、どの人にも起こり得ることがきっかけになるということがお分かりいただけたでしょうか。 では、自分の部屋をゴミ屋敷化しないために何が出来るでしょうか。身近な対策を考えてみました。

定期的に人を呼ぶ

部屋を定期的に訪れる人がいるというのは、掃除するきっかけとしては最適です。

特にひとりで暮らす高齢者は、社会と隔絶されることで客観的に自分を見つめる機会が少なくなっています。住人以外が定期的に訪れることで、自分の暮らす環境を改めて見直すことができるでしょう。

生活スタイルを見直す

あまりにも忙しすぎて掃除ができないという人は、生活スタイルを見直してみる必要があります。 いまの自分にとって暮らしやすい生活環境とはどういう部屋なのかをよく考えてみましょう。
趣味や生活サイクルに部屋の広さや収納数が見合ってないと、一時的に片づけてもすぐにモノが溢れてしまいます。 転職や引っ越しも選択肢のひとつです。

また、そこまで大がかりなものでなくても、ハウスキーピング業者に依頼する、時短のための家電を導入する等の対策も有効です。

ゴミ箱を必要数設置する

「ゴミを捨てる定位置」を作るのは簡単かつ効果的な方法です。 ゴミはゴミ箱に入れていっぱいになったらゴミ袋に移動する、という動作を癖づけることでその場所以外にゴミを捨てないという意識を持つことができます。 ゴミ箱は、各部屋に設置すると良いでしょう。 移動してゴミを捨てるという動作を省けます。
また、ゴミの分別がわからないという人も、種別ごとのゴミ箱を用意することで捨てる時の煩わしさから開放されます。


定期的に業者に依頼する

自分ではどうしようもないほど散らかった部屋は、思い切って業者に清掃を依頼するのもひとつの手です。 どうしてゴミを貯めこんだのかを考えるにも、まずは精神的に余裕を持たないといけません。 忙しすぎて片付いた部屋を維持できない人も、定期的に業者に依頼することで一定以上は散らからずに済みます。

「自分で片づけなくては」と思い込む必要はありません。 きれいな部屋を維持する必要経費と割り切ってしまいましょう。

まとめ

「部屋の乱れは心の乱れ」とはよく言ったもので、部屋には精神状態が投影されます。 小さなきっかけがゴミ屋敷への第一歩となることもあるのです。 清潔な部屋を保つために、自分に合った方法を見つけて心身ともに健康な日々を過ごしたいものですね。

関連するキーワード


ゴミ屋敷

関連する投稿


ゴミ屋敷の片付け料金は?各業者を徹底比較

ゴミ屋敷の片付け料金は?各業者を徹底比較

ゴミ屋敷を片付けてくれる業者探しの1番のポイントは料金でしょう。ここでは、料金を比較して安い業者をご紹介しています。さらに、業者を選ぶときの注意点などもご紹介していますので、安くてトラブルの少ない業者選ぶヒントを知っていただけるのではないでしょうか。


もう悩まないで! ゴミ屋敷の片付け方、8ステップ

もう悩まないで! ゴミ屋敷の片付け方、8ステップ

家がゴミ屋敷になってしまった人のために、今の状態から抜け出す方法を8項目に渡って紹介しています。部屋の状態は自分の心のあらわれでもあります。悩み事はためこみすぎないで、プロの片付け業者に頼むのも1つの方法です。こちらの記事では専門業者へ頼む時のポイントも紹介しています。


ゴミ屋敷の実家を片付けるコツ4つ。結婚前に!旦那、嫁の里帰りは?

ゴミ屋敷の実家を片付けるコツ4つ。結婚前に!旦那、嫁の里帰りは?

ゴミ屋敷になった実家をキレイに片付けるコツについてまとめました。ゴミをためてしまう親とどうすれば仲良くゴミをすてられるようになるのか、ゴミ屋敷の片付けのプロに頼んだ場合の値段の相場と仕事内容など、気になるポイントを解説しています。


汚部屋を掃除する3つのコツと、3つのメリット

汚部屋を掃除する3つのコツと、3つのメリット

床が見えないくらい汚い部屋を、キレイに掃除するコツを説明します。その他に、汚部屋を掃除するメリットについてや、部屋を汚くしてしまう人の特徴、このまま掃除をしなかったらどうなるか? など、ゴミ屋敷にならないためのポイントも解説します。


 ゴミ屋敷に隠れる6つの病気?片付けられない部屋は要注意かも

ゴミ屋敷に隠れる6つの病気?片付けられない部屋は要注意かも

近年メディアで取り上げられている「ゴミ屋敷」。他人事のように感じている人でも、ゴミ屋敷予備軍である可能性を持っています。なぜなら、ゴミ屋敷の原因は、単純に性格的な問題だけではなく、心の病気と深く関係していることがわかってきたからです。


最新の投稿


鏡の掃除方法4ステップでウロコ状汚れを綺麗に!必要な道具や洗剤は?

鏡の掃除方法4ステップでウロコ状汚れを綺麗に!必要な道具や洗剤は?

鏡は汚れが付着しやすく、白いウロコ汚れが目立ちます。鏡に付着する汚れの種類や、鏡を簡単に掃除する方法、また、毎日の掃除が面倒だという人のために可能な限り鏡が汚れないようにするための予防方法も解説します。


シンクの掃除方法5ステップ!必要な道具は?頻度は毎日がおすすめ?

シンクの掃除方法5ステップ!必要な道具は?頻度は毎日がおすすめ?

食材を扱う場所であるキッチンは可能な限り清潔な状態にしておきたいものです。シンクは汚れが付着しやすく、蓄積しやすい場所でもあります。シンクの基本的な掃除方法やサビの除去方法や汚れを予防するための注意点を解説します。


網戸掃除の簡単な方法5ステップ!洗剤やカビ取りは?おすすめ頻度

網戸掃除の簡単な方法5ステップ!洗剤やカビ取りは?おすすめ頻度

網戸掃除はハードルが高いと考えがちですが、実際には簡単に掃除をする方法もあるのです。簡単な網戸掃除の方法や必要な道具、さらにカビや窓枠の掃除方法について紹介します。また、網戸の汚れを防止するための方法やコツについても解説します。


中性洗剤の商品種類10個と掃除のときの使い方

中性洗剤の商品種類10個と掃除のときの使い方

住宅を掃除する際に欠かせない洗剤は、酸性、中性、アルカリ性などいくつかの種類に分類されることが特徴です。特に使用されるケースが多い中性洗剤について成分や特徴を解説し、掃除する場所ごとに最適な洗剤も紹介します。


畳のカビ発生原因とカビ取り方法5ステップ!予防方法6つも紹介

畳のカビ発生原因とカビ取り方法5ステップ!予防方法6つも紹介

畳にカビが生えていたらカビキラーで落とそうと考えますか? しかし、畳は天然素材からできているため、カビキラーで畳のカビを落とすのはよくありません。今回は畳のカビを落とす方法や予防法などをご紹介します。


ビジネスパートナー募集