暮らしのお悩み解決サイト

セーターの縮まない洗い方と干し方!洗濯機・手洗いは?洗剤や温度は?

セーターの縮まない洗い方と干し方!洗濯機・手洗いは?洗剤や温度は?

"セーターは縮んだり型崩れするから自宅で洗えない"と思っていませんか? セーターは正しい洗い方をすれば自分でも洗濯できます。クリーニング代を抑えたい方は、「セーターの洗い方」などをチェックしましょう。


"自分でセーターを洗濯すると縮んだり型崩れをしそう!" "セーターは家で洗うモノではない!"と、思っていませんか? 特に、セーターを自宅で洗濯して縮んだり型崩れした経験がある方は、自分でセーターを洗うのが怖くなり毎回クリーニング店に出しているかもしれません。

確かに、クリーニング店にセーターを出せば縮みや型崩れの心配はありませんが、コストがかかります。コストを抑えてセーターを洗うなら、洗い方をチェックして自宅で洗濯しましょう。セーターの洗い方をマスターすれば縮みや型崩れを防ぐだけでなく、セーターの天敵である毛玉も防ぎながら自宅で洗うことができます。

早速、『セーターの洗い方』などを見ていきましょう。

セーターの洗濯表示マーク

自宅で洗えるセーターは基本的に『水洗いできるもの』で、洗濯表示マークを見ればわかります。ただし、洗濯表示は2016年12月~新しい洗濯表示に変更されているため、自宅でセーターを洗う方は新旧の洗濯表示を確認しましょう。では、洗えるセーター・洗えないセーターの洗濯表示をご紹介します。

【洗濯機で洗えるセーターの洗濯表示】
・タライの中に波線が入っているマーク(新)
・洗濯機のマーク(旧)

【手洗いが良いセーターの洗濯表示】
・タライの中に波線が入っており"手"が描かれているマーク(新)
・タライの中に波線が入っており"手洗い"と書かれているマーク(旧)

【洗えないセーターの洗濯表示】
・タライのマークに×印があるマーク(新旧共通)

セーターの洗濯で使う洗剤

セーターを自宅で洗濯する時は、『おしゃれ着用洗剤=衣類用の中性洗剤』を使います。おしゃれ着用洗剤(エマールやアクロンなど)は、できるだけセーターに負担をかけないで洗えるのが特徴で、風合いを保ちながら汚れを落とせるのがメリットです。

また、洗濯用洗剤は大きくわけると弱アルカリ性と中性の2種類があります。弱アルカリ性(アタックやアリエールなど)は皮脂汚れを落とすのが得意で洗浄力も強く、タオル・Yシャツ・靴下などの洗濯に向いている洗剤です。

ちなみに、洗浄力が強い弱アルカリ性でセーターを洗うと繊維にダメージを与えてしまいます。弱アルカリ性でセーターにダメージを与えると繊維が絡み、さらに繊維同士が擦れて毛玉ができたり縮みや風合いを損ねるためセーターによくありません。そのため、セーターを自宅で洗濯する場合は中性洗剤を使う必要があります。

セーターを洗う前の準備

セーターを洗う前にシミがあるか? 確認して、シミがあれば部分的に予洗いをしましょう。予洗いのやり方は、洗面器などにぬるま湯とおしゃれ着用洗剤洗濯を入れたらかき混ぜて、セーターのシミの部分を浸しながら指先で優しく擦って汚れを落とします。

シミが落ちない場合は塩素系漂白剤を使いますが、『ウールは酸素系の漂白剤』を使うのがポイントです。いずれにしても、漂白剤はセーターが色落ちする可能性があるため目立たないところで試してから、シミの部分に使いましょう。

また、おしゃれ着用洗剤でも色落ちしやすいセーターなのか? 確認します。セーターのタグを見て"色落ち注意"と書かれていたら、個別にセーターを洗うか同系色のセーターをまとめて洗いましょう。

もしくは、おしゃれ着用洗剤を目立たないところに多めに垂らしたら約5分待ちます。時間が経ったら白いタオルなどで叩いて、セーターの色が移るようなら自宅で洗うのはやめましょう。

セーターの洗い方[洗濯機編]

セーターの洗い方:洗濯機編をご紹介します。

○洗濯機でセーターを洗う場合は洗濯ネットが必須で、しかもサイズ選びも重要です。洗濯ネットのサイズはセーターをたたんで洗濯ネットに入れた時、セーターがきっちり入るものを選びましょう。



○セーターをたたんで洗濯ネットに入れる時は、シミや汚れが落ちやすい洗い方をするために、シミや汚れがある部分・エリ・袖口部分・前身ごろなどを外側にしてたたむのがポイントです。また、セーターにボタンやフックがある場合は全て留めてから洗濯ネットに入れましょう。



○洗濯ネットに入れたセーターを洗濯機の中に入れたら、『ドライコース』や『手洗いコース』などを選びできるだけセーターに負担をかけない洗い方をします。
セーターをふんわり仕上げる洗い方をしたい方は柔軟剤を使いましょう。最初に洗濯機にある柔軟剤投入口に柔軟剤を入れるか、すすぎの時に柔軟剤をいれましょう。

セーターの洗い方[手洗い編]

次は、セーターの洗い方:手洗い編をご紹介します。
○洗面台に栓をするか洗面器や洗濯桶に、おしゃれ着用洗剤とぬるま湯(約30度)を入れたらかき混ぜましょう。洗濯機の洗い方と同じように、シミや汚れがある部分は外側になるようにセーターをたたみ、ぬるま湯と混ぜたおしゃれ着用洗剤の中に入れます。


○そして、セーターを押し潰さないように優しく押す洗い方をしましょう。繰り返し優しく押す洗い方をしているとセーターの汚れが落ちて、ぬるま湯と混ぜたおしゃれ着用洗剤が濁ってくる場合もあります。


○セーターを手洗いしたら、ぬるま湯と混ぜたおしゃれ着用洗剤を捨てて、再び洗面台に栓をするか洗面器や洗濯桶に新しいぬるま湯を入れましょう。今度は、ぬるま湯の中にセーターを入れて軽く押したり浮かせながらすすぎます。すすぎは繰り返し行い、おしゃれ着用洗剤をしっかり落とすのがポイントです。

また、柔軟剤を入れる洗い方をしたい方はすすぎの段階で柔軟剤を入れます。最後に、すすいだセーターを押しながら水気を出したら、タオルでセーター包んだり挟みながら水気を吸い取りましょう。もしくは、洗濯機で約30秒~1分だけ脱水しても良いです。

セーターを洗濯するときの注意点5個

自宅でのセーターの洗い方は洗濯機か手洗いになりますが、セーターはデリケートなアイテムのため洗い方などを注意する必要があります。セーターを長く愛用するためにも、5つのことに注意しながら洗いましょう。

①洗濯機でセーターを洗う時はセーターの取り扱いに注意する

洗濯機でセーターを洗う時は必ず洗濯ネットに入れてから洗わないと、セーターの風合いなどを損ねてしまいます。洗濯ネットを使う理由は、洗濯機の衝撃からセーターを守り極力ダメージを与ないためです。

洗濯ネットを使わないでセーターを洗うと、洗濯機の中でセーターが絡み繊維が傷んでしまいます。また、スパンコールや飾りボタンなどが付いているセーターはドライコースや手洗いコースで洗っても、洗濯ネットに入れないで洗うと飾りが取れたり壊れる可能性があることを念頭に入れましょう。

洗濯機はボタン1つで手洗いのような洗い方をしてくれますが、機械であることに変わりはありません。洗濯機で手洗いコースやドライコースでセーターを洗っても、人間の手で洗うのと全く同じように丁寧で優しい洗い方をするのは難しいため、セーターは洗濯ネットに入れてから洗いましょう。

②ウールやカシミアのセーターを洗う時は温度に注意する

ウールやカシミヤのセーターを洗う時は『約30度のお湯で洗う』ことです。ウールやカシミヤはとてもデリケートで、真水が苦手なのと40度以上のお湯を使った洗い方をすると縮むため、温度には注意しましょう。

ウールやカシミヤの繊維は、髪の毛の表面にあるキューティクルのようなもので覆われているのが特徴です。髪の毛で説明すると、キューティクルはうろこ状に重なっており通常は閉じています。

でも、キューティクルは水やお湯に濡れるとうろこが開くためダメージを受けやすい状態です。うろこが開いている状態で摩擦や熱が加わりダメージを受けると、うろこは常に開きっぱなしで、髪の毛は枝毛ができたり毛先が絡んでボロボロになります。

ウールやカシミヤの繊維は40度以上のお湯を使った洗い方をすると、うろこ状の繊維は開きっぱなしで最悪な状態です。ボロボロになった繊維は繊維同士が絡み合って縮んでしまいます。そのため、ウールやカシミヤのセーターを洗う時は約30度のお湯を使った洗い方をしないといけません。

【PR】ハウスクリーニングやエアコン掃除はプロに依頼しませんか

清潔な住まいで健康で快適な暮らしを!キッチンの頑固な油汚れ、時間と労力を費やす水回りの清掃、エアコンのクリーニングなど普段なかなか手がつけられない掃除なら、掃除のプロが見つかるこちらのサービスがオススメです。

ハウスクリーニング業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_クリーニング

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

 

ビジネスパートナー募集