暮らしのお悩み解決サイト

寝かしつける方法【テレワーク中のパパママ必見】素早く寝かせて仕事時間を確保するには?

赤ちゃんの寝かしつけは、子育てママ・パパが直面する大きな悩みのひとつ。寝かしつけがうまくいかないと、ママやパパの疲労やストレスもたまり、ママパパの睡眠時間や、寝かしつけ後の自分の時間が減ってしまいます。とくに在宅ワークで仕事をしているママパパは、素早く子供を寝かしつけて、仕事の時間を確保したいという状況も多いのではないでしょうか?そのような、仕事と育児を両立しているママパパのために、この記事では子供の上手な寝かしつけ方法を詳しくご紹介。0〜1歳児におすすめの寝かしつけ方法と、2歳児以降におすすめの寝かしつけ方法を、寝かしつけをしながら仕事をこなすポイントと合わせて詳しく解説していきます。


赤ちゃんを寝かしつける方法
【テレワーク中のママ必見】赤ちゃんの寝かしつけの方法5選

0歳〜1歳ごろまでの月齢の赤ちゃんは、まだ長時間の深い眠りにつくことができなかったり、ママから離れるセンサーが敏感な赤ちゃんも多いですよね。

最も寝かしつけに苦労する新生児〜1歳ごろまでの赤ちゃん期におすすめの、寝かしつけ方法5選をご紹介します。在宅ワーク中のママが仕事と両立するためのポイントも合わせてチェックしてみましょう。

【赤ちゃん】寝かしつける方法1
添い寝でトントン

添い寝でトントンし、「隣にママがずっといる」という安心感で、スヤスヤと長い眠りについてくれる赤ちゃんも多いですよね。ママにも負担のかかりにくい、理想の寝かしつけです。

ですが、寝かしつけを完了させいざ仕事に取り掛かろうとベットを立ったら、ママが離れてしまった気配を感じ目覚めてしまう場合も。

そんなときには、机に向かうことを諦めて、添い寝で隣にいてあげながら仕事をするという方法に割り切るほうが効率的な場合もあります。

さすがにパソコンで資料を作りながら、というようなことは出来ませんが、机に向かわなくてもはかどる仕事も意外とあるもの。

資料を読んで頭の中を整理したり、本格的に取りかかる前準備として頭で考えたことを携帯のメモに打ち込んでおいたり。文字を書いたりPCを開く必要のない仕事は、この寝かしつけの添い寝時間を有効活用しましょう。

【赤ちゃん】寝かしつける方法2
抱っこで寝かしつけ

ママと密着し、抱っこされる安心感で眠りにつく赤ちゃんも多いもの。赤ちゃんはママの心臓の音が聞こて、安心して眠りにつくことができるようです。

背中スイッチが敏感でない赤ちゃんなら、抱っこで寝かしつけたら、起こさないようにスッとやさしくベットに移動させてあげましょう。これが成功すれば、在宅ママもしっかりと仕事時間を作ることができます。

ですが、抱っこで寝ても、ベッドに移動すると起きてしまうという赤ちゃんも少なくありません。

そんなときは、赤ちゃんを抱っこしたまま、姿勢が安定する椅子に腰をかけ、利き手をフリーにしましょう。片方の手があけば、ある程度のデスクワークはこなすことができます。

赤ちゃんの頭を片方の手でずっと支えているのは大変なので、授乳クッションや枕などを活用して、ママの腕の負担を減らす工夫をしてみましょう。

【赤ちゃん】寝かしつける方法3
バウンサーを活用

就寝時に朝まで眠るのはベッドやお布団ですが、入眠方法としてバウンサーを活用するのもおすすめです。

赤ちゃんは、揺れによって眠りが誘発されます。ベビーカーや乗り物などの心地よい振動で、ウトウトとお昼寝をしてくれる赤ちゃんも多いですよね。

バウンサーにはさまざまな種類があり、手動のものもありますが、電動タイプのものを選べばママの両手がフリーになります。

バウンサーで赤ちゃんが眠りについたあとは、そのまま仕事に着手することができますよ。ママが就寝するタイミングで、赤ちゃんをバウンサーからベッドに移してあげましょう。

電動で15分間自動でスイングし、赤ちゃんの眠りを誘うオートタイプのバウンサー。センサーと独自のプログラムにより、揺れを一定に保ってくれます。5段階のリクライニングつきで、寝かしつけ時にはもちろん、日中のお昼寝にも活躍する便利なアイテムです。

商品詳細はこちら

【赤ちゃん】寝かしつける方法4
座りながら寝かしつけ

立ち抱っこの寝かしつけも、数分で寝てくれれば良いですが、毎日2,30分、それ以上となると、ママの足腰にも疲労が溜まってしまいます。

抱っこでの寝かしつけに時間がかかっているママは、座って抱っこをする寝かしつけ方法を取り入れてみるのもおすすめです。

座っていても、前後にゆっくりと揺れてあげることで、抱っこで歩きまわっているときと同じような感覚で眠りについてくれますよ。

座りだっこで赤ちゃんをあやすために開発された、ママのお助けアイテム「LaLaCoチェア」。バネの反動により、立ち抱っこのような浮遊感のある揺れを起こしてくれます。

心地良い上下の揺れにより、3〜5分で寝かしつけに成功しているママが続出している話題の商品。購入だけでなく、レンタルでの利用もできますよ。

商品詳細はこちら

【赤ちゃん】寝かしつける方法5
眠くなる音楽をかける

赤ちゃんを寝かしつけるためには「音」も重要なポイント。生後まもない赤ちゃんは、まだママの体内での音を覚えています。

そのため、ドライヤーの音や換気扇の音などのノイズが心地良いというのは、ご存知の方も多いですよね。寝かしつけの際に、そのようなノイズ音や、眠りを誘う音楽を聞かせてあげるのおすすめです。

YouTubeなどで検索しても、さまざまな音楽が出てくるので、無料で活用することもできますよ。

赤ちゃんの寝かしつけ時に音楽を流しておくことで、眠りについたあとにママがそっとそばを離れても、足音や物音で起こしてしまうのを防止する効果もあります。

赤ちゃんの心拍数に合わせてつくられた「ぐっすりメロディ」や「胎内音」など、赤ちゃんの眠りを誘う音楽が収録されている、寝かしつけ用のホームシアター。

眠気を誘う音楽といっしょに、ディズニーのかわいいキャラクターたちが登場します。部屋を暗くするのを嫌がる赤ちゃんの練習にもなりますね。

2歳以降の子供を寝かしつける方法
【テレワーク中のママ必見】2歳以降の赤ちゃんの寝かしつけの方法

2歳ごろからは、それまでの寝かしつけとは効果的な入眠方法が変わってきます。

この年齢になると、「ながら仕事」をするよりも、素早く寝かしつけることに徹底して、しっかりと仕事時間を分けて確保するのがおすすめです。

2歳以降の子供をもつ、テレワーク中のママにおすすめの寝かしつけ方法5選をご紹介します。

【2歳以降】寝かしつける方法1
子供との寝る前のルールを作る

【PR】ハウスクリーニングやエアコン掃除はプロに依頼しませんか

清潔な住まいで健康で快適な暮らしを!キッチンの頑固な油汚れ、時間と労力を費やす水回りの清掃、エアコンのクリーニングなど普段なかなか手がつけられない掃除なら、掃除のプロが見つかるこちらのサービスがオススメです。

ハウスクリーニング業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_クリーニング

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連するキーワード


子育てテクニック

 

ビジネスパートナー募集