バーベキュー後の炭の捨て方・再利用方法!安全&処理がラクになるグッズも紹介

バーベキュー後の炭の捨て方・再利用方法!安全&処理がラクになるグッズも紹介

キャンプやバーベキュー後の炭の捨て方を解説します。使用後の炭や灰の再利用方法や、安全&処理が楽になるおすすめアイテムも紹介しています。


キャンプやバーベキューなど、アウトドアで使った炭の捨て方や、火の始末炭や灰の再利用方法を解説します。

キャンプやバーベキューは楽しいけれど、片付けが面倒だな…と感じる方におすすめの、安全で楽に処理できるアイテムも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

バーベキューなどで使った炭の捨て方
使用後の炭は、灰捨て場へ or 持ち帰り

使用後の炭は、適切な方法で消火して捨てるのがマナーです。その理由としては2つあります。

■環境面への配慮
炭は自然にかえることがありません。そのまま放置すると地面が汚れたり、自然環境への汚染につながるので、適切に捨てましょう。

■次に使う人への配慮
炭のごみが残っていると、次に使う人に迷惑がかかります。お互い気持ちよくアウトドアを楽しめるように、炭のごみはきちんと処理しましょう。

バーベキューなどで使った炭の捨て方は、主に2種類あります。
①「灰捨て場」へ捨てる
②持ち帰って「家庭ごみ」として捨てる

詳しくみていきましょう。

使用後の炭の捨て方①
「灰捨て場」へ捨てる

一般的なバーベキュー施設やキャンプ場には「灰捨て場」があることが多いです。施設内に「灰捨て場」がある場合は、そちらに捨てましょう。(は必ず消火後に捨ててください。)

「灰捨て場」の場所は、施設の受付所や管理棟の近くにあることが多いです。事前にマップで確認しておくと、スムーズに利用できますよ。

施設にある「灰捨て場」には、コンクリートブロックで作られたものや、ドラム缶タイプのものなど、形状はさまざまです。

使用後の炭の捨て方②
持ち帰って「家庭ごみ」として捨てる

河原でのバーベキューや海辺のキャンプでは、灰捨て場がないこともあります。そのような場合は持ち帰って「家庭ごみ」として捨てましょう。

炭のごみ分別は、お住まいの自治体によってルールが異なります。自治体のホームページ等で「炭が何ゴミになるか」「どのように捨てるか」をまず確認しましょう。「炭 ごみ分別 〇〇市」などのインターネット検索でも、情報を得ることができます。

自治体によって、炭が「燃えるゴミ」として出せるところもあれば、「燃えないゴミ」の日に出すルールのところもあります。出すときの注意点も自治体ごとに違うので、チェックしておきましょう。

安全に炭を捨てるための準備
バーベキューなどで使用後の炭の消し方

炭を捨てる前には必ず「消火」をしましょう。消火が不十分だと、火事やヤケドの原因になります。また、炭を消火するときは、正しい方法で行うことも大切です。

【炭の正しい消し方】
・水の中に入れて消火する
・空気中の酸素を絶って鎮火する

それぞれの手順やメリット・デメリットをみていきます。

使用後の炭の正しい消し方1
炭を水の中に入れて消火する

炭を水に浸して、確実に消火する方法です。

【手順】
①(できれば金属製の)バケツに水をはる
②使用後の炭を1つずつ、ゆっくりと入れていく
(まとめて入れると、水が沸騰して危険です!)
③10分~15分ほど放置する
④大きめの炭を1つ取り出して割ってみて、火が消えているのを確認できたらOK

【メリット】
・特別な道具がいらない

【デメリット】
・炭の再利用がむずかしい

炭の消火におすすめの金属バケツをご紹介します。

炭の消火におすすめの金属バケツ
トタンバケツ 10型 (約8.4L)

耐久性に優れたトタンバケツです。安心の日本製。

使用後の炭は高温なので、プラスチック製のバケツよりも、耐熱性のある金属製のバケツがおすすめです。

商品詳細はこちら

使用後の炭の正しい消し方2
空気中の酸素を絶って、炭を鎮火する

炭が燃えるには酸素が必要です。「火消し壺」を使って密閉すると、酸素がなくなり炭を鎮火できます。

【手順】
①火消し壺に使用後の炭を入れる
②20分~30分ほど置く
③持ち運ぶ場合は、「火消し壺」全体が熱くなっているので、持ち手をもつようにする

【メリット】
・炭を再利用できる

【デメリット】
・熱くなった「火消し壺」でヤケドをする恐れがある
(小さいお子さんなどが触らないように、置き場所に注意が必要)

おすすめの火消しグッズ、防火グッズをご紹介します。

炭の消火におすすめの火消し壺
炭火起こし兼用 火消し壺

「火起こし」と「火消し」がこれ1つでできる二刀流の火消し壺です。
■火起こし
煙突効果で楽に火起こしできます。
■火消し
上下のフタで密閉して炭を消火します。消火後の炭は、再利用OKです。

商品詳細はこちら

炭の後片付けが楽になる防火バッグ
ZEN Camps 灰処理袋 Lサイズ

コンパクトにたためて便利な灰処理袋です。耐熱性生地で作られているので、まだ少し熱をもった炭や灰を安全に持ち帰ることができます。

3サイズ展開で、ソロキャンプにおすすめなSサイズ、複数人数のアウトドアにおすすめなMサイズ、連泊や焚き火シートにも使えるLサイズがあります。

【使用方法】
①ほぼ鎮火した炭や灰を袋に入れる。
※火消し壺ではないので、炎が上がっている高温の炭は入れないでください。破損の原因になります。

②袋の口をしめて内部を酸欠状態にし、鎮火を促す。

商品詳細はこちら

炭の消火におすすめの防火シート
防火シート【ICHIFUJIスパッタシート】

外でバーベキューをするときに、後片付けが楽になる防火シートです。たき火台やコンロの下に敷いて使います。高温の炭がこぼれ落ちても、防火シートがキャッチするので安全です。使用後はシート上の炭や灰を集めて楽に片付けができ、地面も汚しません。

商品詳細はこちら

火の始末・炭を捨てるときの注意点
間違った消し方・捨て方に注意!

炭の間違った消し方や捨て方の例を紹介します。

■炭に直接水をかける〈NG〉
⇒燃える炭に直接水をかけると、水蒸気や灰が舞い上がりとても危険です。また、バーベキューグリルや七輪にダメージが出る可能性もあるのでやめましょう。

■炭が燃え尽きるまで放置する〈NG〉
⇒長時間かかる上に、消火が不十分なこともあります。火事やヤケドの原因になるので、確実な方法で消火しましょう。

■使用後の炭をそのまま土に埋める〈NG〉
⇒炭を土に埋めても消火はできません。また土の中では分解できないので、環境汚染にもなります。お子さんがヤケドを負う事故も発生しているので、土には絶対に埋めないようにしてください。

〈参考〉
BBQ“炭”でヤケド…砂に埋めて消える?(日テレニュース)

次の章では、使用後の炭の再利用方法について解説します。

使用済みの炭の再利用
「消し炭」を着火用の炭として再利用

水に浸して消火した炭は再利用がむずかしくなりますが、火消し壺などで鎮火した炭は再利用できます。

使用後の炭は「消し炭」と呼び、未使用の炭よりも着火しやすい特徴があります。次回のアウトドアで、火起こしが楽になるでしょう。

【消し炭の作り方】
①炭が完全に冷めてから、天日干ししてしっかり乾燥させる。
②保存容器に乾燥剤と一緒に入れて保管する。

いくつか種類のある炭の中で、再利用しやすいのは白炭(備長炭、オガ炭など)です。白炭は価格が高めで着火しにくい特徴がありますが、そのぶん長持ちするので再利用に向いています。

おすすめの白炭をご紹介します。

バーベキューにおすすめのオガ炭
1級オガ備長炭 10㎏

オガ炭は、おがくずを圧縮加工して作られた木炭の一種です。備長炭と同じ性質(火力が強く、火持ちが良い)を持ちながら、費用が抑えられるのがメリットです。
消し炭は、着火用の炭として再利用できます。

商品詳細はこちら


続いて、余った炭をアウトドア以外に使うアイデアを紹介します。

未使用の炭・余った炭を活用するアイデア
余った炭をアウトドア以外で活用

未使用の炭や余った炭は、アウトドア以外でも使えます。汚れが気になるときは、水洗いと天日干しをしてから使うのがおすすめです。

【余った炭の活用例】
・消臭剤(脱臭剤)として
・除湿剤として
・入浴剤に

詳しくみていきましょう。

余った炭の活用例1
消臭剤(脱臭剤)として使う

炭の吸着採用が、生活の中の嫌なニオイを取り除きます。

■冷蔵庫の消臭に
炭をキッチンペーパーにくるんで冷蔵庫に入れておくと、消臭剤替わりになります。効きが悪くなってきたときは、天日干しすると効果が戻ります。

■車内の消臭に
車の中はニオイがこもりがちになります。炭を綺麗な布にくるんで車内に置くと、消臭効果がありますよ。

余った炭の活用例2
除湿剤として使う

炭には「細孔」という小さな穴があり、湿気を吸いとります

■押入れの除湿に
不織布やキッチンペーパーにくるんで押入れに置くと、除湿効果があります。効きが悪くなってきたときは、天日干しすると効果が戻ります。

余った炭の活用例3
入浴剤にする

炭の吸着力が、ふろ水の塩素や不純物を取り除きます。また遠赤外線効果で、体が温まりやすくなりますよ。

尚、入浴剤に向いているのは白炭です。(黒炭はもろく溶けやすいので、お風呂にはおすすめではありません。)

【炭の入浴剤の作り方】
①1kg程度の備長炭を水洗いする。
②洗濯ネットに備長炭を入れる。
③湯舟に入れて入浴を楽しむ。

最後に、炭から出た灰を再利用するアイデアをご紹介します。

炭から出た灰の再利用
炭から出た灰を再利用するアイデア

炭から出た灰も再利用する方法があります。粒度をそろえるため、ふるいにかけてから使うのがおすすめです。

【灰の再利用の例】
・畑の肥料に
・洗剤として(油汚れ落とし)
・山菜のあく抜きに

順番にみていきましょう。

炭から出た灰の再利用方法1
畑の肥料にする

灰に含まれるカリウム・カルシウム・リン酸などが、土壌を改良したり、農作物の生長を助けます。

灰を肥料として活用する方法については、こちらのYouTube動画も参考になります。

炭から出た灰の再利用方法2
洗剤として使う(油汚れ落とし)

灰のアルカリ成分と研磨作用で、バーベキュー機材や食器などの油汚れを落とします。

【手順】
①灰をふるいにかけて粉状にする
②灰を水に溶かす
③スポンジに灰をつけて、油汚れの部分をこすって落とす。

灰を洗剤として活用する方法については、こちらのYouTube動画も参考になります。

炭から出た灰の再利用方法3
山菜のあく抜きに活用する

灰のアルカリ性質が、ワラビのアクの成分である「チアミナーゼ」を中和します。

【ワラビのあく抜きをするときの手順】
①鍋にお湯を沸かし、沸騰したら一握りの灰を入れる。
(色だしのために、銅鍋を使う or 20cm程度の銅線を入れてもOK)

②火を止めて、ワラビを入れて落し蓋をする。

③一晩置くと、あくが抜けて水の色があずき色に変わる。

灰をあく抜きに使う方法は、こちらのYouTube動画も参考になります。

【PR】ハウスクリーニングやエアコン掃除はプロに依頼しませんか

清潔な住まいで健康で快適な暮らしを!キッチンの頑固な油汚れ、時間と労力を費やす水回りの清掃、エアコンのクリーニングなど普段なかなか手がつけられない掃除なら、掃除のプロが見つかるこちらのサービスがオススメです。

ハウスクリーニング業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_クリーニング

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

 

ビジネスパートナー募集