暮らしのお悩み解決サイト

ダニを徹底的に退治する7つの方法

ダニを徹底的に退治する7つの方法

目に見えない害虫、ダニ。 小さいけれど、人間の身体に与える被害はかなりのものです。覚えのない虫刺されのような跡や咳、くしゃみはありませんか? この記事では、ダニの生態や、より効率良くダニを退治する方法についてご紹介しています。暖かい時期に向けてダニ対策を始めたい方、必見です!


なんとなくかゆいけど蚊やブヨではない、布団が生乾きのような嫌な臭いだ……。
それは、ダニの仕業かもしれません。ダニは目に見えない小さな害虫ですが、被害の大きさは特大級です。この記事では、ダニの生態や正しい退治の方法についてご紹介しています。
ダニの活動が活発になる暖かい時期の前に、キッチリ退治して快適な環境を手に入れましょう。

ダニを退治する7つの方法

Getty logo

ダニは小さいけれど、人間にもたらす被害は甚大なものです。そんなダニを退治するために知っておきたいことを7つにまとめました。正しい退治の方法を知って、すっきり清潔なお部屋にしましょう!

ダニの好む環境を知ろう

ダニとひとことで言っても、家に生息するダニだけで複数の種類があることをご存知でしょうか?今回は、その中でもカーペットや布団等に生息するダニにスポットを当てて解説したいと思います。
カーペット等に見られるのは、ヒョウヒダニという比較的小型のダニです。このダニは一年中生息しており、温度20~30℃、湿度60~80%の高温多湿な環境を好みます。人間にとって少し蒸し暑いと感じる環境が、ダニにとっては最適というわけですね。ダニの活動が活発になるのが6月~9月と言われているのも頷けます。
家具以外に生息するダニも、梅雨時から夏にかけて活発に活動を始めます。暖かくなってきたら、ダニに注意するべきだと言えるでしょう。また、それ以外の季節でも換気が充分でないと、簡単にダニの生息しやすい環境が完成してしまいます。ダニの好む環境を知ることが、ダニ退治の第一歩になることを知っておきましょう。

ダニの被害は意外と大きい

ダニは0.3mm~と非常に小さく、肉眼で姿を確認できることはほとんどありません。そのため、どういう被害があるのかピンとこないという方も多いのではないでしょうか。しかし、ダニのもたらす被害は、その小さな身体から予想もつかないほど大きいものなのです。
ダニの被害というと、刺されてかゆくなることを想像する方が多いかもしれません。しかし、それよりも深刻な被害がダニのアレルギーです。ダニの死骸や糞が原因になるアレルギーは、咳や息苦しさ、くしゃみ等の症状を引き起こします。また、アレルギーの発症をきっかけにして別のアレルギー物質(アレルゲン)にも反応してしまい、より症状が重くなったり喘息になることもあるのです。
アレルギーは一度発症すると、完治させることは非常に困難です。そういったことからも、ダニの被害は非常に大きいものだと言えるでしょう。

生息している場所を把握する

いろいろな場所に生息しているダニですが、具体的にどういった場所にどういうダニが潜んでいるのでしょうか。主な生息状況をまとめてみました。

・ヒョウヒダニ(チリダニ)
カーペット、ベッド等あらゆる布製品
・ツメダニ
カーペット、畳等。ヒョウヒダニを餌としている
・コナダニ
小麦粉、かつお節、チーズ等の食品
・イエダニ
ネズミの身体、糞

家のあらゆる場所にダニが発生するということがわかりますね。
一種類でもダニが繁殖すると、そのダニを捕食するダニも増えてしまい、被害もより増えてしまうという厄介な結果を招いてしまいます。ダニの生息場所を把握して、それに応じた対策を取ることが非常に重要です。

布製品のダニを退治するには

薄手の掛け布団や洋服、ソファカバー等のダニを退治するのに有効な方法はなんでしょうか?これらの製品は、洗濯も容易なので洗ってしまえばダニは死ぬんじゃないの?と思いますよね。
ところが、ダニの生命力は非常に強く、洗剤を入れて洗濯しても8割程度は生き残るという驚きの結果が出ているのです。つまり、家庭の洗濯機で洗っても、生きているダニを駆除することは難しいのです。
布製品に潜んでいるダニを退治するために、家庭でできる最も手軽な方法は、熱湯で丸ごと煮洗いすることです。ダニは高温に非常に弱く、55度以上の温度下では生き残ることができません。まるごと熱湯に浸けてしまえば、ダニを駆除することができますね。
しかし、熱湯は少なからず繊維を傷めますし、色落ちや型崩れの心配もあります。その場合は、コインランドリーを活用しましょう。コインランドリーの乾燥機は60度~80度を維持できるので、ダニの駆除に非常に効果的です。
また、布団乾燥機の中にはぬいぐるみや靴を入れて乾燥できるタイプのものも販売されています。型崩れの気になるぬいぐるみには、こういったものを活用しても良いですね。

カーペットのダニを退治するには

丸ごと煮洗いができる布製品と違って、ダニ退治が非常に難しいのがカーペットです。特に敷き込みタイプのものは面積が広いので、駆除にはかなりの労力を覚悟しておくべきでしょう。
洗濯が可能なラグやカーペットは、他の布製品と同じくコインランドリーで丸洗いと乾燥にかけてしまうのが確実です。しかし、敷き込みタイプのものはそうはいきません。
敷き込みタイプのカーペットのダニを退治するには、スチームアイロンやスチームモップ、ダニ取りシート等を活用するのがおすすめです。

まず、カーペット全体のゴミやホコリを丁寧に取り除きます。掃除機とコロコロを駆使して、パイルの中に潜り込んだ細かいゴミもきれいにしましょう。カーペットがきれいになったら、スチームアイロンやスチームモップで、高温の蒸気をまんべんなくカーペットにあててやります。蒸気は非常に高温なので、ダニを確実に退治できます。全体に蒸気をあてたら、残った水分を乾いたぞうきんで拭き取って完全に乾燥させましょう。乾いたら、もう一度掃除機をかけて死骸を吸い取って完成です!家具等があって蒸気があてられない場所は、ダニ捕りシートや殺虫剤を事前にかけておきましょう。時間と手間はかかりますが、この方法であれば自分たちでもカーペットのダニを退治することができます。

敷き込みカーペットの中でもウールのものや毛足の長いカーペットは、家の中でもダニが特に繁殖しやすい場所と言えます。何度駆除してもダニが減らなかったり、面積が広くて手に負えないという場合は、フローリングや防ダニ加工カーペットに敷き替えることを検討してみることをおすすめします。

布団のダニを退治するには

カーペットと並んでダニが繁殖しやすいのが布団です。軽い掛け布団や毛布は丸洗いできますが、敷布団はそうもいきませんよね。
敷布団をのダニを退治するのにも、布団全体を高温にする必要があります。この場合は、布団乾燥機を活用するのがおすすめです。熱風を全体に行きわたらせるため、マットを布団に対して垂直に置き、包むように折り込んでからもう一枚布団をかぶせるのがポイントです。1~2時間は熱風に当ててやり、そのあと掃除機等で死骸を吸い取れば完成です。

布団は、布団本体だけでなく枕や毛布等の付属する布製品もたくさんあります。ダニ退治を試みる際は、布団以外の布製品にもダニ対策を施すようにしましょう。特に枕は湿気や汚れがたまりやすいものです。布団と同じように乾燥機にかけて、カラッと乾燥させることをおすすめします。

家全体に発生したダニには要注意

ダニに刺されてかゆいけど、布団やカーペットに対策をしても全然減っている感じがしない……という場合は、家そのものにダニが潜んでいるのかもしれません。ネズミに寄生するイエダニは、古い木造家屋で多く見られるダニです。この場合は、まずネズミの巣を発見・撤去することが急務です。とは言っても、自分たちでネズミの駆除をするのは非常に困難です。信頼できる業者に撤去等を依頼することをおすすめします。
特にアパートの場合、自分の部屋だけで対策をすることはできません。大家さんや管理会社に、建物全体でネズミ対策を取ってもらえるように相談してみましょう。

ダニ退治の注意点

Getty logo

効率良くダニを退治するには、ダニを駆除できる条件を知っておく必要があります。ここでは、ダニ退治をする時に注意したい点や知っておきたいことをまとめてみました。また、ダニ退治に使えるちょっとした裏技もご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

ダニの駆除は50度以上が目安

ダニの生命力が強靭であることは既にご紹介しました。洗濯に耐えるだけでなく、紫外線や真空状態、冷凍、掃除機の強風でも生き延びるというのですから本当にやっかいです。
そんなダニの唯一の弱点とも言えるのが高温です。多くのダニは、50度以上の熱で20~30分、60度であれば一瞬で死んでしまうのです。つまり、ダニ退治はいかに高温状態を作るかがカギになっていると言えるでしょう。
殺虫剤や薬剤を使えばダニ退治自体は可能ですが、ペットや小さな子がいる家庭では、できるだけ安全に退治したいもの。特に布団やカーペットのように肌が触れるものに、薬剤を使うのは避けたいですよね。そういった意味からも、高温によるダニ退治は家庭でできる安全なダニ退治法のひとつです。

ダニの逃げ場を作らない

ダニ退治の時に気を付けたいのが「ダニは残さず退治する」ということです。布団やカーペットのダニ退治に蒸気や熱風が効果的であることをご紹介しました。この時、温度が上がり切っていないところがあると、ダニはそこへ逃れてしまいます。
ダニ退治をする時は、退治したいエリア全てがまんべんなく高温になるように気を付けましょう。また、ダニは部屋が暗くなると表面に出てきて活動を開始します。布団乾燥機を使う時は暗い部屋にしばらく置いてから熱風を当てると、より効果的にダニを退治できます。

ダニ退治に役立てたい裏技

ダニ退治に効果的な高温の空間を、簡単に作り出す裏技があるのをご存知でしょうか?
それは、真夏の車内です。炎天下で閉め切った車内は45度~60度にもなり、ダッシュボード部分に至っては79度にも達すると言われているのです。ダニを退治するには充分な温度ですよね。

この温度を布団やカーペットのダニ退治に役立てましょう。炎天下の日に布団やカーペットを車内に持ち込んで、ダッシュボードに広げて数時間放置するだけ。時々、裏表をひっくり返してやれば、まんべんなく温度が上がります。布団全体をしっかりビニール等で包んでおけば、ダニの死骸等が車内に散らばる心配もありません。場合によっては布団乾燥機よりも高温になるので、真夏になったら是非試してみたい方法ですね。

普段からできるダニを増やさないためのコツ

Getty logo

家中のいたるところに潜んでいるダニですが、生活スタイルやインテリアを見直すことで、ダニの繁殖を抑えることができます。ここでは、毎日の生活で実行できるダニ対策について考えてみました。

ダニの繁殖しやすいものを撤去する

ダニが繁殖しやすいのは、布団やカーペットだけではありません。ぬいぐるみや布小物、ドライフラワー等にもたくさん潜んでいます。インテリアのアクセントになるアイテムばかりですが、ダニの繁殖を防ぐのであれば、こういったものはできる限り部屋に置かないほうが良いでしょう。
特に子どもの肌に触れるぬいぐるみは、乾燥機や掃除機をかける等のこまめなメンテナンスが必要です。また、ダニ捕りシートやダニの嫌うアロマスプレーを使って、布製品にダニを寄せ付けないようにするのも効果的です。
それでも、ダニの住居になるものをできる限り減らしていくことが、ダニを増やさない家づくりの第一歩だと言えるでしょう。

ダニを室内に持ち込まない

ダニは家の中だけでなく、外にもたくさん生息しています。ここ数年、マダニによる被害が報道されているのをご覧になった方も多いのではないでしょうか。本来、草むらや山に生息していたマダニが人間の生活圏まで入り込んできています。死亡例も報告されていることから、より一層の警戒が必要です。
山や草むらを通った服は、すぐに部屋に持ち込まずにマダニがついていないかチェックしましょう。マダニはダニの中でも比較的大型なので、目視で確認することができます。それらしいものがいたら、ガムテープで貼りつけたり殺虫剤を撒いて駆除しましょう。靴の裏やリュック等もチェックしてから、室内に持ち込むことをおすすめします。
また、入浴時に刺されたような跡がないか、全身くまなく見ておきましょう。マダニは、抵抗力のある大人でも死亡する恐れのある恐ろしいものです。家族を危険に晒さないよう、念入りにチェックするようにしたいですね。

換気と湿度に注意する

ダニは、温度20~30度・湿度60%~80%という高温多湿の環境を好みます。ダニの住みにくい環境を作ることで、これ以上増やさないようにできます。温度を下げることは難しいですが、湿度は換気や除湿機を使うことである程度下げることができます。蒸し暑い梅雨時は特に湿度に気を付けたいですね。
また、換気が不十分で空気が滞留している場所は、湿気がたまりやすくなっています。家の中に空気の流れを作ってやることは、適度な湿度を保つために非常に効果的です。外の空気を取り入れて、室内の空気を循環することを心がけましょう。

ダニ退治に使える便利グッズ

効率的なダニ退治には、便利なグッズが欠かせません。ここでは、ダニの退治に役立つグッズをいくつかご紹介したいと思います。

カーペット等の広い面積をダニ退治する時は、高温の蒸気が出るスチームモップがおすすめです。カーペット全面をくまなく高温にさらして、ダニを退治しましょう。スチームをあてた後は、乾いたぞうきん等で水気を拭き取って乾燥させ、掃除機で死骸等を吸い取ってしまいましょう。ダニが退治できるだけでなく、カーペットのニオイも解消できますよ。

【全国送料無料】 ケルヒャー(KARCHER)/ ケルヒャー スチームクリーナー SC 2

15,750円 (2018/03/30 時点)

Vacplus 布団クリーナー ふとん掃除機

8,333円 (2018/03/30 時点)

普通の掃除機を布団に使うのって、ちょっとコツが要りますよね。そんな時は、布団クリーナーを活用しましょう。これそのものでダニを退治できるわけではありませんが、アレルギーの原因になるダニの死骸等を強力に吸い取ってくれるので、布団を乾燥させたあとに使うと効果がアップします。また、布団たたきの代わりとしても使えるので、花粉アレルギーで外に布団を干せない場合にも活躍しますよ。

【送料無料】 三菱 布団乾燥機 AD-X80-T ダークブラウン

18,274円 (2018/03/30 時点)

三菱 布団乾燥機 の詳細を見る

布団のダニ退治に効果を発揮するハイパワーの布団乾燥機です。昔ながらのマットタイプを採用することで、布団全体を高温で包み込むことができます。型崩れしやすいぬいぐるみの乾燥にも使えます。布団乾燥機でダニを死滅させたあと、布団クリーナーで死骸をきれいに吸い取る方法がおすすめですよ。

ダニがいなくなるスプレー 300ml

588円 (2018/03/30 時点)

アール ダニ取りマット・エース

513円 (2018/03/30 時点)

ダニ取りマット の詳細を見る

スチームや熱風が使えない布張りのソファやぬいぐるみには、こういったスプレータイプやシートがおすすめです。手軽に使えて場所を選ばないので、ダニの活動が活発になる夏場には常備しておきたいですね。

まとめ

いかがでしたか?家からダニを根絶するのは非常に難しいことですが、日頃のそうじやケアに一工夫することでダニを減らすことができます。ダニの活動が活発になる暖かい時期に向けて、早めのダニ対策を始めるようにしたいですね。

【PR】今すぐ害虫駆除をしたいなら!

緊急を要する害虫駆除にはこちらの会社がオススメです。最短即日対応、迅速な駆除が可能です。素早い解決に向けて対応してくれます。

害虫トラブル最短即日解決

\最短期間で駆除/

年間3000件の実績
  • ◇現地見積、出張費用無料
  • ◇全国各地に完全対応
  • ◇速い、安い、信頼。

関連するキーワード


害虫駆除 虫刺され

関連する投稿


夏は必須のコバエ対策!今すぐ駆除できる6つのポイント

夏は必須のコバエ対策!今すぐ駆除できる6つのポイント

すばしっこくてなかなか捕まえられず、うっとうしい「コバエ」。徹底的に駆除するためには、コバエの種類や習性を知り、適切な方法で対策をしていくことが重要です。コバエを駆除するための6つのポイントや今すぐはじめられる対策についてまとめていきます。


蜂の種類4つの見分け方!特徴と危険度を徹底的にまとめてみた

蜂の種類4つの見分け方!特徴と危険度を徹底的にまとめてみた

ニュースでもよく目にする機会がある蜂による刺傷被害。蜂を見かけたら慌てて逃げ出してしまいたくなる方も多いのではないでしょうか。でもその蜂、本当にそんなに危険ですか? むしろ怖がってパニックになってしまうことの方が危険かも…。日本でよく見かける4種類の蜂の特徴と危険度について徹底的にまとめていきます。


簡単にハエを退治する方法14選。ペットボトルやめんつゆを使う方法も紹介

簡単にハエを退治する方法14選。ペットボトルやめんつゆを使う方法も紹介

ハエを簡単に自分で駆除する方法を紹介します。めんつゆやペットボトルを使った手作りの退治方法や、ハエが来ないようにする予防対策、殺虫剤を使わない駆除や捕獲方法などを解説しているほか、絶滅させる日数も説明しています。


ハエ取り紙の成分・効果とおすすめハエ取り紙ランキングTOP10

ハエ取り紙の成分・効果とおすすめハエ取り紙ランキングTOP10

ハエ取り紙は、薬品を使わない安全安心な害虫駆除製品として再び見直されています。ハエ取り紙の成分や、どのような効果があるのかを解説しているほか、リボン式や両面粘着式、ロールタイプ、ライト併用式など、最新の売れ筋ハエ取り紙もご紹介します。


ゴキブリに効果のあるハーブ14選。市販のアロマで予防と駆除【プロ監修】

ゴキブリに効果のあるハーブ14選。市販のアロマで予防と駆除【プロ監修】

市販のハーブやアロマでゴキブリを寄せ付けないようにすることができます。殺虫剤を使わないので安心ですし、子どもやペットがいてもハーブなら安心して使うことができます。ゴキブリが寄ってこないアロマスプレーの作り方も解説しています。


最新の投稿


夏は必須のコバエ対策!今すぐ駆除できる6つのポイント

夏は必須のコバエ対策!今すぐ駆除できる6つのポイント

すばしっこくてなかなか捕まえられず、うっとうしい「コバエ」。徹底的に駆除するためには、コバエの種類や習性を知り、適切な方法で対策をしていくことが重要です。コバエを駆除するための6つのポイントや今すぐはじめられる対策についてまとめていきます。


蜂の種類4つの見分け方!特徴と危険度を徹底的にまとめてみた

蜂の種類4つの見分け方!特徴と危険度を徹底的にまとめてみた

ニュースでもよく目にする機会がある蜂による刺傷被害。蜂を見かけたら慌てて逃げ出してしまいたくなる方も多いのではないでしょうか。でもその蜂、本当にそんなに危険ですか? むしろ怖がってパニックになってしまうことの方が危険かも…。日本でよく見かける4種類の蜂の特徴と危険度について徹底的にまとめていきます。


簡単にハエを退治する方法14選。ペットボトルやめんつゆを使う方法も紹介

簡単にハエを退治する方法14選。ペットボトルやめんつゆを使う方法も紹介

ハエを簡単に自分で駆除する方法を紹介します。めんつゆやペットボトルを使った手作りの退治方法や、ハエが来ないようにする予防対策、殺虫剤を使わない駆除や捕獲方法などを解説しているほか、絶滅させる日数も説明しています。


ハエ取り紙の成分・効果とおすすめハエ取り紙ランキングTOP10

ハエ取り紙の成分・効果とおすすめハエ取り紙ランキングTOP10

ハエ取り紙は、薬品を使わない安全安心な害虫駆除製品として再び見直されています。ハエ取り紙の成分や、どのような効果があるのかを解説しているほか、リボン式や両面粘着式、ロールタイプ、ライト併用式など、最新の売れ筋ハエ取り紙もご紹介します。


鳩の効果的な撃退方法15個とおすすめ鳩撃退グッズ20

鳩の効果的な撃退方法15個とおすすめ鳩撃退グッズ20

自分でできる鳩の駆除方法と、あると便利な鳩よけグッズをまとめています。ニコチン水やトウガラシなど、身の回りにあるもので作れる鳩よけや、天然成分で作られた鳩用忌避剤、鳩よけネットやベランダの手すり用テグスなどをご紹介します。


ビジネスパートナー募集