暮らしのお悩み解決サイト

皆がおすすめの安い不用品回収業者を見つける方法!安く依頼する8つのコツも!

皆がおすすめの安い不用品回収業者を見つける方法!安く依頼する8つのコツも!

不用品回収を考えているけど、住んでいる地域でできるだけ安い業者を選びたいと思いますよね。本記事では安い&優良な不用品回収業者が見つかるサービス5つを紹介。安い業者を探すには比較が最重要なので、不用品回収業者の価格を比べやすいサービスを厳選しました。不用品回収業者に安く依頼する8つのコツも解説しています。あなたの家の不用品の量や急ぐ・急がないなどの状況に合わせて、優良で安い業者を見つけましょう。


不用品回収を依頼する際、気がかりなのは費用面ではないでしょうか。できることなら、安い料金で利用したいですよね。

そこで本記事では、不用品回収サービスを「安い料金で利用する5つのコツ」と「追加料金がかからないための3つのコツ」を一挙解説します!

さらに気になる料金やサービスなどの見積もりを一括で比較できる業者5選も併せて紹介。不用品回収業者への依頼を考えているなら、要チェックです!

【不用品回収の見積もり業者】比較一覧表

1
2
3
4

業者名

タスクル 暮らしのマーケット エコノバ ミツモア

ポイント

AIコンシェルジュに相談可能。返金保証もあり。 見積もりなしでも料金比較が簡単。優良業者を見つけやすい。 チャットボットで質問できる。厳選された業者掲載。 評価や特徴が見やすい。トラブル相談窓口もあり。

詳細

【事前準備】不用品として処分する場合の費用を把握しておく

不用品の処分には様々な方法がありますが、中には失敗してしまったといった声が聞かれることもあります。そういった後悔につながらないよう、不用品を処分する場合にはまず3つの事前準備をしておきましょう。

不用品を処分する最適な方法は、手放すものの種類や量によっても変わってきます。業者に決める前にチェックしておくことで、無駄な費用をかけることなく不用品の処分ができるでしょう

最適な方法を見つけるための3つのステップをひとつずつ解説しますね。

【ステップ1】手放したい不用品が何ゴミかをチェック!
処分方法を決める大事な一歩目

まず1つ目のステップは、不用品が何ゴミかをチェックすることです。

例えば「テレビ」「冷蔵庫・冷凍庫」「エアコン」「洗濯機・衣類乾燥機」といった4品目は、家電リサイクル法という法律の対象家電であり、処分の際にはリサイクル料を支払うことが定められています。その他、自治体の粗大ゴミに出すことができる品物であっても、回収費用がかかる場合もあるでしょう。

料金がかからない場合でも、不燃ゴミ・可燃ごみなどアイテムによっては解体して分別しなければならなかったり、回収場所まで運び出さなければならないことも。ひとくちにゴミと言ってもどの分類にあたるかで、料金や手間が違ってきます。

ですからゴミや不用品回収など、どういった方法で処分するかを決定する前にまずは手放したいものが何ゴミになるのかをチェックするといいでしょう。

【ステップ2】不用品が買取できるものかをチェック!
買取業者に依頼するのもひとつの方法

2つ目のステップは、手放したい不用品が買取できる品物かをチェックすること。買取ができるなら、お得に処分できる可能性もあります。

もし買取が可能かわからない場合は、買取業者に査定を依頼してみるのもひとつの方法でしょう。査定には買取査定の比較をしてくれる業者を利用するのが便利でおすすめです。

買取比較業者:おいくら
優良な業者に買取査定を依頼できる

おすすめポイント
  • 買取業者の比較ができる
  • 1点からOK
  • 優良な業者のみ掲載
  • 無料で査定依頼ができる
使用方法
  1. 商品情報を入力
  2. ショップ選択
  3. お客様情報入力
  4. 査定依頼送信
対応地域
北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、長野、新潟、富山、 石川、福井、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

【ステップ3】不用品回収業者やゴミ処分にかかる費用・相場をチェック!
それぞれの相場をチェックして自分に合った方法を選ぶ

3つ目のステップは、不用品回収業者を利用する場合と自分でゴミに出したり自治体に持ち込むなどして処分した場合の費用の相場をチェックすることです。

物の量や家の形状などによって費用は前後しますが、おおよその相場を挙げてみました。

     
【ゴミ処分・業者処分比較】
費用相場手間・時間
業者に依頼
  • 1点のみ:約5000円~10000円(プラス諸経費)
  • 一軒丸ごと(1R~4LDK以上):約30000円~600000円
  • パック料金:約5000円~40000円
業者に任せる形で行われるため手間と時間が少なく済む
ゴミで処分
  • 1点のみ:約4000円~6000円
  • 1軒丸ごと(1R~):約30000円~50000円
 
1軒丸ごと処分をすべて自身で行う場合は膨大な手間と時間がかかる

1軒丸ごと不用品の処分をする場合を例に比べてみましょう。

費用面では、不用品回収業者に依頼すると数万円から多い場合では数十万円といった料金がかかります。ゴミとして出す場合には、家電リサイクル料など数万円の費用が必要です。

手間や時間の部分では業者依頼が楽であることに対して、自分でゴミに出したり自治体の回収に持ち込むとなるとかなりの労力と時間をとられることになるでしょう。

そういったさまざまな面を考慮しながら、まずはご自身に合った方法をしっかり選ぶ事前準備をしてくださいね。

事前準備で不用品回収業者に依頼することが決まったら、安い料金で利用できるコツをチェックしましょう!

不用品回収を安い料金で利用するための5つのコツ

不用品回収を安い料金で利用するには5つのコツをチェックしましょう。

それぞれの項目の安くなるポイントを解説しますね。

安い時期をチェックしておく
不用品回収が安い料金で利用できるのは大掃除や引っ越しシーズン以外

不用品回収を安い料で利用したいと考えているなら、大掃除を始める11月~12月や引っ越しが多くなる2月~4月は避けるといいでしょう。

時期ごとの明確な料金の差は記載されていないことが多いですが、上記の季節では業者が忙しくなるためスタッフの増員などの理由で料金が割高になってしまう傾向があります。

対策としては、閑散期を狙って依頼するのもひとつの方法です。また、業者によっては期間限定などで割引キャンペーンを行っている場合が。そういった時期に合わせて依頼するとさらに通常よりも安い料金で利用できることがありますよ。

安い業者を洗い出す
相見積もりが取れる見積もり比較サービスが便利!

不用品回収で業者を利用する場合は、相見積もりをとりましょう!なぜなら、相見積もりをとることで下記のようなメリットがあるからです。

  • 安い業者が見つかる
  • 優良な業者が見つかる
  • サービス内容を確認しやすい
  • 要望を確認しやすい

1社1社料金形態が違うので、相見積もりを取ることで安い業者が見つけやすくなります。また、依頼時のスタッフの対応やサービス内容、依頼する側の要望も伝えやすく優良な業者を選べるでしょう。

また相見積もりをとる際は、必要に応じてオプションなども確認しておいてください。細かなところまで含めたトータルの料金を比べることで当日支払う金額の差異を少なくできますよ。

ちなみにこのように何社もの業者にひとつひとつ見積もりの依頼をするのは時間と労力が必要。もし、見積もりにあまり時間をかけたくない!一気に比較したい!といった場合には、数社の見積もりを一括で比較できる、見積もり比較サービスを使ってみてくださいね。

不用品回収業者の見積もりが比較できるサービスを提供している業者はたくさんあります。後ほど、おすすめの業者を紹介しますね。

不用品回収以外のサービスがあるかチェックする
買取サービスも行っている業者ならお得になることも

不用品回収業者では、不用品の回収以外にも買取・遺品整理・ハウスクリーニングなどさまざまなサービスを行っている業者があります。その中でも、買取のサービスがある業者をチェックしておくといいでしょう。

不用品として処分するつもりだった品物を査定買取してもらえることもあるので、結果お得になる場合がありますよ。

不用品回収業者に値段交渉をしてみる
迷っている理由をきちんと伝えて交渉することがポイント

不用品回収業者からの見積もりをもらったら、値段交渉をしてみるのも安い料金で利用するコツです。

例えば、相見積もりをしていてサービス面は魅力的だけどもう少し料金が安いといいな…と思っている場合は「サービスは魅力的だけど他の1社と料金面で迷っています」というような感じで伝えてみるのもいいでしょう。

また、依頼の日程に融通がきくなら「御社の予定に合わせるので割引してもらえたらうれしいです」など、伝えてみるのも方法のひとつ。

シンプルにもう少し値引きしてもらいたい!と思ったときは「もう少し値引きしてもらえたら即日契約をも考えています」といった交渉も有効な場合があります。

また投稿にあるように回収後に値引き交渉をした場合でも快諾してもらえることが!とは言え、値段交渉をする際は、強引な値引き要求にならないよう注意してくださいね。

当日の搬出などを手伝う
手伝える部分がある場合は見積もり段階で申し出てみる

作業当日に手伝いができる場合は、料金が安くなる場合があります。

例えば不用品の量が少ない場合でも、重いものや大きいものは人手がいるため人件費が多く発生してしまいます。自分が搬出の手伝いができるものであれば、見積もり段階で不用品回収業者の方に申し出てみてもいいでしょう。

搬出に専門的なテクニックなどがいる場合や、かなりの重さや大きさがある物の場合はお断わりされることもありますが、運び出しに人手がいるものが数点と少ない場合などは、手伝うことで安く利用できる可能性がありますよ。

業者が決まったらしておきたいこと
追加料金がかからないための3つのコツ

依頼する不用品回収業者が決まったら、追加料金が発生しないためにしておきたいことを3つ紹介します。

安く利用するには、自身でできることはやっておくことがポイントですよ。

業者が決まったらやる事①
不用品やゴミを分別しておく!

業者が決まったら、回収を依頼するものとそうでないものをしっかり分けておきましょう。分別は業者に依頼することもできますが、その分追加の費用がかかってしまいます。

また回収量が多い場合は特に、誤って回収してしまうといったトラブル回避にもつながるでしょう。前もって分別しておくと安心です。

業者が決まったらやる事②
搬出経路の確保をしておく

運び出しの搬出経路をしっかり確保しておくのもポイントです。

搬出の際に、経路が狭い場合は傷や汚れの防止のため急遽養生が必要になることがあります。また通れない場合は、クレーンなどで吊り下ろしになってしまうことが。そういった場合は、作業と人員の追加料金がかかってしまいます。

ですから、前もって経路を確保し搬出が完了するまでは家具などすぐに移動できないものは置かないようにしてくださいね。

業者が決まったらやる事③
搬出できるものは出しておく

回収より前段階である不用品の「搬出」は別途料金がかかるという業者もあります。不用品回収業者を決める際、もしくは決まった段階で確認をしておきましょう。

別料金の場合は、軒先など積み込みやすい場所に出しておくなど自分でできる部分を済ませておくと追加の費用がかかりませんよ。

不用品回収の見積もり比較ができる業者4選

不用品回収の見積もり比較ができるサービスを提供している業者を4つ紹介します。

見積もり依頼の方法や特徴なども紹介するので、見積もりに時間をかけたくない!色んな業者を一気にチェックしたい!といった場合にぜひ活用してみてくださいね。

不用品回収の見積もり比較業者:タスクル
業者選びの不安を解決

おすすめポイント
  • 1点からOK
  • 厳選された業者を登録
  • AIコンシェルジュに相談可能
  • 相談のみでもOK
  • 返金保証あり
使用方法
  1. 無料相談・無料見積もり依頼・エリアを指定
  2. 不用品に関する相談を入力送信
  3. 見積もりが届く
  4. 気になるプロにチャットで相談
対応地域
東京・千葉・埼玉(順次全国拡大予定)

不用品回収の見積もり比較業者:暮らしのマーケット
不用品格安8000円~のプランもあり

おすすめポイント
  • 暮らしに関わる300種類以上のサービス掲載
  • 業者の顔写真や紹介文を掲載
  • 見積もりなしで料金比較が簡単
  • ランキング順・安い順・口コミがいい順・口コミが多い順などで比較可能
  • 優良業者にマークを付けて表示
使用方法
  1. 利用したいサービスを選ぶ
  2. 店舗一覧で比較
  3. 予約リクエスト
  4. メッセージで打ち合わせ
対応地域
北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、長野、新潟、富山、 石川、福井、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

不用品回収の見積もり比較業者:エコノバ
会員登録なしで最大5社から見積もり比較できる

おすすめポイント
  • エコノバの審査をクリアした業者を掲載
  • 見積もり調査利用は無料
  • 簡単依頼
  • 最大5社から比較可能
  • チャットボットで質問可能
使用方法
  1. 希望エリアをクリック
  2. 住所を選択
  3. 依頼したい作業を選択
  4. 必要項目を入力
  5. 見積もりスタートをクリック
  6. 業者からの連絡を待つ
対応地域
業者により異なる
公式サイト詳細はこちら

不用品回収の見積もり比較業者:ミツモア
最短1分!簡単スピーディに見積もりできる

おすすめポイント
  • 審査された業者掲載
  • 評価や特徴など情報を見える化
  • 安心の取引システム
  • トラブル回避のパトロール体制あり
  • トラブル相談窓口あり
使用方法
  1. 郵便番号を入力
  2. サービスを選択
  3. おおよその不用品の量を選択
  4. 希望日時を選択
  5. 見積もりが届く
対応地域
業者により異なる
公式サイト詳細はこちら

不用品回収の料金についてのよくある質問

不用品回収の料金についてよくある質問を紹介します。

不用品回収を安い料金で利用する方法は?

まずは不用品回収業者に相見積もりをとってみましょう。さらに安い時期をチェックしたり、買取サービスも行っているかチェックしてみてください。場合によっては、値段交渉や当日自分も手伝うことで安く利用できる場合があります。

安い不用品回収業者を探す方法は?

安い不用品回収業者を探すには、一括で見積もり比較ができる業者で見積もりをしてみましょう。要望やエリアを入力すると、短時間で数社の見積もりを確認することができます。

無料の不用品回収業者はある?

「不用品何でも無料回収します」などと宣伝している業者もありますが、あとから高額な料金がかかると言ってくる業者もあります。無料での回収はないものと考え優良な業者を選びましょう。業者の選び方は下記の記事で詳しく紹介しているので、併せてチェックしてみてください!

【PR】不用品回収業者を最大3社から一括見積もり!

タスクルは近隣の業者を最大3社同時に見積もり可能です。口コミと料金で業者を比較し、気になる業者とチャットで直接やり取りが可能なおすすめのサービスです。また対応エリアは全国となります。

タスクル不用品

\満足度No.1宣言!/

全額返金保証制度有り

 

  • ●口コミと料金で比較
  • ●コストダウンを実現
  • ●近隣の業者をご紹介
  • ●チャットで安心

関連する投稿


ロフトベッドの処分方法5個|捨てると損!?最も費用のかからない処分方法を紹介

ロフトベッドの処分方法5個|捨てると損!?最も費用のかからない処分方法を紹介

使わなくなったロフトベッド。まず思い浮かべるのは粗大ゴミでの処分ですが、実はもっとお金をかけない処分方法もあるのです。本記事ではロフトベッドを捨てる以外の処分方法5個と、それぞれの処分方法にかかる費用を解説。粗大ゴミでお金を払って処分しようと思っていたロフトベッドですが、無料で処分もしくは思っているより簡単にお金に換わる可能性もありますよ。


介護用品の買取方法のおすすめは?高値で売るコツはなに?

介護用品の買取方法のおすすめは?高値で売るコツはなに?

介護用品が不要になった時「まだキレイだから捨てたくない」となることもあるかもしれません。本記事では、そんな時のための買取方法、高く買ってもらうコツを解説していきます。おすすめの買取サイトも紹介しているので、ぜひご覧ください。


車椅子の買取価格は?相場・高く売るコツはなに?

車椅子の買取価格は?相場・高く売るコツはなに?

車椅子は衛生面・安全面に問題が無いのであれば買取の対象になります。本記事では、種類別の買い取り相場や高く売るコツを解説しています。おすすめの業者も紹介しているので、ぜひご覧ください。売れなかった時のための処分方法のまとめもありますよ。


自作PCは無料で処分できる!処分方法6つ|国認定業者で安全に廃棄

自作PCは無料で処分できる!処分方法6つ|国認定業者で安全に廃棄

PCを自作したものの処分方法が分からないデータの廃棄ができないとなると、非常に困ります。しかし自作PCでも無料で安全に処分してくれる国認定の業者があるのをご存知ですか?本記事では自作PCの処分方法6つを紹介。個人情報の詰まっている自作PCでも壊れていても、安心して処分できますよ。


【壊れたパソコンの処分6つ】国認定の方法で無料処分が正解!データ消去は?

【壊れたパソコンの処分6つ】国認定の方法で無料処分が正解!データ消去は?

壊れたパソコンを処分したいけれど、データ消去や処分にお金がかかるのかなどわからないことだらけ。電源がつかない場合などは特に「もうお手上げ!」となってしまうものです。本記事では壊れたパソコンの安全な処分方法6つを紹介。無料処分よりもお得な、お金に換えることのできる処分方法もあります。本記事を読んで、個人情報の宝庫であるパソコンを悪用されないように処分しましょう。


 

ビジネスパートナー募集