暮らしのお悩み解決サイト

フローリングのへこみ・傷の補修方法!賃貸でかかる費用や対策も

床にできたへこみや傷を修繕したいがどのようにすれば良いか分からないという人も多くいるでしょう。本記事ではフローリングにできたへこみや傷を直す方法から、その傷が付かないようにする予防方法まで詳しく紹介します。本記事を参考に正しい手入れ方法を行いましょう。


床にできた小さな傷やへこみを作ってしまい、どのように対処したら良いか分からないという人も多くいるのではないでしょうか。適切な方法を用いることで小さな傷やへこみは修繕することが可能です。

本記事ではフローリングの種類から、そのフローリングについたへこみや傷の正しい直し方まで詳しく紹介します。本記事を参考に自宅のフローリングを正しく手入れし、キレイな状態を保ちましょう。

フローリングのへこみ・傷の原因

現代では多くの家庭で使用されているフローリングですが、薄い木の板を張り合わせた複合フローリングが主流となっています。畳よりも手入れが楽で、硬すぎないフローリングは大変人気があります。

そんなフローリングは木製のため軟らかく、硬い物を落としたり重い物を長時間置いておくとへこんでしまいます。へこみの原因で一番多いのは重たい家具を同じ場所へ長期間置いておくことです。特にソファなどは人が座ることで加重があるため余計にへこみを作り出します。

フローリングの傷は家具を移動させたりした場合に発生します。傷はへこみと違って浅く広範囲に渡って付いてしまうことも多くあるでしょう。フローリングは傷やへこみが付きやすいと覚えておきましょう。

補修の前にフローリングの種類をチェック!

フローリングの材質によって適切な補修方法が変わります。こちらでご自身のフローリングの種類をチェックし、最適な方法を確認しましょう。

無垢板フローリング 床材

無垢フローリング

無垢フローリングの無垢とは、垢が無いことから転じて混じり物の無い、素材そのものという意味です。つまり無垢フローリングとは一枚板を加工して作られたフローリングのことを指します。

木独特の模様を見ることができ、重厚感があり生命力を感じることができます。また無垢材は大変丈夫で使い込めば使い込むほどその豊かな表情を感じ取れるでしょう。

無垢フローリングは保湿性や断熱性に優れており、その温かみを感じることができるでしょう。その高い調湿性によって夏場はべたつかず、冬は静電気を発生させにくくしてくれます。しかし一部の気候などの中で使用していると、そのシンプルな作りから反りや割れが生じる可能性もあります。メンテナンスをしっかりとするようにしましょう。

複合(合板)フローリング

複合フローリングとは、複数の合板を合わせた下地材に化粧材を貼り合わせたものです。化粧材の中には天然材やシートを張り付けたものがあります。またその張り付けた材料によって名前が変わります。2mm程度の厚さがある天然材を使用したものを挽き板フローリングと呼び、0.3〜1mm程度の薄い天然材を使用したものを突き板フローリングと呼びます。

シートフローリングというものもあり、これは表面に木目がプリントされたシートを使用した複合フローリングのことです。表面に使用された化粧材によって価格が変わり、挽き板フローリングが最も高価です。シートフローリングは実際の天然木を使用していないので、天然木の質感を感じることはできませんが、安価でメンテナンスも容易です。

クッションフロア材

クッションフロア材とは、住宅用や店舗用によく使用される塩化ビニル系シート状の床材のことです。厚さもその用途によってさまざまなものがあり、厚みのある衝撃吸収タイプが広く使われています。

デザインも木目調や石目調もあり、使用する場所に適したデザインを選ぶことができます。またこちらはフローリングとは違いつなぎ目が出にくく水を通さないのが特徴です。

クッションフロアが衝撃吸収性に優れている理由は、4層構造になっているからです。表面からクリア層、プリント層、発泡層、不織布という構造になっています。このような構造になっているため重たい家具を乗せるとすぐにへこみができてしまうでしょう。傷付いてしまったりへこんでしまった部分は取り換えなくてはいけないというデメリットもあります

無垢フローリングのへこみをアイロンで直す方法4ステップ

無垢フローリングにできてしまったへこみは適切な方法で元通りに戻すことが可能です。こちらではそのステップを細かく紹介します。

ステップ1:無垢フローリングを削る

無垢フローリングのへこみを直すためにはフローリングに十分な水を染み込ませる必要があります。しかし無垢フローリングの表面には樹脂ワックスが塗られているのが一般的です。樹脂ワックスが塗られていることで表面を透明で光沢のあるフィルムを作り、水分の吸収を防ぐ役目もあります。そのためまずはそのコーティング部分をサンドペーパーで削る必要があります。

サンドぺーパーで削るのは表面のコーティング部分だけで充分です。コーティングが削れたら、水を適量垂らします。基本的にコーティングのある部分には染み込まず、サンド―ペーパーで削った部分のみに染み込みます。そのまま30分ほど待ってしっかりと水分を吸収するのを待ちましょう。

ステップ2:アイロンを当てる

無垢フローリングのへこみ部分にアイロンをかけます。この時濡れた布をへこみ箇所に当てておくことを忘れないように注意しましょう。布が分厚すぎると無垢フローリングに熱が伝わらない可能性があるので、布の厚さは調節しましょう。

基本的に一度では十分な熱を与えられないため、水分を含ませアイロンを当てる作業を何度か繰り返すようにしましょう。またアイロンにスチーム機能がある場合は、布を使わずにスチームを直接へこみに当てて熱を加えましょう。

ステップ3:無垢フローリングをならす

無垢フローリングのへこみが直る原理はフローリングの膨張です。へこんだ部分が熱で膨張し、へこみが直っているように見えます。その膨張は調節するのが難しいので、まずは表面の高さ以上に膨張させるのが良いでしょう。その余っている部分をサンドペーパーなどで削ってならしましょう。サンドペーパーで削った部分は色が白っぽくなりますが、そのままで問題ありません。

ステップ4:ワックスで仕上げる

【PR】内装工事・リフォームお任せください。

年間実績3万件!大規模リフォームから部分的な補習まで、なんでもご相談ください!24時間365日・全国対応でゼネラルリサーチ調べ3冠達成の内装マスターがオススメです。

ご相談・出張費・お見積無料。まずはご相談ください!内装工事のプロがご要望にお応えします。

内装マスター

\対応・満足度3冠達成/

お客様満足度96%

 

  • ●24時間365日全国対応
  • ●確かな実績 年間3万件
  • ●ご相談・出張費・お見積無料
  • ●「低価格・高品質」を実現
タスクル_リフォーム,外壁塗装,解体工事_広告掲載募集

 

 

タスクル_リフォーム,外壁塗装,解体工事_広告掲載募集