暮らしのお悩み解決サイト

服の虫食いの見分け方・原因・駆除方法・予防方法まで徹底解説

服の虫食いの見分け方・原因・駆除方法・予防方法まで徹底解説

洋服に穴が開いている場合には衣類害虫によるものの可能性があります。本記事では洋服に開いた穴が衣類害虫によるものかどうかの見分け方から、実際にどのように対策を行えば良いかを詳しく紹介します。本記事を参考に衣類害虫の被害に遭わないように対策を行いましょう。


衣替えの季節の度に大切な洋服に小さな穴が開いており、いったいどのように対策をしたら良いか分からないという人も多くいるのではないでしょうか。洋服に開いている穴は衣類害虫によるものの可能性があります。

本記事では洋服に開いている穴が衣類害虫によるものかどうかの見わけ方と、実際にどのように衣類害虫を予防したら良いかを詳しく紹介します。本記事を参考に衣類害虫の対策方法を確認して、これから衣替えの季節にぜひ活用しましょう。

服に穴が!虫食い?見分け方

服に穴が開いているのを見かけたら、まずはその服をどこで保管していたかを考えましょう。長期間密閉された衣類用の収納ボックスなどで保管していた服の場合、その穴は衣類害虫によるものである可能性が高くなります。昨日まで着ていた服に穴が開いていた場合、それは衣類害虫によるものではなく、何かに引っかけたと考えるべきでしょう。

また穴の開き方にも注意が必要です。穴が一つだけであれば繊維のほつれなどを疑いますが、密集して複数の不揃いな穴が開いている場合は衣類害虫によるものの可能性が高くなります。そのような複数の穴の集合が何か所かにある場合はかなりの量の衣類害虫が収納ボックスなどで孵化した可能性がありますので、気を付けましょう。

 

服の虫食いにあう原因

衣類に穴をあけてしまう原因となる虫は、暖かい程度の気温と高めの湿度、そして豊富な栄養を求めています。そのため、冬の寒い時期や夏の暑い時期の間は、外気から遮断され一定の程よい気温を保つクローゼットの奥に置いてある収納ボックスなどが大変過ごしやすい環境となります。温度は15~25℃が好みで、それ以下でもそれ以上でも活動が鈍くなってしまいます。

湿度は60~80%くらいが最適となり、もっとも活動が盛んになります。そのため湿気が籠ったまま密閉している衣装ケースなどはそういった虫にとっては最高の環境になってしまいます。また、衣類に付着しているホコリや垢などのたんぱく質も高い栄養素として好まれます。そのため、洗濯がしっかりとされていなかったり、収納する前にホコリにさらされた場合なども注意が必要です。

服を食べる虫はどこからくる?

一般的に大きく分けて服を食べる虫はイガ類カツオブシムシ類 の2種類です。これらの衣類害虫は衣類に卵を産み付けてその幼虫が衣類の繊維を食べて成長します。成虫は衣類を食べないという特徴があります

服を食べる虫の成虫は野外を普通に飛んでいます。花の蜜などを主食としているので、野原で飛び回っているのが通常です。そのため、野外に長時間いた際などに服に付着した衣類害虫を家に持って帰ってしまうというケースが多くあります。ポケットなどに入り込んでしまうことも多くあります。また長時間野原などにじっとしていると稀に衣類害虫に卵を産み付けられていることもあります。

また外を飛び回っている衣類害虫が洗濯をしている衣類に付着してそのまま取り込んでしまっているというケースもあります。この場合は洗濯を取り込む際に一度バタバタさせると衣類害虫を落とすことが可能です。

虫食いされやすい素材や服って?

衣類害虫によって被害を受けやすい衣類とそうでないものがあります。こちらでは虫喰いされやすい素材とそうでない素材を紹介します。

動物の毛などを使用した天然素材

虫食いに遭いやすい素材としては、天然素材が挙げられます。天然素材とは昆虫の蚕からとれる繊維であるシルクや、カシミヤ山羊の毛からとれる繊維であるカシミヤなどが一般的です。その他動物から取れる動物繊維は基本的に虫食いされやすい特徴を持っています。もっとも衣類害虫が好むのは羊の毛からとれる繊維のウール製品になります

また動物から取れる天然素材が衣類害虫に好まれる理由は、繊維のほとんどがタンパク質であるということが第一に挙げられます。そのため衣類害虫が成長するために、必要な栄養が豊富に含まれているということから虫食いに遭いやすくなります。繊維一つ一つが細くて幼虫が食べやすいというのも一つの原因であると言われています。

服が虫食いされた時の駆除方法

服が虫喰いされているのを見つけたらすぐさま対処をする必要があります。放って置くとそのまま虫食いが進んでしまい、まだ無傷の洋服も食べられてしまう恐れもありますので注意が必要です。

防虫剤や殺虫剤を使用する

ネオパラエスパラを使用することで収納ケースなどにガスを発生させて衣類害虫の幼虫を駆除する方法です。これは独特な匂いがするため苦手な人もいますが大変即効性があります。使用後も衣類害虫を寄せ付けないようになるため、効果が持続するのも特徴です。ムシューダなどの防虫剤も大変効果があり、衣類害虫の神経に働きかけて神経毒によって衣類害虫を駆除します。

広範囲に衣類害虫による被害が見られる場合には、バルサンなどの燻煙殺虫剤も大変効果があります。ゴキブリなどのその他の害虫も一層できるため、状況が悪い場合には効果が大きい方法の一つです、

また、化学製品を使用していないしょうのうも効果があり、こちらはクスノキから抽出した成分を使用しているので安全に使用可能です。

服の虫食いの修繕方法

虫食いしてしまった衣類は方法を知っていれば自分で補修することが可能です。いくつか代表的な例を紹介します。

Tシャツやニットの虫食い

これらの補修方法は100円ショップなどで購入できる製品で補修が可能になります。Tシャツの場合、アイロン接着布を100円ショップなどで購入し、Tシャツの裏側からアイロンを使用して貼り付ける事で補修が可能です。

ニットの場合、フェルティングニードルを使って虫食いの穴周辺の生地に抜き差しすることで虫食い穴が目立たなくなります。こちらは羊毛フェルトなどの手芸に使用する製品で、100円ショップなどで購入が可能です。

スーツの虫食い

スーツの虫食いには、スーツを購入した際に一緒について来る補修布をアイロン用接着剤を使って生地の裏側から張り付けることで補修が可能です。アイロン接着剤は100円ショップなどで購入が可能です。穴の大きさや程度によっては自分で補修できない場合もありますので、かけつぎ専門店へ持っていくようにしましょう。

服の虫食い予防対策

基本的な虫食い対策はいくつかの条件にだけ気をつけていれば防ぐことも可能です。服の虫食い予防策として基本的な注意点を紹介します。

収納場所の温度と湿度に注意

上述したように、衣類害虫は温度15~25度・湿度60%以上の環境で活発になります。そのため衣類を収納する環境に注意することで予防をすることができます。服を収納している間も定期的に外気を入れて温度を変化させたり、湿度が上がらないように乾燥剤などを使用するのも一つの方法になります。数ヶ月間触らずに放置をするということがないように気をつけましょう。

ホコリや汚れに注意

ホコリや汚れも衣類害虫の幼虫にとっては食事の対象になります。そのため衣類を収納する際には必ず汚れが落ちているかという点をしっかりと確認しましょう。長期間ハンガーに掛け放しにしていた衣類は一度しっかりと洗濯をし、乾燥まで済ませてから収納するように注意しましょう。また収納ボックスなども衣替えの度にしっかりと清掃をして清潔な環境を保つようにしましょう。

服の虫食いを予防する時のポイント10個

服の虫食いを予防する際に重要なポイントと、その保管方法などで注意すべき点をまとめました。こちらを参考に虫食いされない服の保管方法を確認しましょう。

ポイント1:防虫剤と相性の悪い素材

防虫剤の種類によってその効き目の長さや効果の出やすい素材などに差があります。パラジクロルベンゼンは揮発性が高く効果が出るのが早いためすぐに効果を発揮したいという場合に使用すると良いでしょう。金糸・銀糸・ラメ製品・合成皮革などの素材とは相性が良くないのでそういった素材が収納してある場合は使用を控えましょう。約3~6カ月程度の間効果が持続します。

ナフタリンは効果の効き目が遅い代わりに1年ほど効果が持続します。こちらも合成皮革製品との相性はあまり良くないので使用は控えましょう。ピレスロイド系は匂いが衣類につかないのが最大の特徴です。半年から1年ほど効果が続きます。しょうのうは絹製品などにも適しており、半年程度の効果が期待できるでしょう。金糸・銀糸等との接触に注意が必要です。

ポイント2:複数の防虫剤の併用には注意

衣替えの季節に前回置いた防虫剤がまだ残っているので、今回新しい防虫剤も入れて併せて使用したいと考える人も多くいるでしょう。しかし薬剤の種類の違う防虫剤を複数併用することでお互いに影響し合ってしまい、効果が無くなってしまったり、薬剤が溶解して衣類にシミを付けてしまったりということも起こります。そのため同じメーカーの防虫剤でも薬剤の種類に注意しましょう。

ピレスロイド系の無臭性防虫剤は基本的にしょうのうやナフタリンなどの有臭性防虫剤と併用してもお互いに悪影響はありません。しかし有臭性防虫剤であるしょうのうやナフタリン同士を併せて使用することはできません。そのため基本的には衣替えの際に新しい防虫剤を使用する場合は古いものをすべて捨ててから使用するようにしましょう。

ポイント3:防虫剤の使用期限に注意

一般的に使用されている防虫剤は薬剤がガス化して収納スペース内に充満することで衣類害虫を寄せ付けなくするという効果を持っています。そのためガスの濃度が低くなると効果が薄れてしまいます。有効期限とはそのガスの濃度を一定の効果がある濃度に保っていられる期間ということになります。そのため、有効期限が過ぎた防虫剤を使用していても防虫効果はほとんどありません。

またガス状になった薬剤の濃度を低くしないために、収納スペースの無駄な開閉はしないように注意しましょう。納スペースが密閉されていない場合も有効期間が早まってしまう可能性もあります。同じ理由で大きすぎる収納スペースはガスの濃度を保つために短時間で有効期限が過ぎてしまう場合があります。防虫剤のメーカーによっては有効期限が近いことを示す取替サインがある物もあります。

ポイント4:防虫剤の置き方に注意

防虫剤を使用する際には置き方に注意が必要です。一般的な収納ボックスなどに収納している衣類の場合は、防虫剤の効果は上から下に向かって行きます。そのため、衣類の間や下に置くのではなく積み上げられた衣類の上に置くのが正しい置き方になります。また防虫剤の効果が薄れてしまわないように、衣類をぎゅうぎゅうに詰め込みすぎないように注意しましょう。

吊り下げるタイプの場合は一つの防虫剤で複数の衣類を防虫させたい場合には複数ある衣類の真ん中に防虫剤を吊り下げることで全体に防虫効果を広げることができます。複数の吊り下げるタイプの防虫剤を使用する場合はバランスよく等間隔になるように吊り下げましょう。

ポイント5:防虫剤は場所別に使用

防虫剤を選ぶ際にはその防虫剤の用法に沿って最適な製品を使用するようにしましょう。例えば収納ケース用の防虫剤は発生させたガスが上から下へ降りていく性質を持っているので、収納ケース以外の場所では効果が半減してしまいます。同じようにクローゼット用の防虫剤はクローゼット以外では効果が薄れてしまうので注意が必要です。

パイプハンガーなどの閉め切っていない場所で防虫剤を使用したい場合はカバータイプの物を選びましょう。同時に衣類をホコリやカビから守ることも可能で、無臭タイプや香りつきの物もあり、用途によって使い分けることができるでしょう。クローゼット用の防虫剤でも通常の大きさの物や、ウォーキングクローゼット用など広さによっても最適な製品があります。

ポイント6: 衣替えは5月頃までに

夏の模様替えは、5月頃までに終わらせることも衣類害虫の被害に合わないために重要なポイントになります。衣類害虫が活発に産卵を行うのは夏が一番の時期になります。そのため、夏が本格的に始まる前に衣替えをする必要があります。夏に入ってからだと衣替えのために衣類をしっかりと洗濯をしても、衣類を干している間に衣類害虫が寄って来て卵を産み付けられてしまう可能性があります。

夏までに衣替えが終わらなかった場合は、衣替えのための衣類は洗濯後、乾燥機などでしっかりと乾かすか、もし乾燥機がなければコインランドリーなどで確実に乾燥させることをおすすめします。

ポイント7: 虫干しする

虫干しは、衣替えの時期に収納した衣類に発生してしまった衣類害虫を排除することを目的としています。基本的に虫干しは1年間に3回ほど行うのが良いと言われています。上述したように、夏服を出すための衣替えは5月頃までに行うのが一般的ですので、その後の梅雨を過ぎた7月の下旬から8月の上旬頃までに一回目の虫干しを行います。

次は9月頃に夏服をしまったあと、10月下旬から11月上旬ころに夏服に紛れてしまった衣類害虫を駆除する目的で虫干しを行います。最後に、1月下旬から2月上旬頃の乾燥した季節に一度虫干しを行います。この虫干しのことを寒干しと呼ぶこともあります。このように1年間に3回行うことで、万が一発生してしまった衣類害虫を駆除することができます。

ポイント8:クリーニングにて防虫加工をしてもらう

防虫剤を使用しての防虫では心配という人も多くいるでしょう。高価な衣類を長期間保存しなくてはいけない場合など、自宅での防虫対策だけでは心配なときはクリーニング店に防虫加工を依頼しましょう。クリーニング店で行う防虫加工は、ガス化させて防虫効果を付与するのではなく、衣類全体に加工するため長く効果が持続します。

実際にワンシーズン収納を続けていてもその効果は切れることなく続きます。またイヤな匂いなどが無く、人体にも無害なのが大きな特徴の一つになります。さらにクリーニング店で防虫加工を施してもらった衣類には、市販の防虫剤などを使用しても問題が無く変色や着色などの心配が無いのもメリットと言えるでしょう。

ポイント9:洗濯物を取り込むときや帰宅したときは手ではらってから

夏場に洗濯物を干していると衣類害虫の成虫がくっついていることがあります。白い服やタオルに引き寄せられてきてしまうのが衣類害虫の成虫の特徴になります。洗濯物を取り込むときには一度洗濯物をパタパタしたり、ポケットの中に衣類害虫が侵入していないかどうか確認するようにしましょう。

また日常的に、一度野外で着た服をすぐに洗濯をしない場合には衣類用ブラシでブラッシングをしたり、軽くはたいてからハンガーに掛けたりなど、癖をつけると衣類害虫の屋内侵入を防ぐことができるでしょう。

ポイント10:アイロンをかける

衣替えを行う際、しっかりと洗濯をしても洗濯物を干している際に衣類害虫が付着してしまっては意味が無くなってしまいます。ブラッシングなどでは産み付けられた卵などをしっかりと落とすことは難しいので、衣替えの前にはアイロンがけなどをして一度高温にさらすと良いでしょう。高温では衣類害虫の成虫も卵も死滅します。もしくは乾燥機で十分暖めるのも一つの方法です。

まとめ

衣類害虫の被害に遭わないためには日ごろから意識して対策を行う必要があります。慣れてしまえば難しいことは無いので、本記事を参考にお気に入りの服が虫食いにならないように対策方法を確認しましょう。

【PR】満足度94%!自分でやるのに疲れたらプロのお掃除

自宅のエアコンやキッチン、店舗のガラスやトイレまで。プロの力でキレイによみがえる!なかなか落ちない頑固な汚れにはこちらのサービスがオススメです。

無料の見積り相談であらゆるハウスクリーニングに対応してくれます。諦めている長年の汚れを落としてませんか?

お掃除マスター

\家全体すべてに対応/

年間3000件の実績

 

  • ◆掃除のプロにお任せ  
  • ◆黄ばみやカビ取りも  
  • ◆全国各地に完全対応  
  • ◆最短即日 待たせません

 

最新の投稿


ロフトベッドのインテリア実例20個!子供部屋のレイアウトなど

ロフトベッドのインテリア実例20個!子供部屋のレイアウトなど

ロフトベッドを上手に活用していますか?と言うのも、おしゃれなインテリアとして見せることができるからです。そこで今回は、ロフトベッドをインテリアとして見せる方法や、レイアウトをチェックしていきましょう。


靴の臭い消し方法10個。スプレーや重曹や粉を使って消臭しよう!

靴の臭い消し方法10個。スプレーや重曹や粉を使って消臭しよう!

靴の臭い消しスプレーなどを使っていますか?靴が臭うことを自覚している方は、様々な方法の臭い消しを実践している方も少なくありません。靴が臭う原因や臭いの消し方を知って、靴の臭いを根本から改善しましょう。


墨汁の落とし方を詳しく解説。服・上履き・壁床タイル・手に有効な方法

墨汁の落とし方を詳しく解説。服・上履き・壁床タイル・手に有効な方法

お子さんの服や上履き、壁や床などに付いた墨汁は落ちないと諦めていませんか?墨汁の落とし方がわかれば自分でもキレイにすることができます。墨汁が付いた時の落とし方をチェックして、黒いシミを攻略しましょう。


ベタつくフローリングの掃除方法!原因は?洗剤はセスキ・重曹など

ベタつくフローリングの掃除方法!原因は?洗剤はセスキ・重曹など

ベタベタしたフローリングは不快に感じる方も思いでしょう。フローリングのベタつきは、正しいやり方で落とすとサラサラの床になります。今回は、フローリングのベタベタを解消する掃除方法などをみていきましょう。


東京都内の解体工事業者おすすめ10選  口コミと料金相場一覧比較

東京都内の解体工事業者おすすめ10選 口コミと料金相場一覧比較

解体工事業者の選び方を悩むかは必見。選ぶ際に何を気をつければ良いか、どのように選べばいいのか、そして実際におすすめな東京の解体工事業者を10社紹介します。人生で何度も依頼するわけでは無いので、しっかりと慎重に選べるよう準備しましょう。


 

 

ビジネスパートナー募集