暮らしのお悩み解決サイト

洗濯物を早く乾かす方法14選!室内干しでも平気!エアコン・ドライヤーの効果的な使い方

洗濯物を早く乾かす方法14選!室内干しでも平気!エアコン・ドライヤーの効果的な使い方

室内干しが続き部屋が洗濯物だらけの方は必見!本記事では洗濯物を早く乾かす方法14選を紹介。あなたがまだ知らない「こんなやり方があったんだ!」という方法がきっと見つかるでしょう。記事内では今すぐ洗濯物を乾かしたい時に使える裏技4選や、デッドスペースを物干し場に変えることができる便利グッズも紹介。本記事を読んで部屋干しのコツをマスターすれば「洗濯物を外に干せなくて嫌な臭いがする」「干す場所が無い!」という困った状況も解消できるでしょう。


梅雨到来。なかなか洗濯物が外に干せない季節が来てしまいました。

部屋干しで困るのが生乾きのイヤ~な臭い。

せっかくお気に入りを洗濯しても、帽子やTシャツから生乾き臭がすると1日中気分が下がってしまいます…。

洗濯物を早く乾かすことができれば生乾きの嫌な臭いも防ぐことができます!さっそく、洗濯物を早く乾かすための条件から見ていきましょう。

洗濯物を早く乾かすのに必要な条件4つ

洗濯物が乾く原理は、布にしみ込んでいる水の分子が空気中に飛び出すこと。

それを踏まえた上で、洗濯物を早く乾かすのに必要な条件は以下の4つです。

【洗濯物の水分が少ない】
洗濯物に含まれる水分が少なければ布から出ていく水分子も少ないので乾きやすくなります。

【温度が高い】
温度が上がると空気中に含むことができる水の分子の量が増えます。寒い冬より暑い夏の方が洗濯物が乾きやすいですよね。

【湿度が低い】
湿度が高いと空気中に含まれる水蒸気の量も多く、洗濯物の水分子が飛び出してもすぐに別の水分子がくっついてしまうもの。湿度が低いときはその逆で洗濯物の水分が空気中に飛び出しやすくなります。

【風通しが良い】
風が吹くと洗濯物の周りの水分を含んだ空気が乾いた空気に入れ替わります。その分洗濯物の水分も飛び出しやすくなるので洗濯物を早く乾かすことができます。

室内干しの洗濯物を早く乾かす方法10個

室内干しの洗濯物を早く乾かす方法|その1
①エアコンは気温や湿度でモードを使い分ける

エアコンを使って洗濯物を早く乾かすときは気温や湿度でモードを使い分けると、余分な電気代をかけずにすみます。

失敗につながる使い方は気温が高い日に除湿機能を使ってしまうこと。気温が高い分除湿に時間がかかり消費電力もあがります。

気温が高い日は冷房を使って部屋の温度を下げながら洗濯物を乾かしましょう。目安は私たちが「暑い」と感じる30℃以上。冷風でも洗濯物を乾かすには十分な効果を発揮してくれますよ。

また除湿機能には「弱冷房除湿」と「再燃除湿」の2種類があります。電気代が高いのは除湿した空気をもう一度暖めて吐き出す「再燃除湿」。

弱冷房除湿と再燃除湿が選べる機種の場合は弱冷房除湿を選ぶと電気代を気にせず洗濯物をエアコンで早く乾かすことができますよね。

室内干しの洗濯物を早く乾かす方法|その2
②洗濯物の間隔をあける

洗濯物を干すときの間隔は15cm程度は開けるようにしましょう。

洗濯物同士の間隔が近すぎると、洗濯物から水分子が飛び出しても隣の洗濯物にくっついてしまいます。結局水分子が洗濯物からなかなか離れず乾くのに時間がかかることに。

洗濯物の間隔を15cm程度開けていると風通しも良くなるため、早く乾かすには洗濯物は間隔をとって並べましょう

室内干しの洗濯物を早く乾かす方法|その3
③重なる部分が少ない干し方に

バスタオルなどの大物の洗濯物を干すときに使える方法です。

きっちりと半分にかけるのではなく少しずらして斜めに干せば重なる部分が少なくなります

ただしこの方法だとスペースを取ってしまうというデメリットも。

洗濯物を干すスペースが少ないときはハンガーと洗濯バサミを使って、バスタオルをハンガーに吊るして干すのも良いですよ。重なる部分も非常に少なくその分早く洗濯物を乾かすことが可能です。

室内干しの洗濯物を早く乾かす方法|その4
④乾きやすいものだけで並べない

洗濯物を干すときは乾きやすい物と乾きづらい物を交互に並べて干すと、風通しが良くなり早く乾かすことができます。

ついつい同じような素材の物を並べがちになりますが、洗濯物を早く乾かしたいときは並べる素材にも少し気をつけるようにしてみましょう。

室内干しの洗濯物を早く乾かす方法|その5
⑤アーチ型に干す

ピンチハンガーを使って洗濯物を干すときは中央に一番短いものを、端に一番長いものを干してアーチ型になるように干すと早く乾かすことができます。

アーチ型に干すことで外側の冷たい空気を下から引き入れながら暖かい空気が上昇していく「煙突効果」という現象が生まれるのだそう。

ライオン株式会社が行った実験によると、アーチ型に干した洗濯物はランダム干し(長い物と短い物を交互に並べる)やV字干し(中央に長い物、端に短い物を干す)よりもなんと30分も早く乾かすことができたそうです!

室内干しの洗濯物を早く乾かす方法|その6
⑥裏返しにして干す

洗濯物を裏返して干すことで縫い目やポケットなど、生地が重なって乾きにくい部分に直接風を当てて早く乾かすことができます。

分厚いスウェットなどの素材は表面が乾いていてもまだまだ裏地が湿っているということもよくありますよね。

洗濯物はハンガーやピンチに干す前に裏返す習慣をつけましょう。

室内干しの洗濯物を早く乾かす方法|その7
⑦フードつきの服は逆さまに干す

フードつきの洗濯物をそのままハンガーに吊るすと、フードと背中の部分が重なってしまい早く乾かすことができません

しかし逆さまに吊るすことでフードと背中部分の重なりが解消されます。

少し幅を取ってしまいますがフードつきの服はハンガーで干すのではなく、洗濯バサミやピンチを使って逆さまに干すようにしてみてください。

室内干しの洗濯物を早く乾かす方法|その8
⑧扇風機やサーキュレーターを使う

扇風機やサーキュレーターを使えば、洗濯物の周りの水分を含んだ空気を吹き飛ばすことができます。

ポイントは洗濯物に直接風を当てるようにすること。

サーキュレーターなら洗濯物の真下付近に置いてあおるように風を当てます。扇風機の場合もできるだけ下から洗濯物に風を当てるようにしましょう。

洗濯物に直接風を当てることができるので、雨の日でも思った以上にカラっと洗濯物を早く乾かすことができますよ

室内干しの洗濯物を早く乾かす方法|その9
⑨浴室や脱衣所に干す

【PR】ハウスクリーニングやエアコン掃除はプロに依頼しませんか

清潔な住まいで健康で快適な暮らしを!キッチンの頑固な油汚れ、時間と労力を費やす水回りの清掃、エアコンのクリーニングなど普段なかなか手がつけられない掃除なら、掃除のプロが見つかるこちらのサービスがオススメです。

ハウスクリーニング業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_クリーニング

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連するキーワード


洗濯テクニック 衣類洗濯

関連する投稿


【場所別】ペンキの落とし方が一瞬で分かる!身近なアイテムで落とせます

【場所別】ペンキの落とし方が一瞬で分かる!身近なアイテムで落とせます

うっかりペンキが付いてしまった!誰しもが焦る瞬間ですよね。身近なものを使ったペンキの落とし方を、体の部位・場所別にご紹介します。


足袋の洗い方どうしてる?汚れを落とす&防ぐみんなの工夫やおすすめグッズも紹介

足袋の洗い方どうしてる?汚れを落とす&防ぐみんなの工夫やおすすめグッズも紹介

足袋の洗い方を特集!「洗濯機で洗っていい?」「汚れがキレイに落ちる洗い方は?」「地下足袋の場合は?」など気になる疑問に答えていきます。


作業着におすすめの洗剤12選!汚れ別に洗濯方法・洗剤を使い分けよう

作業着におすすめの洗剤12選!汚れ別に洗濯方法・洗剤を使い分けよう

作業着は機械油・泥・皮脂・鉄粉類で汚れています。そのまま洗濯機で洗うと、他の衣服に汚れが移ってしまうリスクがあるので、部分洗いや漬けおき洗いで汚れを落としておきましょう。 本記事では、作業着の汚れにおすすめの洗剤を紹介していきます。汚れの種類別に適切な洗い方も解説しているので、ぜひご覧ください。


エンジンオイルの汚れを落とすコツを解説!おすすめの日用品・洗剤も紹介

エンジンオイルの汚れを落とすコツを解説!おすすめの日用品・洗剤も紹介

車やバイクを整備しているとついてしまう、エンジンオイル。本記事では、エンジンオイルが服や皮膚についてしまった時の対処法を解説しています。おすすめの洗剤も紹介しているので、ぜひご覧ください。


意外と知らない水性ペンの落とし方!掃除がカンタンな落としやすい水性ペンも紹介

意外と知らない水性ペンの落とし方!掃除がカンタンな落としやすい水性ペンも紹介

水性ペン汚れを落としたいけどどのように落としたらよいか分からないという人も多くいるのではないでしょうか。コツとやり方がわかれば実はカンタンに落とすことができます。この記事を参考に水性ペン汚れの落とし方を確認しましょう。


 

ビジネスパートナー募集