暮らしのお悩み解決サイト

黒い小さい虫の正体と駆除方法!長細い・飛ばないなどの特徴も

黒い小さい虫の正体と駆除方法!長細い・飛ばないなどの特徴も

アパートやマンション、戸建て住宅で、黒い小さい虫が発生していることに悩んでいる人も多いでしょう。小さい虫でも、大量発生すれば非常に不快なものです。そこで、黒い小さい虫の種類、適切な駆除方法と、虫の発生を予防するポイントをご紹介します。

 


アパートやマンション、住宅に発生する黒い小さい虫は、駆除しているのに再度発生する、数が増えているなど、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

1度で駆除したいと考えていても、黒い小さい虫の正体が分からず、最適な駆除方法も分からずに困っている人も多いです。そこで、アパートやマンション、戸建て住宅に発生する黒い小さい虫の種類、駆除方法や発生を予防するポイントをご紹介します。

基本的に、人の身体に多大な悪影響を及ぼす種類は少ないですが、大量発生していると気持ち悪く、駆除すらできないというケースも珍しくありません。黒い小さい虫の種類、発生する場所ごとの対処法を実践して、家の中で虫が発生しないようにしましょう。

黒い小さい虫の正体と種類は?

自宅で発生する黒い小さい虫は、見た目は似ていますが様々な種類が存在します。主な種類としては、シバンムシ、クロバネキノコバエ、チャタテムシ、ヒメマルカツオブシムシ、ヒラタキクイムシ、ゴキブリの赤ちゃんです。

シバンムシは非常に小さい虫で、体長は2mm程度、2000種類以上が存在しています。シバンムシは小麦粉や香辛料、パスタ、ペットフードといった乾物や穀物製品に発生するケースが多いです。

クロバネキノコバエ羽が生えています。大きさは1~2mm程で、プランターや植木鉢、畑で見られることが多いです。水分が多い場所に発生しやすく、肥料や腐葉土で繁殖することがあります。

チャタテムシは段ボールや水回りなど様々な場所に繁殖する茶色い長細い虫、ヒメマルカツオブシムシは衣類に付着して繊維を食べるといった被害をもたらす種類です。

ヒラタキクイムシ家の柱や床を食べる長細い種類であり、人間に直接害がある虫ではありません。ただし、大量発生すると自宅の柱や床、家具を食べられて劣化するため注意が必要です。

ゴキブリの赤ちゃんは、ゴキブリの種類ごとに特徴が異なります。体長は約5mmと、ゴキブリの種類によっては成虫と変わらないものの、色が黒いことが特徴です。

 

黒い小さい虫を駆除する方法4個

黒い小さい虫は、シバンムシ、ゴキブリの赤ちゃんなど様々な種類が挙げられますが、いずれの種類であっても駆除する方法に大差はありません。駆除する前に確認しておくべきポイントと、自分ですぐに行える駆除方法を4つご紹介します。

黒い小さい虫を駆除する前のチェックポイント

黒い小さい虫は、どの種類も非常に繁殖能力が高いことが特徴です。また、虫そのものを駆除できても、市販の殺虫剤や害虫駆除アイテムでは卵まで駆除するのは困難だといえます。

シバンムシ、ゴキブリの赤ちゃんといった黒い小さい虫を1匹発見したら、自宅の中のどこかで大量繁殖していると考えても良いでしょう。1匹を駆除することは非常に重要ですが、巣や卵を駆除しなければ必ず再度発生します。

卵は、捨てるかつぶすといった方法で除去しなければなりません。黒い小さい虫の駆除の注意点をふまえて、駆除方法を実践しましょう。

①黒い小さい虫に熱湯をかける

黒い小さい虫は水に卵を産んだり水回りで繁殖したりすることが特徴ですが、熱湯は嫌う傾向にあります。そのため、黒い小さい虫を見つめた場所がリビングや自室ではない場合、黒い小さい虫に熱湯をかけましょう。

特に、浴槽の下の部分は掃除しにくく、黒い小さい虫が卵を生むことが多いです。浴槽の下に手が届かない場合には熱湯を流して汚れを除去し、卵や黒い小さい虫を一気に流すと良いでしょう。

②市販の殺虫スプレーを使う

黒い小さい虫を見つけた際に、市販の殺虫スプレーを吹き付けて駆除する方法です。1匹だけ駆除することになるので、卵や巣、繁殖している場合は他の虫までは駆除できません。しかし、殺虫スプレーは1本常備しておくと安心です。

なお、殺虫スプレーの種類ごとに、効果が期待できる虫の種類、配合成分が異なります。殺虫スプレーの効果が期待できる虫の種類、成分を確認し、不安な場合はメーカーに問い合わせたりホームページをチェックしたりといった対策を行いましょう。

正しい方法で殺虫スプレーを使用していれば問題はありませんが、使用方法を誤ると人の健康やペットに悪影響を及ぼす場合があります。使用時の注意点を確認し、使用する際、もしくは使用後は忘れずに換気しましょう

③掃除機で虫を吸う

掃除機を使用した駆除方法は、目の前にいる黒い小さい虫を駆除できるほか、卵を駆除することも可能です。生きている状態の虫を吸う、殺虫剤を使用してから掃除機で吸い取るといった方法が挙げられますが、吸い取った後はすぐにゴミとして処分しましょう。

殺虫剤を使用しても生きている可能性があるほか、他の害虫が吸い取った死骸をエサにする可能性があることから、すぐに処分することが大切です。巣を取り除くことは難しくても、卵を吸い取れることや虫をスムーズに処理できることがメリットだといえます。

また、シバンムシやチャタテムシは家具の隙間に居ることが多いため、日ごろ掃除機をかける際は部屋の隅々まで注意深く掃除をすると良いでしょう。虫の存在を目にすることなく、自然に駆除できます。

④くん煙剤で広範囲の駆除をする

殺虫成分が含まれた煙を自宅の中に充満させる方法で駆除できる、くん煙剤を使用する方法です。目の前に居る虫だけではなく、家具の隙間に隠れている虫も駆除できます

食べ物の袋に入っているシバンムシを駆除することは困難ですが、広い範囲に1度で殺虫成分を充満させられることがメリットです。

ただし、くん煙剤タイプを使用する場合には、殺虫スプレーを使用する場合よりも人間やペットの健康に注意しましょう。使用方法を誤ると、ペットや子ども、年配の方の場合は命に関わります。

基本的に、使用時は人間やペットが自宅のなかに入らないことと、煙が充満するため隣近所にも声を掛けてから使用しましょう。使用する際にはパソコンやテレビを保護し、使用方法をしっかり確認することが重要です。

黒い小さい虫が発生しやすい時期

黒い小さい虫が発生しやすい時期は、虫の種類によって若干異なります。例えば、食べ物に繁殖するシバンムシは湿度70%以上、気温25度以上になる梅雨の時期~夏にかけて発生することが多いです。

クロバネキノコバエについては、1年中発生しますが、シバンムシ同様に梅雨の時期には特に大量に発生します。チャタテムシも涼しい場所を好まず、湿度が高く暑い場所に繁殖するため、夏~秋にかけて発生することが一般的です。

いずれの虫も繁殖するスピードが早いため、虫が発生しやすい梅雨~夏の時期にかけては駆除・繁殖予防対策を徹底する必要があります

黒い小さい虫を発生させない予防対策4個

黒い小さい虫を駆除した後は、再度自宅に黒い小さい虫が発生しないように予防することが大切です。大量発生を予防する方法をご紹介します。

①玄関や窓の予防対策

黒い小さい虫が室内に侵入しないように、予防する方法が最も有効です。外出時、帰宅時にはすぐに玄関の扉を閉め、戸建ての場合は浴室の窓も閉めることで、屋外からの侵入を最低限に抑えられます。

玄関や窓には、置き型タイプの虫除けを置いたり防虫スプレーを吹き付けたり、虫を寄せ付けないライトをつけたりといった予防対策を行いましょう。市販されている置き型タイプの虫よけアイテム、虫よけ効果が期待できるハーブを置くと、窓や玄関からの侵入を予防できます。

ハーブの種類は、ハッカ、ペパーミント、レモングラスなどがおすすめです。植物を置くと黒い小さい虫以外の害虫が寄ってくる場合があるため、アロマオイルを活用すると良いでしょう。

黒い小さい虫のうち、シバンムシ、チャタテムシ、クロバネキノコバエは、網戸をしていても少しの隙間から侵入します。網目が大きい網戸や、窓枠と網戸に隙間ができている場合は、網戸専用の防虫スプレーを吹き付けて対策をします。

商品によって異なりますが、防虫スプレーは数時間もしくは数日で効果がなくなるため、頻繁にスプレーをしましょう。また、白熱電球を使用している場合、LED電球にするだけで虫を寄せ付けない効果が期待できます。

戸建て住宅であれば紹介した予防方法をすべて行えますが、アパートやマンションの場合は玄関や窓への対策が制限されるでしょう。

例えば、白熱電球ではなくLED電球に変える対策については、マンションやアパートの廊下の電球を変える際に管理会社の許可を得なければなりません。自分の部屋の前の電球だけであっても、アパートやマンションの設備であるため勝手に変えないよう注意が必要です。

②台所の予防対策

台所は、生ゴミや排水溝のニオイが原因で黒い小さい虫が発生しやすいことが特徴です。そのため、生ゴミを長時間放置ぜすに毎日捨てることや、排水溝を掃除しましょう。

生ゴミを置いたままにしておくと腐敗臭が出るため、ゴキブリの赤ちゃんやコバエが発生します。また、生ゴミはあらゆる虫のエサになるため、生ゴミに卵を産んで大量発生につながるのです。

三角コーナーの生ゴミは破棄し、捨てる際にはビニール袋に入れるか新聞紙やチラシで包みます。三角コーナーだけではなく、ゴミ箱も定期的に洗うと良いでしょう。

排水溝の内部には食べかすや洗剤といった汚れが蓄積しやすいため、放置するとカビやぬめり、雑菌の繁殖や不快なニオイの原因になります。ヌメリ汚れは黒い小さい虫のエサになるので、排水トラップやゴミ受けを掃除し、パイプクリーナーや熱湯、氷水を流して掃除をすることがポイントです。

排水溝については、下水道から黒い小さい虫だけではなくゴキブリの成虫が上ってくるため、常に清潔な状態を維持しましょう

③浴室の予防対策

黒い小さい虫は湿度が高い場所を好むので、浴室は非常に繁殖しやすい場所です。1回発生すると卵を産み、棲み付く可能性があります。

そのため、浴室を乾燥させたり排水溝を掃除したりと、虫が棲み付きにくい環境を作ることが大切です。湿度を低く保つために、お風呂に入った後は浴室の壁や床、浴槽に水をかけて乾燥させましょう。最後に水をかけて乾燥させるだけで、浴室内の湿度を効率的に下げられます。

また、排水溝に石鹸カスや髪の毛が残って溜まると、雑菌が繁殖して虫が卵を産むため注意が必要です。排水溝を分解するのが難しい場合には、市販のパイプクリーナーを活用して掃除をしましょう。

排気管や浄化槽がある場合は、黒い小さい虫が発生していないかを定期的にチェックすることも大切です。さらに、排気管に網を付けると、虫の侵入を予防できます。水が溜まった状態の排水管はコバエが繁殖しやすいため、排水管に水を溜めないようにすることも大切です。

④専門業者に駆除を依頼する

黒い小さい虫が発生したという理由で掃除をするのではなく、一定期間に1度、毎日掃除できる場所は毎日掃除をすることで虫が発生しにくくなるでしょう。汚れが虫のエサになるため、食べかすやホコリはしっかり掃除することが大切です。

特に浴室については、桶に水が溜まった状態になっているだけでも虫が繁殖します。忙しいと毎日浴室全体の掃除を徹底することは難しいですが、2週間に1回は徹底的に掃除をすることを習慣化しましょう。

しかし、掃除をしていても黒い小さい虫が発生している場合、見えない場所、掃除できない場所で繁殖している可能性が高いです。自分で駆除することは難しく、大量発生している場合は市販の殺虫剤では全滅させるのも難しいといえます。

目に見えない場所で繁殖していると、家屋が侵食されるリスクがあるため、駆除しても大量発生する場合には専門業者に駆除を依頼しましょう。

まとめ

黒い小さい虫は、遠目で見ると見た目に大きな違いはありませんが、実際にはコバエの種類だけでも数千種類存在します。いずれの小さな虫も湿度が高い場所に発生しやすく、梅雨から夏の時期にかけては大量発生する可能性もあるため注意が必要です。

加えて、小さい虫ほど繁殖するスピードも速いことから、飛ぶ虫、飛ばない虫、どちらも早めに駆除しましょう。特に、キッチンや浴室といった暖かい場所、水回りに繁殖する虫が多いです。

汚れていると大量発生しやすいため、掃除をしてきれいな状態を維持しなければなりません。万が一、掃除をしても黒い小さな虫が発生しているのであれば、置き型殺虫剤を活用する方法がおすすめです。

自分で対処しても虫が発生するのであれば、見えない場所で繁殖している可能性があります。そのような場合には専門業者に相談し、駆除することも検討しましょう。

【PR】害虫駆除ならお任せください。最短即日解決!

東証上場会社運営!あらゆる害虫駆除に対応致します!年中無休・24時間365日対応・無料現地調査・さらに駆除後も1年間保証で安心の害虫駆除110番がオススメです。

害虫トラブルに迅速に対応致します! まずは無料お見積りから。害虫の種類を問わずお気軽にご相談ください。害虫駆除のプロが丁寧に対応致します。

害虫駆除110番

\駆除後も1年間保証/

害虫駆除はプロにお任せ

 

  • ●24時間365日全国対応
  • ●ご相談・お見積無料
  • ●無料現地調査
  • ●低価格な料金設定

 

関連するキーワード


害虫駆除

関連する投稿


小麦粉とダニの見分け方と対策!未開封は?保存方法

小麦粉とダニの見分け方と対策!未開封は?保存方法

使いかけの小麦粉にダニが混入してしまったけどどうすれば良いか分からないという人も多くいるのではないでしょうか。本記事ではそのような場合にどうすれば良いか、また小麦粉にダニを発生させないための予防方法をを詳しくご紹介します。ぜひ本記事を参考にして下さい。


クラゲに刺された時の対処法!跡・症状・応急処置・一週間後

クラゲに刺された時の対処法!跡・症状・応急処置・一週間後

クラゲに刺されたら様々な症状を発症して、最悪の場合は死に至ることもあります。クラゲに刺された時は正しく対処してクラゲの毒から身を守りましょう。早速、「クラゲに刺された時の対処方法」などをご紹介します。


赤いクモみたいな虫「タカラダニ」の特徴6つ!小さくても毒はある?【プロ監修】

赤いクモみたいな虫「タカラダニ」の特徴6つ!小さくても毒はある?【プロ監修】

小さなクモのような、ダニ。体が赤く、大量に発生することから見た目が気持ち悪く、不安に襲われる方もいるでしょう。実はこれ、タカラダニというダニの一種であり、クモとは全く別の生物です。しかし、だからといって放置しておくわけにはいきません。ここでは、タカラダニの生態などについて解説しています。


簡単にハエを退治する方法14選。ペットボトルやめんつゆを使う方法も紹介【プロ監修】

簡単にハエを退治する方法14選。ペットボトルやめんつゆを使う方法も紹介【プロ監修】

ハエを簡単に自分で駆除する方法を紹介します。めんつゆやペットボトルを使った手作りの退治方法や、ハエが来ないようにする予防対策、殺虫剤を使わない駆除や捕獲方法などを解説しているほか、絶滅させる日数も説明しています。


ボウフラを退治する8つの方法。殺虫剤を使わないで駆除できる? 【プロ監修】

ボウフラを退治する8つの方法。殺虫剤を使わないで駆除できる? 【プロ監修】

「ボウフラ」は水をきれいにしてくれる益虫ですが、ボウフラはあっという間にあのやっかいな害虫「蚊」に成長してしまいます。そのため、ボウフラを見つけたら、蚊に成長してしまう前に速やかにボウフラを退治しておくことがとても大切です。ボウフラを退治する8つの方法やボウフラの発生時期、発生を防止する方法について紹介していきます。


最新の投稿


表札デザインの選び方とおしゃれな具体例20個!木・北欧・アメリカン

表札デザインの選び方とおしゃれな具体例20個!木・北欧・アメリカン

表札は玄関先の顔となる大事な家の一部です。そんな表札にはどのようなデザインが可能なのでしょうか。本記事では、表札デザインの選び方から実際におすすめな表札デザインを写真と共に紹介しています。本記事を参考に自分に合った表札デザインを選びましょう。


ツツジの剪定方法とコツ13個!剪定時期・道具・自然樹形・刈り込み【プロ監修】

ツツジの剪定方法とコツ13個!剪定時期・道具・自然樹形・刈り込み【プロ監修】

ツツジは自宅で育てている人も多く、他の花と比べると育てやすいことが特徴です。ツツジの花や、美しい樹形を維持するために剪定作業をしなければなりません。ツツジを剪定する時期や剪定方法について詳しく紹介します。


シールの剥がし方13個!簡単裏ワザで古いのもベタベタしない

シールの剥がし方13個!簡単裏ワザで古いのもベタベタしない

シールがキレイに剥がれなくて汚くなってしまった人もいるでしょう。シールを上手く剥がすことができない理由は剥がし方が間違っていたのかもしれません。シールの剥がし方をチェックして、キレイに剥がしましょう。


雑草の種類10パターンと見分け方を解説!庭や畑の雑草はどれ?【プロ監修】

雑草の種類10パターンと見分け方を解説!庭や畑の雑草はどれ?【プロ監修】

よく見る雑草を、写真入りで種類別に紹介しています。春に芽を出す雑草と秋に芽を出す雑草の駆除方法の違いや、粒タイプと液体タイプの2種類の除草剤の違いについて解説している他、防草シートについても説明しています。


ノズルが汚すぎる?トイレのノズルを掃除する5STEP【プロ監修】

ノズルが汚すぎる?トイレのノズルを掃除する5STEP【プロ監修】

今やわたしたちの生活で欠かせないもののひとつとも言える温水洗浄便座。実はこの温水洗浄便座の温水が出てくるノズルの部分、ちょっと見ないうちに黒ずみ汚れが…トイレのノズルを掃除する5ステップを知り、いつでも気持ち良く使える温水洗浄便座を目指しましょう!


 

 

ビジネスパートナー募集