暮らしのお悩み解決サイト

ゴムの木の剪定方法を紹介!時期や注意点は?

ゴムの木の剪定方法を紹介!時期や注意点は?

ゴムの木は初心者でも育てやすい観葉植物ですが、日当たり・風通しを良くするために剪定をする必要があります。本記事では、剪定の方法や世話の仕方を解説していきます。


ゴムの木(フィカス)は初心者でも育てやすい観葉植物です。

本記事では、剪定のコツや注意点や育て方(置き場所・水やり・肥料・害虫や病気対策・増やし方)を紹介していきます。

通販で買えるおすすめの商品も紹介しているのでぜひご覧ください。

ゴムの木の剪定の目的・おすすめ時期

ゴムの木は樹形が乱れ、日当たりや風通しが悪くなったら剪定が必要になります。樹高が高くなるのを防ぐ目的もあります。

剪定の時期は4~5月9~10月がおすすめです。休眠期や冬はゴムの木の育成を妨げるのでNG。根詰まりが起きている時や、暑すぎる時期も避けた方がいいでしょう。

根詰まりが起きた時は、植え替えをしてから体力を回復させて剪定すればOKですよ。

ゴムの木の剪定の手順

ゴムの木は剪定バサミで剪定していきます。樹液や枝から手を守るため、ビニール製の手袋をして作業しましょう。室内で作業するなら、新聞紙を敷いておくのがおすすめです。

切り口から出る樹液は天然ゴムと現成分が似ています。ゴムアレルギーの人は特に注意が必要です。

【剪定で切る枝】
・勢いがある枝
・傷んだ枝・枯れた枝
・内向きに伸びる枝
・重なったり混み合ったりしている枝

ゴムの木を剪定の仕方のポイントは、成長点を意識して切っていくこと。枝や幹から少し出っ張った箇所のことで、その少し上を切るとうまくいきます。逆に、成長点を切ってしまうと枝が伸びなくなるので樹形が崩れる原因になってしまうので注意が必要です。

枝を切り取った後は、切り口をティッシュで押さえます。そうすることで樹液が服や床につくのを防げるので、切る前に用意しておきましょう。

ゴムの木の剪定の注意点

ゴムの木を剪定する時に注意したいのは、まず樹液に触れないこと。切り口から垂れる樹液は素手で触るとかぶれやすいです。床や服についても落ちにくいので、新聞紙を敷いたり、エプロン・作業着を着て対策しましょう。

次に、湿度が高い日に剪定するのはNG。切り口から病気にかかりやすくなってしまいます。剪定バサミも切れ味が良いものを選びましょう。一度でスッパリと切るのがポイントです。

それでも心配な場合は、癒合剤でケアしておけば安心。通販やホームセンターで購入しましょう。

ゴムの気におすすめの癒合剤
住友化学園芸 殺菌剤 トップジンMペースト 100g

チューブ入りで使いやすい癒合剤です。広範囲にも塗りやすいタイプになっています。

商品詳細はこちら

ゴムの木の剪定を業者に依頼するポイント

ゴムの木が大型だったり、うまく剪定する自信がないなら業者に頼むのもおすすめ。

特に、庭に植えれば30mまで育つ可能性がある木なので、脚立で届かない位置は無理せず専門家に頼んだ方がいいでしょう。

【庭木の剪定費用相場】
0m~3m未満:約3,000~4,000円
3m~5m未満:約5,000~9,000円
5m~7m未満:約13,000~20,000円

剪定の費用は樹高の高さや幅で決まることが多いです。上記は木のサイズによる費用の相場なので、ここに人件費・ゴミ処理代が追加されていきます。

業者を選ぶ時には、無料で見積もりをだしてくれる業者を選びましょう。その中から日時・費用が適切な業者を選べばOK。

口コミを参考にするのも大切です。

ゴムの木の育て方・お手入れのポイント

ゴムの木は基本的に初心者でも育てやすい観葉植物です。ここでは、育てる方法のポイントやコツを紹介していきます。

日当たりのいい場所に置くのが基本
置き場所のポイント

ゴムの木は熱帯・温帯からやって来た植物なので、日当たりが良い場所を好みます。日当たりが悪い場所でも育ちますが、日光に当てない期間が長くなると色が悪くなったり、落葉しやすくなったりします。

ただし、直射日光には弱く、夏場は注意が必要。葉が焼けてしまうので、遮光ネットやレースカーテンなどで保護すればOKです、

冬場はさらにケアが必要になります。ゴムの木が耐えきれる寒さは5℃まで。霜にも当たらないように注意していきましょう。

もし庭に植えるなら、西日が当たらない場所が条件。5度以下の寒さには耐えられないので、地域によってはおすすめしません。

乾いてから水をやるのが基本
水やり・肥料のポイント

ゴムの木は乾燥に強く、水を与えすぎると根腐れを起こします。水やりは土が乾いたタイミングで行いましょう。特に、冬場は休眠期なので水のやりすぎはNG。土の表面が乾いてから2~3日たった後が目安になります。

4~6月頃は土の中に指を入れて乾燥していると感じたタイミングがおすすめです。

夏場に水をやる注意点は、時間帯。昼間に水をやると地面の熱で根が傷んでしまうので、涼しい時間帯に行いましょう。

肥料も水と同じく、冬場にはいりません。春や秋に10日から2週間に1回の頻度で緩効性肥料を与えるのがおすすめです。

剪定で風通しを良くして予防しよう
害虫・病気対策のポイント

ゴムの木は丈夫で育てやすい植物ですが、いくつか注意したい害虫・病気があります。

特にカイガラムシやコナジラミがつきやすいので、葉っぱや枝を確認しましょう。対策としては、剪定で風通しをよくしたり、葉に霧吹きで水をかける葉水がおすすめです。

既に被害が出てしまっているなら、殺虫剤で対処しましょう。

病気に関しては炭疽病・斑点病・褐斑病のリスクがあります。葉に症状が現れるので、見つけ次病気部分を取り除きましょう。水やりの時には葉に直接水をかけないように注意することが予防策です。

【PR】満足度98%!お庭のお手入れお任せください!<日本全国対応>

お庭のお手入れでお困りですか?お庭の剪定・伐採・草刈などのお困りごとにはこちらのサービスがオススメです。

お見積り無料で、あらゆるお庭のお手入れの悩みに対応してくれます。請負賠償責任保険加入で、もしもの時も安心です。お庭に関する悩みを解決しませんか?

“お庭110番"

\日本全国 対応可能/

お庭のお悩み解決します!

 

  • ◆実績多数の上場企業
  • ◆現地ご相談・お見積り無料!
  • ◆お見積り後のキャンセルOK
  • ◆24時間365日受付中

関連するキーワード


庭木樹木伐採

関連する投稿


さくらんぼの木の剪定方法!苗木を正しく植える方法も解説

さくらんぼの木の剪定方法!苗木を正しく植える方法も解説

さくらんぼの木を剪定したいけどどのようにしたらよいか分からないという人も多くいるのではないでしょうか。この記事ではさくらんぼの木の剪定時期や剪定方法などを詳しく解説しています。さくらんぼの苗木を植える方法も紹介しているのでぜひ参考にしてください。


剪定のコツと役割を解説!業者とどちらがお得?

剪定のコツと役割を解説!業者とどちらがお得?

庭木・植木鉢が大きくなりすぎるのを防いだり、病害虫を予防するためには剪定がおすすめ。本記事では、剪定の基本知識を解説していきます。初心者向けの道具も紹介しているので、ぜひご覧ください。


ミニバラの剪定方法を紹介!季節ごとの特徴をとらえよう!

ミニバラの剪定方法を紹介!季節ごとの特徴をとらえよう!

ミニサイズのバラのことをミニバラと呼びます。ミニバラは病害虫がつきやすいので、剪定で風通しを良くすることが大切。本記事では、剪定の方法や注意点、育て方のコツを解説しています。


ジューンベリーの剪定方法と注意点を解説!自然樹形を崩さないコツとは?

ジューンベリーの剪定方法と注意点を解説!自然樹形を崩さないコツとは?

ジューンベリーは赤い実がオシャレな樹木です。自然樹形が美しいことが特徴ですが、大きくなりすぎるのを防ぐためには剪定が必要。本記事では、剪定の方法や注意点、お世話の方法を解説しています。


木を枯らす方法は3つ!根を枯らす方法とやってはいけないNG方法も紹介!

木を枯らす方法は3つ!根を枯らす方法とやってはいけないNG方法も紹介!

自分でできる3つの「木を枯らす方法」紹介。大きくなりすぎた…引っ越しをするなど木を枯らして処分したいお悩みを解決します。


 

ビジネスパートナー募集