暮らしのお悩み解決サイト

中性洗剤の洗濯効果と洗濯方法9ステップ!洗濯表示やおすすめは?

中性洗剤の洗濯効果と洗濯方法9ステップ!洗濯表示やおすすめは?

洗濯用の中性洗剤を使っていない方は損しているかもしれません! 洗濯用の中性洗剤で洗う方法がわかれば、クリーニング店に出さなくても自宅で洗濯できます。早速、「洗濯用の洗剤で洗う方法」を見ていきましょう。


洗濯に欠かせない洗剤ですが中性洗剤を使っていますか? 洗濯に使う中性洗剤はCM放送されている一方で、実は洗濯洗剤の中ではあまり知られていないかもしれません。洗濯用の中性洗剤はとても便利なアイテムで、洗濯用の中性洗剤で洗うと衣類などが長持ちするため長期間愛用できます。

また、毎回クリーニング店に依頼していたものも、もしかしたら洗濯用の中性洗剤で洗うことができるかもしれません。自宅で洗濯できるとなれば、クリーニング店に依頼する必要がなくなりお財布にも優しいです。

今回は、洗濯用の中性洗剤について詳しくご紹介します。『中性洗剤の効果』や『洗濯用の中性洗剤で衣類などを洗う方法』をチェックしましょう!

中性洗剤とは?効果は?

中性洗剤は、『できるだけ肌や生地にダメージを与えないで汚れを落とす』のが特徴です。中性洗剤は衣類を洗濯する時に使うものなどがありますが、洗剤の性質を大きくわけると以下の5つになります。

・酸性
・弱酸性
・中性
・アルカリ性
・弱アルカリ性

洗剤は、『酸性もしくはアルカリ性になればなるほど洗浄力が増す』のが特徴です。つまり、皮脂(油)汚れや汗汚れなどもしっかり落とすことができます。中性洗剤は5つの性質の中で言うとちょうど中間です。

また、ph値は0~14まであり、洗浄力が高い酸性は0~3・アルカリ性は11~14になります。一方、中性洗剤は6~8です。

Ph値を見てわかる通り、中性洗剤は刺激が強すぎないため肌や生地を守りつつ汚れを落とすことができます。例えば、デリケートな素材でできている衣類を洗濯をする場合は生地をいたわりながら洗うため、風合いを損ねたり色落ちするのを防ぎながら洗濯することが可能です。

 

中性洗剤と普通の洗剤の違い

中性洗剤と普通の洗剤の違いをザックリ言うと、中性洗剤は優しく洗いますが普通の洗剤はガシガシ洗って汚れを落とすイメージです。

中性洗剤の主成分は界面活性剤で、水と油の間にある界面に界面活性剤が働きかけることで性質が変わります。性質が変わると交わることのない水と油が混ざり、汚れを浮かして素材にダメージを与えないで落とすのが特徴です。

一方、普通の洗剤である酸性洗剤は酸性成分・アルカリ性洗はアルカリ成分が主成分になります。両者は黄ばみや頑固な皮脂(油)汚れを落とすことに優れていますが、デリケートな素材の衣類を洗濯すると繊維が傷み、色落ちや型崩れなどを引き起こす原因です。

また、丈夫な生地で作られているデニム生地も、アルカリ性洗剤で洗濯をすると生地が傷みやすいです。アルカリ性洗剤は洗浄力が高く汚れを落とす能力に長けていますが、ダメージ加工をしているジーンズやビンテージジーンズは劣化するのが早くなります。

中性洗剤の洗濯表示

衣類の洗濯タグには、中性洗剤で洗濯をすることを表した洗濯表示はありません。しかし、洗濯タグに『水洗いマークがあれば中性洗剤で洗濯することが可能』です。

ただし、洗濯表示は2016年12月~変わっているため、古い洗濯表示と新しい洗濯表示をご紹介します(以下参照)。水洗いの洗濯表示にバツ印がある場合は、新旧関係なく洗濯ができないため注意しましょう。

また、洗濯タグに中性洗剤表記がなければ、どのような中性洗剤を使えば良いのか? も書かれていません。衣類を中性洗剤で洗濯する場合は『おしゃれ着用洗剤』が向いています。

【古い洗濯表示】
・洗濯たらいのマークに"手洗イ"と書かれた表記がある
・洗濯機のマークを表した長方形マークの表記がある

【新しい洗濯表示】
・洗濯たらいのマークで、洗濯たらいマークの下に0本~2本の横棒の表記がある
・洗濯たらいの中に手が入っている表記がある

中性洗剤に適した洗濯物の具体例

中性洗剤に適した洗濯物は、ウール・麻・シルク・綿・合成繊維(ポリエステル系やアクリル系など)を使った衣類やファブリック製品などが向いています。例えば、ウールのニット・麻やシルクを使ったシャツ・綿素材のシーツやタオル・ポリエステルやアクリルのジャージやぬいぐるみなどです。

ご覧の通り中性洗剤は、デリケートな素材からできているもの~日常生活で頻繁に使うものまで幅広く洗濯することができます。しかし、基本的にはウール・麻・シルクなど、デリケートな素材でできているニットやシャツなどの洗濯がおすすめです。

もしくは、皮脂や汗汚れがあまり酷くない洗濯物で丁寧に洗濯をしたい時や、お気に入りの衣類などを洗濯する時も中性洗剤が向いています。

中性洗剤の洗濯方法9ステップ

衣類などを中性洗剤で洗濯する時はどのような手順で洗うのでしょうか? 衣類などを中性洗剤で洗濯をする方法は洗濯機はもちろん、手洗いで洗うこともできます。では、中性洗剤で洗濯する方法を見ていきましょう。

①洗濯物の水洗い表記と色落ち確認をする

洗濯表示を見て水洗いマークがあるか? を確認します。水洗い確認をしたら、目立たないところで中性洗剤で色落ちしないか? を確認しましょう。色落ち確認は色物や柄物を洗濯する場合だけで構いません。

色落ちを確認するために必要な物は白い布です。白い布に中性洗剤を含ませたら、縫い目部分などを中性洗剤を含ませた白い布で叩いて色落ち確認をします。白い布に色移りしたら自宅では洗濯はできないため、クリーニング店に依頼しましょう。

②洗濯物にシミがあればシミを落とす

洗濯物にシミがある場合は中性洗剤で洗濯をする前に、『液体の酸素系漂白剤』か『中性洗剤』を使ってシミを落とします。血液・黄ばみ・食べこぼしなどのシミ汚れは、液体の酸素系漂白剤を使った方がシミを落としやすいです。

酸素系漂白剤で血液を落とす時は、40度以下の水やぬるま湯で軽く手洗いしてから酸素系漂白剤を血液部分に垂らします。黄ばみや食べこぼしなどで汚れている部分は、酸素系漂白剤を垂らしましょう。

血液・黄ばみ・食べこぼしなどによるシミ以外は中性洗剤を使います。まず、シミがある部分に中性洗剤を垂らしたら、中性洗剤のキャップのお尻でシミの部分を軽く叩きましょう。

シミがある部分を手で擦ったり揉むと生地を傷める原因になるため、必ずキャップのお尻で軽く叩くのがポイントです。

③洗濯物で外せるパーツは外す・外せないパーツは閉じるなどする

中性洗剤で洗濯するもので共布ベルトや胸パッドなど、外せるパーツは洗濯前に外すのが基本です。共布ベルトを付けたまま洗うと洗濯中に絡んで衣類が型崩れします。胸パッドを外すのは、型崩れを防ぎながら汚れを落としやすくするためです。

一方、ボタン・ファスナー・フックは外すことができないパーツのため、全て閉じて型崩れを防ぎます。リボンやヒモはほどいて先っぽを軽く玉結びをして、洗濯中に絡まないようにしましょう。また、結ぶことで洗濯ジワを防ぐことができます。

④洗濯機で衣類などを洗う時は洗濯ネットに入れる

洗濯機で洗うを時は洗濯物を畳んでから洗濯ネットに入れて、中性洗剤で洗いましょう。洗濯ネットのサイズは色々ありますが型崩れなどを防ぎながら中性洗剤で洗濯をするなら、洗濯ネットのサイズ選びもポイントです。

畳んだ洗濯物を洗濯ネットへ入れた時にフィットし、『洗濯ネットの中で衣類などが動かないもの』を選びましょう。ただし、洗濯物を洗濯ネットに押し込まないと入らないサイズは適していません。

さらに、『汚れが気になる部分は表にくるようにして畳むと』汚れが落ちやすいです。しかし、ウール・麻・シルクなどのデリケート素材・プリントや装飾付き・色や柄物は裏返しにして畳むため、汚れている部分だけ表にします。

カーテンやタオルケットなど、薄くて大判のものは蛇腹状に折って汚れている部分を表にします。毛布など厚くて大判のものは、クルクル巻きますが汚れている部分を表にしましょう。

一方、中性洗剤で手洗いをする場合は、洗濯ネットに入れる必要はありません(ただし、脱水で洗濯機を使う時は洗濯ネットが必要です)。

⑤洗濯機で洗う時はドライコースなどで洗濯をする

洗濯機で洗う時はできるだけ洗濯物に負担をかけないために、『ドライコース』や『手洗いコース』などを選んで弱水流で洗います。大判の洗濯物は、汚れが気になる部分が洗濯槽の下にくるように入れると汚れが落ちやすいです。

柔軟剤を使う時は中性洗剤で洗濯をする前に、柔軟剤投入口に注ぎましょう。あとは、脱水まで自動で行ってくれるため洗濯が終わるのが待つだけです。

中性洗剤は繊維にダメージを与えないように優しく洗濯してくれますが、洗濯機は手洗いに比べて洗濯物にかかる負担はそれなりにあります。そのため、弱水流で洗濯をしてくれるドライコースや手洗いコースで洗うのが基本です。

⑥手洗いをする時は洗濯たらいなどで洗う

手洗いで洗濯をする時は、洗面器・洗濯たらい・洗面台やバスタブに栓をして洗います。衣類や小さい洗濯物は、洗面器・洗濯たらい・洗面台で洗えますが、大判のものはバスタブに栓をして洗濯をしましょう。

まず、中性洗剤と水かぬるま湯を、洗面器・洗濯たらい・栓をした洗面台やバスタブに入れてよく混ぜます。中性洗剤と水かぬるま湯が混ざったら洗濯物を入れましょう。

衣類や小さい洗濯物は『押し洗い』で汚れを落とすのが基本で、洗濯物を両手で軽く押しながら洗います。汚れが気になる部分は『つかみ洗い』をしましょう。

やり方は手でつかんで離すだけです。押し洗いもつかみ洗いも何度か繰り返して汚れを落とします。しかし、薄い素材のものは押し洗いではなく、優しく広げたら寄せることを繰り返しましょう。

一方、大判のものはバスタブの中に入れたら『足で踏み洗い』をします。立ちながら踏み洗いをするのがツライ方は、バスタブのフチに腰を掛けながらでも構いません。時々、洗濯物を返しながらしばらく踏み洗いをして汚れを落としましょう。

⑦手洗いで洗濯をしたらしっかりすすぐ

手洗いで洗濯をしたら中性洗剤が入っている水やぬるま湯を捨てて、新しい水かぬるま湯を張ります。そして、押し洗いや踏み洗いなどをして中性洗剤を落としますが、時々水かぬるま湯を入れ替えながら中性洗剤を落としましょう。柔軟剤は水かぬるま湯がキレイになったら注ぎ軽くすすぎます。

⑧洗濯機かタオルドライで脱水をする

手洗いで洗濯物の汚れを落としたら脱水をしますが、脱水方法は洗濯機かタオルドライをするのが基本です。洗濯機で脱水をする場合は、洗濯物を畳んでから洗濯ネットに入れて『1分~2分くらい脱水』をします。

1分~2分脱水をして水がポタポタ垂れるようなら、再び1分~2分くらい脱水をします。脱水時間を長くすると繊維が傷むため、短時間で脱水を済ませるのがポイントです。

洗濯機で脱水をしない場合、ニットや薄手のものはクルクル巻いて両手で挟み、優しく圧をかけて水切りを行ったらタオルで挟んで水分を吸わせます。シワになりやすい素材はクルクル巻いて水切りをせず、タオルで挟むだけにしましょう。

大判のものはバスタブにかけてある程度水切りをするため、しばらくそのままにします。時間を置いたらバスタオルで水分を吸わせますが、面倒な方はバスタオルを使わなくても構いません。

⑨洗濯表示にある干し方を確認してから干す

洗濯機や手洗いで脱水までしたらシワを伸ばして干します。ただし、洗濯物によって干し方が違うため洗濯表示を見てから干しましょう。例えば、陰干し表記や平ら干し表記などが記載されており、洗濯表示の通り干すと型崩れや変色などを防ぐことができます。

中性洗剤のおすすめ商品3個

"おすすめの中性洗剤はどれなの? "と思っている方もいるでしょう。中性洗剤は様々な種類がありますが、中でもおすすめのものを3個ご紹介します。中性洗剤選びに迷った時は3個のうちのいずれかを選んで洗濯をしましょう。

①アクロン

アクロンのメリットは、アプリを使うとアクロンで洗濯ができるか? を確認できることです。洗濯表示を選ぶと洗濯方法や干し方などを教えてくれたり、衣類などを撮影すれば洗濯方法などを保存できる機能もあります。

②エマール

エマールは有名な中性洗剤ですが、衣類などを洗濯すると形が元に戻る機能が特徴です。例えば、袖口が伸びてヨレヨレになっている衣類もエマールで洗濯をすると解消されます。また、汚れだけでなく臭いを落とすのもポイントです。

③ザ・ランドレス

おしゃれな中性洗剤を使いたい方はザ・ランドレスはいかがでしょうか? 2004年にニューヨークで誕生したザ・ランドレスは、洋服好きの方向けに開発されました。また、植物から作られており、排水後は自然分解されるため地球にも優しいです。

中性洗剤の代用はある?

自宅に中性洗剤がない時は、『食器用洗剤』や『シャンプー』で代用することができます。"食器用洗剤やシャンプーで衣類などを洗濯できるの? "と驚いた方もいるかもしれませんが、おしゃれ着用洗剤と同じく汚れを落として洗濯することは可能です。

ただし、食器用洗剤やシャンプーで衣類などを洗濯する時は手洗いをおすすめします。理由は食器用洗剤やシャンプーは中性洗剤よりも泡立ちが良いため、洗濯機ですすぎを行うと泡をしっかり落とすことができず、衣類などに泡が残る可能性があるからです。

しかし、手洗いなら泡が落ちたことを見て確認できるため、衣類などに食器用洗剤やシャンプーの成分が残る心配がありません。

まとめ

洗濯用の中性洗剤は様々なものを優しく洗うことができるため、色落ちなどを防ぐことができます。大切にしている衣類などは洗濯用の中性洗剤で洗いましょう。

【PR】満足度94%!自分でやるのに疲れたらプロのお掃除

自宅のエアコンやキッチン、店舗のガラスやトイレまで。プロの力でキレイによみがえる!なかなか落ちない頑固な汚れにはこちらのサービスがオススメです。

無料の見積り相談であらゆるハウスクリーニングに対応してくれます。諦めている長年の汚れを落としてませんか?

お掃除マスター

\家全体すべてに対応/

年間3000件の実績

 

  • ◆掃除のプロにお任せ  
  • ◆黄ばみやカビ取りも  
  • ◆全国各地に完全対応  
  • ◆最短即日 待たせません

 

最新の投稿


上履きをキレイにする洗い方!簡単な方法・ジップロック・洗濯機

上履きをキレイにする洗い方!簡単な方法・ジップロック・洗濯機

子供が上履きを持ち帰ってくると、ウンザリする親御さんもいるでしょう。上履きは洗うのが面倒、汚れが落ちないなどと思っていませんか?上履きは正しい洗い方をすれば、簡単でラクに汚れを落とすことができます。


服の脇の黄ばみの落とし方!ワキガの人の特徴・セルフチェック

服の脇の黄ばみの落とし方!ワキガの人の特徴・セルフチェック

ワキガの方は特徴があることをご存知でしょうか?例えば、洋服の脇の下などに黄ばみがある場合はワキガの可能性があります。今回は、自分でチェックするやり方や、洋服の黄ばみを落とす方法などを見ていきましょう。


枕の黄ばみの原因と落とし方!オキシクリーンやセスキは使える?

枕の黄ばみの原因と落とし方!オキシクリーンやセスキは使える?

枕に付いてしまった黄ばみを落としたいけれど、どのように落とせばよいか分からないという人も多くいるのではないでしょうか。本記事では黄ばみの原因から、実際にどのように洗濯をすれば良いかまで詳しく紹介します。本記事を参考に枕に黄ばみの無い生活を送りましょう。


子供部屋の仕切り方アイディア17選!DIY・突っ張り棒も使える!

子供部屋の仕切り方アイディア17選!DIY・突っ張り棒も使える!

子供部屋の仕切り方は難しい方法ばかりではないということはご存じでしょうか。やってみたら簡単な方法がたくさんあります。本記事ではそんな誰でも試せる子供部屋の仕切り方法を写真付きで詳しく紹介します。本記事を参考に子供部屋の間仕切りを試してみてはいかがでしょうか。


アパートのゴキブリ対策9つ!どこから侵入してくる?【プロ監修】

アパートのゴキブリ対策9つ!どこから侵入してくる?【プロ監修】

ゴキブリ嫌いの方にとって、安らげるはずのアパートの部屋やベランダにゴキブリが出たら緊急事態です。気持ち悪いゴキブリから解放されたい方は、今からでもできる「アパートのゴキブリ対策9つ」を実践しましょう。


 

 

ビジネスパートナー募集