ダメージジーンズの洗濯方法!傷めないコツと洗濯頻度は?

ダメージジーンズの洗濯方法!傷めないコツと洗濯頻度は?

抜け感コーデに欠かせないダメージジーンズですが、生地を傷めない洗濯方法を知っていますか? 生地を傷めないで洗濯をすると様々なメリットがあるため、早速、「ダメージジーンズの洗濯方法」などをご紹介します!


"ダメージジーンズの洗濯方法がわからない"方や、"ダメージジーンズを傷めないで洗濯する方法はあるの? "と思っている方もいるでしょう。ダメージジーンズは穴が開いていたり裾がほつれているなど、見た目はボロボロの状態のため、洗濯をするのが気が引ける方もいるかもしれません。

でも、ダメージジーンズは洗濯をしないとデメリットがあるため洗濯した方が良いです。ただし、ダメージジーンズは通常の洗濯方法と同じやり方で洗濯をするのはよくありません。

ダメージジーンズを持っている方は、『ダメージジーンズの洗濯方法』や『ダメージジーンズを傷めないで洗濯をするコツ』などをチェックして、汚れや臭いなどを落としましょう。

ダメージジーンズは洗濯できる?

ダメージジーンズやクラッシュジーンズは洗濯できます。ダメージジーンズは、履き続けているうちに自然に穴が開いたり裾が擦れてほつれますが、一方のクラッシュジーンズは、ヤスリや金ブラシでジーンズを擦ってほつれや破れを表現したり、石と一緒に洗濯をして色を落とし長年履き続けたように見せているのが特徴です。

ダメージジーンズやクラッシュジーンズは、穴が開いたりほつれるまでの過程は違いますがダメージパンツであることに変わりはありません。そのため、洗濯する時はできるだけ優しく洗う必要があります。とは言え、両者は綿のパンツや化繊のパンツよりも丈夫に作られているため、神経を尖らせるくらい慎重にならなくても大丈夫です。

また、ダメージジーンズやクラッシュジーンズは見た目こそボロボロですが、洗濯をしないと繊維が伸びっぱなしになり劣化を早めてしまいます。できるだけ長く履き続けるなら洗濯をした方が良いです。

ダメージジーンズの洗濯に必要なもの

ダメージジーンズを洗濯をする場合は『洗濯ネット』が必要で、手洗いでダメージジーンズを洗濯する時は『必要があれば洗濯桶やバケツなど』を用意します。そして、ダメージジーンズの洗濯に欠かせないのが洗剤です。

ダメージジーンズを洗濯する時は、『衣料用の中性洗剤(おしゃれ着用洗剤)』か『衣料用の植物性洗剤』を用意しましょう。2種類の洗剤はダメージジーンズを優しく洗濯しながら汚れを落としてくれるため、ダメージジーンズの洗濯にピッタリです。

反対に、ダメージジーンズの洗濯で使わない方が良い洗剤は界面活性剤入りの洗剤や衣類用漂白剤で、汚れやシミはしっかり落としてくれますが繊維が傷んで色落ちします。さらに、カラージーンズと言われているジーンズの場合は、界面活性剤の種類である蛍光増白剤を使うと色が抜けるため注意しましょう。

ダメージジーンズの洗濯方法5ステップ[洗濯機編]

最初に洗濯機でダメージジーンズを洗濯する方法をご紹介します。洗濯機でダメージジーンズを洗濯する場合は基本的にコースを選んで洗うため楽です。手洗いでダメージジーンズを洗濯するのが面倒な方は洗濯機で洗いましょう。

①ダメージジーンズのシミや汚れ部分に洗剤を叩きこむ

ダメージジーンズを洗濯機で洗濯する前にシミや汚れがないか? をチェックします。ダメージジーンズにシミや汚れがあれば、衣類用の中性洗剤や衣類用の植物性洗剤をシミや汚れているところに少しだけ垂らしましょう。そして、洗剤を垂らしたところを洗剤のキャップの裏で軽く叩きながら、ダメージジーンズに洗剤を染み込ませます。

②ダメージジーンズをたたんで洗濯ネットに入れる

ダメージジーンズのファスナー・ボタン・フックなどを全て留めたらダメージジーンズを裏返しましょう。次に、ダメージジーンズを3つ折りか4つ折りにしますが、穴やほつれ部分は内側にしてたたんで洗濯ネットに入れます。

③手洗いコース等でダメージジーンズを洗濯する

洗濯機の場合は洗濯コースを選びますが、ダメージジーンズを優しく洗濯するために『手洗いコース』や『ドライコース』などを選びましょう。

次に、洗濯槽の中へ洗剤を入れますが、洗濯槽が動き始めて水と洗剤が混ざったことを確認してから、洗濯ネットに入れたダメージジーンズを入れます。もしくは、洗濯槽の中に水と洗剤を入れたら手でかき混ぜて、洗濯ネットに入れたダメージジーンズを入れても構いません。

④ダメージジーンズの洗濯後はすすぎと脱水を行う

手洗いコースやドライコースなどでダメージジーンズを洗濯する場合は、自動で洗濯~脱水までするため全ての工程が終わるまで待ちます。洗濯コースを選ばないでダメージジーンズを洗濯した場合は、『すすぎは2回』で『脱水は数分くらい』が目安です。

⑤ダメージジーンズを脱水したら干す

ダメージジーンズの脱水が終わったら、洗濯槽からダメージジーンズをすぐに取り出して風通しの良い場所で陰干しします。洗濯したダメージジーンズを干す時は、角ハンガーのピンチでダメージジーンズを留めて吊り干しましょう。

また、ダメージジーンズを洗濯をするとはシワができるため、シワがある部分を縦や横に両手で軽く引っ張ります。さらに、洗濯したダメージジーンズを角ハンガーのピンチで留めたら、シャツのシワを伸ばす時の要領でダメージジーンズをパンパンと叩きましょう。

ダメージジーンズの洗濯方法4ステップ[手洗い編]

お気に入りのダメージジーンズや丁寧にダメージジーンズを洗濯したい方は、手洗いがおすすめです。洗濯機よりも手洗いの方が手間はかかりますが、洗濯機よりも優しく洗濯できます。では、手洗いでダメージジーンズを洗濯する方法を見ていきましょう。

①ダメージジーンズにシミや汚れがあれば部分的に洗剤を付ける

手洗いでダメージジーンズを洗濯する場合もシミや汚れの確認をします。シミや汚れがある場合は、衣類用の中性洗剤や衣類用の植物性洗剤を垂らし洗剤のキャップの裏で軽く叩いてから、ダメージジーンズを手洗いしましょう。

②洗濯液の中にダメージジーンズを入れて押し洗いをする

洗濯機でダメージジーンズを洗濯する時と同じように、ファスナーやボタンなどは全て留めてダメージジーンズを裏返します。次に、洗濯桶やバケツなどに水と洗剤を入れたらかき混ぜて、裏返しにしたダメージジーンズを入れましょう。そして、ダメージジーンズを洗濯するために、両手でダメージジーンズを優しく押しながら洗濯をします。洗濯時間は大体3分です。

③洗濯したダメージジーンズをすすぐ

ダメージジーンズを大体3分押し洗いしたらすすぎます。洗濯に使った洗剤液を捨ててキレイな水と入れ替えましょう。そして、ダメージジーンズの繊維に含まれている洗剤を落とすために再度ダメージジーンズを優しく押して、泡がなくなるまで水を入れ替えながらすすぎます。

④ダメージジーンズを洗濯ネットに入れて脱水したら干す

ダメージジーンズをすすいだら洗濯ネットにダメージジーンズを入れて、洗濯機で脱水しましょう。洗濯ネットにダメージジーンズを入れる時は、穴やほつれ部分を内側にしながら3つか4つに折って洗濯ネットに入れます。脱水時間は数分です。そして、脱水したダメージジーンズのシワを伸ばし、角ハンガーのピンチでダメージジーンズを留めて吊った状態にしたら、風通しの良い場所で陰干しします。

ダメージジーンズを傷めないコツ5個

ダメージジーンズは穴が開いていたりほつれているため、ダメージ部分をいたわりながら洗濯しないといけません。ダメージジーンズの汚れを落としつつ傷めないように洗濯するなら、5つのコツをチェックしましょう。

①ダメージジーンズを傷みから守るなら裏返しにするのがコツ

ダメージジーンズを洗濯する時は必ず裏返しにするのが、繊維を傷めないコツです。ダメージジーンズは洗濯をすると大なり小なり摩擦が生じ、繊維に影響を与えるため、ダメージジーンズを表にした状態で洗濯をすると摩擦の影響をダイレクトに受けます。

摩擦の影響を受けたダメージジーンズは繊維が傷み、"穴が広がりやすくなる・ほつれが進行する・色落ちさせる原因になる"と思いましょう。摩擦による傷みを軽減させるなら、ダメージジーンズを裏返しにして洗濯をすることです。また、ダメージジーンズを裏返しにして洗濯をすると汗や皮脂汚れも落ちやすくなり、汗の臭いを防ぐこともできます。

②ダメージジーンズを傷みから守るなら洗濯ネットに入れるのがコツ

ダメージジーンズを洗濯機に入れる時は必ず洗濯ネットに入れて、ダメージジーンズを摩擦や衝撃から守りましょう。ダメージジーンズを裏返しにするだけでも傷みを軽減しながら洗濯できますが、脱水時はダメージジーンズに負担がかかります。脱水時は、洗濯槽の壁にダメージジーンズがガンガン当たり衝撃による摩擦も大きいため、洗濯ネットを使いましょう。

ダメージジーンズにおすすめの洗濯ネットは、『ダメージジーンズがピッタリ入るサイズを選ぶ』ことです。ダメージジーンズをたたんで洗濯ネットに入れた時、洗濯ネットに余白がないものを選ぶと洗濯ネットの中でダメージジーンズが動きにくくなり、摩擦を防ぎながら洗濯することができます。

③ダメージジーンズを傷みから守るなら優しく洗濯するのがコツ

ダメージジーンズを傷めないで洗濯をするなら優しく洗濯をするのがコツです。洗濯機でダメージジーンズを洗濯する場合は、繊維に負担をかけないために手洗いコースやドライコースなどで洗濯をします。

手洗いコースやドライコースなどは通常のコースと違い、洗濯層もゆっくり動き脱水時間も短いため洗濯物をいたわりながら洗うのが特徴です。

一方、手洗いでダメージジーンズを洗濯する場合は、ダメージジーンズを優しく押すようにして洗濯をします。ダメージジーンズの汚れを落としたいからと言って、両手に強い圧をかけながら洗濯をすると繊維が傷むため力加減には注意しましょう。

④ダメージジーンズを傷みから守るなら脱水時間を短くするのがコツ

脱水は洗濯物に一番負担がかかる工程のため、ダメージジーンズを脱水する時は数分で終わらせるのがコツです。ただし、ダメージジーンズを脱水して水が垂れるようなら、再び1分~2分脱水にかけて水が垂れないようにしましょう。

ダメージジーンズは濡れている状態が長いと色落ちしやすいため、ダメージジーンズから水が垂れるくらい水を含んでいる状態はよくありません。かと言って、脱水時間を長くすると摩擦や衝撃で繊維が傷むため、水が垂れないギリギリのところで脱水を終わらせる必要があります。

⑤ダメージジーンズを傷みから守るなら早く乾かすのがコツ

脱水したダメージジーンズは放置しないで、すぐに角ハンガーでダメージジーンズを吊って風通しの良い場所で陰干しをしましょう。脱水したダメージジーンズを放置したり、日当たりが良い場所で洗濯をしたりダメージジーンズを干すと色落ちします。

また、洗濯したダメージジーンズはできるだけ早く乾かすのが傷みを防ぐコツです。角ハンガーのピンチで『ダメージジーンズのウエストを数ヵ所留める』か、『ダメージジーンズの裾を数ヵ所留める』ようにしましょう。ピンチで数ヵ所留めると空洞ができて、風に当たる面が増えるため早く乾かすことができます。

ダメージジーンズを洗濯する頻度

ダメージジーンズを洗濯する頻度は、汗をかいた時・シミや汚れができた時・臭いがしたら洗濯をしましょう。でも、ダメージジーンズを1回履いたら洗濯をしても構いません。ダメージーンズはボロボロの状態ですが、元々は穴やほつれもない状態でジーンズは作業服として使われていたアイテムです。作業服として使われていたジーンズは丈夫にできているため、頻繁に洗濯をしても問題ありません。

ただし、洗濯をすれば摩擦が生じて繊維を傷めたり色落ちするリスクはあるため、洗濯回数を少なくするなら汗をかいたりダメージジーンズにシミや汚れができた場合や、不快な臭いがした時だけ洗濯をしましょう。他にも、汗をかきやすい夏はダメージジーンズを履くのをやめて、ダメージジーンズを履いたら角ハンガーで吊り干しして湿気を逃がすと、洗濯回数を減らすことができます。

まとめ

ダメージジーンズは洗濯機や手洗いで洗濯できますが優しく洗濯するのが基本です。ダメージジーンズを傷めないでキレイに洗濯をするなら、裏返しにして洗濯ネットで洗濯をしたり脱水は短くして風通しの良い場所で陰干ししましょう。

【PR】ハウスクリーニングやエアコン掃除はプロに依頼しませんか

清潔な住まいで健康で快適な暮らしを!キッチンの頑固な油汚れ、時間と労力を費やす水回りの清掃、エアコンのクリーニングなど普段なかなか手がつけられない掃除なら、掃除のプロが見つかるこちらのサービスがオススメです。

ハウスクリーニング業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_クリーニング

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

 

ビジネスパートナー募集