暮らしのお悩み解決サイト

 ゲジゲジに効果的な駆除方法3つと家の中に侵入させない対策7つ【プロ監修】

ゲジゲジに効果的な駆除方法3つと家の中に侵入させない対策7つ【プロ監修】

家の中で「ゲジゲジ」に遭遇したら、本当に怖いですよね。どこから侵入しているのかわからなくて、お困りの方も多いのではないでしょうか。この記事では、ゲジゲジの生態や侵入経路、自分たちですぐにできる対策についてまとめてみました。ぜひ参考にして下さいね!


医学博士
白井 良和
医学博士。1994年京都大学農学部農林生物学科卒業、1996年京都大学大学院農学研究科修了、殺虫剤メーカー勤務を経て、2001年富山医科薬科大学大学院医学系研究科博士後期課程修了。
医学博士。1994年京都大学農学部農林生物学科卒業、1996年京都大学大学院農学研究科修了、殺虫剤メーカー勤務を経て、2001年富山医科薬科大学大学院医学系研究科博士後期課程修了。

<まえがき>
カテゴリの便宜上害虫駆除のカテゴリとして書かれていますが、ゲジゲジ(ゲジ)はゴキブリ、シロアリ、ダニを駆除してくれる益虫です。見た目から敬遠されるゲジゲジですが、共存する事は決して不利益ではないことをご理解いただいた上、本記事を参照いただけましたら幸いです。


脚がたくさんあって素早く動いて目立つ……気持ち悪い虫と言えば、「ゲジゲジ」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。家の中で姿を見かけると、次はどこから出てくるのかとビクビクしてしまいますよね。

この記事では、ゲジゲジの生態や侵入経路を知ることで、身近に寄せ付けない方法を考えてみました。害虫の動きが活発になる時期を迎える前に対策を取りましょう!

ゲジゲジとは?

ゲジゲジとは、正式にはゲジ(蚰蜒)という節足動物です。脱皮を繰り返しつつ大きくなりますが、他の多足類と同じように成長の過程で足の数を増やしていくのが特徴です。主に本州全域に生息する「ゲジ」と本州南部から沖縄にかけて生息する「オオゲジ」の2種類が、日本国内では最も多く見られるものです。

一般的にゲジゲジと言って思いつくのは、3cm程度の「ゲジ」なのではないでしょうか。外見に共通点はありますが、ムカデやヤスデとは生態が大きく異なります。どちらも足がたくさんあって気持ち悪い生き物、というくくりで「不快害虫」等と呼ばれていますが、ゲジゲジは人間を能動的に攻撃することはほとんどありません。

ゲジゲジと、ムカデやヤスデとの違い・見分け方を教えてください。
ゲジゲジ、ムカデ、ヤスデの中で、一番脚が長いのがゲジゲジ(ゲジ)です。脚が曲がって「く」の字に見えるのもゲジだけです。歩くのが速く、体や脚の色が薄い茶色、黄土色です。

ゲジゲジの生態

ゲジゲジは、濡れた落ち葉や石の下等の暗く湿った場所に好んで潜伏します。寿命は5~6年、越冬して卵を生み繁殖します。家の中に巣を作ることはあまりないようですが、越冬と餌を求めて室内に侵入してきます。では、ゲジゲジは室内の何を餌にしているのでしょうか。

ゲジゲジはムカデ等と同じ「害虫」というくくりではありますが、人間にかみついたり食物をかじったりしません。家の中に潜伏しているゴキブリや昆虫類を主に捕獲しているのです。ゴキブリにとってゲジゲジは天敵と言えるでしょう。

つまり、ゲジゲジの生態自体は「益虫」と言っても差し支えないものなのです。ですが、見た目のインパクトは相当なものですし、家の中に大量に発生するのは困りものです。あまりに数が多い場合は、駆除や防虫を考えるべきでしょう。

ゲジゲジがもっとも発生・活動しやすい時期はいつですか?
活動的な時期は6〜9月です。

ゲジゲジの侵入経路

きれいに掃除をしたつもりでも、どこからともなくゲジゲジが侵入していてぎょっとした……という経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。ここでは、ゲジゲジがどのように室内に侵入しているのかを考えてみました。

侵入経路をそのままにしていると他の虫も侵入してきます。昆虫を主食にするゲシゲジにとって、室内がより過ごしやすい場所になってしまいます。室内を徹底的にチェックして、侵入経路を塞ぐことから対策を始めましょう。

すき間があればどこからでも入れる

ゲジゲジの身体の厚みは1cmにも満たないものです。つまり、それだけのちょっとしたすき間があれば、ゲジゲジは室内に侵入することができると思って良いでしょう。特にゲジゲジは地面を這う生き物ですから、床に近づけば近づくほど侵入の可能性が高まります。
ドアの下や排水口、窓等を重点的にチェックしましょう。他には、破れた網戸や建具の充填剤の切れた部分、エアコンのパイプ穴にも要注意です。

また、玄関先の植木鉢の下はゲジゲジが潜伏するのにぴったりの場所です。長年置いている植木鉢やプランターには気を付けましょう。

二階だって安心できない?

ゲジゲジは地面を這う生き物だから2階以上なら安心……と思っていませんか?実は、ゲジゲジは壁を伝って上階まで上がることもできるのです。また、パイプや雨どい伝いにさらに上階まで上がっていくことも珍しくありません。
特に寒い時期は、ゲジゲジも越冬場所を探しているので注意が必要です。網戸や小窓にすき間がないか、よくチェックしておくことをおすすめします。

また、雨どいに落ち葉や土が詰まっていると、その機能が低下するだけでなくゲジゲジの住みかになる可能性もあります。定期的に掃除をして詰まりを解消しておくようにしましょう。

チェックしておきたい侵入ポイント

ゲジゲジが侵入しやすいポイントを具体的にまとめてみたので、家をチェックしてみましょう。どんな造りの家でもゲジゲジが侵入してくる可能性はありますが、庭がある木造家屋はより侵入の危険が高いと考えられます。

ゲジゲジが侵入しやすいポイント

・玄関の下
・破れた網戸
・空気取りの小窓
・トラップやカバーのついていない排水口
・塞がれてないエアコン用のパイプ穴
・換気扇
・建具のすき間

先にもご紹介したように、ゲジゲジは小さなすき間からも侵入できます。すき間風が入るような場所であれば、容易に侵入できると考えて良いでしょう。

ゲジゲジが家に出る一番の原因はなんですか?また、家の中で繁殖する可能性はありますか?
家の近くに落ち葉の堆積場所や土などの繁殖場所があって、家の窓やドアを開けていたり隙間があることです。繁殖には土のある場所が必要で、家の中での繁殖は可能性が低いです。

ゲジゲジに効果的な駆除方法3つ

【PR】今すぐ害虫駆除をしたいなら!日本全国に対応

緊急を要する害虫駆除にはムシ・プロテックがオススメです。最短即日対応、迅速な駆除が可能です。素早い解決に向けて対応してくれます。害虫駆除は虫のプロにお任せ!

害虫トラブル最短即日解決

\最短期間で駆除/

年間3000件の実績

 

  • ◇現地見積、出張費用無料
  • ◇全国各地に完全対応
  • ◇速い、安い、信頼。

関連するキーワード


害虫駆除

関連する投稿


イラガの発生時期・駆除対策6つと刺されたときの対処方法6つ

イラガの発生時期・駆除対策6つと刺されたときの対処方法6つ

夏の美しい緑や秋口の落ち着いた緑は見ているだけで気持ちの良いものですが、実はその裏には厄介な「イラガ」が潜んでいるかもしれません。この記事では、イラガの生態や退治の方法、刺された時の対処法を紹介しています。冬が来るまでは油断せず、イラガ対策を怠らないようにしましょう。


ダニ退治に使える?バルサンの効果的な使い方と注意点5つ

ダニ退治に使える?バルサンの効果的な使い方と注意点5つ

梅雨から夏をピークにわたしたちを悩ます「ダニ」。しかし梅雨前だけでなくダニは定期的に駆除して生きたダニの数を減らすことが最重要です。害虫駆除に効果的な「バルサン」ならお部屋まるごと駆除!バルサンはなんだか面倒くさそう…と思っているあなたも、今年こそはバルサンでダニときっぱり決別しダニゼロの快適ライフを目指しましょう!


日本と世界のムカデの種類33つ!毒や危険度は?

日本と世界のムカデの種類33つ!毒や危険度は?

ムカデ嫌いな方もいれば、ムカデを飼育するくらい大好きな方もいるでしょう。 ムカデは尋常ではない数の種類がいて、毒があることで有名です。そこで今回は、「日本と世界にいる33種類のムカデ」をご紹介します!


カツオブシムシの駆除方法4つ!殺虫剤以外の効果的な方法で大量発生を防ぐ!

カツオブシムシの駆除方法4つ!殺虫剤以外の効果的な方法で大量発生を防ぐ!

大量発生してしまうと非常にやっかりなカツオブシムシ。どんな殺虫剤を選べばいいのかや、薬を使いたくないという方向けに殺虫剤を使わない駆除方法も紹介しています。すでに服に虫が食べたような穴が空いていたら、カツオブシムシが部屋に大量発生している可能性もあります。本記事を読んで駆除・予防して被害拡大を防ぎましょう。


虫食い栗の見分け方・出し方・処理方法・予防対策!食べられる?

虫食い栗の見分け方・出し方・処理方法・予防対策!食べられる?

栗を拾ったり購入したりした際に、虫食いの栗が混ざっていることがあるため注意が必要です。虫食い栗を見分ける方法と処理方法、予防方法を紹介します。虫食い栗と食べられる栗を選別し、正しい方法で保存しましょう。


 

ビジネスパートナー募集