暮らしのお悩み解決サイト

ウールを縮ませないで自宅で洗濯する方法6ステップ

ウールを縮ませないで自宅で洗濯する方法6ステップ

ウールのセーターやカーディガン、マフラーやガウンコートなど、ウール製品を自分で洗う場合について解説しています。洗剤の選び方や水温、脱水方法、干し方について解説しているほか、万が一縮んでしまった場合の対処方法についても紹介しています。


ウールのセーターを来ていて汗をかいた場合、普段どうしていますか?冬だけど暖房がきいた部屋にいると、思った以上に汗をかいてしまうこともありますよね。ウールは天然繊維である羊毛でできているので吸湿性も高く、綿の倍近く水分を吸い込みます。ウールには方湿性もあるので汗を表に出してはくれますが、ずっと洗わないのも気持ち悪いですよね。

また、ウール製品にケチャップやカレー、コーヒーといった食べ物の汚れがついてしまった場合、すぐに洗わなくてはいけません。しかし普通の洗濯物と同じように洗濯してしまうと、ゴワゴワになって縮んでしまいます。ここではウール製品を縮ませずに家で洗う方法について調べてみました。

ウールはなぜ縮むか?

ウール製品は洗うのが難しいとか、洗ったら縮んで来られなくなってしまったという話をよく聞きます。そもそも、どうしてウールは洗濯すると縮んでしまうのでしょうか?ウールが縮む理由を3つを解説します。

こすれ

ウールは何かと擦れてしまうと、フェルトのように固まって縮む習性があります。フェルト人形などは、その習性を利用して作られているのです。普段ウールを着ている時も、ショルダーバッグやリュックサックの肩紐が同じ場所にずっと当たっていると、その部分だけがフェルト状になって硬くペタンとしてしまいます。

また、洗濯する時はゴシゴシとウール同士をこすってしまうと、硬くへたってフェルト状になってしまうので気をつけてください。一度フェルト状になってへたってしまったウールは、再生させるのは困難ですので要注意です。

羊毛は水を含むとウロコ状のものが逆立ってしまいます。「セレーション」もしくは「スケール」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?これは、ウール繊維のキューティクルのようなものです。人間の髪の毛も、羊毛であるウールも表面にウロコのような「セレーション」「スケール」がびっしりとあります。ウロコ状のものが逆だってしまうと、ひどい場合は枝毛になってしまうのです。

立ち上がった「セレーション」「スケール」どうしがからみあってしまうため、ウールは濡らすと縮むのです。もしトリートメント剤をつけたり、アイロンの熱い蒸気を当てるなどして、逆立った部分がお互いほぐれれば縮んだウールを元に戻すことができます。

ウールは羊の毛なので、羊の平均体温である39度が一番いい状態を保てるようになっています。逆にそれ以上の温度になると羊毛の「セレーション」「スケール」が、一気に逆立って開いてしまいます。そして、立ち上がった部分がお互いにからんでしまうため急速にウールが縮んでしまうのです。

国内最高峰の技術が無料!ウールのおすすめのクリーニングは?

高い技術と利用しやすい価格をもとめるなら『クリーニングモンスター』がおすすめです。

「水洗い不可」マークのウールは自宅で洗濯することはできないためクリーニングに出す必要があります(マークの見方は以下の洗濯手順の解説で確認してみてくださいね)。

しかし高級なウールの場合「シミ抜き」や「特殊素材」などの追加料金がかかり高くつくことも。とはいえ安さを追求して風合いが崩れてしまうのも避けたいですよね。

母体となる株式会社シルキードライは創業65年の実績、大阪府技術衛生知事賞の受賞歴もある『クリーニングモンスター』なら国内最高峰の技術によるクリーニングが低価格で利用できます。

『クリーニングモンスター』で採用している染み抜き「不入流」は通常なら1,000円以上の料金がかかります。しかしクリーニングモンスターなら無料オプション!衣類のクリーニング料金だけでOKです。

さらにドライクリーニングでの汗抜き、高級ブランドや上質素材の特別仕上げ、ボタン付けや毛玉とりなど他店では有料オプションになる計10のサービスを無料で提供。

1着あたり1,100円(税込)で上記のサービスを利用できる衣類10点パックが特におすすめです。

利用方法も簡単で以下のリンクから専用集荷キットを申し込むだけ。希望の集荷日までに衣類を詰めておけば完了なので、今までのように休日に大きな袋をクリーニング店に持って行く手間もありません

自宅で洗濯できないウールは『クリーニングモンスター』を利用して以前のようにウキウキした気分で着用しましょう!

ウールを洗濯する6つの手順

1 ウールの洗濯表示をチェックする

ウール製品についている「洗濯表示」をチェックしましょう。服の裏側や首の部分、端の部分などについているタグに「洗濯表示」が記されていることが多いので、新品のウール製品を購入したらタグを切ってしまわないようにしてください

洗濯表示で「水洗いができるマーク」が描かれていたら洗濯できます。しかし「水洗い不可」のマークがついているウールは、自分では洗濯できないのでクリーニングに出す必要があります

またその他にも繊維の表示にウールのほかに『カシミヤ』『本皮もしくは合成皮』『シルク』『レーヨン』『キュプラ』『アセテート』が書かれている場合は、家庭での水洗いはできません。ウールとこれらの混紡製品は、大変デリケートな繊維になるので洗えないのです。このような場合も、クリーニングに出すようにしましょう。

洗濯表示の例

水で洗濯することができます。洗濯機でも手洗いでも洗濯可能です。

手洗いでの洗濯が可能です。洗濯機での洗濯はできません。数字は書かれていませんが、水温は40度以下にしてください。

水で洗濯はできないので、家庭では洗濯ができませんという印です。洗濯機でも手洗いでも洗うことはできません。しかし、ドライクリーニングであれば可能な場合もありますので、他のマークがあるかチェックしてみましょう。

ドライクリーニング可能というマークです。アルファベットの「P」は、ドライクリーニングの時に使う薬品は、パークロロエチレンや石油系溶剤が使用できますという意味です。

ドライクリーニングはできません、という印です。このマークがあるニット製品は大変繊細なため、水でもドライクリーニングでも洗うことができません。どうしても、という場合はクリーニング店に相談しましょう。白洋舎などの老舗であれば、熟練した職人がいるので相談にのってもらえます。

【PR】ハウスクリーニングやエアコン掃除はプロに依頼しませんか

清潔な住まいで健康で快適な暮らしを!キッチンの頑固な油汚れ、時間と労力を費やす水回りの清掃、エアコンのクリーニングなど普段なかなか手がつけられない掃除なら、掃除のプロが見つかるこちらのサービスがオススメです。

ハウスクリーニング業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_クリーニング

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連するキーワード


洗濯テクニック 衣類処分

関連する投稿


靴下の汚れ落としがラクになる5つの方法!簡単な落とし方&裏ワザも

靴下の汚れ落としがラクになる5つの方法!簡単な落とし方&裏ワザも

靴下の汚れ落としってたいへんですよね。簡単で負担にならない汚れ落としの方法や汚れに悩まないための裏ワザをおすすめ商品とともに紹介します。


しまっておいた服についた茶色いシミの正体は?シミの原因・落とし方・予防策まで

しまっておいた服についた茶色いシミの正体は?シミの原因・落とし方・予防策まで

衣替えなどで久しぶりにクローゼットやタンスから洋服を引っ張り出したら、「身に覚えのない茶色いシミがついていた」という経験がある方も多いのではないでしょうか?原因不明の茶色いシミは、どうやって対処したら良いのかもわからず困ってしまいますよね。この茶色いシミの正体とは何なのでしょうか?しまっておいた服についた茶色いシミの原因から、シミの落とし方、シミができないための予防策まで、詳しく解説します。


洗濯物が臭い7つの原因とその対策。タオルがアンモニア臭い?

洗濯物が臭い7つの原因とその対策。タオルがアンモニア臭い?

洗濯物がなんだか臭いような気がする……なんてことありませんか?この記事では、臭いの原因とその対策、臭いを抑える効果が期待できる洗濯洗剤についてご紹介しています。ぜひスッキリきれいに洗濯する参考にしてくださいね。


オスバンSで洗濯してカビやワキガを対策!詳しい洗濯方法や注意点

オスバンSで洗濯してカビやワキガを対策!詳しい洗濯方法や注意点

”服を繰り返し服を洗濯をしたり漂白剤を使っても臭いが取れない”、という方はいませんか?服の臭いを解消するなら「オスバンS」で洗濯してみましょう。オスバンSの詳しい内容、洗濯方法などをご紹介していきます。


服のオキシ漬け洗濯方法!臭い・黄ばみは?色物は色移りする?

服のオキシ漬け洗濯方法!臭い・黄ばみは?色物は色移りする?

毎日着用する衣類は、黄ばみが気になったり、不快な臭いがしたりすることも多いです。そこで、オキシクリーンを使った服の洗濯方法を紹介します。汚れ別の洗濯方法と、色物は洗えるのかについてもチェックしましょう。


 

ビジネスパートナー募集