暮らしのお悩み解決サイト

煮洗いで雑巾やタオルを綺麗にする方法!おすすめの鍋や注意点も

煮洗いで雑巾やタオルを綺麗にする方法!おすすめの鍋や注意点も

煮洗いという洗濯方法をご存知ですか?少々手間はかかりますが、普段の洗濯だけでは落とし切れないニオイの原因や黄ばみまでスッキリ落とすことができます。本記事では煮洗いのやり方とともに、注意しておきたいポイントも紹介。煮洗いでニオイのない真っ白な洗濯物にしましょう。


「きちんと洗って乾かしているし、香りつきの柔軟剤も使っているのに生乾き臭がする。」タオルを使ったとき、ふとこんな風に思うことってありますよね。実は普段の洗濯だけでは目に見えない汚れや雑菌は落としきれていません。

この記事では一風変わった「煮洗い」という洗濯方法を紹介。煮洗いすることで洗濯機では落としきれなかった雑菌やしつこい黄ばみまで落とすことができます。煮洗い後のタオルや布巾は、普段の洗濯とは比べものにならないくらいの白さ。

記事の後半では煮洗いするのにおすすめの鍋、煮洗いする際の注意点も解説。「何をしてもニオイや黄ばみが取れない!」と悩んでいるなら、ぜひ一度煮洗いを試してみてください。

鍋を使った煮洗いとは?

煮洗いは煮沸消毒に似ています。「煮洗い」という名前のとおり沸騰したお湯で洗濯物を煮て洗う。煮沸消毒とちがうのは、粉石けんや漂白剤を入れることで洗浄力がアップしている点。ここでは煮洗いでニオイやしつこい汚れが落ちる理由を解説します。

【ニオイが落ちる理由】
洗濯物の嫌なニオイは「モラクセラ菌」という雑菌が原因だと知っていますか?実はこの菌は水と洗剤だけでは落とし切れません。さらに、増殖するとバリアのように積み重なってますます洗い流せない最悪のループに。そんなモラクセラ菌ですが実は60℃以上の温度で死滅。つまり煮洗いすれば、水では落とせないニオイの原因菌を簡単にやっつけることができるのです。

【しつこい汚れが落ちる理由】
洗濯物をお湯に入れると、繊維の隙間に入り込んだ汚れが緩みやすくなります。煮洗いで黄ばみや汚れが落とせる理由はまさにここ。緩んだ汚れは洗剤で簡単にからめ取ることができるため、煮洗いだとしつこい汚れも簡単に落とすことができます。

煮洗いするのに適したアイテム

どのような物でも煮洗いできるのかというと、それは間違い。煮洗いに適しているのは布巾やタオル・雑巾のように綿や麻でできた素材のもの。なぜなら煮洗いは100℃以上の高温にさらすため、普段の洗濯とは違い生地に負担のかかる洗濯方法です。綿や麻のように丈夫な素材でなければ生地にダメージを与えることになりかねません。

また顔や体を拭くタオルや、汚れている場所を拭く雑巾はモラクセラ菌がとても繁殖しやすい環境。生乾きの嫌なニオイが発生しやすいアイテムなので煮洗いで殺菌するのが最適です。

そして意外かもしれませんが、ベビーの肌着やスタイも煮洗いに適しているアイテムの1つ。なぜなら赤ちゃんはとても汗かき。さらに脂肪分の多いミルクや母乳を頻繁に吐きもどしてしまうため、肌着はとても汚れやすいのです。ベビーの肌着は肌への負担をおさえるため、綿100%で作られているものが多数。こすり洗いでも落ちにくいガンコなシミや黄ばみも、煮洗いで解決してあげましょう。

煮洗いのやり方4ステップ

煮洗いの具体的なやり方を4ステップで紹介します。多少準備は必要ですがやり方は簡単です。なお、煮洗いする物はあらかじめ洗濯機で目立つ汚れを落としておきましょう。

①準備

煮洗いに必要なものは以下の4つ
・大きめの鍋
・粉石けん
・酸素系漂白剤
・トング

アイテム詳細や代用品など以下にまとめました。

【鍋の大きさ】
洗濯物がスッポリと入るくらいの大きさが理想です。汚れを落とすポイントはたっぷりのお湯を使うこと。あまり大きい鍋がないときは、洗濯物があふれないよう数回に分けて煮洗いしましょう。

【粉石けんと酸素系漂白剤】
粉石けんがない場合、普段使っている粉末洗剤や液体洗剤でも代用可能です。
粉石けんだけもしくは酸素系漂白剤だけでも煮洗いはできます。しかしここでは両方を使用することをおすすめ。なぜなら粉石けんと酸素系漂白剤を一緒に使うことで、汚れ落ちがグッと良くなるからです。
※注意※塩素系漂白剤は他の洗剤に混ぜると危険。必ず酸素系漂白剤を使うようにします。

【トング】
菜箸でも代用できますが、できればトングを使う方が良いでしょう。煮洗いでは洗濯物を煮ているあいだにしっかりとかき混ぜる必要があります。このとき洗濯物は水を含んでかなり重い状態。菜箸や短いトングより、長めのトングの方が安全に取り扱うことができます。

②粉石けん・酸素系漂白剤を溶かす

準備が整ったらお湯で粉石けんと酸素系漂白剤を溶かします。
まずは鍋の7~8分目くらいまで水を入れ火にかけましょう。入れた洗濯物が鍋の中で泳ぐくらいたっぷりのお湯がいいですね。ただし洗濯物を入れても水がこぼれないように調節してください。

ぬるめの温度になったら粉石けんを溶かします。粉石けんを一気に入れるとモコモコと泡があふれ危険なので、少量ずつ入れてください。
ポイント:粉石けんは合成洗剤よりも洗浄力が高いのがメリット。しかし溶け残ると石けんカスの原因になります。少量ずつ加え、しっかり溶かすことが汚れ落ちを良くするポイントです。

粉石けんが溶けたら酸素系漂白剤も少量ずつ入れて溶かします。酸素系漂白剤は泡立つタイプと泡立たないタイプがありますが、どちらを使ってもOK。酸素系漂白剤を溶かしつつ、お湯が沸騰するのを待ちましょう。

③洗濯物を投入する

お湯が沸いたら吹きこぼれないよう弱火〜中火に落とします。コトコト沸いているお湯に洗濯物を1枚ずつ入れてください。お湯があふれないよう静かに浸しましょう。

全ての洗濯物を入れたら、次はトングで洗濯物をかき混ぜる行程。
沸騰していると、気泡と一緒にお湯の表面に洗濯物が浮き上がってきてしまいます。するとお湯に浸かっていない部分の汚れが落ちにくくなることに。洗濯物全体がお湯に浸かるように気をつけながら、洗濯物の上下を入れ替えるように混ぜるのがポイントです。線維にからまった汚れを浮かすイメージでかき混ぜてください。

10〜20分が煮込む目安ですが、汚れの程度に応じて調節OK。ベットリとした油汚れがついていたり、汚れや黄ばみを数年放置していたりする場合は長めに煮込むと良いでしょう。

④すすぎをして干す

煮込みが終わったらしっかりとすすぎをしてから干すのが鉄則。お湯には酸素系漂白剤が溶けています。すすぐときは手荒れ防止のため必ずゴム手袋をつけて作業してください。

数十分間煮た洗濯物はかなり熱くなっているので、いったん火から降ろして冷まします。手でさわれるくらいの温度まで下がったらバケツやザルに洗濯物をうつしましょう。洗濯物をしぼっても汚れた水がでなくなるまで軽くもみ洗いします。
通常は手洗いのすすぎで十分。しかし気になる場合は、手洗いのあとに洗濯機ですすぎと脱水を行っても大丈夫ですよ。粉せっけんを使用した場合すすぎ残しがあると石けんカスが残りやすいので、洗濯機で念入りにすすぐことをおすすめします。

すすぎが終わったら洗濯物を干しましょう。しっかり殺菌・消毒されているため部屋干しでも良いですが、せっかくなら天日干しがおすすめ。日光に当てることで紫外線による殺菌効果も期待できます。

煮洗いにおすすめの鍋3選

煮洗いに適しているのはステンレス製もしくはホーロー製で、ある程度大きさのある鍋。条件を満たしているおすすめの鍋3つを紹介します。

①パール金属 NEWだんらんステンレス大型鍋

パール金属 HB1794 NEWだんらんステンレス大型鍋26cm

¥ 1,557 ( 2021年4月27日時点 )

【サイズ】幅39.5cm×奥行29.0cm×高さ17.0cm
ステンレス素材の大型鍋。タオルや布巾はもちろん、バスタオルのような大サイズでも入る大きさが魅力。満水容量約6.1Lなのでたっぷりのお湯で煮洗いすることができます。ガス火とIH両方に対応しているためどのようなご家庭でも使用可能。

大型の鍋だと高価になりがちですが、さすがのパール金属。税込2,000円以内と手の出しやすい価格設定も嬉しいですよね。

②パール金属 ホーロー両手鍋

パール金属 ホーロー 両手鍋 22cm ガラス鍋蓋付 IH対応 ホワイト アミィ HB-804

¥ 3,582 ( 2021年4月27日時点 )

【PR】ハウスクリーニングやエアコン掃除はプロに依頼しませんか

清潔な住まいで健康で快適な暮らしを!キッチンの頑固な油汚れ、時間と労力を費やす水回りの清掃、エアコンのクリーニングなど普段なかなか手がつけられない掃除なら、掃除のプロが見つかるこちらのサービスがオススメです。

ハウスクリーニング業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_クリーニング

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連するキーワード


洗濯テクニック

関連する投稿


黄砂の洗濯物対策6つ!干してしまったらはたくと効果あり?

黄砂の洗濯物対策6つ!干してしまったらはたくと効果あり?

洗濯をしたばかりの洋服に黄砂が付いてしまって困った、という経験をしたことがある人は多くいるでしょう。本記事では洗濯物を外に干す際の黄砂対策から、黄砂が洗濯物に付着してしまった場合の対処方法までを詳しく紹介します。本記事を参考に最適な黄砂対策をしましょう。


素材別マウスパッドの洗い方!交換時期の目安や日々のお手入れも

素材別マウスパッドの洗い方!交換時期の目安や日々のお手入れも

マウスパッドは目に見える汚れがなくても、意外と汚れています。とは言え、洗い方がわかからず、汚れたまま使い続けている方もいるのではないでしょうか?マウスパッドの洗い方やお手入れ方法などをまとめました。


スリッパの正しい洗い方!手洗い・洗濯機・干し方のコツまで解説

スリッパの正しい洗い方!手洗い・洗濯機・干し方のコツまで解説

スリッパを定期的に洗っている方は少ないかもしれません。例えば、洗っていないスリッパで家を歩くと、床などに汚れを擦り付けることになります。正しい洗い方や洗い方のコツなどをチェックして清潔にしましょう。


ネクタイは自宅で洗濯できる?手洗い方法や洗濯機を使う際のコツ

ネクタイは自宅で洗濯できる?手洗い方法や洗濯機を使う際のコツ

ネクタイは自分で洗濯することができるのか?、気になっている方もいるでしょう。ネクタイの種類にもよりますが自分で洗うことは可能です。洗濯方法やポイントなどをチェックして、クリーニング代を浮かしましょう。


ふきんの洗い方4ステップ!毎日洗うべき?重曹を使う煮沸方法も

ふきんの洗い方4ステップ!毎日洗うべき?重曹を使う煮沸方法も

ふきんの洗い方、洗う頻度などを気にしていますか?ふきんの使用頻度は個人差がありますが、実はトイレよりも菌の数が多く汚いと言われているアイテムです。ふきんの洗い方、洗う頻度、注意点などをまとめました。


 

ビジネスパートナー募集