暮らしのお悩み解決サイト

ジーンズの洗濯方法とコツ7個!洗濯機コース設定・色落ち色移り・頻度

ジーンズの洗濯方法とコツ7個!洗濯機コース設定・色落ち色移り・頻度

"ジーンズは洗濯するべきではない"と思っているあなた、ジーンズは洗濯するべきです! ジーンズを洗濯すると様々なメリットがあります。「ジーンズの洗濯方法」などをチェックして家でジーンズを洗濯しましょう。


"ジーンズを洗濯すると色落ちして風合いを損ねる"と、聞いたことがありませんか? そのため、ジーンズが汚れているとわかっていても洗濯をしない方が良いと思っている方は、1度も洗濯をしていないかもしれません。ジーンズは性別に関係なく愛用している方も多いですが、ジーンズも他のファッションアイテムと同じように着用すれば汚れていきます。

汚れたジーンズを洗濯しないと残念な結果になる場合もあるため、ジーンズも洗濯しましょう。そこで今回は、『ジーンズを洗濯した方が良い理由』や『ジーンズを洗濯する方法』などをご紹介していきます。ジーンズを長く愛用したい方や、自分好みのジーンズに仕上げたい方は必見です!

ジーンズは洗わないほうが良い?

ジーンズは洗濯するべきかor洗濯しないべきか、あなたはどちらが正解だと思いますか? 正解は『ジーンズは洗濯するべき』です。ジーンズは元々作業服で丈夫な生地でできていますが、洗濯をしないと劣化を早めてしまいます。ジーンズの劣化を防いで長く愛用するなら洗濯をしないのは逆効果で、むしろ洗濯をした方が良いです。

洗濯をしないとジーンズの繊維は伸びてしまい劣化する原因になりますが、定期的に洗濯をして伸びた繊維を戻すとジーンズの劣化を防ぐことができます。もう1つ、ジーンズを洗濯しないと汗などの汚れが繊維の奥に入り込み臭いが発生し、衛生的にもよくありません。

ビンテージジーンズなどを洗濯すると色落ちを気にして洗わない方もいますが、ジーンズは洗濯しなくても繰り返し履くことで自然に色落ちしていきます。ジーンズの風合いが気になって洗濯できない方は、ジーンズの色落ちや風合いを損ねない洗濯方法を実践しましょう。

 

ジーンズ洗濯前に準備するもの

ジーンズを洗濯する時は必ず洗剤を使いますが、ジーンズの色落ちを防ぎながら洗濯できる洗剤があります。ジーンズの色落ちを防ぐ洗剤は、『おしゃれ着用洗剤(エマールやアクロンなど)』『植物性を原料にした洗剤(カナッシュやコズグロ スパ ランドリーウォッシュなど)』が良いです。

また、ジーンズ用の洗剤として販売されている商品を活用するのも良いでしょう。例えば、『ザ・ランドレス デニムウォッシュ クラシック(THE LAUNDRESS)』や『ストゥディオダルチザン(STUDIO D’ARTISAN)』のジーンズ用洗剤が挙げられます。
ランドレスはアメリカのニューヨークにある洗剤メーカーが販売している商品であり、柔軟剤の成分が含まれていることが特徴です。ジーンズの汚れを落とすだけではなく、肌触りも良い状態に仕上がります。

日本の有名メーカーから発売されている『ストゥディオダルチザン(STUDIOD’ARTISAN)』のジーンズ用洗剤は、漂白剤、蛍光増白剤は外号されておらず、ヤシ油由来の洗浄成分を配合したを合成洗剤です。そのため、しっかり汚れを除去できますが、色落ちを予防できます。柔軟剤の成分は配合されていないため、ジーンズならではのザラザラした質感は残せることが魅力です。

なお、ジーンズとは「デニム生地のズボン」という意味であり、ジーパンはデニム生地とジーンズを合わせた和製英語であるため、『デニム可』『ジーパン可』といった表記がある洗剤もジーンズの洗濯に使用できます。

洗剤の成分には合成界面活性剤入り(蛍光剤や蛍光増白剤)の他に、衣類用漂白剤がありますがジーンズの洗濯には全て避けましょう。合成界面活性剤入りの洗剤や漂白剤でジーンズを洗濯すると、繊維が傷み色落ちなどの原因になります。また、カラージーンズを蛍光増白剤で洗濯すると色落ちするケースが多いです。

そして、洗濯機でジーンズを洗うか? 手洗いでジーンズを洗濯するか? によっても準備する道具が違います。『洗濯機の場合は必ず洗濯ネットが必要』で、『ジーンズを手洗いするなら、洗濯桶やバケツなどを用意(洗面所で洗濯しない場合)』しないといけません。

ジーンズを洗濯するときの洗濯機コース設定

家庭用の洗濯機には、『おしゃれ着コース』『ドライコース』『時短モード』などがありますが、ジーンズを洗濯するときの洗濯機コースは、『ドライコース』を選びます。ジーンズは丈夫な繊維でできているとはいえ、洗濯機でガシガシ洗濯したり脱水時間が長かったりすると、繊維が傷んで色落ちの原因になるため、ジーンズに負担をかけないように優しく洗うのが基本です。

洗濯機に、『おしゃれ着コース』『ドライコース』などのコースがない場合は、脱水時間は1分~数分にしましょう。洗濯機でジーンズを洗う場合、脱水は洗濯やすすぎをしている時よりも繊維に負担がかかります。

なお、洗濯機によってはドライコースでも『ソフトコース』、『手洗いコース』などの表示になっている場合もあります。名称が判断できない場合には、洗濯機のメーカーのホームページもしくは取扱説明書をチェックしましょう。

また、『ドライコース』でジーンズを洗濯の時間を調整することもポイントです。洗濯1分、すすぎ1回、脱水1分に設定して洗います。洗濯時間、脱水時間を極力短くすることで、ジーンズをより優しく洗濯することができます。

ジーンズの洗濯方法5ステップ

ジーンズの洗濯方法は主に2つで、洗濯機か手洗いで洗うことになります。ジーンズを楽して簡単に洗濯したい方は洗濯機が良く、とにかく丁寧にジーンズを洗濯したい方は手洗いしましょう。早速、ジーンズの洗濯方法をご紹介します。

①ジーンズのシミや汚れ部分に洗剤を浸透させる

ジーンズを洗濯する前に食べこぼしなどのシミや汚れがあれば、事前におしゃれ着用洗剤や植物性洗剤を使ってシミや汚れを落としやすくしましょう。

やり方は簡単で、シミや汚れ部分におしゃれ着用洗剤や植物性洗剤を少し付けます。次に、洗剤に付いているフタなどを使ってシミや汚れがある部分を軽く叩き、ジーンズの繊維に洗剤を浸透させれば事前処理は終わりです。

②ジーンズを裏返しにして洗濯する

【洗濯機でジーンズを洗濯する場合】
○ファスナーを閉めたりボタンを留めてからジーンズを裏返しにします。次に、ジーンズをたたんでから洗濯ネット入れて洗濯機に入れましょう。穴やほつれがあるジーンズは、ダメージ部分が内側にくるようにしてたたんでから洗濯ネットへ入れると生地を傷めず洗濯できます。


○洗濯コースを選び洗濯槽に水が入り始めたら、おしゃれ着用洗剤や植物性洗剤を入れてましょう。そして、おしゃれ着用洗剤や植物性洗剤がしっかり混ざったタイミングで、ジーンズを洗濯機の中に入れて洗濯します。

【手洗いでジーンズを洗濯する場合】
○ファスナーを閉めたりボタンを留めてたジーンズを裏返しにしたら、バケツや洗濯桶、もしくは洗面所に栓をして水をためて、おしゃれ着用洗剤や植物性洗剤を入れてよくかき混ぜましょう。
洗剤を入れる分量の目安はおしゃれ着用洗剤の場合、『5Lの水に対して10cc』です。おしゃれ着用洗剤は水に対して約0.2%くらい入れます。


おしゃれ着用洗剤や植物性洗剤をよくかき混ぜたら、洗剤液の中にジーンズを入れて両手でジーンズを軽く押しながら洗濯しますが、ジーンズのシミや汚れが気になる部分は表にしましょう。手洗いでジーンズを洗濯する場合は、約5分~10分押し洗いをします。

③洗濯したジーンズをすすぐ

【洗濯機でジーンズをすすぐ場合】
洗濯機でジーンズを洗濯したらすすぎますが、洗濯機はコースを選べば自動ですすいでくれるため、すすぎが終わるまで待ちましょう。

【手洗いでジーンズをすすぐ場合】
バケツや洗濯桶・洗面台にたまっている洗剤液を全て捨てたら、新しい水と入れ替えてジーンズを軽く押しながらすすぎます。手洗いの場合、すすぎは洗剤の泡立ちがなくなるまですすぐのがポイントで、何度か新しい水を入れ替えながらしっかり洗剤を落としましょう。おしゃれ着用洗剤でジーンズを洗濯した時のすすぎの目安は3回くらいです。

④ジーンズをすすいだら脱水する

【洗濯機でジーンズを脱水する場合】
洗濯機で洗濯コースを選んだ場合は自動で脱水してくれるため、脱水が終わるまで待ちます。でも、できるだけジーンズに負担をかけないようにするなら脱水時間は1分~数分で終わらせた方が良く、洗濯コースを選ばないでジーンズを洗濯した場合の脱水時間も1分~数分で終わらせます。

洗濯したジーンズを脱水する時の目安は『水が垂れなくなるまで』で行いますが、ジーンズを傷めないために10分以上脱水するのはやめましょう。

【手洗いでジーンズを脱水する場合】
手洗いでジーンズを洗濯した場合も脱水だけは洗濯機を使います。脱水時間などは洗濯機で洗濯する場合と同じです。

ジーンズの繊維を傷めないためには、デニム専用(ジーンズ専用)の洗剤を使用することもポイントです。ジーンズメーカーから発売されている洗剤を使用することで、ジーンズを傷めずに汚れを落とせます。洗剤の配合成分は商品ごとに異なるため、好みの仕上がりになる洗剤を選ぶことも重要だといえるでしょう。

⑤脱水したジーンズを風通しの良い場所で陰干しする

洗濯機や手洗いで洗濯したジーンズの脱水が終わったら、角ハンガーを使いジーンズを風通しの良い場所で陰干しします。直射日光が当たる場所でジーンズを干すと日焼けして色落ちするため、必ず陰干しをしましょう。

そして、角ハンガーでジーンズを干す前に、ジーンズの形を整えるためにウエスト~裾を縦や横に軽く引っ張ってシワを伸ばします。さらに、洗濯したジーンズのシワを伸ばしたい時は、角ハンガーのピンチでウエスト部分を留めたらヒップ~裾を両手で挟んで軽く叩きましょう。

洗濯したジーンズを早く乾かすコツは、できるだけジーンズの中に風が入るように干すと良いためジーンズのウエスト部分をピンチで何ヶ所か留めて、『筒型になる干し方』をするのがおすすめです。他にも、裾を角ハンガーのピンチで留めてウエストが下にくるように干す方法があります。

濡れたジーンズを早く乾かすために、裾をピンチで留める時も裾から空気が入るように筒型にして留めましょう。また、裾をピンチで留めて干すとジーンズの重みが下にくるためシワが伸びやすくなり、できるだけジーンズのシワなくしたい方は裾を角ハンガーのピンチで留めても良いでしょう。

ジーンズを洗濯するときのコツ7個

ジーンズの洗濯方法は色落ちを防ぎながら洗うことができる一方で、ジーンズを色落ちさせて風合いを楽しむのもおすすめです。では、色落ちを防ぎながらジーンズを洗濯するコツや色落ちさせる洗濯方法のコツ・ジーンズの繊維を傷めないで洗濯をするコツなどをご紹介します。

①ジーンズの色落ちを防いで洗濯するなら塩と酢を使うのがコツ

洗濯によるジーンズの色落ちを防ぐなら、洗濯前に酢の中に塩を混ぜた液体の中にジーンズを浸しましょう。一手間かかりますが、ジーンズの色落ちを防ぎたい方にはおすすめの方法です。では、やり方をご紹介します。

【酢と塩でジーンズの色落ちを防ぐ方法】
○洗濯桶やバケツ、もしくは洗面台に栓をして『酢180ccに対して塩を一握り』入れたらよくかき混ぜます。そして、ファスナーを閉めたりボタンを留めたジーンズを裏返しにして、塩と酢を混ぜた液体の中にジーンズを入れて1日置きましょう。


○1日経ったら、ご紹介した手順でジーンズを手洗いするだけです。塩や酢に浸したジーンズを洗濯機に入れて洗濯すると、洗濯層に酢の臭いが付いたり塩は洗濯層によくないため、ジーンズは手洗いします。

②ジーンズの色落ちを防いで洗濯するなら裏返すのがコツ

【洗濯でジーンズの色落ちを防ぐコツ】
洗濯機や手洗いに関係なく、ジーンズを洗濯による色落ちから守るなら裏返しにしてから洗うことです。ジーンズの糸は裏と表で違う色の糸を使っており、『表側=タテ糸(青や黒など色付きの糸)』『裏側=ヨコ糸(白糸)』を使っているのが特徴です。つまり、洗濯によるジーンズの色落ちを防ぐ場合は白糸を使っている裏側を表面にすると、糸が擦れるのを防ぐことができるため色落ちしにくくなります。

【洗濯でジーンズを色落ちさせるコツ】
色が濃いジーンズを色落ちさせながら洗濯する場合は、裏返しにする必要はありません。色付きの糸を使っている表側を表面にしてジーンズの色を落としやすくしましょう。

③ジーンズの色落ち等を防いで洗濯するなら洗濯ネットを使うのがコツ

【洗濯でジーンズの色落ちを防ぐコツ】
ジーンズの色落ちを防いだり、穴が開いている部分やほつれ部分のダメージを抑えながら洗濯機で洗濯する場合は洗濯ネットを使います。ジーンズを3つか4つに折ってから洗濯ネットに入れて、洗濯機で洗いましょう。洗濯ネットは洗濯機の衝撃や摩擦からジーンズを守るためには必要で、洗濯によるジーンズの色落ちやダメージ部分を保護しながら洗濯することができます。

【洗濯でジーンズの色落ちさせるコツ】
ジーンズを色落ちさせながら洗濯したい時は、糸に摩擦を与えるため洗濯ネットに入れないのとジーンズを表側にして、洗濯機で洗濯するか手洗いします。

④ジーンズの繊維を傷めず洗濯するなら優しい洗剤を使うのがコツ

ジーンズにダメージを与えないで洗濯をするなら、合成界面活性剤入りの洗剤(アタックやトップなど)や衣類用漂白剤は使ってはいけません。合成界面活性剤入りの洗剤は皮脂汚れや泥汚れをしっかり落としながら洗濯ができる反面、洗浄力が強くジーンズの繊維を傷めやすいです。また、衣類用漂白剤は汚れやシミを落としながら洗濯できますが、ジーンズへ負担をかけてしまうため劣化を早める原因になります。

洗濯による色落ちを防ぎたいジーンズはもちろん、ジーンズを洗濯して色落ちさせたい場合も合成界面活性剤入りの洗剤や衣類用漂白剤は避けましょう。ジーンズの繊維に負担をかけないように洗濯するために、優しく洗うおしゃれ着用洗剤や植物性洗剤を使って洗います。

⑤ジーンズの洗濯で汚れを落とすなら洗剤をしっかり混ぜるのがコツ

ジーンズの汚れをまんべんなく落とすなら、水とおしゃれ着用洗剤や植物性洗剤をよくかき混ぜてからジーンズを入れて洗濯することです。また、水の量に対して適正量の洗剤を使います。ジーンズの汚れをしっかり落としたいからと言って、多く洗剤を入れると泡切れが悪くすすぎに時間がかかったり(手洗いの場合)、ジーンズの繊維に洗剤が残り変色や悪臭の原因になるため注意しましょう。

洗濯機の場合は、水が出てきたタイミングでおしゃれ着用洗剤や植物性洗剤を入れると水の衝撃で洗剤が混ざりやすくなり、さらに洗濯槽が回転すると洗剤がしっかり混ざります。一方、手洗いでジーンズを洗濯する場合は、水とおしゃれ着用洗剤や植物性洗剤をしっかり混ぜるために、手で何回かかき回しましょう。

水と洗剤がしっかり混ざっていないと汚れが落ちにくくなったり、ジーンズの一部分だけ洗剤が集中して部分的に色落ちする可能性があります。ジーンズの汚れを落としながら色ムラも防いで洗濯するなら、洗剤はしっかり混ぜましょう。

⑥ジーンズを色落ちさせるならつけ置きして洗濯するのがコツ

ジーンズを色落ちさせながら洗濯したい方はつけ置きします。ジーンズは長時間濡れると色落ちしやすいアイテムで、早く色落ちさせたい時はつけ置き洗いがおすすめです。つけ置きは洗濯機でも手洗いでもできますが、『30度くらいのぬるま湯』にジーンズを浸した方が色落ちしやすくなります。

【洗濯機でジーンズをつけ置きして色落ちさせる方法】
洗濯機を使う場合は、洗濯層にぬるま湯をためておしゃれ着用洗剤や植物性洗剤を入れてしっかり混ぜます。そして、色落ちさせたいジーンズを表にした状態で洗濯機の中へ入れて、最低でも10分は放置しましょう。時間が経ったら洗濯~脱水まで行います。

【手洗いでジーンズをつけ置きして色落ちさせる方法】
バケツや洗濯桶、もしくは洗面台に栓をしたらぬるま湯を張り、おしゃれ着用洗剤や植物性洗剤を入れてよくかき混ぜましょう。

次に、色落ちさせたいジーンズを表にした状態で洗濯液の中に入れて10分以上待ちます。時間が経ったら洗剤液を捨てて、新しい水やぬるま湯を張り洗剤の泡がなくなるまで何回かすすぎ、最後に洗濯機で1分~数分脱水しましょう(水が垂れなくなるまで)。

⑦ジーンズの洗濯をして脱水後すぐに取り出すのが色落ち等を防ぐコツ

ジーンズを洗濯による色落ちやシワから守るなら、脱水後すぐにジーンズを取り出して干すことです。ジーンズは濡れたまま放置していると色落ちしやすくなったり、シワになりやすいため脱水したらすぐに取り出して角ハンガーで干しましょう。

また、脱水した後に洗濯機の中や洗濯桶などに濡れているジーンズを放置すると、色落ちやシワの原因になるだけでなく雑菌も繁殖します。ジーンズは生地が厚いのと陰干しで乾かすため、ただでさえ乾くまでに時間がかかり雑菌が繁殖しやすい状態です。

雑菌が繁殖すると生乾き臭の原因になるため脱水したジーンズはすぐに取り出して、角ハンガーで筒型になるように干せば乾きが早くなり雑菌の繁殖を抑えることができます。

ジーンズを洗濯する頻度

ジーンズを履くたびに洗濯しても構いません。ジーンズを履くたびに洗濯するのが嫌な方は、汚れたり臭いが発生したら洗っても良いでしょう。

ジーンズの汚れや臭いは、ジーンズを履く頻度・ジーンズを履いて活動する場所・汗をかく量・季節などによって違うため、どれくらいの頻度でジーンズが汚れたり臭いが発生するか? は個人差があります。

でも、季節に関係なく汗をかきやすい方や夏にジーンズを履く場合は、履くたびに洗濯した方が良いでしょう。ジーンズは汗を吸収しやすく、汗を吸ったジーンズを洗濯しないと雑菌が繁殖して汗臭いニオイや生乾き臭を放ちます。

ジーンズの色落ち色移りを防ぐ洗濯方法

手洗いでジーンズの色落ち色移りを防ぎながら洗濯をするなら、『水』を使い『ジーンズを裏返しにして1本づつ洗う』ことです。あとは、"ジーンズを洗濯するときのコツ"でご紹介した『ジーンズを手洗いする前に酢に塩を混ぜた液体に1日浸す方法』を併用するといいでしょう。

ジーンズに使われている染料は濡れると色落ちしたり色移りしやすく、特にお湯で洗濯すると色が抜けやすいです。そのため、色落ちや色移りさせたくないジーンズは水で洗濯します。

また、薄い色のジーンズを持っている方もいれば、濃い色のジーンズも持っている方もいるでしょう。例えば、濃いジーンズと薄い色のジーンズを一緒に洗濯すると薄い色のジーンズに濃い色が移り、薄いジーンズはまるでムラ染めをしたような風合いになることがあります。

手洗いでジーンズを洗濯するのは大変かもしれませんが、色落ちや色移りを防ぐなら裏返しにして1本づつ洗いましょう。

ジーンズを洗濯すると縮む?伸びる?

ジーンズを洗濯をした後は全体的に少し縮むのは確かです。また、ジーンズは洗濯をし履くことを繰り返していると特にウエストは伸びやすくなります。一見、デメリットに感じるウエストの伸びですが、自分のウエストに合った形になっていくため体型に馴染みやすいのがメリットです。

ジーンズを洗濯すると縮んだりウエストが伸びやすくなる理由は、ジーンズは綿を使っており綿は洗濯をすると縮みます。さらに言うと、ジーンズは乾いていく段階で縮み洗濯後に着用すると体に馴染んでいくのが特徴です。

また、ジーンズの縮み具合は乾燥するまでにどれくらいの時間がかかるか?によっても変わります。例えば、洗濯したジーンズを乾燥機に入れて高温の熱風を当てると早く乾きますが、綿は急速に乾かすと極端に縮みます。洗濯したジーンズを縮ませないようにするには乾燥機は使わず、風通しの良い場所で陰干してジワジワ乾かすのが一番良いです。

明るい色のジーンズを洗濯する場合

明るい色のジーンズやホワイトジーンズは、デニム生地のジーンズと比較して汚れが目立つ点がデメリットです。汚れている部分だけを洗濯する場合には、洗濯機を使用する前にしっかりと予洗いをしましょう。

また、ホワイトジーンズを洗濯する場合には粉末洗剤を使用することがポイントです。色褪せることがないホワイトジーンズを予洗いする場合には、液体洗剤ではなく洗浄力が高い粉末洗剤を使用すると良いでしょう。

ただし、色落ちが気になる明るい色のジーンズは、デニム生地のジーンズと同じように中性洗剤を使用します。

ダメージジーンズを洗濯する場合

ダメージジーンズを洗濯する場合には、おしゃれ着専用洗剤を使用する方法が有効です。ダメージ加工が施されている部分が傷むことを予防するために、ジーンズを裏返して洗濯ネットに入れたうえで、洗濯機のドライコースで丁寧に洗濯しましょう。

次に、すすぎを2回行い、脱水は短い時間で済ませることが重要です。汚れが気になる部分が外側になるように折ることによって、徐々に汚れを落とせるでしょう。洗濯をした後は、ピンチハンガーを使用して日が当たらない、風通しが良い場所に吊るして干すことが大切です。

ジーンズをわざと色落ちさせる洗濯方法

わざと色落ちさせたい場合には、ジーンズを表にした状態で洗濯しましょう。ジーンズは、基本的に裏返して洗濯をしますが、表の状態で洗濯することによってボタン、リベット、耳の部分にダメージを施しやすくなります。

洗濯のたびに裏返しにせずに、数回に1度表にした状態で洗うと徐々に色落ちさせられるため、洗濯後の状態を確認しながら好みの色落ち具合になるように調整しましょう。

また、漂白剤を使用して色落ちさせる方法も有効です。漂白剤は生地の繊維を漂白する効果があるため、ジーンズに使用することによって自分好みの色落ち具合を簡単に作れます。
ただし、すぐにジーンズが白くなるので、どの程度色落ちさせたいのかを先に決めてから行うことが重要です。ジーンズが自分の理想の色落ち具合にならない場合があるため注意しましょう。

ジーンズ全体を洗濯せず、目立つ汚れを取る

ジーンズ全体ではなく汚れが目立っている箇所だけ洗濯したい場合には、水ですすぎ洗いをして可能な限り汚れを落としましょう。

次に、汚れている部分に食器用洗剤を揉みこんで優しく洗います。洗剤と汚れを水で流し、酸素系漂白剤を薄めたものを付けて揉み洗いをしたら、すすいでしっかりと乾かしましょう。

なお、塩素系漂白剤を使用したり、力強く擦り洗いをしたりすると、汚れは取れますがジーンズの生地が傷むため注意が必要です。一部分だけが不自然に色落ちしたり、破れたりする可能性があるため、優しく揉み洗いをしましょう。

まとめ

劣化を防いで長く愛用するならジーンズを洗濯しましょう。ジーンズは丈夫に作られているため履くたびに洗濯をしても問題ありませんが、ジーパンをしょっちゅう洗濯するのが面倒な方は汚れや臭いが気になったら洗濯しても良いです。また、ジーンズは洗濯方法によって色落ちを防いだり色落ちさせることもできるため、好みに合わせた洗濯方法を実践しましょう。

【PR】満足度94%!自分でやるのに疲れたらプロのお掃除

自宅のエアコンやキッチン、店舗のガラスやトイレまで。プロの力でキレイによみがえる!なかなか落ちない頑固な汚れにはこちらのサービスがオススメです。

無料の見積り相談であらゆるハウスクリーニングに対応してくれます。諦めている長年の汚れを落としてませんか?

お掃除マスター

\家全体すべてに対応/

年間3000件の実績

 

  • ◆掃除のプロにお任せ  
  • ◆黄ばみやカビ取りも  
  • ◆全国各地に完全対応  
  • ◆最短即日 待たせません

 

最新の投稿


ヤブガラシの駆除方法!生態・地下茎や根を枯らせる方法も解説

ヤブガラシの駆除方法!生態・地下茎や根を枯らせる方法も解説

駐車場のフェンスなどにツルが巻き付いていたらヤブガラシを疑いましょう。ヤブガラシは数ある雑草の中でもしぶとく、駆除しないで放置していると弊害があります。今回は、ヤブガラシの駆除方法を見ていきましょう。


オキシクリーンのお風呂掃除方法!オキシ漬けで浴槽・床もきれいに

オキシクリーンのお風呂掃除方法!オキシ漬けで浴槽・床もきれいに

オキシクリーンは、こびりついた汚れも簡単に落とせることで人気の掃除アイテムです。洗濯や衣類といった様々な掃除に使用できますが、お風呂掃除でも役立ちます。そこで、オキシクリーンでお風呂を掃除する方法を紹介します。


アブ対策5個!種類や生態、おすすめグッズなどをご紹介

アブ対策5個!種類や生態、おすすめグッズなどをご紹介

アブに刺されると、腫れたり強い痒みを伴ったり、命にかかわる毒を持っている可能性もあったりと危険な害虫です。しっかりと虫除けを行わなければなりません。そこで、アウトドアシーンで活用できるアブ対策グッズや、アブの被害について紹介します。


イシクラゲの駆除方法!害はある?発生時期は?予防方法

イシクラゲの駆除方法!害はある?発生時期は?予防方法

庭などに生えているわかめのような物体はイシクラゲで、見つけたら早めに駆除しましょう。イシクラゲは生命力と繁殖力が強く生息場所を広げていく生き物です。今回はイシクラゲの駆除方法や予防方法をご紹介します。


ブヨに刺された跡の特徴と対処法!痛みや腫れは?放置は?

ブヨに刺された跡の特徴と対処法!痛みや腫れは?放置は?

ブヨに刺されるとアレルギー性の腫れを引き起こすとても厄介な虫です。そんなブヨに刺されてしまった場合に有効な対処法や、ブヨに遭遇しないための対策を紹介します。こちらの記事を参考にキャンプなどのアウトドアの際にブヨに刺されないようにしっかりと対策をしましょう。


 

 

ビジネスパートナー募集