暮らしのお悩み解決サイト

「ブレーカー落ちてないのに停電」するのはなぜ?原因7つと対処法をご紹介

「ブレーカー落ちてないのに停電」するのはなぜ?原因7つと対処法をご紹介

「ブレーカー落ちてないのに停電」するのはなぜ?考えられる原因7つを解説します。自分でできる対処法もご紹介しますので参考にしてみてください。


突然の停電!でもブレーカーは落ちていない…こんなときに考えられる原因7つと自分でできる対処法を解説します。

停電は、ブレーカー自体に原因があることもあれば、外的要因があることも。突然の停電に備えておくと便利なアイテムもご紹介しますので参考にしてみてください。

ブレーカー落ちてないのに停電?
そもそもブレーカーとは?

一般家庭におけるブレーカーとは「電気を安全に使うための配線用遮断器」です。

例えば、複数の電化製品を同時に使っていたときに、突然すべての電源が切れた経験がある方も多いのではないでしょうか。(一般的に「ブレーカーが落ちた」と表現します。)

ブレーカーが落ちて電気がストップするのは、過電流による発火や火災を防ぐためです。また、ブレーカーは漏電を検知したときにも電気を遮断し、重大な事故や火災を防ぐ役割も果たしています。

ブレーカーの基礎知識 その1
ブレーカーと分電盤のちがい

ブレーカーというと、上の写真のような装置をイメージするかもしれませんが、実はこれは「分電盤」です。そして分電盤の中にある「入・切」のスイッチをそれぞれ「ブレーカー」と呼びます。

ブレーカー…分電盤の中にあるスイッチ

分電盤…ブレーカーが入っている装置全体

ブレーカーの基礎知識 その2
一般住宅のブレーカーは3種類ある

一般住宅の分電盤には大きく分けて3種類のブレーカーが入っています。
①アンペアブレーカー
②漏電ブレーカー
③安全ブレーカー


それぞれのブレーカーの特徴を解説します。

3種類のブレーカー それぞれの特徴と役割
①アンペアブレーカー(別名:契約ブレーカー・サービスブレーカー)

・分電盤の左側に配置されていることが多いです。
契約アンペア数を超えた電気量が流れると、ブレーカーが落ちて家全体の電気がストップします。
・過電流による発火・火災を防ぎます。

スマートメーターが導入されている住宅では、分電盤にアンペアブレーカーがない場合もあります。(スマートメーターについては後ほど解説します。)

3種類のブレーカー それぞれの特徴と役割
②漏電ブレーカー

・分電盤の中央に配置されていることが多く、赤や黄色のボタンがついていることもあります。
漏電を検知すると、ブレーカーが落ちて家全体の電気がストップします。
・漏電による重大な事故・火災を防ぎます。

3種類のブレーカー それぞれの特徴と役割
③安全ブレーカー

・分電盤の右端に配置されている複数のスイッチのことを指します。
・各部屋の電気のショートや過電流を検知すると、個別にブレーカーが落ちて、該当の部屋や場所の電気がストップします。

次は、ブレーカーが落ちていないのに停電する原因と対処法をみていきましょう。

ブレーカー落ちてないのに停電 原因と対処法
①3種類あるブレーカーのうち一部が落ちていた

ブレーカーは落ちていないのに…と思っても、実は全部のブレーカーは落ちていないけど、一部のブレーカーが落ちていたというケースがあります。

先ほどご紹介したとおり、ブレーカーには、アンペアブレーカー・漏電ブレーカー・安全ブレーカーの3種類があるので、すべてのブレーカーの状態を確認しましょう。

ブレーカー落ちてないのに停電 原因と対処法 その1
アンペアブレーカーが落ちているときの対処法

アンペアブレーカーが落ちる原因は、電気の使い過ぎです。ドライヤー・洗濯乾燥機・掃除機・電子レンジ・電気ポット・エアコンなど消費電力の多い電化製品は、一度に使い過ぎないようにしましょう。

【アンペアブレーカーの復旧方法】
1: ブレーカーが落ちる原因となった消費電力の大きな電化製品を特定する
2: 電化製品の電源をオフにする
3: アンペアブレーカーのスイッチを入れる
4: 使用する電化製品のみスイッチを入れる

もし、使用する電化製品を減らせない事情がある場合は、契約アンペア数を増やすのも一案です。(ただし月々の電気料金は上がります。)

現在の契約アンペア数がどのくらいかは、電力会社から届く請求書や、アンペアブレーカーに記載された数字でご確認ください。

ブレーカー落ちてないのに停電 原因と対処法 その2
漏電ブレーカーが落ちているときの対処法

アンペアブレーカーは落ちていないのに停電している…そんなときは、漏電ブレーカーを確認してみましょう。漏電ブレーカーが落ちている場合、住宅内で電流の漏れがあります。感電や火災の恐れがあり、そのまま使用するのは危険です。

【漏電ブレーカーの復旧方法】
1: すべてのブレーカーのスイッチを切る

2: アンペアブレーカーと漏電ブレーカーのスイッチを入れる

3: 安全ブレーカーのスイッチをひとつずつ順番に入れると、どこかで漏電ブレーカーが落ちる
そのタイミングでスイッチを入れた安全ブレーカーの箇所が漏電していると特定

4: 漏電箇所の安全ブレーカーのスイッチは切っておく(漏電箇所の家電のプラグを抜く場合は、
安全のため安全ブレーカーが切れた状態で抜く)

5: それ以外の安全ブレーカーと、アンペアブレーカー、漏電ブレーカーのスイッチを入れる

〈参考〉
漏電ブレーカーは落ちる?知っておくと安心な5つの知識 |電気のトラブルなら東京電力パワーグリッド

上記の手順で、漏電箇所の特定と漏電していない場所の電気の復旧はできます。しかし、漏電箇所の電気の復旧は自力では危険です。電気工事店等に問い合わせて見てもらいましょう。

漏電工事の相場は1万~3万円程度ですが、工事の内容によっても変わります。

ブレーカー落ちてないのに停電 原因と対処法 その3
安全ブレーカーが落ちているときの対処法

家の中の一部だけ停電した場合、安全ブレーカーが落ちた可能性があるので確認してみましょう。安全ブレーカーが落ちる原因は2つあり、1つは同じ回路で電気を使いすぎていること、もう1つは電化製品の故障によるショートです。

【安全ブレーカーの復旧方法】
1: 安全ブレーカーが落ちた部屋の電化製品の電源をオフにし、電源プラグも外す
2: 安全ブレーカーのスイッチを入れる
3: 電化製品の電源プラグをコンセントに挿す(※)
4: 使用する電化製品を厳選し、電源を入れる

(※コンセントを挿してすぐに安全ブレーカーが落ちた場合、その電化製品がショートを起こしている可能性があります。使用をやめて電気工事業者に修理を依頼しましょう。)

また、電化製品やそのコードに傷があったり、焦げたようなにおいがしたりする場合も、電化製品の故障によるショートの可能性があります。発火やケガの恐れがあるので使用を止めてください。

電化製品のショートで、コンセント交換を業者に依頼する場合、4,000円~7,000円程度が相場です。

利用者の口コミでランキングされている『くらしのマーケット』!
・どんな人が来るの?
・作業は丁寧?
・費用はどのくらい?


気になる内容を口コミでバッチリ調べてから業者を決めることができますよ。

【PR】ハウスクリーニングやエアコン掃除はプロに依頼しませんか

清潔な住まいで健康で快適な暮らしを!キッチンの頑固な油汚れ、時間と労力を費やす水回りの清掃、エアコンのクリーニングなど普段なかなか手がつけられない掃除なら、掃除のプロが見つかるこちらのサービスがオススメです。

ハウスクリーニング業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_クリーニング

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

 

ビジネスパートナー募集