暮らしのお悩み解決サイト

室内干しおすすめグッズ人気比較ランキング15選【部屋干しでもストレスフリー】

室内干しおすすめグッズ人気比較ランキング15選【部屋干しでもストレスフリー】

部屋干しをしたいけれど、効率よく場所を使うにはどのようなグッズを使えば良いでしょうか。エアコンや扇風機、乾燥機を使っても、大切なのは物干しの形です。使わない時は収納できて、効率よく乾かせる便利な部屋干しおすすめグッズをご紹介します。


花粉症やPM2.5、台風や雪など、洗濯物はいつでも外で乾かせるわけではありませんよね。洗濯物をお風呂場で干していたけれど、量が多くて部屋の中でも干さなくてはいけなくなった家庭も最近多く見かけます。

エアコンや乾燥機をかけても、やはり干した時に空気が効率よく回るようにしていないと、部屋干しの場合はいつまで経っても乾きません。

そして、部屋干しの場合乾きが遅いと心配なのが臭くなることです。ピンチ付き洗濯物干しをカーテンレールにかけていたら、洗濯物同士がくっついてしまって乾かずに生乾きのニオイがするというケースも。

ここでは便利で人気の部屋干しグッズをご紹介していきましょう。

室内干しグッズの選び方とポイント

①折りたたみタイプの室内物干し
X脚タイプや、逆V字タイプ、二つ折りや三つ折りタイプになっていて、干す時には広げ使わない時には折り畳める物干しです。定番タイプなのでさまざまなバリエーションがあり、洗濯物の種類や重さ、部屋の大きさによって選ぶことができます。

②天井吊り下げタイプの室内物干し
天井に金具を取り付けて、そこにピンチハンガーや物干し竿をぶら下げるタイプです。新築であれば、壁に埋め込むタイプのものを設置するのも良いでしょう。

③窓枠、鴨居、ドア枠への器具取付タイプの室内物干し
部屋の中のわずかな出っ張りを利用して器具を取り付けて、その上に物干し竿を設置するというタイプです。物干し竿を設置した時の角度が壁に並行にできるか、L字になるかは、選ぶ金具によって違います。

④ワイヤーロープタイプの室内物干し
部屋の壁にワイヤー入りのボックスを取り付けて、反対側の壁につけた金具にワイヤー引っ掛けるという物干しです。布団などあまり重いものは干せないというデメリットはありますが、部屋をシンプルに使いたいという方におすすめです。

⑤パラソルタイプの室内物干し
普段は棒状になっていて、干す時に物干し部分が傘にように放射状に出るタイプの物干しです。タオルや靴下など、同じ形のものがたくさんある場合に便利です。脚が三本のものより四本のほうが倒れないので主流になりつつあります。

⑥布団干しメインの室内物干し
しっかりしたポールで作られている物干しです。折り畳みや伸縮可能で、部屋干しが終わった後は片付けられますが、濡れた布団が乾かせるように作られているため、折りたたんでもやや大きめサイズになります。

室内干しグッズのおすすすめ人気ランキング15選

使い勝手の良い万能部屋干しグッズ! 部屋干しといえば、定番のX脚の洗濯物干しが今も昔も変わらず人気です。折り畳めるので、干した後は収納でき、畳んだ時は奥行き幅8センチと薄型になるので、家具と壁の隙間にも入れられます。 同じタイプで、サビに強く丈夫なステンレス製と、お手入れしやすく軽量のアルミ製があります。お値段はアルミ製のほうが1,000円程高くなります。 キャスターはついていませんが、フローリングの床でも傷つけないよう足の部分に工夫がされています。干す時のレイアウトが使い勝手が良い長さになっていて、2つ目を購入する人もいるほどの人気ぶり。 干せる洗濯物の量は、付属のタオルハンガーを使うと、シャツは7枚、バスタオルなど長めのものが4枚、下着や靴下など小物が20枚となっており、タオルハンバーは使わない場合は、シャツなら11枚、フェイスタオルが4枚程度です。 品物が到着した時には部品で来るので、自分で組み立てが必要ですが、工具はいりませんので力が無くても簡単に完成できます。

洗濯物干しが楽になる工夫が随所に! 物干し竿にぶら下げるタイプの洗濯物干しは、干す時にドアに引っ掛けると傾いてしまったり、ピンチ同士が絡み合ってしまったりとイライラさせられることが多いものです。 そんな小さなイライラを解消してくれたのが、コグレと洗濯先生が開発したシリーズのこの洗濯物干しです。 全体を引っ掛けるフック部分とは別に、ドアに水平に引っ掛けられるようにする「部屋干しフック」がついており、洗濯物全体が斜めになって重なってしまい乾きにくくなる心配から開放してくれます。 全体を引っ掛けるフックも伸縮できるようになっているので、部屋の高い場所に引っ掛ける場所があっても干すことができます。ピンチ同士の可動域を工夫しているので、畳んで収納していた洗濯物干しを開いた時に、ピンチ同士がからんで開かずイライラすることもありません。 また、外側と内側と二重に物が干せるようになっているので、下着など見られたくないものを内側に干すことができます。 洗濯先生シリーズは同じタイプで24ピンチ、44ピンチ、48ピンチなどバリエーションも豊富で、ハンガー物干しシリーズもあります。

部屋干しと言えば突っ張り棒!耐荷重もアップ 部屋干しや収納上手の強い味方と言えば、突っ張り棒です。こちらは平安伸銅工業の突っ張り棒の超強力タイプで、同シリーズ最高耐荷重。何と70キロまで耐えられる強さです。これなら毛布や布団も安心して干すことができますよね。 長さを短くする程耐荷重は増えて、180センチに伸ばすと35キロまで、110センチに伸ばすと70キロまで耐えられます。 耐荷重がアップした秘密は、ポールの中にハイテンションカム機構という強力バネを入れたからで、ポール部分に重さがかかると、自動的に壁を押す力がアップするという仕組みが更に安定構造を生みました。 突っ張り棒の長さは75から110センチ用、110から180センチ用、170から280センチ用と3種類あります。 突っ張り棒が落ちてくると不安な場合は、クローゼット用強力支え棒という縦に取り付けるタイプの突っ張り棒もあるので、そちらで支えても良いでしょう。

家族5人の洗濯物がしっかり干せる 大量の洗濯物を、一気に干したい時に便利な洗濯物干しです。梅雨時や台風時期には大助かりの部屋干しグッズです。こちらの特徴は長さが伸縮可能なパイプです。 最大で幅が162センチまで伸びるので、シャツなら25枚、バスタオルサイズの長いものなら5枚、フェイスタオルサイズは5枚、靴下など小物なら20枚を干すことができます。 あまり洗濯物が大きくない時は、幅が92センチまで縮ませることができますし、コンパクトに収納可能です。洗濯物をこれにかけてエアコンの下に置いておけば、乾燥時間も短縮できますね。 12キロまで耐えられるので、布団を干しても壊れません。 最近のX脚タイプ洗濯物干しに定番で付属している、「折り畳み式タオルハンガー」ももちろん付属しています。バスタオルを干す時だけでなく、セーターなど平らに干さなくてはいけない洗濯物を干す時にも便利です。 こんなに干すことができて、本体の重さは3.64キロなので、畳んで収納する時も面倒になりません。

一人暮らしならこれで十分なサイズの物干し 手軽に干せる、逆V字タイプの洗濯物干しです。X脚タイプの物干しを使うほどは洗濯物は無いけれど、場所を取らない部屋干しグッズが何かほしいという方に最適です。 毛布や布団も干せますし、ハンガーでシャツを乾かしたり、一番上の部分にピンチがついた物干しをぶら下げることもできます。まさに万能物干しですよね。 本体は2.864キロと非常に軽いので、片手で持ち運びできる程軽量です。奥行きも7センチなので、壁際に置いてあっても邪魔になりません。 商品が届いた時には部品で来るので、自分で組み立てる必要があります。シンプル構造なので組み立ては簡単ですが、部品の位置を間違えるとガタガタしてしまうので注意してください。

ダブルハンガーで布団も干せて伸縮可能! しっかりしたX脚タイプの大容量物干しがほしいなら、エカンズの伸縮式多機能物干しです。 片方のバーがダブルバーになっているので、バスタオルなどを干した時には間に空気の層ができるため乾燥が短時間で済みます。 また、もう片方のバーには波型のハンガーかけがついているので、エアコンの風が吹いても洗濯物がずれて重なってしまう心配もありません。 横縦両方の長さが調節でき、横幅は121センチから200センチまで自由自在。高さは低い時には94センチ、一番高くして130センチになるので、洗濯物にあわせて高さの変更が可能です。 最大で、例えばシャツ35枚、バスタオル2枚、フェイスタオル6枚、ピンチ付きの物干し1個を干すことができます。一人暮らしで一週間に1回しか選択できない場合でも、便利に使えそうですよね。

四脚だから倒れない!タオルや靴下が三段で干せる 上中下段に物が放射状に干せる、パラソルタイプの物干しです。 パラソルはバーが1段につき16本、合計48本あるので、タオルや靴下、布オムツなど、小物が大量にある家庭には大助かりのグッズです。 パラソル部分は高さ調節ができるので、長いものを干す時には上に移動させて使いましょう。 付属のピンチハンガーは24個のピンチが付いており、靴下も一度に大量干しが可能です。 一番上に乗せて三段目としても使えますし、外すことも可能なのでピンチ付き物干しとして単体でも使えます。 このタイプの物干しは、従来三脚だったので倒れやすいと不評だったのですが、 こちらのタイプは改良されて四脚になっているので、風や衝撃にも強くなっています。

布団干しメインなら3枚干せるこちら 布団の部屋干しメインで、時々他のものも干せるといいなという方に人気なのがこちらの伸縮布団干しです。布団を3つ干しても良いし、一つのパイプには波型のハンガーパイプがつけられているので、服やピンチハンガーなどもかけられます。 他社の布団も干せる物干しは布団をメインに考えていないので足まわりが弱く、布団を干すとガタガタになってしまうものもありますが、こちらは布団を干すことを第一に考えているのでパイプが太く、脚部分の作りもしっかりしています。 パイプは掃除しやすいステンレス製なので、干している間にずり落ちないように布団ばさみで止めておくと良いでしょう。

ホテルで見るワイヤーロープの物干しを家に 旅先のホテルのユニットバスで見る、ワイヤーを引き伸ばして物干し竿代わりにできる洗濯物干しと同タイプのものです。 使わない時はワイヤーを本体に収納できるので、場所を取りません。 最長で10キロの重さまで干せるので、例えばトレーナー3枚、スカート2枚、バスタオル3枚、ジーンズ2枚、Tシャツ5枚、長袖のワイシャツを5枚まとめて干すことが可能です。 万が一ワイヤーを手から外してしまった時も、ゆっくりと歩くスピードくらいの遅さで巻き取られるように設計してあるので安全です。 購入すると巻取りワイヤーが入った本体と、反対側の壁につける金具とが送られてきます。 金具はまっすぐでなくても、ある程度左右の位置でも取付可能。 外観は白いボックスなので、部屋のインテリアを邪魔したくないという方にもおすすめです。

部屋に物干し竿をしっかりと取り付けたい方に 天井に穴を開けてポールを付けて、物干し竿が干せるようにするグッズです。天井に設置する薄型の台と、金属製のポール部分、物干し竿をくぐらせる部分の丸い輪の部分の三つの部品でできています。 物干し竿を使わない時は、ポール部分をネジで取り外せるようになっているので、洗濯後の部屋をスッキリと見せることができます。梅雨時は部屋干ししたいけれど、それ以外は部屋に洗濯物は干さないという場合にも便利ですよね。 天井から物干し竿が落ちてこないように、ワイヤーに斜めの力がかかっても、スプリングがついているので天井が割れてしまうこともありません。重すぎるものを干した時は、リング部分の金具に赤いマークが出るので、洗濯物のかけすぎも防げます。 長さは天井に合わせて、低い天井用のSSサイズ、SSサイズと標準サイズの間のサイズ、天井からぶら下がる長さが64センチの標準サイズ、ロングサイズ、一番長いLLサイズと5種類ありますので、長さを選ぶことができます。

4枚乾かせる!サビに強い軽量布団干し 布団が4枚干せるタイプの折りたたみ式布団干しです。パイプを十字の形や扇の形など、自由に角度を変えられるので、部屋のサイズによって広げ具合を変えられます。畳んだ時は幅が約12センチ、高さは125センチ、幅は123センチです。 布団干しの中ではコンパクトではありますが、他の物干しと比較すると大きめなので購入時には家のどこに置くか考えてからのほうが良さそうです。広げた時は、十字型にすると直径が約2メートル45センチになります。 ドライバーなど工具は不要ですが、品物によって質のばらつきがあり、新品で購入したのにパイプから液体が出てきたり、組み立て前のパイプの先が鋭利なので作る時は注意が必要という点です。 同じシリーズで2種類販売されており、こちらの簡単に組み立てできて折り畳みも簡単なタイプの他に、広げた角度をロックして倒れにくいタイプもあります。

釘無しで物干し竿やハンガーで部屋干しできる 釘を使わないで、かもいや窓枠、ドア枠などに取り付けることができ、物干し竿を室内で使えるようにしてくれる便利グッズです。2つとも同じ方向につけることができるので、壁に平行で物干し竿を設置できるので、部屋の中でL字や三角形になる部分を探す必要もありません。 物干し竿は直径3センチ2ミリまでのものをセットできるので、大抵のメーカーのものが使用可能です。 金具部分の端がかもいや窓枠部分を押すことでテコの原理が働き固定できます。棒金具部分は波型構造になっており、ハンガーを複数個かけても洗濯物同士が重なってしまうことがありません。 窓枠など枠の木の部分の裏に2ミリほど食い込ませて安定させるので、枠が鉄やステンレス製であったり枠と壁の間がぴったりとくっついていて隙間が無い部屋の場合は使えませんので注意してください。

物干し竿を和室に簡単設置!釘いらずで便利 和室の「かもい」は「梁」の部分に設置するだけで、物干し竿が置けるという便利グッズです。木の部分が2cmから5cm幅のかもいや梁に取り付けが可能ですので、大半の和室に設置できます。 設置できる場所は部屋の「L」字になっている部分で、物干し竿が二等辺三角形の底辺になるように設置すると安定します。 100円ショップにも似たような製品が販売されていますが、100均のものは釘で器具を固定するタイプなので賃貸住宅の場合は、釘いらずのこちらがおすすめです。物干し竿は同梱されていませんので、自分で購入してください。 姉妹品に、かもいや梁にハンガーがひっかけられるようにする製品も販売されています。和室は洋服のための引っかける場所が無いので、こういったグッズがあると便利ですよね。

天井に収納できるタイプの新発想物干し竿 部屋干しをしたいけれど、部屋の中に突っ張り棒をするには距離がありすぎて、突っ張れなくて困っている方に朗報です。こちらの製品は物干し竿を天井からぶら下げるタイプで、使っていない時は天井側のユニットに収納することができるのです。 自分の好きな高さまで下ろして洗濯物を干すことができるので、背の低い方や車椅子の方でも仕様することが可能です。干した後は、上まで高さをアップさせることが可能です。 ぶら下げられる重さは脱水した後の洗濯物8キロまでとなっていますので、布団は洗濯したら重くなるので、重ね干ししないようにしましょう。 リモコンがついたタイプと、手動タイプ、天井に埋め込んだタイプ、天井に後付けできるタイプなど、状況によってどれにするか選ぶことも可能です。

【PR】ハウスクリーニングやエアコン掃除はプロに依頼しませんか

清潔な住まいで健康で快適な暮らしを!キッチンの頑固な油汚れ、時間と労力を費やす水回りの清掃、エアコンのクリーニングなど普段なかなか手がつけられない掃除なら、掃除のプロが見つかるこちらのサービスがオススメです。

ハウスクリーニング業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_クリーニング

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連するキーワード


洗濯グッズ

関連する投稿


柔軟剤おすすめ人気比較ランキング20選【いい匂い!2019年最新版】

柔軟剤おすすめ人気比較ランキング20選【いい匂い!2019年最新版】

最近はいい匂いの柔軟剤が増えて、お洗濯や部屋干しが楽しくなったという声も。ふわふわになるだけでなく香りが残る柔軟剤や、無香料の柔軟剤、赤ちゃんや敏感肌の人も使える柔軟剤など、ここでは売れ筋の柔軟剤についてご紹介していきましょう。


最新の投稿


ホテルライクなインテリア実例18選!賃貸でもできるコツを紹介

ホテルライクなインテリア実例18選!賃貸でもできるコツを紹介

ホテルライクな部屋とは、ホテルのように洗練されて清潔な部屋のことです。そんなおしゃれな空間を自宅で再現することが今インスタなどで流行しています。 この記事ではホテルライクな部屋作りのポイント、色の選び方の他、実例を紹介していきます。


ガジュマルの正しい剪定の仕方!丸坊主がおすすめ?最適な時期も

ガジュマルの正しい剪定の仕方!丸坊主がおすすめ?最適な時期も

ガジュマルはぐんぐん大きくなる観葉植物で、剪定をしないと不格好なだけなく、害虫のリスクも高まるので定期的に手入れをしなければなりません。 この記事では切り戻し・丸坊主の二通りの剪定のやり方・コツ・時期・頻度やその注意点について紹介していきます。


おしゃれな書斎インテリア26選!小物使い実例や和室レイアウトも

おしゃれな書斎インテリア26選!小物使い実例や和室レイアウトも

テレワークなどで書斎にいる時間が増えた方もいるでしょう。書斎で過ごす時間が増えたからこそインテリアにこだわる方も増えています。そこで今回は、おしゃれなインテリアでまとめた書斎実例を26個まとめました。


帽子・キャップのおしゃれな収納方法26選!100均活用実例も

帽子・キャップのおしゃれな収納方法26選!100均活用実例も

帽子の収納方法は数多くあり、どの方法が最適か迷ってしまうという人も多くいるのではないでしょうか。本記事ではあらゆるシチュエーションでおすすめな帽子の収納方法を詳しく紹介します。本記事を参考に自分にもっとも適した収納方法を確認しましょう。


黄砂の洗濯物対策6つ!干してしまったらはたくと効果あり?

黄砂の洗濯物対策6つ!干してしまったらはたくと効果あり?

洗濯をしたばかりの洋服に黄砂が付いてしまって困った、という経験をしたことがある人は多くいるでしょう。本記事では洗濯物を外に干す際の黄砂対策から、黄砂が洗濯物に付着してしまった場合の対処方法までを詳しく紹介します。本記事を参考に最適な黄砂対策をしましょう。


 

ビジネスパートナー募集