暮らしのお悩み解決サイト

ゴキブリが飛ぶ2つの条件と3つの理由【プロ監修】

ゴキブリが飛ぶ2つの条件と3つの理由【プロ監修】

ゴキブリはなぜ飛ぶのか、どうして人間のほうに向かって飛んで来るのか、そして、どのような条件の時にゴキブリは飛ぶのか、といったことについて解説しています。また、殺虫剤が無い時にゴキブリを退治するためのグッズや人気の殺虫剤についても解説しています。


医学博士
白井 良和
医学博士。1994年京都大学農学部農林生物学科卒業、1996年京都大学大学院農学研究科修了、殺虫剤メーカー勤務を経て、2001年富山医科薬科大学大学院医学系研究科博士後期課程修了。
医学博士。1994年京都大学農学部農林生物学科卒業、1996年京都大学大学院農学研究科修了、殺虫剤メーカー勤務を経て、2001年富山医科薬科大学大学院医学系研究科博士後期課程修了。

ゴキブリが空を飛んでいるところを、見たことがあるでしょうか?
見たことがあるという人もいれば、地面や壁をゴソゴソしている所しか見たことがないという人もいるでしょう。
あまり知られていませんし、想像もしたくありませんが、実はゴキブリは飛ぶことができるのです。
何と、ゴキブリ退治用の殺虫剤をかけようとしたら、自分のほうにブーンとゴキブリが勢い良く飛んできたというケースもあります。
ただでさえゴキブリは恐ろしいのに、こちらに向かってきたらトラウマになってしまいそうですよね。
なぜゴキブリは飛ぶのでしょうか?飛ぶ時の条件と、理由さえわかっていれば、もう怖いことはありません。
ここでは、ゴキブリはなぜ飛ぶのか、条件と理由について解説します。

ゴキブリが飛ぶ条件2つ

1 夏の夜が飛びやすい

ゴキブリは、いつでも飛ぶわけではありません。
どちらかというと、いつも目にする時のように、ゴソゴソと地面をはいずり回っています。
温度や湿度の条件がある程度そろっている時に、飛ぶと言われています。
まず、ゴキブリは明るい場所では飛びたくなりません。

暗い場所のほうが飛びやすいのです。
そして、涼しい時よりも暑い時のほうが飛びます。

一般的には、温度が30度前後になった真夏に飛びやすくなります。
また、湿度は60%以上が飛びやすいので、梅雨時など少しジメジメしてきた頃からが危険になります。

ゴキブリは暗くて、温度は30度前後、湿度は60%以上といった、暑くてジメジメした日に飛びやすくなります
特に、梅雨から9月頃にかけては気を付けるようにしてください。

2 ゴキブリは2階まで飛べる

ゴキブリが飛ぶ話を聞くと、夏の夜に窓を開けたらゴキブリが飛んでこないか心配になってしまいますよね。
ゴキブリが地面から飛べる高さは5メートル程度です。
飛ぶのはあまり得意でないので、トンボや蝶のように長距離は飛びません。
5メートルなので、地面から家の2階までは飛べると考えたほうが良いでしょう。

自分の家が3階以上だからといって、安心してはいけません。
ゴキブリは非常に丈夫な脚力を持っています。
そのため、建物の壁や水道管をつたって上がってくることも可能なのです。
何階に住んでいても、ゴキブリが来ないように気をつけておく必要があります。

ゴキブリは真っ直ぐにしか飛べない

蝶やハチは、飛びながら方向を自由に変えることができますが、ゴキブリは飛びながら方向を変えたり、飛んでいる高さを変えたりすることはできません。
直線的にしか飛ぶことができないので、飛んできたゴキブリから逃げるのであれば、真っ直ぐ後ずさりをするのでなく、右か左の遠くに逃げましょう。

ゴキブリの後ろから殺虫剤をスプレーすれば、ゴキブリがこちらに向かってくることはないですか?
可能性は極めて低いです。十分に殺虫剤をスプレーするようにしましょう。

ゴキブリが飛ぶ理由3つ

1 人に向かってくる理由

ゴキブリを退治しようと思って、殺虫スプレーを吹きかけたらこちらに向かって飛んできたという体験をした人もいるかもしれません。
ゴキブリが人に向かってくる理由は、戦いたいからではなく、もっと高い場所に飛び移って逃げたいからです。
人間という敵として見ているのではなく、ちょうどいい高さの「もの」があるとゴキブリのほうは考えています。
ゴキブリは飛ぶのが下手なので、地面から少し高い場所に止まって、そこから飛んで逃げようと考えているのです。
殺虫スプレーを近くでかけようと思って、ゴキブリの前でしゃがんでしまうと、ちょうどいい高さだと思って、頭に飛び移ってしまう可能性もありますので気を付けてください

飛んできたゴキブリから逃げるには?

ゴキブリは、飛んでいる途中から高い場所にうまく方向を変えることができません。
そのため、おじぎをするように背を低くしていたら、背をまっすぐにしてなるべく遠くに逃げましょう。
しゃがんだりしてしまうと、かえってゴキブリがとまりやすくなってしまいますので要注意です。

2 高い場所から低い場所に移動したい

ゴキブリは、基本は地面や床を歩く昆虫です。
しかし、場所を移動するために、木にのぼったり壁や天井に登ったりして、より遠くに飛んで移動します。
ゴキブリは羽こそついていますが、蝶やハチのように長い距離を飛べません。
飛ぶというよりも、高い場所に移動して低い場所に飛び降りたいと考えています。
壁や天井に登った後も飛び移るというよりは、下に滑空しながら降りていくイメージです。
飛ぶ時は、羽が大きいので「ブーン」という羽音がします。
蒸蒸し暑い夏の夜に、窓の外でブーンという音がしたら、ゴキブリかもしれませんよ。

3 飛ぶゴキブリと飛ばないゴキブリがいる

世界には、3,000種類から4,000種類ものゴキブリが存在していると言われています。
その中でも、日本には50種類のゴキブリがいて、多くは沖縄などの暑い地域に生息しています。
家の中に出てくるゴキブリで代表的なものは、クロゴキブリやワモンゴキブリ、ヤマトゴキブリ、チャバネゴキブリなどです。
チャバネゴキブリは飛ぶことはできませんが、クロゴキブリやワモンゴキブリ、ヤマトゴキブリは飛ぶことができます。
そして、家の中で一番飛んでいるのを多く目撃するのが【クロゴキブリ】です。
クロゴキブリは大きい上に、黒くてテカテカと油光りしていて、恐いと思う人もいます。
正確にはどれも、飛ぶというより滑空するという、上から下へ降りていくスタイルです。

殺虫剤が無い時に飛ぶゴキブリを退治するグッズ

【PR】今すぐ害虫駆除をしたいなら!日本全国に対応

緊急を要する害虫駆除にはムシ・プロテックがオススメです。最短即日対応、迅速な駆除が可能です。素早い解決に向けて対応してくれます。害虫駆除は虫のプロにお任せ!

害虫トラブル最短即日解決

\最短期間で駆除/

年間3000件の実績

 

  • ◇現地見積、出張費用無料
  • ◇全国各地に完全対応
  • ◇速い、安い、信頼。

関連するキーワード


害虫駆除 ゴキブリ駆除

関連する投稿


イラガの発生時期・駆除対策6つと刺されたときの対処方法6つ

イラガの発生時期・駆除対策6つと刺されたときの対処方法6つ

夏の美しい緑や秋口の落ち着いた緑は見ているだけで気持ちの良いものですが、実はその裏には厄介な「イラガ」が潜んでいるかもしれません。この記事では、イラガの生態や退治の方法、刺された時の対処法を紹介しています。冬が来るまでは油断せず、イラガ対策を怠らないようにしましょう。


ダニ退治に使える?バルサンの効果的な使い方と注意点5つ

ダニ退治に使える?バルサンの効果的な使い方と注意点5つ

梅雨から夏をピークにわたしたちを悩ます「ダニ」。しかし梅雨前だけでなくダニは定期的に駆除して生きたダニの数を減らすことが最重要です。害虫駆除に効果的な「バルサン」ならお部屋まるごと駆除!バルサンはなんだか面倒くさそう…と思っているあなたも、今年こそはバルサンでダニときっぱり決別しダニゼロの快適ライフを目指しましょう!


日本と世界のムカデの種類33つ!毒や危険度は?

日本と世界のムカデの種類33つ!毒や危険度は?

ムカデ嫌いな方もいれば、ムカデを飼育するくらい大好きな方もいるでしょう。 ムカデは尋常ではない数の種類がいて、毒があることで有名です。そこで今回は、「日本と世界にいる33種類のムカデ」をご紹介します!


カツオブシムシの駆除方法4つ!殺虫剤以外の効果的な方法で大量発生を防ぐ!

カツオブシムシの駆除方法4つ!殺虫剤以外の効果的な方法で大量発生を防ぐ!

大量発生してしまうと非常にやっかりなカツオブシムシ。どんな殺虫剤を選べばいいのかや、薬を使いたくないという方向けに殺虫剤を使わない駆除方法も紹介しています。すでに服に虫が食べたような穴が空いていたら、カツオブシムシが部屋に大量発生している可能性もあります。本記事を読んで駆除・予防して被害拡大を防ぎましょう。


虫食い栗の見分け方・出し方・処理方法・予防対策!食べられる?

虫食い栗の見分け方・出し方・処理方法・予防対策!食べられる?

栗を拾ったり購入したりした際に、虫食いの栗が混ざっていることがあるため注意が必要です。虫食い栗を見分ける方法と処理方法、予防方法を紹介します。虫食い栗と食べられる栗を選別し、正しい方法で保存しましょう。


 

ビジネスパートナー募集