暮らしのお悩み解決サイト

しまっておいた服についた茶色いシミの正体は?シミの原因・落とし方・予防策まで

しまっておいた服についた茶色いシミの正体は?シミの原因・落とし方・予防策まで

衣替えなどで久しぶりにクローゼットやタンスから洋服を引っ張り出したら、「身に覚えのない茶色いシミがついていた」という経験がある方も多いのではないでしょうか?原因不明の茶色いシミは、どうやって対処したら良いのかもわからず困ってしまいますよね。この茶色いシミの正体とは何なのでしょうか?しまっておいた服についた茶色いシミの原因から、シミの落とし方、シミができないための予防策まで、詳しく解説します。


しまっておいた服にできる茶色のシミの正体とは?
しまっておいた服の茶色いシミの原因

しまっておいた服についた、原因不明の茶色いシミ。しまう前に見落としていたのか、クローゼットの中でシミがついたのか、とても不思議になりますが、おもな原因は3つあります。あなたの茶色のシミはどのパターンでしょうか?

【しまっておいた服につく茶色いシミの原因3つ】

しまっておいた服の茶色いシミの原因1
「汚れの酸化」による茶色いシミ

しまっておいた服にできる茶色いシミの原因として代表的なのが、見えない汚れが酸化することによって起きる変色です。繊維に入り込んだ皮脂や汗じみなどの汚れは、そのときには目に見えず気がつかない場合も多いもの。

そのような汚れがしっかり落ちていない状態で、クローゼットやタンスの中に長期間保管してしまうと、汚れが酸化して見覚えのない茶色のシミができてしまいます。

しまっておいた服の茶色いシミの原因2
「カビの発生」による茶色いシミ

しまっておいた衣類にできた茶色いシミは、カビ汚れの酸化による原因も考えられます。クローゼットやタンスなどの衣類の収納スペースは、住居環境や天候によって、通気性が悪くカビが発生しやすい条件が揃っている場合も多いものです。

そのような環境下で長期間保管してしまうと、しまっていた服にカビが生え、酸化することで茶色いシミになってしまいます。

しまっておいた服の茶色いシミの原因3
「水道水の鉄サビ」による茶色いシミ

しまっておいた服についた茶色のシミの原因として、もうひとつ考えられるのは、鉄サビによるものです。古い家や賃貸マンションの場合、水道管が錆びてしまっている場合があります。

錆びた水道管から出てくる水道水で洗濯をしていると、鉄サビが衣類に付着し、そのまま茶色いシミとなってしまう可能性も。そのほか、衣類の金属ファスナーなどが錆びた場合にも同じ現象が起こります。

しまっておいた服についた茶色いシミの落とし方6選

しまっておいた服についた茶色いシミを落とす方法は以下の6つです。
  1. 基本の落とし方【中性洗剤で揉み洗い】:まずは基本の揉み洗いが正しくできているか、確認しておくのもおすすめです。
  2. 基本の洗い方で落ちない場合は【酸素系漂白剤】を:上記の揉み洗いで落ちないときに試してみましょう。
  3. 愛用者の多い【オキシクリーン】もおすすめ:オキシクリーンを使った簡単なシミ抜き方法を紹介しています。
  4. 白い衣類なら【塩素系漂白剤】もOK:白いTシャツや布についた茶色いシミの落とし方はこちらがおすすめです。
  5. 鉄サビによるシミには【ハイドロハイター】を:茶色いシミの原因が鉄分ならこちらの落とし方をためしてみてください。
  6. 固形石鹸【ウタマロ石けん】も効果的:昔ながらの洗濯石鹸で、意外にもすんなりシミが落ちるかも。

しまっておいた服についた茶色いシミの落とし方1
基本の洗い方【中性洗剤で揉み洗い】

しまっておいた服に茶色いシミがついていたら、まずは焦らずに、自宅にあるもので気軽に実践できる落とし方を試してみましょう。

いつもの中性洗剤のみで洗濯する方法をご紹介します。

【中性洗剤】を使った茶色いシミの落とし方
【中性洗剤】を使ったシミ抜き方法

①中性の食器用洗剤または洗濯用洗剤を茶色いシミの部分につける。
②40℃前後のお湯でやさしくもみ洗いをし、一度すすぐ。
③お湯を張った洗面器などに液体洗剤を混ぜ、2~3時間ほど放置する。
④いつも通り洗濯機で洗濯する。

しまっておいた服についた茶色いシミの落とし方2
基本の洗い方で落ちない場合は【酸素系漂白剤】を

お湯と中性洗剤を使った洗濯方法で落ちない茶色のシミには、酸素系の漂白剤を使用してみましょう。

【酸素系漂白剤】を使った茶色いシミの落とし方
【酸素系漂白剤】を使ったシミ抜き方法

①40〜60℃ほどのお湯1リットルに対して大さじ1杯の酸素系漂白剤を入れる。
②半日ほどつけおきをし、洗濯機でいつも通り洗濯する。

しまっておいた服についた茶色いシミの落とし方3
愛用者の多い【オキシクリーン】もおすすめ

洗濯物のシミ抜きだけでなく、お風呂掃除やキッチンまわりの油汚れ、食器の茶渋やくすみ除去など、家中のさまざまな用途に活躍する「オキシクリーン」。

「オキシ漬け」という言葉を耳にしたことがある方、すでに実践したことのある方も多いのではないでしょうか。

すぐれた洗浄力を発揮するオキシクリーンも、しまっておいた服についた茶色いシミを落とすのに効果的な、酸素系漂白剤のひとつです。

【PR】ハウスクリーニングやエアコン掃除はプロに依頼しませんか

清潔な住まいで健康で快適な暮らしを!キッチンの頑固な油汚れ、時間と労力を費やす水回りの清掃、エアコンのクリーニングなど普段なかなか手がつけられない掃除なら、掃除のプロが見つかるこちらのサービスがオススメです。

ハウスクリーニング業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_クリーニング

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連するキーワード


洗濯テクニック 衣類洗濯

関連する投稿


靴下の汚れ落としがラクになる5つの方法!簡単な落とし方&裏ワザも

靴下の汚れ落としがラクになる5つの方法!簡単な落とし方&裏ワザも

靴下の汚れ落としってたいへんですよね。簡単で負担にならない汚れ落としの方法や汚れに悩まないための裏ワザをおすすめ商品とともに紹介します。


洗濯物が臭い7つの原因とその対策。タオルがアンモニア臭い?

洗濯物が臭い7つの原因とその対策。タオルがアンモニア臭い?

洗濯物がなんだか臭いような気がする……なんてことありませんか?この記事では、臭いの原因とその対策、臭いを抑える効果が期待できる洗濯洗剤についてご紹介しています。ぜひスッキリきれいに洗濯する参考にしてくださいね。


オスバンSで洗濯してカビやワキガを対策!詳しい洗濯方法や注意点

オスバンSで洗濯してカビやワキガを対策!詳しい洗濯方法や注意点

”服を繰り返し服を洗濯をしたり漂白剤を使っても臭いが取れない”、という方はいませんか?服の臭いを解消するなら「オスバンS」で洗濯してみましょう。オスバンSの詳しい内容、洗濯方法などをご紹介していきます。


服のオキシ漬け洗濯方法!臭い・黄ばみは?色物は色移りする?

服のオキシ漬け洗濯方法!臭い・黄ばみは?色物は色移りする?

毎日着用する衣類は、黄ばみが気になったり、不快な臭いがしたりすることも多いです。そこで、オキシクリーンを使った服の洗濯方法を紹介します。汚れ別の洗濯方法と、色物は洗えるのかについてもチェックしましょう。


タオルのオキシ漬けのやり方!臭い・黄ばみ・カビを取るには?時間は?

タオルのオキシ漬けのやり方!臭い・黄ばみ・カビを取るには?時間は?

近頃しつこい汚れも簡単に落とせることで有名なオキシ漬けという清掃方法が人気を集めています。使い古したタオルをオキシ漬けで漬け置き洗いすることで黄ばみやカビなどの汚れまで落とすことが可能です。こちらの記事ではそのオキシ漬けのやり方を詳しく紹介します。


 

ビジネスパートナー募集