暮らしのお悩み解決サイト

テレワークにぴったりのデスクライト!快適に在宅ワークをするためには?

テレワークにぴったりのデスクライト!快適に在宅ワークをするためには?

長時間のテレワークで目が疲れやすいと感じている人も多くいるのではないでしょうか。デスクライトを変えるとそういった疲労が改善される場合があります。こちらの記事では在宅ワークを快適にするためにおすすめなデスクライトを紹介しています。自分に適切なデスクライトを選んでテレワークを効率化しましょう。


テレワークをするようになって目が疲れやすくなったり肩こりが増えたという人も多くいるのではないでしょうか。テレワーク歴2年の筆者も始めたばかりのころは環境に慣れず困っていました。

こちらの記事では実際にデスクライトを使いだして在宅ワークが快適になった筆者自身の経験を踏まえて、おすすめなデスクライトの選び方を解説します。

実際におすすめのデスクライトも紹介しますのでぜひ参考にしてください!

在宅ワークの人必見!
快適にテレワークをするために必要な明るさは?

オフィスと同じ環境作りは必要?
適切な明るさ単位

明るさの単位として使われるのはルクスという単位です。10㎥以上の空間でテレワークをする場合、机上は300ルクス以上が好ましいといわれています。

ルクスとは光源によって照らされている面の広さの程度を表し、部屋のルクスが低いとテレワークで作業をする手元が暗く感じてしまうので疲労などにも繋がります。

パソコンのディスプレイは500ルクス以下にすることで机上のルクスとのギャップを減らすと良いでしょう。

テレワーク中におすすめな光の色は?
明るさの種類

明るさにはいくつも種類があり、その中でもテレワークに良いといわれている明るさの種類は電球色から昼光色です。

好みの明るさで作業をしても大丈夫ですが、やはり作業効率や目の疲労などを考えると適切な明るさの種類を選びたいですね。

電球色の色温度は単位をK(ケルビン)、約3000Kでオレンジの光になり、あたたかみのある光なのでリラックスする空間によく使われますね。

昼白色の色温度は約6500Kで白に青みがかった色をしています。人の脳を覚醒させて集中力を上げる効果があるといわれています。

在宅勤務の効率を上げる
デスクライトで明るさ調節をするメリットとは?

デスクライトで明るさ調節をするメリットその1
集中力を上げる

人って本来昼間に活動して夜は眠るというメカニズムで生きていますよね。そのため昼の光を浴びることで脳みそが覚醒する構造になっているのです。

仕事空間の照明は人が脳を覚醒させるために重要な要素になっています。デスクスタンドによって調光や調色をすることでテレワーク時の集中力を上げられますね。

在宅で働いていると仕事とプライベートのメリハリが難しいですが、デスクライトで明るさ調節をすることでメリハリも作れます。

デスクライトで明るさ調節をするメリットその2
視力低下の防止

家の中の照明には蛍光灯やLED照明などいくつも種類があります。またその明るさはすべてバラバラですよね。

パソコン作業をする際にはディスプレイからも光が出ているので、テレワーク中はいくつもの光を同時に浴びていることになります。それらの光の強さが違うことで目に疲労が溜まる原因になってしまうのです。

日中は太陽の光も入れば明るく、夜は電球色のライトが部屋を照らすなど時間帯によっても明るさは違いますよね。それをデスクスタンドで一定に保つことで不要な負荷を目にかけないで済みます。

自分に合ったライトで仕事効率化
テレワークが快適になるデスクライトの選び方

テレワークが快適になるデスクライトの選び方のポイント1
設置方法

テレワークをする机環境は人によってさまざまですよね。デスクライトを設置する場合には自分に最適な設置方法を選ぶようにしましょう。

スタンド式

スタンドタイプのデスクライトは作業スペースが広い机を使っている人におすすめです。スタンドタイプの場合はLEDデスクスタンドが光も均一で長く使用できるので人気がありますね。

机に置いて使用するため広いスペースが必要になりますが、カンタンに移動させて使えるので便利ですよ。使っていない時に折りたたんで置けるコンパクト収納タイプもあるので用途に合った商品を選びましょう。

クランプ式

クランプタイプのデスクライトは机の天板に固定して使用するので、机に十分なスペースが無いという人におすすめです。固定式のため安定感があり、アームが自由に動かせるタイプが多くあります。

設置したいライトの向きが決まっている人は、省スペースなクランプタイプを選ぶと良いでしょう。購入の際にはアームの可動域や設置方法などに注意して選びましょうね。

クリップ式

クリップタイプはクランプタイプと同じように机の天板に設置します。しかしクリップで挟むだけなので設置場所移動もカンタンで手軽に使えるデスクライトです。天板の厚みによって設置できないこともあるので注意しましょう。

明るさが低めのものや安価なものも販売されているので、必要な明るさが十分に確保できるかなどしっかりと確認すると良いですね。持ち運びもできるクリップ式デスクライトもあります。

テレワークが快適になるデスクライトの選び方のポイント2
給電手段

一昔前はACアダプタで給電するタイプが主流でしたが、現在はUSBで給電するタイプのものや充電池が内蔵されているものも発売されています。

学習机などデスク面にコンセントの差込口が付属している机も多くありますよね。そのためデスク環境にあった給電方法のデスクライトを選ぶようにしましょう。

充電タイプのモノはコードレスですっきりと使えますが、使用可能時間に限りがあります。USB給電タイプのものはアダプターを使えばコンセントからも給電できますね。

テレワークが快適になるデスクライトの選び方のポイント3
オプション機能

【PR】ハウスクリーニングやエアコン掃除はプロに依頼しませんか

清潔な住まいで健康で快適な暮らしを!キッチンの頑固な油汚れ、時間と労力を費やす水回りの清掃、エアコンのクリーニングなど普段なかなか手がつけられない掃除なら、掃除のプロが見つかるこちらのサービスがオススメです。

ハウスクリーニング業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_クリーニング

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連するキーワード


在宅ワーク

関連する投稿


在宅ワークにおすすめのモバイルプロジェクター5選【2021年最新版】

在宅ワークにおすすめのモバイルプロジェクター5選【2021年最新版】

在宅勤務の機会が増え、テレワーク環境を見直している方も多いはず。なかでも人気なのが、在宅ワークの環境をアップデートしてくれるモバイルプロジェクターです。ホームシアターなどとして、優雅なおうち時間を楽しむだけでなく、ビジネスシーンにも大活躍のモバイルプロジェクターは、その用途によっておすすめの製品や特徴も大きく異なります。この記事では、在宅ワークにおすすめのモバイルプロジェクター5つを厳選してご紹介。リモート会議やプレゼンなどをスマートにサポートしてくれる、在宅ワーク向けのモバイルプロジェクターの選び方のポイントも詳しく解説します。


 

ビジネスパートナー募集