苦情言っていいレベルのうるさい工事とは?イライラをやり過ごす方法もご紹介

苦情言っていいレベルのうるさい工事とは?イライラをやり過ごす方法もご紹介

工事がうるさい!どのレベルなら苦情を言ってもいいのか、誰に言えばいいのか解説します。苦情を言わずにやり過ごす方法もご紹介!


工事がうるさい!みんな困っている

近所の工事で騒音が出るのは仕方ないと、みんな頭では分かっています。分かってはいますが、それでも大きなストレスになることに変わりありません。

隣の家の工事であればなおさら。「寝れない」「集中できない」と、SNSでも工事の音への不満が爆発しています。

そもそも、工事がうるさい時に苦情を言ってもいいの?

耐えがたい工事の騒音に悩まされていても、気軽に苦情を言えるわけではありませんよね。「工事はお互い様だから仕方ない」「ご近所付き合いもあるし……。」など、泣き寝入りする人も多いでしょう。

結論から言うと、クレームを入れるかどうかはあなた次第。「クレームを言ってはいけない」という規則や法律はありません。あなたがどこまで許容できるのかによります。

苦情を言ってもいいレベルの工事とは

「苦情を言うかどうかは個人の判断にゆだねられる」と言っても、やはり何かしらの基準が欲しいですよね。「限度」が分からないから悩んでしまうのではないでしょうか。

ここでは、苦情を言ってもいいレベルの工事とはどんな状況なのか、具体的に解説します。

作業時間が法外

「工事を行ってもいい時間帯は何時から何時まで」と、各自治体が条例によって定めています。決められた時間以外で工事を実施している場合、クレームを入れてもいいでしょう。

多くの自治体は、早朝・深夜の作業は規制しています。定められた時間外で機械を使った作業をしているなら、正式に改善を求めても問題ありません。まずはお住まいの地域の条例を確認してみましょう。

条例は、自治体の広報誌やホームページ、図書館で調べられるよ!

作業日が法外

作業時間と同じく、作業する日も各自治体が条例で規制しています。土日・祝祭日の工事は禁じている自治体がほとんどです。作業してもいい曜日以外に騒音を出しているなら、クレームを言う権利があります。

工事の音が法外

実は、工事の「音の大きさ」にも規制があるのです。「騒音規制法」という法律があり、工事による騒音について一定の場合に規制がかかります。

音の大きさは「デシベル」という単位で表されますが、何デシベル以上で騒音と見なすかは、これまた地域によって異なるので確認が必要です。ただ、多くの場合は85デシベル以上で法律違反とされています。これは電車内の音と同等レベルです。

騒音レベルを測定できるスマートフォンのアプリがあるので、計測してみてもいいでしょう。苦情を言うかどうかの判断材料となります。騒音の証拠として残すこともできますよ。

苦情は誰に言う?

いざクレームを言おうと思った時、誰に言えばいいのでしょうか。できるだけ波風立てず、改善が期待できる方法を見つけましょう。

施主

施主とは、工事を実施するための資金を出す人、つまり注文主です。工事業者にとっては、お客様にあたります。業者は、自分達にとってのお客様からの要望であれば、動いてくれる可能性が高いでしょう。

施工主・作業員

工事の状況を一番分かっているのは、作業をしている人間です。施主は現場を見ていないため、状況理解ができない場合があります。業者であれば、追加料金がかからない範囲であれば即対応してくれる可能性があります。

自治体の相談窓口

法外な工事が実施されている場合であれば、自治体の相談窓口を頼るのがおすすめです。業者へ注意勧告してくれます。

ただ、いきなり行っても取り合ってくれない場合があるため、始めは施主や施工主に伝えるのがいいでしょう。それでも改善しない場合に頼るのが賢明です。

総務省のサイトで、お住まいの地域の公害相談窓口を探すことができますよ。

工事がうるさい!苦情を言わずにやり過ごす方法

苦情を言わずに済むなら、それに越したことはありません。うるさい工事のストレスを乗り切るためのグッズや、マインドをご紹介します。

工事がうるさい!苦情を言わずにやり過ごす方法
イヤホン・耳栓を使う

最近のイヤホンは高性能で、周囲の音をしっかり遮断してくれます。根本的な解決には繋がりませんが、ストレスを軽減できるでしょう。日中家で勉強する人や、テレワークの人におすすめです。

高性能イヤホンの購入が予算的に厳しい場合は、耳栓をするだけでも違いますよ。

業界最高クラスのノイズキャンセリング機能を持つワイヤレスイヤホン。音楽を聴かなくても、つけるだけで工事の音が気にならなくなります。つけ心地もいいので、長時間使用したい場合にもおすすめ。

商品詳細はこちら

工事がうるさい!苦情を言わずにやり過ごす方法
防音ボードを使う

防音ボードとは、吸音材が入っているボードです。窓にはめて防音します。完全に無音にすることはできないものの、10デシベル以上減という高い防音効果を見込めます。

防音カーテンと併用することでさらに効果倍増。工事期間が長く続くのであれば、持っておいて損はありません。

賃貸でもOK!カンタンに壁の防音ができる防音パネルです。壁のサイズを測ってネットで注文、届いたら窓にはめるだけ!うるさい工事の防音はもちろん、お子様の騒ぎ声を気にしている方や、楽器を演奏する方にもおすすめです。

商品詳細はこちら

工事がうるさい!苦情を言わずにやり過ごす方法
日中は外出する

基本的に、工事が行われるのは日中です。当たり前ですが、日中出かけてしまえばうるささを感じることはないですよね。防音対策ではありませんが、工事現場から離れて過ごすという選択肢も視野に入れましょう。

工事がうるさい!苦情を言わずにやり過ごす方法
「いつかは必ず終わる」「お互い様」と考える

工事は永遠に続くものではありません。いつか必ず終わりはきます。そして、今あなたが住んでいる家があるのも工事があったからです。誰かの快適な住まいを建てるために、ある程度の騒音は仕方がないことなのです。

「いつか必ず終わる」「お互い様」の精神を持つことで、乗り切りましょう。好きなことをしたり出かけたりして、ストレスをため込まないようにできるといいですね!

【PR】ハウスクリーニングやエアコン掃除はプロに依頼しませんか

清潔な住まいで健康で快適な暮らしを!キッチンの頑固な油汚れ、時間と労力を費やす水回りの清掃、エアコンのクリーニングなど普段なかなか手がつけられない掃除なら、掃除のプロが見つかるこちらのサービスがオススメです。

ハウスクリーニング業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_クリーニング

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連するキーワード


在宅・おうち時間

関連する投稿


マッシャーがなくても大丈夫!誰でも家にある代用品7選を紹介

マッシャーがなくても大丈夫!誰でも家にある代用品7選を紹介

料理で使いたいけどマッシャーが無くて困ったことがあるという人も多くいるのではないでしょうか。マッシャーの代用品を知っていればそんなときにも問題なく料理ができますよね。この記事では誰でも家にあるマッシャーの代用品を7つ紹介します。この記事を参考にマッシャーの代用品を確認しましょう。


火消し壺の代わりは?アルミホイル・鍋などでの代用方法とは?

火消し壺の代わりは?アルミホイル・鍋などでの代用方法とは?

バーベキューの後の炭は、熱くて捨てるのが大変です。そんな時に便利なのが、火消し壺。火消し壺はキッチン用品やアウトドア用品、アルミホイルでも代用できます。本記事では、専用アイテムを買わずとも火消し壺を代用するテクニック、おすすめのアイテムを紹介していきます。


【マフィン型の代用9選】代用品は耐熱温度の高いものを選ぶ!紙コップや牛乳パックはNG

【マフィン型の代用9選】代用品は耐熱温度の高いものを選ぶ!紙コップや牛乳パックはNG

マフィン型がないときや代用品で間に合わせたいときに使えるアイテム9選を紹介!反対に使うと危険な代用アイテムについても解説します。また、何度もマフィンを作りたいときにおすすめの専用型3つもお伝えするので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


メガネの曇り止め代用品9選をランキングで紹介!使ってはいけない代用品も

メガネの曇り止め代用品9選をランキングで紹介!使ってはいけない代用品も

メガネの曇り止めに代用できるアイテム9選をランキングで紹介!使えそうで使えない使用NGのアイテムも併せて解説します。また、マスク着用時のメガネの曇り対策や、おすすめのメガネ用曇り止めもピックアップしているのでチェックしてみてくださいね。


湯たんぽの使い方!お湯の温度や長持ちのコツは?シーン別湯たんぽの効果的な使い方も

湯たんぽの使い方!お湯の温度や長持ちのコツは?シーン別湯たんぽの効果的な使い方も

湯たんぽを使いこなしたい方必見!安全に使うための基本から寝るときや冷え対策、キャンプでの効果的な使い方、メンテナンスまで湯たんぽの使い方を解説します。


 

ビジネスパートナー募集