暮らしのお悩み解決サイト

【炊飯器の捨て方8選と費用相場】お得に処分する方法は?おすすめの業者も

【炊飯器の捨て方8選と費用相場】お得に処分する方法は?おすすめの業者も

当記事では、炊飯器の捨て方8選と費用相場を解説します。また、お得な捨て方や、業者選びのポイント、おすすめの業者なども紹介します。


壊れてもう使えない炊飯器は、どのように捨てるのがベストなのでしょうか。

また、故障ではなくても「違うサイズのものに買い替えたい」「高機能な新商品がほしい」などの理由で、今まで使っていた炊飯器が不要になることもありますね。

当記事では、炊飯器の捨て方8選費用相場を解説。少しでもお得に&損しない処分方法や、お急ぎの場合におすすめな処分方法なども紹介します。

また、炊飯器の捨て方に悩んでいる方向けに、業者の選び方のポイントや、おすすめの業者も紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

炊飯器の捨て方と料金はどのくらい?
炊飯器の捨て方8選と費用相場

炊飯器の捨て方は、主に8つあります。

【少しでもお得に処分したい】
①買い替え時に「下取り」してもらう
100円~23,000円程度(お得になる)

②リサイクルショップに売る
100円~2,000円程度(お得になる)

③フリマアプリで売る
1,000円~30,000円程度(お得になる)

【できるだけ費用をかけずに捨てたい】
④自治体に「粗大ゴミ」として出す
200円~500円程度(支払う)

⑤自治体に「燃えないゴミ」として出す
回収は無料。(専用のゴミ袋を購入する場合がある。)

⑥小型・中型家電リサイクルとして処分する
550円~2,000円程度(支払う)

【誰かの役に立ちたい】
⑦譲る・寄付する
送料は自分で負担しなければならないケースが多い。

【お急ぎ or 手間なく処分したい】
⑧不用品回収業者に引き取ってもらう
家電単品なら5,000円程度。(支払う)

次に、炊飯器を捨てるタイミングや故障のサインについて解説します。

炊飯器を捨てるタイミング
炊飯器の故障のサイン

炊飯器の寿命は約3~6年。下記のようなサインがあると、故障の可能性があります。

・電源が入らない
・ご飯がうまく炊けない(生煮えになる)
・変な臭い・味がする
・異常な音や振動がある


■メーカー・販売店の保証期間内の場合
無償修理が受けられる可能性があるので、問い合わせてみましょう。

■保証期限切れの場合
基本的に有償修理となります。修理費用は故障の内容によりますが、5,000~25,000円程度です。

古い機種は部品がないこともあります。(各炊飯器メーカーにおいて、部品の保有は製造終了から6年間。)部品がなかったり、修理費用が高くなる場合は、買い替えが選択肢になるでしょう。

次は、どの方法で処分するか、選び方のポイントを見てみましょう。

炊飯器の捨て方はどう選ぶ?
「故障の有無」「買い替え」「費用」「緊急性」などを考慮して選ぶ

炊飯器の捨て方は意外に多くありますが、選び方のポイントは主に4つあります。

1: 故障の有無
まだ十分に使えて傷や汚れの少ないものは、「売る」「買い取ってもらう」という選択肢があります。わずかながらでも収入が得られると嬉しいですね。

2: 買い替えをするか
古い炊飯器を処分して、新しいものに買い替える場合、お店によっては古い炊飯器を下取りしてくれることがあります。
(稀に、壊れていてもOKという場合もあるので、買い替えの場合は要チェックです!)

3: 費用
壊れてもう使えない炊飯器の処分には、費用がかかることが多いです。自治体のルールに沿った処分方法は、少し手間がかかりますが費用は抑えられます。

4: 緊急性
引っ越しが近いので、すぐに処分したい!など緊急性が高い場合は、早く柔軟に対応してくれる不用品回収業者への依頼がおすすめです。

続いて、それぞれの処分方法を詳しく解説します。

炊飯器の捨て方
①買い替えるなら、下取りOKのお店へ

炊飯器を古い物から新しいものに買い替えるときは、お店に下取りサービスがあるかを確認してみましょう。

【下取りの3つのパターン】
1: 買い取ってもらえる。(一番お得!)
2: 無料で引き取ってもらう。(費用をかけずに処分できる)
3: 有料引き取りとなる。(処分費用を支払う)

【下取りでチェックするポイント】
・壊れていても引き取り可能か。
・郵送・出張引き取りができるか。
・他に手数料がかかるか。

【下取りのメリット】
・条件が合えば、比較的高い金額(数千円~数万円)で下取りしてもらえる。

【下取りのデメリット】
・対象商品を購入する場合にのみ「下取りOK」というケースがある。
・値段がつかず、処分費用がかかる場合がある。

お店によって下取りの条件やルールが異なるので、ご注意ください。

炊飯器の捨て方
②高価買取でお得に!リサイクルショップに売る

昨今の世界情勢により、家電の品薄や値上がりのニュースが流れています。原材料の不足や、物流コストが増えているのが一因です。このような事情から、最近は中古家電の買取価格も高くなる傾向にあります。

近所のリサイクルショップに持ち込むと、炊飯器をお得に処分できるかもしれません。時期によっては、買取金額アップキャンペーンをしていることもありますよ。

【リサイクルショップのメリット】
・少しお得に処分できる。(100円~2,000円程度)

【リサイクルショップのデメリット】
・故障しているものは引き取り不可。

【リサイクルショップで高く売るコツ】
・できるだけ製造年が新しいものを売る。
・箱・付属品・説明書をつける。
・キレイに掃除しておく。

〈参考URL〉
中古家電“高価買い取り”でお得に処分? 主婦は「金」の査定額に驚き(日テレNEWS) - Yahoo!ニュース

炊飯器の捨て方
③思いがけない副収入に!フリマアプリで売る

メルカリ・ラクマ・ペイペイフリマのようなフリマアプリに出品して売る方法です。リサイクルショップでは値段がつかなくても、フリマアプリでは思わぬ金額で売れることもありますよ。

【フリマアプリのメリット】
・自分で売り値を決められる。

【フリマアプリのデメリット】
・写真撮影・出品・梱包・発送・メッセージのやりとり、などの手間がかかる。

【フリマアプリで売れやすくなるコツ】
・商品の状態がわかる写真をたくさん載せる。
(外観・内釜・フタの内側・操作ボタン・液晶などパーツごとに)
・傷や汚れはしっかり明記する。
・メーカー名・型番・製造年・何合炊きか・色・使用年数・サイズを記載する。

炊飯器の捨て方
④自治体に「粗大ゴミ」として出す

炊飯器のゴミ分別は自治体によってさまざまです。まずは、お住まいの地域で炊飯器が何ゴミになるのかを確認しましょう。(検索例「〇〇市 炊飯器 ごみ分別」)

30cm以上の炊飯器は「粗大ゴミ」としている自治体が多くあります。(50cm以上、90cm以上を粗大ゴミとしている自治体もあります。)

【粗大ゴミとして出すメリット】
・壊れていても、サイズが大きくても回収してもらえる。

【粗大ゴミとして出すデメリット】
・回収費用がかかる。(200円~500円程度)
・回収までに約2週間かかる。(急ぎの場合は不便)

【粗大ゴミ処分の一般的な流れ】
1: 自治体の粗大ゴミ受付センター等に予約する。(電話・インターネットなど)
2: 粗大ゴミの処理券を購入する。(コンビニ・役所の窓口など)
3: 捨てる炊飯器に、処理券を貼る。(見えやすい位置に)
4: 回収日の決められた時間までに、指定の場所に炊飯器を置く。

詳細は「〇〇市 粗大ゴミ」で検索してご確認ください。

炊飯器の捨て方
⑤自治体に「燃えないゴミ」として出す

炊飯器を「燃えないゴミ」として出せる自治体もあります。出せる頻度は、週1回~月1回と地域によって異なります。

【燃えないゴミとして出すメリット】
・処分の費用がほとんどかからない。(専用のゴミ袋代はかかる場合がある)

【燃えないゴミとして出すデメリット】
・対応している自治体が少ない。

【PR】不用品のことならお任せください。満足度93%以上!

明朗会計 業界最安値宣言!頼んだその日に解決できるスピード対応。家庭の家具や家電から、オフィス移転の片付け、遺品整理やゴミ屋敷まで!全国各地に対応したこちらのサービスがオススメです。

面倒な不用品回収を任せてみませんか? まずは無料お見積りから。専門の作業スタッフが丁寧・親切に対応してくれます。

ECOクリーン

\明朗会計 業界最安値/

年間30,000件の実績

 

  • ●相談や見積まで無料
  • ●丁寧なスタッフ対応
  • ●全国各地に完全対応
  • ●他社で断られた物も

 

ビジネスパートナー募集