暮らしのお悩み解決サイト

洗濯物を早く乾かす方法14選!梅雨でも困らない裏技

洗濯物を早く乾かす方法14選!梅雨でも困らない裏技

洗濯物を早く乾かすことは難しいことでも面倒なこともありません。実は毎日の洗濯物の干し方にちょっとしたコツを付け加えるだけでできてしまいます。ここでは洗濯物を早く乾かすためのコツと速攻で乾かす裏技だけでなく、便利なグッズや早く乾かすための注意点もご紹介しています。


洗濯ものを早く乾かしたい。雨の日でも、梅雨の時でも、冬でも、夏の日のようにサッと乾かす方法はないのか。実は洗濯物を早く乾かす方法はあります。しかも、洗濯ものを早く乾かす方法は面倒でむつかしいことではなく、いつもあなたが行っていることにちょっとしたことを付け加えるだけでできてしまいます。

ここでは洗濯物を早く乾かすコツをお伝えするだけでなく、素早く乾かすコツについてもご紹介します。さらに、なぜ洗濯物が乾くのかということも併せてご紹介していきます。洗濯物が乾く理由を知れば、ここでお伝えするコツだけでなく、あなただけのオリジナルの早く乾かす方法も見つけることができるかもしれません。

ご一緒に洗濯物を早く乾かすコツを学んでいきましょう。

洗濯物を早く乾かす8つのコツ

Getty logo

ここからは洗濯物を早く乾かすコツを8つご紹介します。その前に先にもご紹介しましたが、少しだけ「洗濯物が早く乾く条件」をお伝えします。「面倒だな」と思われるかもしれませんが、このことを知っておくと、コツを知るだけでなく、あなたの状況に合わせてアレンジができるようになると思います。少しの間お耳をお貸しください。

洗濯物が早く乾く条件とは

洗濯物を早く乾かすには以下の4つが関わっているといわれています。

・洗濯物の水分
・風通し
・湿度
・温度

シャツとジーンズでは乾くまでの時間が変わります。洗濯物に含まれる水分の違いが乾く時間の差になっているといえるでしょう。洗濯物を早く乾かすためには、干す前に洗濯物の水分をできるだけ取っておくということが1つめの条件です。

洗濯物に風がよく通ると洗濯物が乾きやすくなるといわれています。扇風機での実験ですが、風量は弱で洗濯物から1メートル離して風を当てたものと、風を当てなかったものを比較しています。結果からお伝えしますと、風を当てたものはワイシャツでは3時間で乾き、風を当てなかったものは8時間かかったそうです。洗濯物を早く乾かすには風通しがとても大切ということがわかります。風通しを良くする、これが2つめの条件です。

洗濯物を乾かすとき、湿度が低いほうがよく乾きます。雨の日よりも晴れた日のほうが乾きやすいということからもはっきりしています。湿度を下げる、これが3つめの条件です。

夏のほうが冬に比べて洗濯物は早く乾きます。これは気温が高いからです。洗濯物を早く乾かすには温度もかかわっています。これが4つめの条件です。

では、続いて洗濯物を早く乾かす8つのコツをお伝えしていきます。

洗濯物の間隔をあける

洗濯物を干すときは、最低でもこぶし1つ開けるほうが良いといわれています。人によって手の大きさが変わりますが、概ね10センチメートル~15センチメートルくらいとされています。このくらい間隔をあけると風は通りやすくなるでしょう。洗濯物を干すときはびっしりと並べず、間隔をあけるということにご注意ください。

斜めに干す

バスタオルなど大きな洗濯物を干すときは、斜めに干すほうが早く乾くといわれています。きっちり半分にして干すと、洗濯物が重なり合う部分が多くなります。せっかく他の洗濯物と間隔をあけても、タオルが重なり合う部分が多くなると乾きにくくなります。

斜めに干すと洗濯物が重なる部分が少なくなります。つまり、風が当たりやすくなりますから洗濯物の渇きがよくなるといえます。

裏返して干す

裏返して干すメリットは、布の分厚い部分に風を当てることができるということです。ポケットの部分、縫い目の部分などは分厚くなっています。そのまま干すとこの部分に風が当たりにくくなり乾きにくくなります。

乾いたと思っていたけれど、ポケットのところや縫い目の部分がちょっと湿っている、このような経験をされたことがあるでしょう。特にジーンズなど生地の分厚いものは、これらの部分の乾く時間に差が出やすくなります。

洗濯物は裏返して干す。このことに気をつけていただければ、洗濯物を今より早く乾かすことができるようになるでしょう。

逆さにして干す

シャツの襟首などはそのままハンガーにかけて干すと乾きにくい部分になります。このようなところを早く乾かすには、逆さにして干すと乾きが早くなるといわれています。特にフードがついているものは、フード部分が服と重なることが無くなるので、普通の干し方よりも乾きが早くなるといえるでしょう。

部屋の中央に干す

部屋干しをするときは、部屋の中央に干しましょう。部屋の中央は、窓際などに比べて風の通りがよくなっています。窓際は行き止まりになりますから、洗濯物への風の通りが悪くなります。洗濯物を干すときはできるだけ部屋の中央に干すということに注意されてはいかがでしょうか。

できるだけ上に干す

湿気を含んだ空気は下に下がるとされています。また、上のほうに干すことで洗濯物の下の風通しもよくなります。特にフードがついているものを逆さ干しする場合、低い位置に干すとフード部分の風通しが悪くなり、乾くのが遅くなるということにもなりかねません。部屋干しをするときは、できるだけ高いところに干すということを心がけられるといいでしょう。

新聞紙を敷く

洗濯物を干した下に新聞紙を敷くと湿気をとってくれ、洗濯物を早く乾かす助けになります。洗濯物を早く乾かすために直接関わるわけではありませんが、洗濯物の周りの湿気を取ってくれます。

洗濯物から話は逸れますが、お布団を押し入れに仕舞うとき、すのこを敷き、その下に新聞紙を敷いておくと布団が湿気を吸いにくくなるといわれています。このように新聞紙は湿気をとる能力が高いといわれていますので、試してみてはいかがでしょうか。

扇風機を使う

扇風機を使うのは洗濯物に風を当てるためです。先にご紹介した実験結果でも扇風機の風を当てた洗濯物は当てなかったものより2倍以上速い時間で乾いています。

室内干しの場合、風通しの良い場所を選ぶだけでなく、扇風機を併用して積極的に風の流れを作る、風を当てるといったことをされると洗濯物を早く乾かすことができるでしょう。

あと、冬は気温が低くなり洗濯物が乾きにくくなります。エアコンを使って部屋の温度を調節してあげると冬場でも洗濯物を早く乾かすことができます。ただ、エアコンの暖房は電気代がかかるのがネックになります。

この時、活躍するのが扇風機です。暖かい空気は上に移動しますから、扇風機で空気の流れを作ってあげることで、上にたまった暖かい空気を床のほうに移動させることができます。エアコンの温度を少し下げても、扇風機を使って暖かい空気を移動させると部屋全体が暖かかくなりますから、電気代も抑えることができるでしょう。

ここまで読まれて、気になっているところがあるのではないでしょうか。洗濯物の水分についてここではご説明していませんでした。自動洗濯機でしたら、脱水まで行ってから8つのコツを試していただければ洗濯物は今までより早く乾きやすくなります。

そして、洗濯物の水分を減らせばさらに早く洗濯物を乾かすことができるようになります。洗濯物の水分を減らす方法も交えて速攻で乾かす裏技をご紹介いたします。

梅雨の湿気対策は換気が基本!簡単にできる湿気対策

https://enechange.jp/articles/tsuyu-moisture-measures

梅雨の季節は屋外も屋内も湿気でジメジメしていることが多く、気分まで憂鬱になりがちです。梅雨の時期の湿気対策を行って、スッキリとした気分で過ごしていきましょう!

 

今すぐ!速攻で乾かす裏技6選

Getty logo

ここでは洗濯物をさらに速く、速攻で乾かす裏技を6つご紹介します。速攻で乾かすためには洗濯物の水分をできるだけ少なくしてから干すことが大切です。まずは洗濯物の水分を減らす方法からご紹介します。

2回脱水する

脱水は1回よりも2回するほうが洗濯物の水分を少なくすることができます。ただ、この方法は洗濯物のシワが多くなりやすいという欠点があります。また、脱水ができない服には使えません。この方法を使われるときは脱水をしても良いものだけでお試しください。

脱水ができない、シワになるのが怖いという場合は、バスタオルなど大きなタオルで洗濯物の水分を取ってあげるという方法もいいでしょう。タオルで洗濯物を挟んでパンパンと軽くたたくようにしてあげれば、洗濯物の水分がタオルに吸い取られます。

濡れたタオルは交換して繰り返せば、かなり洗濯物の水分を少なくすることができます。ただ、この方法も傷みやすい服の場合はご注意ください。

アイロンをかける

「アイロンは乾いた服に使うのでは?」このような疑問もあるでしょう。洗濯物を干す前にアイロンをかけるメリットは、洗濯物の水分を減らすことができるということです。2回脱水をし、アイロンをかけることで洗濯物の水分を減らします。そして、さきにご紹介した洗濯物を早く乾かす8つのコツをお試しいただければいいでしょう。

アイロンを使うメリットは洗濯物を速攻で乾かすという以外に、部屋干しの臭いを防止するということがあります。雑巾のようなにおいと例える方もおられるあの嫌な臭いです。部屋干しの臭いの原因は、洗濯物が乾くまでに時間がかかりと細菌が増え、その細菌の代謝物が臭いの原因といわれています。

脱水後、アイロンをかけることで洗濯物が乾くまでの時間を短縮することで細菌が増えるのを防ぐことで部屋干しの臭いも防止することができます。アイロンを使う際は、洗濯物のタグを確認してからご利用ください。

すすぎの前にお湯を入れる

アイロンが使えないという場合にご紹介するのがこの方法です。お湯を入れるタイミングは、最後のすすぎの前です。この時、洗濯機の水を50℃くらいにすると洗濯物が早く乾くといわれています。

ただ、ニットなど高温で洗濯できないものはこの方法を使うことができません。また、洗濯機によっては50℃以上のお湯を入れると故障の原因になるというものもあります。この方法を試されるときは、洗濯物の材質だけでなく、洗濯機がお湯を入れても大丈夫かということもお確かめください。

脱水の時、バスタオルを入れる

アイロンが使えない、高温のお湯が使えないという時は、脱水時に乾いたバスタオルを一緒に入れるという方法があります。乾いたものを一緒に入れることで、洗濯物の水分をより減らそうという方法です。

この方法でしたら、脱水の前に乾いたバスタオルを入れるだけですからさらに手間がかかりません。この方法でご注意いただきたいことは、脱水する洗濯物の量を減らすということです。

速攻で乾かしたい洗濯物だけを入れて脱水する。洗濯物は少ないほうが効果はありますから、できるだけ少なくするといいでしょう。

また、ジーンズなどの場合、タオルで巻いてネットに入れて脱水するという方法もあります。少し面倒ですが、薄い生地のものとジーンズなど分厚い生地の物を一緒に脱水する場合にとても便利です。こちらの方法もお試しください。

乾燥機を使う

乾燥機を使う時は、できるだけ大きめのもので、洗濯物はできるだけ少なくします。このようにすると、洗濯物の乾燥時間を短縮することができます。

そして、ここでも乾いたバスタオルを一緒に入れます。乾いたバスタオルを一緒に入れることで、乾燥機だけでなくバスタオルも洗濯物の水分を吸収してくれますから、洗濯物を乾かす時間を短縮することができます。

ただ、この方法は縮みやすいものなどには使うことができません。洗濯物のタグを見て乾燥機が使えるか確認してからお試しください。

ドライヤーを使う

できるだけ、これだけでも速攻で乾かしたいという時はドライヤーを使う方法があります。用意するものはドライヤーのほかにビニール袋だけです。

まず、ビニール袋の角を2カ所切ります。これは洗濯物の蒸気を逃がすためのものです。次にビニール袋に洗濯物を入れ、ドライヤーの温風を当てるだけです。1カ所に温風が当たらないようにドライヤーを動かしながら温風を当てます。この方法は知っているという方もおられるでしょう。

この方法で注意したいのは、ドライヤーと洗濯物の距離です。ドライヤーの温風を手に当てて熱くて我慢できないという距離では近すぎます。ちょっと熱いけれども我慢できるというくらい離してお使いください。

ただ、この方法も乾燥機が使えない洗濯物には使えません。速乾ではありませんが、ビニール袋を使わず、ドライヤーの温風をちょっと遠めから当てて軽く乾かします。距離は先にご紹介したくらいの距離です。その後、扇風機などで風を当てておくと洗濯物を早く乾かすこともできます。

速攻で乾かす裏技を6つご紹介しました。いかがでしたでしょうか。ただ、デリケートな服はこれらの方法を使うことができません。そのような服をどうしても早く乾かしたいという時はプロの手を借りるということになります。お近くにあるクリーニング店でそのようなサービスを行っているか、ちょっと調べておくのも良いのではないでしょうか。

洗濯機に入れても良いお湯の温度を教えてください。:日立の家電品

http://kadenfan.hitachi.co.jp/support/wash/q_a/a116.html

日立の家電品に関するさまざまな情報をご紹介するサイトです。商品情報、お客様サポート(よくあるご質問、部品・消耗品、取扱説明書検索、日立のお店検索、お問い合わせ)等の情報がご覧いただけます。

早く乾かすための便利グッズ

Getty logo

洗濯物を早く乾かすためのグッズは、コツや裏技の中でもご紹介してきました。まずは扇風機、次に新聞紙、そしてドライヤーです。ここまででご紹介できなかったグッズでイチ押しといえるのが除湿器です。

洗濯物を早く乾かすグッズとしてすでに除湿器を使っている方もおられるかもしれません。でも、正しく使えているでしょうか? 洗濯物を早く乾かすためには除湿器は洗濯物の真下に置くほうがいいとされています。これはライオン株式会社の実験で明らかになったことなので、除湿器を使っているという方は洗濯物の真下に置くようにされるとより早く乾かすことができます。

このほかでは、重曹と炭があります。どちらも湿気を吸い取ってくれるグッズです。これらも洗濯物の下に置くことで洗濯物の水分をより多く吸い取ってくれる働きがあります。

さて、これらのグッズをより効果的に使うために面白い報告があります。これはこのあとご紹介します。

室内干しおすすめグッズ人気比較ランキング15選

https://taskle.jp/hikaku/articles/23

部屋干しをしたいけれど、効率よく場所を使うにはどのようなグッズを使えば良いでしょうか。エアコンや扇風機、乾燥機を使っても、大切なのは物干しの形です。使わない時は収納できて、効率よく乾かせる便利な部屋干しおすすめグッズをご紹介します。

乾かすときの注意点

Getty logo

洗濯物を乾かすとき、注意したことは干し方です。洗濯物はアーチ形に干すと早く乾くといわれています。このお話、聞いたことがあるという方もおられるのではないでしょうか。先に面白い報告があるとお伝えしたのはこのお話です。

ライオン株式会社では、洗濯物を角ハンガーに干し、干し方を3つに分けてどれが一番早く乾くか実験を行っています。

・アーチ形
・V字型
・長短干し

アーチ形とは角ハンガーの端に長いものを干し、中央に一番短いものを干します。V字型はアーチ形の反対で、端に短いもの、中央に長いものを干します。長短干しは長いものと短いものを交互に干します。

同じ条件のもとに行われた実験では、V字型と長短干しは洗濯物が乾くまでに4時間30分かかり、アーチ形は4時間だったということです。ここでは、どの干し方が一番乾きやすいかをお伝えすることが目的ですから、実験条件についてはお伝えしません。

そして、なぜアーチ形が一番早く乾くのか、その理由をシミュレーションで見つけています。アーチ形が一番早く乾く理由は、洗濯物の水分が蒸発する時、周りの空気を冷やし、その空気がアーチの下に集まって下降気流を作ることによってほかの干し方より早く乾いたということです。

ちょっとわかりにくいですね。理論はさておき、アーチ形に干すと洗濯物が一番早く乾くということは間違いがないようです。さらに、洗濯物の下に下降気流ができるということは、湿気は下に向かうということになります。ですから、湿気をとってくれる新聞紙や重曹、炭などを洗濯物の下に置くということは理にかなっているといえます。

洗濯物を乾かすときの注意点は、できるだけアーチ形に干すということです。そして、新聞紙などをその下に敷いておくとさらに効果が期待できるということでしょう。

まとめ

洗濯物を早く乾かすコツは、面倒でも難しいことでもないということを知っていただけたでしょうか。洗濯物を早く乾かしたいという時に、8つのコツと6つの裏技をご活用いただければと思います。

 

関連するキーワード


洗濯テクニック 衣類洗濯

関連する投稿


バスタオルの洗濯方法4ステップ!洗う頻度は?一人暮らしは違う?

バスタオルの洗濯方法4ステップ!洗う頻度は?一人暮らしは違う?

バスタオルは毎日洗うべきなのか。さまざまなところで議論されやすい話題ですが、実際はどうなのでしょうか。また、バスタオルは洗濯するとすぐガシガシになったり、ぺしゃんこになってしまって悩んでいる、という方もいるでしょう。ここでは、バスタオルを洗濯する頻度や、ふわふわな状態で洗濯する方法などを解説しています。


セーターが縮まない洗濯の6つの手順と4つのコツ

セーターが縮まない洗濯の6つの手順と4つのコツ

セーターの洗濯方法について、縮まずに洗う手順とコツを解説しています。洗剤の選び方や、手洗いの方法、干し方のコツのほか、洗った後にセーターが縮んでしまった場合の型くずれを簡単に直す方法も説明しています。


酸素系漂白剤の5つの使い方と塩素系漂白剤との違い。粉末?液体?

酸素系漂白剤の5つの使い方と塩素系漂白剤との違い。粉末?液体?

キッチンや洗濯で大活躍する酸素系漂白剤について解説します。ここでは、漂白剤の種類とそれぞれの特徴についてや、キッチンや洗濯でどのようにして酸素系漂白剤を使用すれば良いのか、酸素系漂白剤を使う時の注意点などについてまとめました。


毛布を洗濯機で洗う方法9ステップ!6種類の素材別洗い方

毛布を洗濯機で洗う方法9ステップ!6種類の素材別洗い方

毛布を自分で洗う方法について解説しています。洗濯できる毛布の見分け方や、失敗しない毛布の洗濯方法、アクリルやポリエステル、ウール(羊毛)、カシミヤ(カシミア)、キャメル、シルクといった毛布の素材別の洗濯方法についても調べています。


スニーカーの洗濯方法6ステップと黄ばみを取るコツ

スニーカーの洗濯方法6ステップと黄ばみを取るコツ

スニーカーをまるごと洗濯機で洗う方法や、浸け置き洗い、スプレーなどの洗剤だけで洗う方法などについて解説しています。スニーカーを洗う時に使う洗剤や、必要な便利グッズについて説明しているほか、靴のクリーニング代についても調べました。


最新の投稿


和室の掃除方法5個!簡単裏技やおすすめ掃除頻度は?

和室の掃除方法5個!簡単裏技やおすすめ掃除頻度は?

和室掃除をする際には、除菌スプレーや洗剤といった水分を使用すると、素材が劣化したりシミがついたり、カビが発生したりする場合もあるため注意が必要です。そこで、和室の特徴と和室を掃除する方法、注意点についても紹介します。


草刈り業者依頼で失敗しない選び方3つと料金相場【2019年度最新版】

草刈り業者依頼で失敗しない選び方3つと料金相場【2019年度最新版】

草刈りや芝刈りを依頼できる業者はたくさん存在しますが、その中から対応が良く優良な業者を選ぶ際には、どのようなポイントを押さえれば良いのでしょうか。そこで、草刈り業者を選ぶ際にチェックすべきポイントや、費用の目安を紹介します。


オフィス便利グッズまとめ31選!プレゼントにもおすすめ

オフィス便利グッズまとめ31選!プレゼントにもおすすめ

同僚や友人、家族や恋人など日々仕事を頑張っている相手に贈り物をする際、仕事で役立つアイテムをプレゼントしたいと考える人も多いでしょう。そこで、オフィスで役立つ便利グッズを6つのカテゴリーに分けて紹介します。


蛍光灯がつかない原因10個と交換方法!片方・新品がつかない?

蛍光灯がつかない原因10個と交換方法!片方・新品がつかない?

蛍光灯がつかない原因はいくつもあることを知っていますか? 通常、つかない蛍光灯は新品に交換すれば電気がつきますが電気がつかないこともあります。今回は蛍光灯がつかない原因などをチェックしていきましょう。


布団の収納方法おすすめアイディア25選!押し入れ・クローゼット・縦置き

布団の収納方法おすすめアイディア25選!押し入れ・クローゼット・縦置き

布団の収納方法や収納場所に困っていませんか? 布団は場所をとり収納しにくいアイテムですが、上手く収納するテクニックがあります。限られたスペースでも布団をスッキリ収納できるアイデアをチェックしましょう。


ビジネスパートナー募集