暮らしのお悩み解決サイト

魚焼きグリルの掃除方法!焦げや汚れを簡単に落とせる方法をご紹介

魚焼きグリルの掃除は定期的に行わないと油汚れや焦げ付きなどがこびりついてしまいます。しかし掃除をしたいけれどどのようにして良いか分からないという人も多くいるのではないでしょうか。本記事を参考に自分の魚焼きグリルの掃除を徹底的に行いましょう。


魚焼きグリルの掃除をしたいけれどどのように始めたら良いか分からないという人も多くいるのではないでしょうか。魚焼きグリルは定期的に掃除をしないと汚れがこびりついてしまいイヤな臭いも発してしまいます。

本記事では魚焼きグリルの汚れの紹介から実際にどのように掃除を行えば良いかまで詳しく紹介します。本記事を参考に自宅の魚焼きグリルを徹底清掃して気持ちよく調理ができるようにしましょう。

魚焼きグリルにつく汚れとは?

魚焼きグリル

魚焼きグリルは魚だけを焼くのではありません。現在では様々な調理でも活用できるのが魚焼きグリルです。そのため汚れる頻度も魚だけを焼いている場合に比べて増えてきます。魚焼きグリルに付着する汚れの原因は基本的に油汚れ焦げ付きの二つです。どちらの汚れもしつこく、なかなか落とすのが大変な汚れになります。

油汚れは脂身の多い魚や鶏肉などを料理した時に魚焼きグリル内に油が落ち、受け皿や車庫内に汚れが飛び散ってしまいます。
焦げ付きは、落ちた油汚れをきれいにすることなく何度も熱することで焦げ付きとなって車庫内にこびりついてしまいます。また魚や肉などの食材も、車庫内に落ちたものが掃除されない場合にこびりついてしつこい汚れになります。

魚焼きグリルの掃除に使える洗剤

【重曹】
重曹は温水と混ぜて使用することで発砲する効果があるのでこびり付いた焦げ付きや油汚れを浮かして落としやすくしてくれます。また重曹をそのまま振りかけて使用する場合はクレンザーのようにごしごしと擦って洗うことも可能です。

【セスキ炭酸ソーダ】
セスキ炭酸ソーダは水に混ぜて使用するとアルカリ性になるため、頑固な油汚れに大変効果的です。魚焼き機に付着する汚れである油汚れと、頑固な焦げ付きにも有効です。セスキ炭酸ソーダは水に混ぜてスプレーボトルに入れると使いやすいでしょう。

【オキシクリーン】
オキシクリーンはつけおき洗いをするオキシ漬けが頑固な油汚れや焦げ付きには大変有効です。ぬるま湯と合わせると化学反応が起きて泡を発生させるため、汚れを浮かせて根こそぎ落とします。長時間のつけ置きが必要ですが、その分効果は期待できるので試すべき方法の一つです。

魚焼きグリルの掃除方法【受け皿・網】

基本的に魚焼きグリルで取り外し可能な部分は受け皿と網になります。それぞれ適切な洗い方があるので、こちらで紹介します。

掃除方法:受け皿

受け皿は調理中に網に乗せた食材から落ちる汚れを全て受け止める役割があります。そのため汚れが最も付着してしまう部分でもあります。受け皿はなるべく汚れが溜まる前に掃除をするようにしましょう。

【擦り洗い】
基本的に少量の油汚れや焦げ付きであれば、洗剤を付けてスポンジで擦り洗いを行えば落ちるでしょう。毎日の掃除では擦り洗いが一番効率的です。しかし焦げ付きなどは毎日洗っていても少しずつ蓄積されていきます。そのような場合には重曹を振りかけて、たわしなどでごしごしと強めに擦るようにしましょう。多少蓄積されただけのまだ日の浅い焦げ付きなどはこの方法できれいになるでしょう。

【セスキ炭酸ソーダでつけおき洗い】
つけ置き洗いをする場合はセスキ炭酸ソーダを使用する方法が一般的です。セスキ炭酸ソーダの場合、45℃程度のぬるま湯1Lにセスキ炭酸ソーダを大さじ1をよく溶かします。汚れた受け皿を30分から1時間程度つけ、汚れを浮かせます。その後スポンジやたわしで擦るように掃除をしましょう。汚れが思うように落ちないという場合にはつける工程を繰り返し行いましょう。

掃除方法:網

魚焼きグリルの網は食材を直接乗せる部分であるため、油汚れや焦げ付き、それに加えて魚の皮部分などがこびりつきやすく掃除もその分大変になります。網も受け皿と同じように毎日の掃除が汚れをため込まないコツになります。

【擦り洗い】
魚焼きグリルの網を洗うときは、洗剤などを使ってスポンジで擦り洗いをするようにしましょう。もしスポンジで汚れが落とせない場合には掃除用の歯ブラシなどを使用して優しく網を擦るようにする必要があります。金ダワシなどで強く擦ると表面のコーティングが剥がれてしまうので、油汚れや焦げ付きが付着しやすくなってしうため注意が必要です。

【重曹でつけおき洗い】
シンクなどに50℃程度のお湯を溜めて網を入れましょう。そこに重曹を大さじ2杯ほど入れて10分から20分程度つけましょう。つけこんだ後はスポンジや歯ブラシで擦り洗いをすると良いでしょう。重曹でつけおいた場合は油汚れや焦げ付きが落ちやすくなっているので、可能な限り優しく擦り洗いするのがコツとなります。

魚焼きグリルの掃除方法【庫内】

魚焼きグリルから網と受け皿を取り出したらグリル本体の掃除となります。魚焼きグリルの本体庫内は汚れが一番多いことが多く、しっかりと清掃を行いましょう。

【擦り洗い】
本体庫内の掃除にもセスキ炭酸ソーダを使用すると良いでしょう。網と受け皿を外したら、ゴム手袋をはめてセスキ炭酸ソーダを庫内に十分吹きかけます。しっかりとセスキ炭酸ソーダが浸透したら布などを使用して擦っていきましょう。焦げ付きやしつこい油汚れがこびりついている場合があるのでしっかりと擦っていきましょう。

庫内は意外と奥行きがあるため、奥の方にはなかなか手が届かないでしょう。そういった場合は布を割りばしなどの先に巻き付けて輪ゴムなどで固定し、奥の方まで届くように準備してから擦り落としましょう。十分擦って油汚れや焦げ付きが落とせたら、セスキ炭酸ソーダが残らないようにしっかりと水で濡らした布などを使用して水拭きしましょう。

【つけおき洗い】
魚焼きグリルの庫内の汚れがひどい場合、セスキ炭酸ソーダを内部にしっかりと吹きかけた後にキッチンペーパーで内部を覆うように貼り付けましょう。さらにキッチンペーパーの上を食用ラップなどで覆い、キッチンペーパーが乾かないようにします。汚れとセスキ炭酸ソーダを密着させて、30分ほど放置します。

時間が経過したら食用ラップとキッチンペーパーを取り外し、セスキ炭酸ソーダと汚れを布で擦り落とします。乾いた布で十分な汚れを落とすことができたら、水拭きをしてセスキ炭酸ソーダをしっかりと落としましょう。

【汚れがひどい場合】
庫内の汚れがひどく、上記の方法でも焦げ付きなどが取れない場合には重曹とクエン酸などを使用して汚れを落としましょう。重曹とクエン酸は2:1で振りかけ、ぬるま湯を吹きかけることで泡が発生します。これによって汚れを浮かせて落とすことが可能です。

魚焼きグリルの掃除を簡単にする方法4個

いくつかのアイデアで魚焼きグリルの掃除を劇的に簡単にすることが可能です。こちらではそのいくつかのアイデアを詳しく紹介します。

その1:片栗粉

料理に使用する片栗粉を魚焼きグリルに入れて調理をするだけで掃除を簡単にする方法です。片栗粉はジャガイモのデンプンなどから作られており、デンプンは加熱することでとろみを出すという性質があります。このとろみには粘着質も含まれているのでそれを利用して魚焼きグリルの汚れを付きにくくします。

方法は、魚焼きグリルの受け皿の水200mlに大さじ4杯ほどの片栗粉を入れます。そのまま調理をすることで水溶き片栗粉が加熱され、硬くなります調理後はまだ水溶き片栗粉が熱いので、冷めるまでしっかりと待ちましょう。片栗粉水は冷めるとゼリー状になるので簡単に剥がすことが可能です。これによって受け皿自体に汚れが付着しにくく簡単に汚れを落とすことができます。

その2:重曹

【PR】ハウスクリーニングやエアコン掃除はプロに依頼しませんか

清潔な住まいで健康で快適な暮らしを!キッチンの頑固な油汚れ、時間と労力を費やす水回りの清掃、エアコンのクリーニングなど普段なかなか手がつけられない掃除なら、掃除のプロが見つかるこちらのサービスがオススメです。

ハウスクリーニング業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_クリーニング

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

 

ビジネスパートナー募集