暮らしのお悩み解決サイト

虫除けにおすすめの植物15個!育て方も解説。玄関や室内用も。

自宅で育てられる植物の中には、虫が嫌う匂いを発する種類のものもたくさんあります。特にハーブ類には虫除け効果が高いものが多く、自宅で育てやすいことが特徴です。そこで、虫除け効果が期待できる植物と、各植物の育て方のポイントについて紹介します。


ベランダで洗濯物を干している時やガーデニングの作業をしている時など、気付かないうちに虫に刺されていたという経験がある人や、見たことがない虫が自宅の中に発生したという経験がある人は多いのではないでしょうか。

特に、春や夏の時期は、ベランダや庭といった屋外、自宅の中で虫が発生するケースは増えるでしょう。そこで、植物のなかで、虫除け効果が期待できる植物の種類や植物の育て方のポイント、活用方法について紹介します。

虫除けの植物の効果は?

植物のなかでも、特にハーブ類は虫除け効果が高いことや自宅で育てやすいことが特徴です。飲み物や料理にも利用でき、香りが特徴のハーブ類のなかには虫除け効果が期待できる種類もたくさんあります。

ベランダや庭においても大きな存在感はなく、違和感もないため、虫除けのためにハーブ類を育てる人も多いです。ハッカは海外から輸入されたものであるという印象を持つ人も多いですが、実際には日本でも虫除け効果が期待できる植物として、昔から利用されていました。

ハーブ類については、虫が嫌う匂いであるシトラールカンファーといった成分が含まれるものがあります。シトラールは、ハッカにも似た爽快感がある匂いであり、カンファーは防虫剤に使われる成分です。それぞれ虫が嫌う匂い成分であり、高い虫除け効果が期待できます。

虫除けの植物が効果的な虫とは?

虫除けのために植物を利用した場合、ダニやノミなど小さな虫を寄せ付けない効果が期待できます。虫が発生しやすいベランダや庭に置くことで、アレルギーやかゆみといった害をもたらす小さな虫除けに役立つでしょう。

一方、紙魚やゴキブリについては植物による虫除け効果がほとんど期待できないため、ゴキブリなどが寄りつかない清潔な環境を作ることが大切です。

虫除けに効果的な植物15個と育て方

植物は虫が寄ってくるものであるというイメージを持つ人も多いですが、ハーブを含め、香りが強い植物であれば虫除け効果が期待できるものもたくさんあります。

ベランダや玄関、室内の窓周辺に植えた植物の虫除け効果で、自宅の中に虫が侵入することを予防できる場合もあるのです。

庭やベランダに市販の防虫物を置くだけではなく、見ていて癒される植物を利用して虫が近寄らないように対策をしましょう。

虫除けに効果的な植物で、玄関に置くのがおすすめのもの、室内に置けるものなど、自宅で育てやすい種類を15個紹介します。それぞれの植物の特徴と、育て方のポイントについて確認していきましょう。

①センテッドゼラニウム

ゼラニウムの中でも、センテッドゼラニウムと呼ばれる種類の植物は、特に葉っぱの匂いが強い植物です。そのため、虫除けを重視したい場合に最適な種類です。

センテッドゼラニウムは、見た目の美しさで楽しめるゼラニウムと比較して、香りが強くなるように品種改良されたものです。センテッドゼラニウムをはじめとする虫除け効果が期待できるハーブ類は丈夫であり、初心者でも育てやすいことが魅力です。

センテッドゼラニウムは、庭で植えるのであればほとんど水を与えなくても育てられるので、気軽にチャレンジできるでしょう。

センテッドゼラニウムは、園芸店で多くの種類が販売されています。苗や株を購入し、枝の先端は10cmほどカットして下の葉っぱを除去して植えましょう。土は若干アルカリ性のもので、挿し木で増やした苗は春と秋に植え付けることがポイントです。

②タイム

タイムは料理で使用されるハーブとして有名ですが、虫除け効果が期待できる種類の植物でもあります。ハーブセットとして市販されているもののなかには、タイムが含まれているケースが多く、ローリエといった料理用のハーブと組み合わせて使用されます。

タイムは消臭・防腐効果も期待できることから肉料理に使用されることが多いですが、蚊が嫌う匂いであり虫除け効果が高い植物です。

タイムは2種類に分けられ、料理に使用するコモンタイムのほか、横に成長することが特徴のクリーピングタイムと呼ばれるものもあります。クリーピングタイムは立性であり、上に伸びることが特徴です。

玄関やベランダなどに飾る場合なのか、寄せ植えをして他の植物と合わせるのかによって、2種類のタイムから選択しましょう。

タイムは植物のなかでも寒さに強く、冬に1度枯れたような姿になった場合も、春になれば元の姿に戻ります。

ただし、湿度が高い場所を嫌うため、水はけのよい土を使用することがポイントです。ハーブ用の土としてホームセンターなどで販売されているものを使用すると良いでしょう。

③除虫菊(シロバナムシヨケギク)

除虫菊はマーガレットに似た白い可愛い花をつけるので、虫除けだけではなく癒し効果が期待できます。除虫菊の成果は虫が嫌う匂いを発生するため、虫除け効果も期待できる植物のひとつです。
明治初期、虫除けの薬剤を作るために輸入された植物で、香取線香の材料として使われたことでも有名です。

除虫菊は初夏から梅雨明けまで、背が高い植物のため、高さは60cmほどになります。
大きなサイズのプランターや鉢に植える、もしくは、剪定して小さな状態にしてから植えることが大切です。

④ペパーミント

ペパーミントは海外産のハーブであり、虫除け効果が期待できるL-メントール成分が特徴です。ペパーミントは、室内に置けば虫除け効果だけではなく、消臭効果も期待できることがメリットだといえるでしょう。

鉢やプランターを利用して室内で育てることができ、料理に活用されることも多い種類です。ペパーミントは室内屋内問わず、簡単に育てられることから初心者におすすめできる植物です。

ペパーミントの苗を選ぶ際には、節の間が伸びすぎておらず、葉の色がきれいで茎が丈夫そうな物を選びましょう。株を揺らしてみて、根が不安定なものは避けます。

種まきに適しているのは春、植え付けは真夏以外に行うことがポイントです。直射日光が当たる場所に置くと葉が劣化するので、日陰に置きましょう。収穫に適しているのは5月下旬~9月ですが、基本的に1年を通して収穫できます。

⑤ハッカ

日本の和ハッカは、L-メントール量が多いので、非常に香りが強いです。ハッカは蚊やノミだけではなく、ゴキブリといった大きな虫に対してもある程度の虫除け効果が期待できます。

ハッカは土質を選ばないことが特徴です。多少湿った場所を好む傾向にありますが、乾燥している場所でも育つので育てやすいでしょう。

市販の培養土のほか、ハーブ用の土や観葉植物の土でも問題ありません。市販の土に1割程度赤玉土を加えて、保水力を上げる方法が有効だといえます。

ハッカは、秋~冬の時期にかけて花を付けることが魅力です。ハッカの苗は、ほかの植物と比較して価格が手ごろであり花壇や鉢植えなどさまざまな方法で育てられるので、玄関周辺に置くことで手軽に虫除け効果が期待できます。

⑥レモンユーカリ

【PR】満足度98%!お庭のお手入れお任せください!<日本全国対応>

お庭のお手入れでお困りですか?お庭の剪定・伐採・草刈などのお困りごとにはこちらのサービスがオススメです。

お見積り無料で、あらゆるお庭のお手入れの悩みに対応してくれます。請負賠償責任保険加入で、もしもの時も安心です。お庭に関する悩みを解決しませんか?

“お庭110番"

\日本全国 対応可能/

お庭のお悩み解決します!

 

  • ◆実績多数の上場企業
  • ◆現地ご相談・お見積り無料!
  • ◆お見積り後のキャンセルOK
  • ◆24時間365日受付中

 

ビジネスパートナー募集