暮らしのお悩み解決サイト

絨毯の掃除方法とコツ8個!重曹は使える?掃除道具のおすすめは?

絨毯の掃除方法とコツ8個!重曹は使える?掃除道具のおすすめは?

あなたは絨毯掃除をしていますか? 絨毯の汚れはトラブルの元になるため、絨毯掃除をしない方や適当に絨毯掃除をしている方は要注意です。早速、「絨毯掃除のやり方」などをチェックしてキレイな絨毯にしましょう。


"絨毯掃除をするのは面倒! ""絨毯掃除は掃除機をかけるくらいしかしない! "という方はいませんか? 絨毯の毛は髪の毛が絡みやすくゴミやホコリもつきやすいですが、掃除を面倒に感じている方も少なくありません。そのため、掃除機をかけて簡単に終わらせる方もいるでしょう。

でも、絨毯の汚れを甘く見ているとダニやカビが発生してアレルギーを発症したり、不快な臭いを放つ原因にもなります。絨毯はキレイに見えてもかなり汚れているため衛生的によくありません。そこで今回は、『基本的な絨毯掃除のやり方』『絨毯のシミや汚れを落とす掃除方法』『絨毯の臭いを取る方法』などをご紹介します。絨毯掃除をして快適に過ごしましょう。

絨毯につく汚れ

Getty logo

絨毯につく汚れは様々で、一見するとキレイに見える絨毯でも繊維にゴミやホコリなどがたまっている場合もあり不衛生な状態です。中には、シミや汚れが絨毯につかない限り絨毯掃除をしない方もいるでしょう。

また、生活スタイルによっても絨毯につく汚れは変わってきます。絨毯の上で飲食をする・絨毯の上でゴロゴロすることが多い・絨毯がある部屋に家族が集まるなど、絨毯の上で過ごすことが多いとゴミやホコリだけでなく飲食による汚れや皮脂汚れなど、目に見えない汚れがつきやすいです。では、絨毯につく汚れをいくつかご紹介します。

・汗
・フケ
・皮脂
・髪の毛
・ペットの毛
・糸くず
・ホコリ
・砂
・食べ物のカス
・飲みこぼし
・花粉
・ダニ
・カビ

絨毯の掃除に必要なもの

Getty logo

絨毯掃除で最低限必要なものは、『掃除機』と『絨毯の毛をほぐすブラシ』だけです。掃除機とブラシがあれば基本的な絨毯掃除はできますが、2点の掃除グッズにプラスするなら『ゴム手袋やコロコロ』が良いでしょう。

他にも、絨毯掃除に必要なものはあります。例えば、シミや汚れがある部分を掃除するなら『キッチン用洗剤』『除光液やベンジン』『オキシドール』などが必要です。絨毯掃除はどこまで掃除をするか? どのような種類の汚れを掃除をするか? によっても必要なものが違うため、詳しい内容はこれからご紹介する項目でご紹介します。

絨毯の掃除方法4ステップ

Getty logo

絨毯はリビングなどに敷きっぱなしになっているため、"掃除をしない限りどんどん汚れていく"と思いましょう。掃除をしていない絨毯の上を人やペットが歩くとホコリなどが舞って、知らない間に体内に取り入れてアレルギーを発症することもあります。

特に、小さなお子さんがいる家庭やアレルギー体質の方は絨毯のゴミやホコリなどに注意しないといけません。早速、絨毯掃除の基本的なやり方をチェックしましょう。

①絨毯掃除をする前に前処理をする

掃除機で絨毯掃除をする前にプレ掃除をします。目につくゴミやホコリは手で取ったり、特に毛足の長い絨毯はブラッシングをするのがポイントです。毛足の長い絨毯は毛の奥に髪の毛などが詰まっており、ブラッシングをすると髪の毛やゴミなどが浮いてくるため掃除機で吸い取りやすくなります。

②絨毯に掃除機をかけて掃除する

絨毯のプレ掃除をしたら掃除機で絨毯掃除をしましょう。ただし、掃除機のかけ方にはポイントがあり、『掃除機をゆっくり動かして縦方向と横方向から掃除機で吸い取る』ことです。掃除機を早く動かしたり同じ方向だけ掃除機をかけても、絨毯のゴミやホコリなどをしっかり吸い取ることができません。

③絨毯に掃除機をかけたらコロコロで掃除をする

掃除機で絨毯掃除をした後に、コロコロで掃除をするとさらにキレイになります。粘着テープを使うと掃除機で吸い取れなかったゴミなどが取れるため、できれば掃除機とコロコロはセットにして掃除をした方が良いです。でも、コロコロを使って掃除をするのが面倒な方や時間がない方は、掃除機だけを使って絨毯掃除をしても構いません。

絨毯をきれいに掃除するコツ8個

Getty logo

絨毯掃除は掃除機やコロコロを使って掃除をするのが基本ですが、絨毯掃除のコツを知れば絨毯はもっとキレイになります。基本的な絨毯掃除に使える掃除テクニックや、キレイな絨毯をキープする掃除テクニックなどを見ていきましょう。

①プレ掃除でゴム手袋を使うのが絨毯掃除のコツ

絨毯のプレ掃除でゴム手袋を使うと、面白いようにゴミやホコリなどが取れます。やり方は、ゴム手袋をはめたら絨毯のゴミやホコリをかき集めるようにして、狭い場所や隅っこは指を使いましょう。

ゴム手袋で絨毯のゴミやホコリが取れる理由は、滑りにくい素材でできているのと絨毯を擦ると静電気が発生するからです。ゴム手袋を使って絨毯のプレ掃除が終わったら、ゴム手袋を水洗いすれば繰り返し使えます。

②掃除機はゆっくり縦と横からかけるのが絨毯掃除のコツ

絨毯に掃除機をかける時は、力を入れ過ぎないでゆっくりかけるのが絨毯をキレイに掃除するコツです。『大体70㎝~80㎝のスペースを3秒くらいかけて掃除機をかける』ようにしましょう。ゆっくり掃除機をかけると絨毯の毛の根元部分まで吸い上げることができます。

反対に、力を入れて掃除機をかけると絨毯の毛が押し潰されて、ゴミやホコリなどを上手く吸い取ることができなくなるため、掃除機はゆっくり優しく扱いましょう。

また、絨毯掃除では掃除機をかける方向も重要で、『縦方向に掃除機をかけたら横方向からも掃除機をかける』ことです。縦と横の両方から掃除機をかけると絨毯の糸の間に挟まっているゴミやホコリなどが取れます。

③コロコロも縦と横に動かすのが絨毯掃除のコツ

掃除機で絨毯掃除をした後にコロコロを使う場合も、縦方向に動かしたら横方向にも動かして掃除機で吸い取れなかったゴミやホコリなどを取り除きましょう。コロコロは100円均でも購入できますが粘着力が弱いため、ホームセンターなどのコロコロがおすすめです。

④絨毯が汚れたらすぐに処置をするのが絨毯掃除のコツ

絨毯に食べ物や飲み物などをこぼした場合は、シミにならないようにできるだけ早く処置をしましょう。早く処置をすることで絨毯の繊維に飲み物などが浸透しにくくなり、絨毯掃除も楽になります。ただし、絨毯の処置をする前は洗濯表示を確認してから行いましょう(絨毯の素材によっては繊維を傷める可能性があります)。

【用意するもの】
・ぬるま湯
・雑巾
・タオル
・スプレーボトルや霧吹き
・キッチンペーパーや雑巾
・中性洗剤

【処置方法】
○絨毯に食べ物をこぼしたら固形物を取り除き、食べ物や飲み物の水分をキッチンペーパーや雑巾に吸わせます。水分を吸わせる時は絨毯を叩くようにして、決してこすらないようにしましょう。絨毯をこするとシミが広がります。


○スプレーボトルや霧吹きにぬるま湯を入れたら、食べ物や飲み物をこぼした部分にスプレーしましょう。次に、スプレーした部分をタオル叩きながら汚れをタオルに移します。タオルが汚れてきたら、シミを広げないために、キレイな部分を使って叩くのが絨毯をキレイに掃除するコツです。


○ぬるま湯で汚れが落ちない場合は、スプレーボトルの中に中性洗剤を少しだけ入れたらよく振り、ぬるま湯と同じ流れで汚れを落とします。そして、ぬるま湯を含ませた雑巾を絞り、絨毯についている中性洗剤を叩きながら取り除きましょう。最後に、乾いた雑巾で絨毯を叩きながら水分を吸わせましょう。

⑤絨毯の裏側も定期的に掃除をするのがきれいにするコツ

絨毯の裏側もゴミやホコリがあるため、『1ヵ月に1回くらい』のペースで掃除をした方が良いです。絨毯は表側だけを掃除しがちですが、絨毯の裏側も掃除をしないと汚れがたまっていきます。とは言っても、頻繁に掃除する必要はなく月に1回くらい掃除するだけで十分です。

【絨毯の裏側の掃除方法】
○絨毯をはがしてベランダや庭に運んだら、絨毯をパタパタしたり絨毯の裏側を手でこするようにして、ゴミやホコリを落としましょう。絨毯を布団叩きなどで叩くと、ダニの死骸や抜け殻・糞がボロボロになるため必ず手でこすります。


○絨毯を部屋に戻したら絨毯の裏側を掃除機で吸い取り、仕上げにコロコロを使って、掃除機で吸い取ることができなかったゴミやホコリを取ったら掃除は終わりです。また、掃除機やコロコロを使う時は、先程ご紹介した"掃除機やコロコロで絨毯掃除をするコツ"を実践しましょう。

⑥絨毯を拭き掃除のがきれいにするコツ

絨毯をキレイに掃除するなら『1ヵ月に1回~2回くらい』のペースで拭き掃除をします。絨毯は目に見える汚れだけでなく汗や皮脂汚れがついているため、定期的に拭き掃除をして絨毯をキレイにしましょう。

【用意する物】
・雑巾
・中性洗剤か絨毯専用の洗剤(汚れが気になるなら使う)
・バケツなどの容器(なくてもOK)
・ウェットタイプやドライタイプのフローリングシート(なくてもOK)

【絨毯の拭き掃除の方法】
○掃除機やコロコロで絨毯掃除をしたら絨毯を拭いて掃除をします。水を含ませた雑巾をしっかり絞り、縦方向に拭き掃除をしたら横方向も拭き掃除をしましょう。

絨毯の汚れが気になる時は、バケツなどに水と中性洗剤か絨毯専用の洗剤をよく混ぜて、雑巾に洗剤液を含ませたら固く絞って拭き掃除をします。洗剤を使うのが面倒な方は、ウェットタイプのフローリングシートで拭き掃除をしても良いです。


○水で絨毯の拭き掃除をした場合は、乾いた雑巾やドライタイプのフローリングシートで水分を拭き取ります。一方、洗剤やウェットタイプのフローリングシートで絨毯の拭き掃除をした場合は、水を含ませた雑巾を固く絞り洗剤を拭き取りましょう。

最後に、乾いた雑巾やドライタイプのフローリングシートで水分を拭き取り、窓を開けるなどして絨毯を乾燥させたら拭き掃除は終わりです。

⑦絨毯掃除をきれいにするならスチームクリーナーで掃除するのがコツ

絨毯の拭き掃除を楽にするならスチームクリーナーを使いましょう。スチームクリーナーは高温の蒸気で汚れを浮かすのが特徴で、絨毯の繊維に染み込んだ汗や皮脂汚れの掃除も簡単にできます。ただし、熱に弱い絨毯にスチームクリーナーは使えないため、洗濯表示を確認してから使いましょう。

⑧絨毯掃除で落ちない汚れは丸洗いするのがコツ

絨毯をしまう前・大掃除の時・汚れが気になった時は絨毯を丸洗いします。基本的な絨毯掃除では落としきれない汚れも丸洗いすればスッキリ落ちるため、『1年に数回くらい』は絨毯を洗いましょう。

まずは、絨毯の洗濯表示を見て水洗いできるか? を確認します。小さいサイズの絨毯で洗濯機で洗える場合は、洗濯ネットに入れて丸洗いしましょう。洗濯機に入らない大きいサイズの絨毯はバスタブで洗えます。

【バスタブで絨毯を丸洗いする方法】
○バズタブに絨毯が浸るくらいのぬるま湯を張ったら、衣料用洗剤を入れてよくかき混ぜましょう。そして、バスタブの中に絨毯を入れて1時間くらい待って汚れを浮かします。


○1時間くらい経ったら絨毯の上を足で踏みながら洗濯をしましょう。絨毯の汚れをしっかり落とすために絨毯をひっくり返すなどして、しばらく踏み洗いをします。


○絨毯を踏み洗いしたら洗濯液を抜き、再び絨毯が浸るくらいのぬるま湯を入れます。絨毯の汚れを落とす時と同じように踏み洗いをして洗剤を落としましょう。絨毯に洗剤が残らないようにぬるま湯を何回か替えて、しっかり洗剤を落とします。

絨毯をすすいだらバスタブに絨毯をかけて水切りをしましょう。絨毯の水切りは少し時間がかかるためしばらく放置して、水切り後はベランダや庭に絨毯を干して乾かします。

絨毯の水溶性のシミ汚れを取る方法

Getty logo

絨毯に水溶性の汚れがついた時は『キッチン用洗剤』で掃除をしましょう。水溶性の汚れをいくつか挙げると、醤油・ソース・コーヒー・紅茶・チョコレート・牛乳などがありますが、牛乳はたんぱく質で熱を与えると固まるため、掃除をする時は注意しないといけません。

【掃除方法】
○雑巾やキッチンペーパーなどで絨毯を叩くようにして水分を吸わせたら、バケツなどの容器にぬるま湯とキッチン用洗剤を入れてよく混ぜましょう(牛乳の場合は水を使う)。次に、タオルに洗剤液を含ませたら固く絞り汚れがある部分を叩きます。


○ぬるま湯を含ませた雑巾を固く絞り、雑巾で再び絨毯を叩きながら洗剤を落としましょう。最後に、乾いた雑巾で叩いて水分を吸い取ります。汚れが落ちない場合はオキシドールで掃除をするのも良いですが、絨毯の素材によってはダメージを与えたり色落ちの原因になるため、目立たないところで試してから使いましょう。

絨毯の油性のシミ汚れを取る方法

Getty logo

油性の汚れは、油性ペン・油・バター・マヨネーズ・ケチャップ・カレー・クレヨンなどがあります。絨毯に油性の汚れがついた時は、『除光液やベンジン』『キッチン用洗剤』で掃除をしますが、除光液やベンジンも絨毯の素材によっては変色するため、目立たないところで試してから掃除に使いましょう。

また、キッチン用洗剤を使った掃除方法は、前項目の"絨毯の水溶性のシミ汚れを取る方法"を参考にしてください。

【掃除方法】
○カレーやマヨネーズなどが絨毯の上に落ちてしまったら、ティッシュなどで取り除きます。次に、除光液やベンジンをタオルにつけて汚れがある部分を叩くようにします。


○絨毯の汚れが落ちたらぬるま湯を含ませた雑巾を固く絞り、雑巾で再び絨毯を叩きながら除光液やベンジンを落としましょう。ただし、除光液やベンジンは火の近くで使うと火事になる恐れがあるため、火の近くで使用してはいけません。最後に、乾いた雑巾で叩いて水分を吸い取ります。

絨毯の臭いを取る方法!重曹は使える?

Getty logo

絨毯の臭いが気になる時は掃除用の重曹を使いましょう。重曹で絨毯の臭いを取る方法は2パターンあり、『重曹をふりかけて掃除をする』か『重曹水で拭き掃除』をします。

ただし、デリケートな素材(シルクやウールなど)の絨毯は重曹を使うと色落ちすることがあるため、目立たないところで試したり購入店に問い合わせて確認しましょう。また、毛足が長い絨毯に重曹をふりかけると毛の根元に重曹が残る場合があるため、重曹水で拭き掃除をした方が良いです。

【重曹をふりかけて臭いを取る方法】
絨毯全体に掃除用の重曹をふりかけたら1時間くらい放置した後に、掃除機で重曹を吸い取れば臭いが消えます。もしくは、寝る前に重曹をふりかけて次の日の朝に掃除機で吸い取っても構いません。

【重曹水で臭いを取る方法】
バケツなどの容器にぬるま湯と掃除用の重曹を入れてよく混ぜたら、タオルを含ませて固く絞り絨毯を拭き掃除しましょう。最後に、ぬるま湯を含ませたタオルを固く絞り重曹水を拭き取ります。

絨毯のダニ退治をする方法

Getty logo

絨毯に潜むダニを退治するならスチームアイロンが便利です。ダニは高温に弱く60度以上の熱で死滅するため、100度くらいまで達するスチームアイロンは絨毯にいるダニを死滅させることができます。

【ダニ退治の方法】
スチームアイロンを高温にしたら『絨毯から数cm離して、絨毯全体にゆっくりスチームアイロンを当てていく』のがダニ退治のポイントです。ただし、絨毯にスチームアイロンを直接当てたりスチームアイロンと絨毯との距離が近いと、絨毯の毛が溶ける場合があるため注意しましょう。最後に、絨毯に掃除機をかけて死んだダニを吸い取ったらダニ退治は終わりです。

絨毯の干し方

Getty logo

洗濯後の絨毯を干す時は、『三角形にして干す』か『布団を干す時と同じスタイルで干す』ようにしましょう。絨毯を三角形に干す場合は、絨毯が三角形になるように対角線で折って物干し竿にかけます。三角形の先端部分が下にくると水分が下に集まり、絨毯に含まれている水分が抜けやすくなるため早く乾きます。

一方、布団を干す時と同じスタイルで絨毯を干す時は、できれば物干し竿を2本使って乾かしましょう。2本ある物干し竿の上に絨毯をのせるだけですが、絨毯同士が密着しないのと風通しが良くなるため乾きが早いです。

絨毯を踏み洗いする場合は水切りだけで脱水ができないため、乾かすまでに時間がかかります。水分を含んでいる状態が長くなると雑菌が繁殖して生乾き臭の原因になるため、できるだけ早く乾かすのがポイントです。

絨毯の掃除をする頻度

Getty logo

絨毯掃除をする頻度は『基本的な掃除の場合は毎日』しましょう。毎日、絨毯掃除ができない方は最低でも1週間に1回は掃除をした方が良いです。また、絨毯を隅々までキレイに掃除をするなら、『絨毯の裏側は1ヵ月に1回』『絨毯の拭き掃除は1ヵ月に1回~2回』『年に何回かは絨毯を丸洗い』しましょう。

絨毯で過ごすことが多い人ほど絨毯は汚れやすいですが、絨毯を敷いているだけでもダニが発生したり絨毯の裏側は湿気がたまりやすいです。汗・皮脂汚れ・ホコリなど、汚れている環境はダニは好むため絨毯で繁殖したり、加湿器を使っている部屋は絨毯の裏に湿気がたまりカビが生えることもあります。

でも、絨毯に毎日掃除機をかけたり月に数回拭き掃除などをすると、キレイな状態を保つことができるため絨毯掃除をしましょう。

絨毯の掃除に使える掃除道具5個

Getty logo

基本的な絨毯掃除では最低でも掃除機とブラシを使いますが、絨毯掃除に使える便利な掃除道具を使って絨毯掃除をすると楽に掃除ができたり絨毯がキレイになります。100円均でも購入できるアイテムもあるため、絨毯掃除で積極的に使いましょう。

①ゴム手袋

ゴム手袋は素材の特性上、絨毯掃除をする時には大活躍します。絨毯のプレ掃除ではゴミやホコリを取り除いてから掃除をしますが、ゴム手袋を使えば細かいところまで掃除ができるため便利です。絨毯のプレ掃除に使うゴム手袋は使い古したものでも構いません。

②コロコロ

コロコロは絨毯掃除に絶対必要な道具ではありまんせんが、絨毯の表面をキレイにしたい方にはおすすめです。コロコロは柄が長いタイプや柄が短いタイプがありますが、絨毯掃除をするスタイルや好みに合わせて選びましょう。

③スチームクリーナー

スチームクリーナーも絨毯掃除にあると便利です。絨毯に食べ物や飲み物をこぼしてした時もスチームクリーナーを使えば、シミになる前に汚れを浮かします。また、60度以上の熱に弱いダニの駆除もできるため、スチームクリーナーを持っている方は絨毯掃除に使いましょう。

④重曹

重曹は便利は掃除グッズとして知られていますが、絨毯掃除では不快な臭いを取りたい時に使います。例えば、絨毯の上にペットが吐いてしまった時も重曹は活躍し、絨毯の上に重曹をまいたり重曹水で拭き掃除をしましょう。

⑤絨毯用の撥水スプレー

絨毯に飲み物をこぼした時、掃除を楽にしてくれるのが絨毯用の撥水スプレーです。絨毯用の撥水スプレーを絨毯にスプレーすると液体をはじくため、絨毯に染み込む心配がありません。万が一、絨毯に飲み物をこぼしてもサッと拭くだけで簡単に絨毯掃除が終わります。

まとめ

絨毯はキレイに見えても結構汚れていて、汚れを放置していると絨毯から臭いがしたりダニが繁殖するため、掃除機をかけてマメに絨毯掃除をしましょう。また、絨毯にシミや汚れがついたら、できるだけ早く処置をすると絨毯のシミを防ぐことができます。早速、絨毯掃除をしてキレイな絨毯の上で快適に過ごしましょう。

関連するキーワード


衣類

最新の投稿


夏は必須のコバエ対策!今すぐ駆除できる6つのポイント

夏は必須のコバエ対策!今すぐ駆除できる6つのポイント

すばしっこくてなかなか捕まえられず、うっとうしい「コバエ」。徹底的に駆除するためには、コバエの種類や習性を知り、適切な方法で対策をしていくことが重要です。コバエを駆除するための6つのポイントや今すぐはじめられる対策についてまとめていきます。


蜂の種類4つの見分け方!特徴と危険度を徹底的にまとめてみた

蜂の種類4つの見分け方!特徴と危険度を徹底的にまとめてみた

ニュースでもよく目にする機会がある蜂による刺傷被害。蜂を見かけたら慌てて逃げ出してしまいたくなる方も多いのではないでしょうか。でもその蜂、本当にそんなに危険ですか? むしろ怖がってパニックになってしまうことの方が危険かも…。日本でよく見かける4種類の蜂の特徴と危険度について徹底的にまとめていきます。


簡単にハエを退治する方法14選。ペットボトルやめんつゆを使う方法も紹介

簡単にハエを退治する方法14選。ペットボトルやめんつゆを使う方法も紹介

ハエを簡単に自分で駆除する方法を紹介します。めんつゆやペットボトルを使った手作りの退治方法や、ハエが来ないようにする予防対策、殺虫剤を使わない駆除や捕獲方法などを解説しているほか、絶滅させる日数も説明しています。


ハエ取り紙の成分・効果とおすすめハエ取り紙ランキングTOP10

ハエ取り紙の成分・効果とおすすめハエ取り紙ランキングTOP10

ハエ取り紙は、薬品を使わない安全安心な害虫駆除製品として再び見直されています。ハエ取り紙の成分や、どのような効果があるのかを解説しているほか、リボン式や両面粘着式、ロールタイプ、ライト併用式など、最新の売れ筋ハエ取り紙もご紹介します。


鳩の効果的な撃退方法15個とおすすめ鳩撃退グッズ20

鳩の効果的な撃退方法15個とおすすめ鳩撃退グッズ20

自分でできる鳩の駆除方法と、あると便利な鳩よけグッズをまとめています。ニコチン水やトウガラシなど、身の回りにあるもので作れる鳩よけや、天然成分で作られた鳩用忌避剤、鳩よけネットやベランダの手すり用テグスなどをご紹介します。


ビジネスパートナー募集