暮らしのお悩み解決サイト

手間がかからないロフトベッドの処分方法は6種類

手間がかからないロフトベッドの処分方法は6種類

なるべく安くお得にロフトベッドを処分する方法を調べました。ロフトベッドの分解方法や、住んでいる自治体に粗大ごみとして出す時の金額の目安、家具メーカーに下取りしてもらう方法や、オークションでの売り方などについても解説しています。


ベッドも最近は収納ができたり、スノコや畳でできていたりと、さまざまなタイプがありますが、その中でも人気なのが「ロフトベッド」です。ロフトベッドは二段ベッドのような形をしていて、高さがあるので「ハイベッド」とも呼ばれています。
上がベッドでハシゴで上がるようになっており、下に空間ができるので大人にも子どもにも人気のベッドで、材質はパイプでできているものや、木材でできているものがあります。
商品によっては、床とベッドをつなぐハシゴの位置が、頭や足のほうから上がれたり、サイドから上がれたりと部屋のレイアウトによって変えられるようになっています。ベッド下の空間に収納棚を置いたり机を置いたりできるので、ワンルームマンションや子供部屋、単身赴任の家などでよく見かけますよね。
組み立ても非常に簡単で、一人で1時間もかからずに組み上げることができます。

そんな便利なロフトベッドですが、捨てるとなると大きいだけに大変ですよね。
今回は安く済むロフトベッドの処分方法について、調べてみました。

ロフトベッドの分解方法

Getty logo

捨てるには、まずは分解しなくてはいけません。
自治体によっては、長さが数十センチ以下に解体できれば「燃えないゴミ」や「金属」として出せるケースもあります。
小さくすれば普通ゴミの日に出すことができる自治体がある一方で、いくら小さくしてもベッドはベッドとして粗大ごみの扱いにする市町村もあります。
あせって小さく解体してしまう前に、自治体のゴミ処理担当部署に電話をして、粗大ごみ以外の方法で出すことができるか問い合わせてみましょう。

分解方法は簡単

ロフトベッドの魅力は、一人で組み立てられて、一人で分解できるところです。
プロであれば30分もかからずに分解できますし、プロでなくても1時間もあれば十分です。
その秘密は、頭のほうの枠と足のほうの枠をつなげるための「支(ささ)え」が下の方に通っているからなんです。
そのため「支え」を先に取ってしまうと分解しにくくなってしまいますので、注意してください。

ロフトベッドを分解する時は、最初に上のベッドの部分のマットレスを取りましょう。
マットレスの種類によっては重いので、ガタンと下に落として他の家具や家電を壊してしまわないようにしましょう。
マットを取ったら、ハシゴ部分とマットが乗っていた部分の長編の支えを取ります。
くれぐれも、先に下の部分の「支え」を外さないようにしてください。
最後に「支え」部分を外せば分解終了です。

分解に必要な道具

ベッセル ファミドラ8 TD-800【楽天24】

¥ 862 (2017/08/31 時点)

ロフトベッドの種類にもよりますが、大抵はプラスのドライバーがあれば十分です。
しかし、物によっては六角レンチが必要な場合があります。
購入した時についてきた六角レンチを無くしてしまったら、100円ショップやホームセンターで六角レンチセットを購入しましょう。
六角レンチはわずかなサイズの差でネジが回らないことがありますので、ワンサイズのものを購入するのではなく、何種類かサイズがあるものを選んでください。

E-Value 六角棒レンチセット ミリ 7本組 ELHW07NL

1 ロフトベッドを自治体に粗大ごみとして出す

Getty logo

自治体によって、粗大ごみの手数料が違ってきます。
ベッドを分解しないで出した時と、分解して出した時と料金が違う自治体もありますし、同じ自治体もあります。
いずれにしても、粗大ごみとして出す前に、回収のための連絡を先にしなくてはいけませんので自治体に問い合わせてみましょう。
引っ越しでロフトベッドを出す場合は、引っ越す日よりも前に回収に来てもらう必要があります。
回収日は決まっていて月に1回か2回ほどで、自分の希望の日に来てもらえるわけではありませんので注意が必要です。

セミダブル システムベッド 木製ロフトベッド

¥ 39,990 (2017/08/31 時点)

粗大ごみ手数料の例

札幌市の場合

ベッドはロフトベッドでも普通のベッドでも500円、マットレスはスプリング付きだと1,800円、スプリング無しだと200円になります。
スプリングのマットとロフトベッドを一緒に出すと2,300円となります。

横浜市の場合

ロフトベッドの枠は、普通のベッドの枠と同じ金額で1,000円です。
マットのほうは、スプリングが入ったものだと2,200円、スプリングが入っていなければ1,000円になります。
スプリングのマットとベッドを一緒に出すと3,200円になります。

八王子市の場合

二段ベッドは2,000円、折りたたみ式ベッドやパイプ式ベッドは1,000円なので、粗大ごみとして出す状況によって値段が倍変わってきます。
マットはスプリングが無ければ200円、スプリングがあるとシングルで500円です。
合計で、スプリング付きのマットと一緒に、ロフトベッドを分解せずにそのまま出すと、2,500円になります。

福岡市の場合

ハイベッド枠は1,000円、マットはスプリングありが1,000円、スプリングなしが500円になります。
スプリングのマットとベッドを一緒に出すと2,000円になります。

2 ロフトベッドを家具メーカーに回収してもらう

Getty logo

家具メーカーによっては、新しくベッドを購入すると以前のベッドを回収してくれる場合があります。
メーカーによっては対象商品を購入した場合だけ、回収をしてくれるというところもあります。
また、有料で回収してくれるメーカーと無料で回収してくれるメーカーがありますので、ベッドを選ぶ際は参考にすると良いでしょう。

島忠

同等の家具を購入した場合に限り、不要家具を無料で引き取ってもらえます。
ロフトベッドから普通のベッドに買い替えをする場合は、無料に該当するのかどうか前もって聞いておいたほうが良いでしょう。

無印良品

無印良品では、対象商品を購入すると、ベッドやベッドのマットレスを回収してもらえます。
ベランダからの吊り下げ作業をしなくてはいけない大型家具の場合は、3,000円(税抜)かかりますので、できればロフトベッドを分解しておいたほうが良いでしょう。

ディノス

ベッドを購入する場合に限り、無料でベッドを引き取ってもらえます。
同等品の購入が原則なので、今まで使っていたベッドがロフトベッドで、購入するのが普通のベッドの場合は料金が発生するのかどうか事前に聞いておいたほうが良いでしょう。

ニトリ

ベッドを購入する場合、3,000円(税別)で引き取ってもらえます。
こちらも同じものを買うことが原則なので、ロフトベッドと違うものを購入する時には事前に問い合わせをしてください。

ベルメゾン

ベルメゾンではベッドを購入する時に、選んだ品物によっては不要になったベッドを有料(3,500円)ですが引き取ってくれます。

大塚家具

家具の下取りと買い取りをしています。
ベッドの種類によっては必ずしも買い取ってもらえるわけではないので、注意してください。
大塚家具から家具を買わない場合でも、引取を有料(3,240円)で行ってくれます。

3 リサイクルショップでロフトベッドを処分する

Getty logo

不用品回収業者にロフトベッドを出すと、無料もしくはこちらがお金を支払うことになりますが、リサイクルショップに渡せば、ロフトベッドのブランドや状態によってはお金になるケースもあります。
リサイクルショップと言っても、種類はさまざまです。
同じリサイクルでも、洋服をリサイクルしているお店では家具は扱いません。
家の近所に家具やベッドを扱っているリサイクルショップが見当たらなかったら、「リサイクルショップ ベッド 市区町村名」で検索してみましょう。
リサイクルショップなのか不用品回収業者なのか、区別がつきにくい業者も多いので最低3社から見積もりを取ったほうが良いでしょう。
ホームページの会社概要に、「一般廃棄物収集運搬業」「公安委員会許可(古物商の営業は公安委員会の許可が必要ですが、リサイクルショップの場合必ずしも必要なわけではありません。)」「一般貨物自動車運送事業」といった資格が明示されている業者を選ぶと良いでしょう。

リサイクルショップで問い合わせる時の確認事項

電話で問い合わせる前に、ベッドがどのような状態なのかを前もって調べておきましょう。
できれば分解する前に、写真を撮影しておくと状態をメールで送れるので取引がスムースになります。
ロフトベッドのメーカー名や、サイズ(タテ☓ヨコ☓高サ)、いつ頃購入したのかといったことや、部屋から外への運搬方法(エレベーターの有無)などが聞かれます。
エレベーターから出せないサイズであれば、ベランダからの吊り下ろしを行う可能性もありますので、エレベーターのサイズも測っておきましょう。

4 オークションでロフトベッドを売る

Getty logo

「オークファン」というサイトでは、オークションの落札相場を調べることができます。
中古のロフト式のパイプベッドは、平均して送料別で1万円ほどで落札されています。
中には出品者が引取限定でお願いしているものもあります。
普通のベッドは供給過剰で、あまり需要が無いのですが、ロフトベッドになると人気がグンとアップするので、オークションに出品することも視野に入れると良いでしょう。

木製ロフトベッド シングル システムベッド 階段付き

¥ 39,990 (2017/08/31 時点)

ロフトベッドの送り方はどうする?

気になるのが、落札者への送付方法ですよね。
ロフトベッドの出品者や、落札者があって終了したケースを見ると、直接引き取りに来てもらうか、市内限定など地域を限定して出品者が車で運んでいることが多いです。
どうしても送るという場合は、「クロネコヤマトらくらく家財宅急便」があります。
しかし、例えば荷物の3辺の合計が250センチから299センチの場合、同じ県内でも送料は6,850円かかります。
落札価格が1万円のものに送料が7,000円近くかかるとしたら、合計は17,000円になります。
これだと、新品のロフトベッドが購入できてしまいます。
そのため、ロフトベッドの引き渡しは現地引取が多いのです。

5 不用品回収業者でロフトベッドを処分

Getty logo

ポストに不用品回収「無料」といったチラシが入っていたり、インターネットで検索すると「全部無料で回収します」といった広告を目にしますが、そういった業者の中には悪徳業者も混じっているので注意が必要です。
ホームページがキレイにできているからといって、きちんとした業者とは限りませんので気を付けてください。

不用品回収業者の資格をチェック

悪徳業者か見分ける方法の一つとして、資格があります。
「産業廃棄物収集運搬業」は都道府県が発行するもので、条件さえ整っていれば取りやすい資格です。
しかし、「産業廃棄物収集運搬業」は産業廃棄物の扱いに対しての資格なので、家庭から出る不用品の回収に対しての資格ではないのです。
「一般廃棄物収集運搬業」は市町村が発行するもので、取得しにくい資格です。
市町村のホームページには「一般廃棄物収集運搬業」の業者一覧が公表されています。
市町村によっては、その中でも特に優良な業者のリストが公表されている場合もあります。

悪徳業者の手口

トラックに荷物を全部積み終わってから、回収は無料だけれども処分や運搬にはお金が必要なんだと言って高額請求をするケースがあります。
そのような場合、また不用品を家に戻すのが面倒なので、お金を支払ってしまう人も多いのです。
市町村から許可を受けた一般廃棄物収集運搬業の業者は、チラシをポステイングしたり、トラックで地域をぐるぐると回ったりすることはしません。
また、悪徳とは言えないまでも、家や家族の顔を覚えて、頻繁に家に不用品が無いかしつこく訪ねてくる業者もいます。
業者に頼む時には、よく選ぐことが必要です。

6 ロフトベッドを人に譲って処分

Getty logo

2月や3月といった、引っ越しシーズンであれば大学進学や単身赴任などでロフトベッドの需要も高まります。
近所のスーパーやマンションの掲示板に張り紙を出しておくと、反応があるかもしれません。
そして、最近人気なのが「ジモティー」などの無料の地元掲示板です。
都道府県別になっていて、譲るほうも譲って欲しいほうも「ロフトベッド」で検索すると何件もヒットします。
中には、ロフトベッドのハシゴだけほしい人や、大至急ロフトベッドがほしい人、お金を払うので譲って欲しい人などさまざまです。
徒歩圏であれば送料もかかりませんし、譲るほうも譲られるほうも有り難いですよね。
「ジモティー」は会員登録はしますが、ネット上では本名や詳しい住所を書く必要はありません。
気軽に出してみてはいかがでしょうか。

まとめ

金銭面でロフトベッドの処理で一番得なのは、オークションに出品する方法でした。
オークションに出す時には、写真が大切ですので分解する前に必ず撮影しておくようにしましょう。
また、オークションで出しても、引っ越し時期でないと落札者がつかない場合があります。
オークションは落札者が出るまで古いロフトベッドを外に出せないという難点があるので、比較的時間に余裕がある人向けの方法です。

不用品回収業者やリサイクルショップに回収を頼む場合は、悪徳業者でないかのチェックが必要です。
「無料」と書いていながら、あの手この手で料金を支払わせるような被害にあわないようにしてください。

新しいベッド選びの時に、古いベッドを下取りしてくれたり、回収してくれたりする家具メーカーもあります。
同じデザインのベッドを買うのであれば、お得に昔のベッドを処分してくれる家具メーカーを選ぶと良いでしょう。

捨てる時に家の外に運び出すのは大変ですが、あらかじめ値段も決まっていて、安心して処分できるのが自治体の粗大ごみとして出す方法です。
自治体が粗大ごみを回収する日は、月に数日と日にちが決まっていますので、引っ越しをひかえている時には引っ越す前に出せるよう調べておくことが必要です。

関連するキーワード


粗大ごみ

関連する投稿


大型家具を処分!誰でも出来る7つの方法

大型家具を処分!誰でも出来る7つの方法

大型家具の処分は、引っ越しや転勤、大掃除のときに頭が痛い問題ですね。ここでは、家具を処分するための7つの方法を考えてみるとともに、不用品回収業者に依頼する時に気を付けたいポイントについてもご紹介しています。


捨てると損!お得にパイプベッドを処分する5つの方法

捨てると損!お得にパイプベッドを処分する5つの方法

パイプベッドの処分方法について、処分料がかかる方法から、収入を得られる方法まで色々な方法を解説しています。粗大ごみとしての捨て方や、オークションで高く売る方法、悪徳業者にひっかからないポイントについても説明しています。


自転車を回収してくれる4つの方法と費用

自転車を回収してくれる4つの方法と費用

通勤や通学、ショッピングにと、便利で手軽な自転車ですが、引っ越しや買い替えなど、いざ処分するとなると、その方法に困るものです。今回は、自転車を処分する際、回収してもらう方法や注意する点について触れていきます。


ダンボールを処分する4つの方法!引越し終わりでも困らない♪

ダンボールを処分する4つの方法!引越し終わりでも困らない♪

引越しや宅急便の利用などで出た使用済みのダンボール。これらのいらなくなったダンボールには、どのような処分方法があるのでしょうか。ダンボールを処分する4つの方法と、処分以外のダンボールの活用法、処分する際の注意点などについて紹介していきます。


衣類を捨てずに処分する6つの手段

衣類を捨てずに処分する6つの手段

古くなった衣類を処分する方法をまとめました。リサイクルショップやオークションでの販売、服の交換サービスや衣類の下取りなど、6つのポイントに絞って解説しています。また、回収した服で社会貢献している活動も紹介しています。


最新の投稿


夏は必須のコバエ対策!今すぐ駆除できる6つのポイント

夏は必須のコバエ対策!今すぐ駆除できる6つのポイント

すばしっこくてなかなか捕まえられず、うっとうしい「コバエ」。徹底的に駆除するためには、コバエの種類や習性を知り、適切な方法で対策をしていくことが重要です。コバエを駆除するための6つのポイントや今すぐはじめられる対策についてまとめていきます。


蜂の種類4つの見分け方!特徴と危険度を徹底的にまとめてみた

蜂の種類4つの見分け方!特徴と危険度を徹底的にまとめてみた

ニュースでもよく目にする機会がある蜂による刺傷被害。蜂を見かけたら慌てて逃げ出してしまいたくなる方も多いのではないでしょうか。でもその蜂、本当にそんなに危険ですか? むしろ怖がってパニックになってしまうことの方が危険かも…。日本でよく見かける4種類の蜂の特徴と危険度について徹底的にまとめていきます。


簡単にハエを退治する方法14選。ペットボトルやめんつゆを使う方法も紹介

簡単にハエを退治する方法14選。ペットボトルやめんつゆを使う方法も紹介

ハエを簡単に自分で駆除する方法を紹介します。めんつゆやペットボトルを使った手作りの退治方法や、ハエが来ないようにする予防対策、殺虫剤を使わない駆除や捕獲方法などを解説しているほか、絶滅させる日数も説明しています。


ハエ取り紙の成分・効果とおすすめハエ取り紙ランキングTOP10

ハエ取り紙の成分・効果とおすすめハエ取り紙ランキングTOP10

ハエ取り紙は、薬品を使わない安全安心な害虫駆除製品として再び見直されています。ハエ取り紙の成分や、どのような効果があるのかを解説しているほか、リボン式や両面粘着式、ロールタイプ、ライト併用式など、最新の売れ筋ハエ取り紙もご紹介します。


鳩の効果的な撃退方法15個とおすすめ鳩撃退グッズ20

鳩の効果的な撃退方法15個とおすすめ鳩撃退グッズ20

自分でできる鳩の駆除方法と、あると便利な鳩よけグッズをまとめています。ニコチン水やトウガラシなど、身の回りにあるもので作れる鳩よけや、天然成分で作られた鳩用忌避剤、鳩よけネットやベランダの手すり用テグスなどをご紹介します。


ビジネスパートナー募集