暮らしのお悩み解決サイト

カイガラムシの駆除方法7個と予防方法5個!薬剤は何を使う?

カイガラムシの駆除方法7個と予防方法5個!薬剤は何を使う?

植物に発生するカイガラムシは、見た目が不快なだけではなく植物に被害をもたらすため駆除しなければなりません。そこで、カイガラムシが発生する原因と注意点、駆除方法と再度発生させないための予防方法をご紹介します。

 


カイガラムシは、花や木といった植物や、フルーツや野菜に付着する虫です。葉や茎に寄生する害虫であり、植物の水分や栄養素を吸うため植物が腐る可能性があります。

また、カイガラムシの唾液や排泄物には糖分が含まれているので、植物が病気になったり他の害虫が繁殖したりといった点にも注意が必要です。そこで、カイガラムシを駆除する方法と寄せ付けないための予防法を紹介します。

カイガラムシの種類と特徴

カイガラムシはカメムシの仲間であり、カイガラムシは1~3mm程度の大きさで、縦長や丸い体など形状が異なります。日本ではおよそ400種類存在しており、カイガラムシは種類によって形状や大きさに差があることが特徴です。

脚が発達しておらず、ほとんど動かない種類や、脚が発達しており活発に動くカイガラムシもいます。加えて、表面が貝殻のように硬い種類と柔らかい種類に分かれることも特徴です。

カイガラムシが寄生するのはフルーツや野菜、多肉植物や草花などであり、吸汁することで植物に被害をもたらす点に注意しましょう。

また、カイガラムシが原因で植物が病気になることもあります
植物の枝や葉、幹に茶色や白の斑点がある場合や、小さな白いものがついている場合はカイガラムシの可能性があります

 

カイガラムシの発生する原因

カイガラムシが発生する原因は、繁殖、室内環境、外から持ち込んでしまうといった3つのパターンがあります

カイガラムシが繁殖する時期は5~7月ですが、暖かい場所に置いてある観葉植物には1年を通して発生する可能性が高いです。

植物に寄生するのはメスのカイガラムシであり、オスは交尾を終えると数時間~数日で命を落とします。植物に寄生しているメスは卵を産みますが、幼虫は極めて小さく、肉眼で見つけるのは困難でしょう。

また、カイガラムシは暗く、埃が溜まった場所を好む傾向にあります。室内を清潔にしていないと、繁殖しやすいため注意が必要です。

室内や庭で繁殖するのではなく、衣服に付いたカイガラムシの幼虫を持ち込むことがあります。幼虫は小さく、衣服やバッグなどに付着していても気づきません。植物がある場所に行ったり、緑が多い場所を歩いたりした場合には注意しましょう

カイガラムシは成虫でも小さく、風に飛ばされて窓やドアから室内に入ることがあります。つまり、確実に発生を防ぐことは難しいのです。

カイガラムシの被害

カイガラムシが植物に付くと、様々な病気を引き起こします。
カイガラムシの排せつ物が原因でカビが繁殖する「すす病」にかかる可能性が高いです。すす病菌と呼ばれるカビが蕃殖し、見た目は黒くなります。植物がスムーズに育たず、枯れる場合もあるでしょう。

また、こうやく病菌とカイガラムシが同時に繁殖することで「こうやく病」の被害が起こります。幹や枝にカビが生え、繁殖すると植物が育ちません

さらに、カイガラムシの排泄物に含まれる糖分が原因でアブラムシといった他の害虫が繁殖することがあります。カイガラムシ以外の害虫が繁殖すると、より植物が枯れるリスクが高くなるでしょう。

カイガラムシの駆除方法7個

カイガラムシによって植物が病気になることを防ぐためにも、しっかりとカイガラムシを駆除しておくことが重要です。

カイガラムシの駆除について、市販されている物を使って行う駆除方法を紹介します。駆除する時期や、安全性を考慮して駆除方法を検討しましょう。

①幼虫を殺虫剤で駆除する
カイガラムシを駆除する方法は、カイガラムシが幼虫の状態なのか、成長しているのかによって最適な方法が異なります。

幼虫のカイガラムシは殺虫剤で駆除できますが、成虫のカイガラムシは表面が硬くなるため、殺虫剤ではなく人の手で駆除しなければなりません。しかし、カイガラムシは成虫であってもサイズが小さく、目視で成虫なのか幼虫なのかを判断するのは難しいでしょう。

そのため、幼虫の発生時期を見極めて殺虫剤を使用する必要があります。幼虫は5月~8月に孵化するため、時期を見て殺虫剤で駆除するのが最も簡単な方法です。

②牛乳で駆除する
子供やペットがおり殺虫剤を使いたくないという場合には、スプレーボトルに牛乳を入れ、カイガラムシが発生している箇所に吹き付けます。

牛乳が乾燥すると膜ができるので、カイガラムシが膜で覆われ窒息させることが可能です。さらに、カイガラムシが原因で発生したアブラムシに対しても効果的なことがメリットだといえます。

しかし、観葉植物に牛乳をスプレーすると不快な臭いが残るため、外で育てている植物のカイガラムシを駆除する際に有効です。

③木酢液を使って駆除する
殺虫剤は使いたくない場合に、木酢液を使用する方法もあります。木酢液とは木炭を生成する時に発生する水蒸気を冷やしたもので、殺菌効果や殺虫効果が非常に高いことがメリットです。

ただし、希釈せずに使うと植物が枯れる可能性が高いため、100倍以上に希釈して使いましょう。木酢液をスプレーボトルに入れ、希釈したらカイガラムシに吹き付けるだけで駆除できます。

④農薬を使用して駆除する
農薬はホームセンターや通販サイトでも購入でき、即効性があることがメリットです。農薬を使って駆除する場合には、周辺に被害が出ないように行いましょう。

風が強い場合には農薬は使用せず、農薬を使う場合にはメガネやマスク、ゴム手袋を付けて安全性を確保したうえで散布することが大切です。

⑤カイガラムシの天敵を使って駆除する
カイガラムシに対し、アブラムシやてんとう虫、蜂を寄生させて駆除する方法があります。準備をしたり実際に寄生させるまでに時間や手間がかかったりするものの、農薬を使用せずに自然な形で駆除できることがメリットです。

畑やビニールハウスといった広い範囲での駆除やカイガラムシの発生予防にも最適でしょう。

しかし、天敵となる害虫がすべてカイガラムシを食べるわけではありません。種類や大きさなどが異なるため、カイガラムシを捕食させる虫の種類についても学ぶ必要があります。

⑥ブラシを使って落として駆除する
カイガラムシは、成虫になると農薬や殺虫剤の効き目が薄くなる、もしくは効かない場合があるため、自分の手でカイガラムシを駆除しなければなりません。ブラシを使ってカイガラムシを落としましょう。

ブラシの毛が硬い製品を使えばスムーズに落とせますが、力を入れてこすると植物が傷つくため注意が必要です。カイガラムシを落としたら、ティッシュに包んで処分しましょう。

なお、目視では確認できないカイガラムシの幼虫や残っている成虫のカイガラムシは水で洗い流します。ただし、水をかけすぎると植物に悪影響を及ぼすため、水の量には注意が必要です。

⑦植物を剪定して駆除する
カイガラムシが発生している場所を剪定できる場合には、切り落とすするのも良いでしょう。ブラシで落とす方法と比較して、沢山のカイガラムシを1度に駆除できるうえに、健康な植物を傷つけることがありません。

植物をブラシで傷つけるよりも、切り落としてしまった方が良い場合もあります。カイガラムシが体液を出す場合があるため、剪定の際には手袋とマスクをつけるのを忘れないようにしましょう。

剪定をした後は、水で洗い流せばカイガラムシをすべて駆除することが可能です。剪定した枝はカイガラムシの卵が付着しているケースがあるため大きなサイズのビニール袋に入れ、植物から離して置き、枝は正しい方法で処分しましょう。

なお、剪定をする際には、自宅で育てている植物が剪定できる種類かどうかをリサーチしてから行うことも大切です。

カイガラムシの駆除におすすめの薬剤

カイガラムシが発生した場合、1度駆除しても翌年にはまた発生することが一般的です。寒い時期に殺虫剤や農薬を使って、翌年はカイガラムシが発生しないように予防しましょう。冬の時期は植物が休眠する時期であり、強力な殺虫剤を使えます。

最もおすすめの薬剤はマシン油乳剤と呼ばれる製品で、マシン油乳剤はその名の通り機械に使用する潤滑油です。カイガラムシが呼吸をする場所を塞ぐことで窒息させ、駆除する効果が期待できます。カイガラムシの幼虫はもちろん、成虫に効果が期待できる薬剤としておすすめです。

冬の時期の晴れている日に、ムラなく散歩しましょう。寒い時期に数回散布すれば、カイガラムシの駆除や翌年カイガラムシが発生することを予防できます。

なお、マシン油乳剤は常緑樹と落葉樹で使用する際の濃度に違いがあることがポイントです。

常緑樹と落葉樹に同時に散布すると薬剤による被害が起こるリスクがあるため、同時に散布する場合には常緑樹の濃度にして散歩しましょう。また、薬剤が残っていても二度撒きをしないよう注意が必要です。

カイガラムシの予防方法5個

カイガラムシを駆除した後は、再度カイガラムシが発生しないようにしっかりと予防することが大切です。カイガラムシの予防方法を5つ紹介します。

①植物に水を与える
植物の葉の部分に水を与え、健康な状態を維持することでカイガラムシが付着することを予防できます。水を与えるとカイガラムシを水で流す効果も期待できるため、こまめに水を与えましょう。

②帰宅時には服を着替える
外出した際の衣服にカイガラムシがついており、自宅の中に持ち込んでしまうケースが多いです。カイガラムシが付着した衣服を着たままの状態で過ごしていると、自宅の中の植物に寄生するリスクがあります。

また、衣服用の粘着ローラーを使用する方法も有効です。緑が多い場所に行っていなくても、植物の近くを通ったり観葉植物が置いてある場所で過ごした場合はカイガラムシが付着することがあります。予防のためには、帰宅した後すぐに衣服を着替えて洗濯機に入れましょう。

③植物の通気性を良くする
カイガラムシは、暗く湿った場所であれば1年中繁殖します。剪定をして植物そのものの通気性を良くしましょう。特にカイガラムシが繁殖する5〜7月の次期は、剪定できる枝や葉を切り、鉢植えの場合は風通しが良いところに置きます。

④定期的に薬剤を散布する
12~2月頃に、マシン油乳剤といった薬剤を散布します。1度カイガラムシが発生した植物は、翌年も発生する可能性が高いため、特に注意して散布することがポイントです。

また、幼虫が孵化するタイミングで殺虫剤を使用し、幼虫を駆除することで大量繁殖を予防できます。ただし、薬剤の種類や散布する植物の大きさ、高さによっては臭いが周辺の住宅に流れる可能性があるため、近隣の住宅に迷惑がかからないかを確認したうえで散布しましょう。

⑤植物周辺や自宅を清潔に保つ
カイガラムシはホコリが溜まっている場所、暗い場所に発生しやすいことが特徴です。植物周辺にホコリやゴミがたまらないよう清潔な状態にしましょう。

まとめ

カイガラムシは、幼虫であれば簡単に駆除することが可能です。成虫になると殻が固くなり、簡単に駆除できなくなるため注意しましょう。

植物をこまめに確認し、卵や幼虫のカイガラムシを見つけることが大切です。肉眼で見つけるのは難しいですが、葉の裏や幹を注意深く観察する必要があります。

また、カイガラムシは不衛生で風通しが悪く、暗いところで繁殖することが特徴です。そのため、日頃からカイガラムシが発生しないような環境作りを意識しましょう。

【PR】今すぐ害虫駆除をしたいなら!日本全国に対応

緊急を要する害虫駆除にはムシ・プロテックがオススメです。最短即日対応、迅速な駆除が可能です。素早い解決に向けて対応してくれます。害虫駆除は虫のプロにお任せ!

害虫トラブル最短即日解決

\最短期間で駆除/

年間3000件の実績

 

  • ◇現地見積、出張費用無料
  • ◇全国各地に完全対応
  • ◇速い、安い、信頼。

 

最新の投稿


スエードの靴の基本のお手入れ方法!汚れ別にもご紹介

スエードの靴の基本のお手入れ方法!汚れ別にもご紹介

スエード靴にふんわりした感じがなく、汚れがかなり目立っているケースもあるでしょう。スエード靴は風合いをキープするために手入れが必要です。そこで今回は、スエード靴の手入れのやり方をご紹介していきます。


上履きをキレイにする洗い方!簡単な方法・ジップロック・洗濯機

上履きをキレイにする洗い方!簡単な方法・ジップロック・洗濯機

子供が上履きを持ち帰ってくると、ウンザリする親御さんもいるでしょう。上履きは洗うのが面倒、汚れが落ちないなどと思っていませんか?上履きは正しい洗い方をすれば、簡単でラクに汚れを落とすことができます。


服の脇の黄ばみの落とし方!ワキガの人の特徴・セルフチェック

服の脇の黄ばみの落とし方!ワキガの人の特徴・セルフチェック

ワキガの方は特徴があることをご存知でしょうか?例えば、洋服の脇の下などに黄ばみがある場合はワキガの可能性があります。今回は、自分でチェックするやり方や、洋服の黄ばみを落とす方法などを見ていきましょう。


枕の黄ばみの原因と落とし方!オキシクリーンやセスキは使える?

枕の黄ばみの原因と落とし方!オキシクリーンやセスキは使える?

枕に付いてしまった黄ばみを落としたいけれど、どのように落とせばよいか分からないという人も多くいるのではないでしょうか。本記事では黄ばみの原因から、実際にどのように洗濯をすれば良いかまで詳しく紹介します。本記事を参考に枕に黄ばみの無い生活を送りましょう。


子供部屋の仕切り方アイディア17選!DIY・突っ張り棒も使える!

子供部屋の仕切り方アイディア17選!DIY・突っ張り棒も使える!

子供部屋の仕切り方は難しい方法ばかりではないということはご存じでしょうか。やってみたら簡単な方法がたくさんあります。本記事ではそんな誰でも試せる子供部屋の仕切り方法を写真付きで詳しく紹介します。本記事を参考に子供部屋の間仕切りを試してみてはいかがでしょうか。


 

 

ビジネスパートナー募集