毛抜きの代用品ランキング!簡単・低リスク・持ってる順にご紹介

毛抜きの代用品ランキング!簡単・低リスク・持ってる順にご紹介

使いたい時に限って毛抜きがないことがありますよね。毛抜きの代用品を使いやすさやリスク、持っている可能性からランク付けしました!


「デートの直前、身だしなみの最終チェックをしていたら鼻毛を発見した!」「出先で毛の剃り残しを発見して、気になって仕方ない!」そんなシーンで毛抜きを持っているなんてことは極めてまれです。家にはあっても、毛抜きを持ち歩いている人は少ないでしょう。

今回は、外出先で役立つ毛抜きの代用品を、身近にあるもので代用するアイデアをご紹介します。簡単で肌への負担が少なく、持っている可能性順にランキングにしました。

毛抜きほど使い勝手はよくなくても、とりあえず今を乗り切る応急処置はできるはずです!

毛抜きの代用品ランキング
第1位:ピンセット

ピンセットは、毛抜きに形や大きさが似ています。毛抜きと同じように使えて、使用できない部位もないため、代用品ランキング堂々の1位です。

ピンセットは先端が丸みを帯びているので、毛を抜く時は真っ直ぐになっている部分を利用しましょう。

毛抜きの代用品ランキング
第2位:爪

代用「品」ではありませんが、爪を使った毛抜きは身ひとつでできるアイデアです。爪同士を合わせて毛を挟めば、毛抜きのように使えます。雑菌の繁殖を防ぐため、手を洗ってから行うようにしましょう。

いつでも使えて便利ですが、爪でたくさんの毛を抜くのは大変なので、順位は2位となりました。また、爪が痛む原因にもなるので、爪が弱い人にはあまりおすすめできない方法です。

毛抜きの代用品ランキング
第3位:ガムテープ

一本一本抜くのが大変なときはガムテープで代用するのがおすすめです。使い方は、毛を抜く部分に貼って勢いよく剥がすだけなのでとても簡単です。

しかし、ガムテープで毛を抜くのは、痛みと肌への刺激があります。敏感肌の人や顔への使用はあまりおすすめできません。

毛抜きの代用品ランキング
第4位:鍵とティッシュ

鼻毛のような手が届きにくく抜きづらい毛は、鍵とティッシュを毛抜きの代わりにしましょう。まず、鍵を2本用意します。それぞれ鍵穴に差す部分にティッシュを巻き、毛を挟んで引っ張ります。

鍵とティッシュは持ち歩いている可能性が高く、外出先で役立ちます。覚えておいて損はないでしょう。

毛抜きの代用品ランキング
第5位:小銭

小銭は、爪と同じように外出時でも使える代用品です。1枚ずつ小銭を持ち、Vの字に合わせて毛を挟んで抜きます。なかでも、10円玉が持ちやすく使いやすいです。

ただし、両手を使うので腕の毛を抜きたい時には使えません。小銭は雑菌が付いているので、使用前に洗ってから使いましょう。

毛抜きの代用品ランキング
第6位:割りばし

割りばしはストックが家にあることも多いのではないでしょうか。使い方は、はしを使うように毛を挟んで抜くだけです。木製の割りばしは摩擦があるので、一回挟めれば毛は簡単に抜けます。

しかし、利き手ではないとはしを使うのは難しいのがデメリットです。家にある可能性は高いですが、使える場所が限られるので順位は低めとなりました。

毛抜きの代用品ランキング
第7位:骨抜き

魚の骨を処理するのに用いる骨抜きは、毛抜きよりもサイズが大きいですが、形が似ているので同じような使い方ができます。細い毛を抜く時や微調整にはあまり向かないものの
、腕や脚の毛など数本まとめて抜きたい時におすすめです。

本来は魚の骨を取るものなので、そのまま使って戻すのは衛生面でおすすめできません。毛抜きとして使う時には、使用前後に洗浄や煮沸消毒をしましょう。

毛抜きの代用品ランキング
第8位:毛穴パック

毛穴パックを使った時に、毛も一緒に抜けることがありますよね。あまり広範囲には使えませんが、一部分の毛をまとめて抜きたいときに向いています。

デメリットは、毛抜き目的で使うには割高なことや、肌への刺激が強いことです。また、家にある可能性も低いので、ランキングでは最下位となりました。

毛抜きの代用品を使ってトラブルは起きる?

毛を抜くことは、少なからず肌にダメージを与えます。そのまま放置しておくと肌トラブルにつながる可能性があるので、毛を抜く前後にはしっかり保湿をしましょう。

また、代用品のなかには、そのまま使うのは衛生面が心配なものもあります。使う前には消毒や洗浄をして、なるべく肌トラブルのリスクを下げましょう。

毛ではなくトゲを抜きたい時は対処法が異なる!

アウトドアの最中、植物や木製フェンスなどのトゲが刺さってしまうことがありますよね。毛ではなく、トゲを抜く目的で毛抜きの代用品をお探しの方は、対処法が少し異なるので注意しましょう。

トゲを抜く時におすすめの代用品は、ピンセットか粘着テープです。基本的に下記の流れでトゲ抜きします。

  1. 刺さった部分をよく洗う。
  2. トゲを抜くための代用品を消毒する。
  3. 途中でトゲが折れないように慎重に引き抜く。
  4. 抜いた箇所を消毒する。
  5. 異変がないか経過観察する。

皮膚の下にトゲが入っていて掴めない場合、まず針を使ってトゲの先端が皮膚から出るようにしましょう。

トゲ抜きは、化膿や腫れのリスクが高いです。目の周りに刺さったトゲや折れ曲がったトゲなど、自分で抜くのが難しい場合は早めに皮膚科を受診しましょう。

【PR】ハウスクリーニングやエアコン掃除はプロに依頼しませんか

清潔な住まいで健康で快適な暮らしを!キッチンの頑固な油汚れ、時間と労力を費やす水回りの清掃、エアコンのクリーニングなど普段なかなか手がつけられない掃除なら、掃除のプロが見つかるこちらのサービスがオススメです。

ハウスクリーニング業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_クリーニング

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連する投稿


マッシャーがなくても大丈夫!誰でも家にある代用品7選を紹介

マッシャーがなくても大丈夫!誰でも家にある代用品7選を紹介

料理で使いたいけどマッシャーが無くて困ったことがあるという人も多くいるのではないでしょうか。マッシャーの代用品を知っていればそんなときにも問題なく料理ができますよね。この記事では誰でも家にあるマッシャーの代用品を7つ紹介します。この記事を参考にマッシャーの代用品を確認しましょう。


火消し壺はアルミホイル・鍋などで代用できる?方法と注意点を紹介

火消し壺はアルミホイル・鍋などで代用できる?方法と注意点を紹介

バーベキューの後の炭は、熱くて捨てるのが大変です。そんな時に便利なのが、火消し壺。火消し壺はキッチン用品やアウトドア用品、アルミホイルでも代用できます。本記事では、専用アイテムを買わずとも火消し壺を代用するテクニック、おすすめのアイテムを紹介していきます。


【マフィン型の代用9選】代用品は耐熱温度の高いものを選ぶ!紙コップや牛乳パックはNG

【マフィン型の代用9選】代用品は耐熱温度の高いものを選ぶ!紙コップや牛乳パックはNG

マフィン型がないときや代用品で間に合わせたいときに使えるアイテム9選を紹介!反対に使うと危険な代用アイテムについても解説します。また、何度もマフィンを作りたいときにおすすめの専用型3つもお伝えするので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


メガネの曇り止め代用品9選をランキングで紹介!使ってはいけない代用品も

メガネの曇り止め代用品9選をランキングで紹介!使ってはいけない代用品も

メガネの曇り止めに代用できるアイテム9選をランキングで紹介!使えそうで使えない使用NGのアイテムも併せて解説します。また、マスク着用時のメガネの曇り対策や、おすすめのメガネ用曇り止めもピックアップしているのでチェックしてみてくださいね。


湯たんぽの使い方を解説!お湯の温度や長持ちのコツは?シーン別の効果的な使い方も

湯たんぽの使い方を解説!お湯の温度や長持ちのコツは?シーン別の効果的な使い方も

湯たんぽを使いこなしたい方必見!安全に使うための基本から寝るときや冷え対策、キャンプでの効果的な使い方、メンテナンスまで湯たんぽの使い方を解説します。


 

ビジネスパートナー募集