暮らしのお悩み解決サイト

ボウフラを退治する8つの方法。殺虫剤を使わないで駆除できる? 【プロ監修】

ボウフラを退治する8つの方法。殺虫剤を使わないで駆除できる? 【プロ監修】


ボウフラが発生した水の中に油を入れることで、ボウフラを簡単に退治することが可能です。なぜ油を水に垂らすだけでボウフラを退治できるのかと言うと、実は前に紹介した「食器用洗剤」を使った方法と同じメカニズム 。油を垂らすことで水面に油の膜が張られ、ボウフラが呼吸をすることができなくなるために死滅するというわけです。

油を使ったボウフラ退治方法は、ボウフラ対策したい場所が大きかったり広かったりする場合でも比較的簡単に、高い効果を期待できます。水面に広がって油膜ができる程度の油の量を垂らしましょう。

ただし、油膜が次第に少なくなってくるとまた蚊が産卵するようになりますし、縁に油が溜まるようになってくると見た目もよくありません。さらに、油は放置してしまうと落としづらくなってしまいますので、縁に油が溜まるようになったら早めにお掃除をする必要があるでしょう。

⑧ メダカを飼う

メダカを飼育することも、ボウフラ退治方法としてあげられます。メダカはボウフラを捕食しますので、ボウフラを退治することができるというわけです。「ヒメダカ」や「クロメダカ」が、ボウフラ退治に活躍してくれるでしょう。

ボウフラの発生する時期

次に、ボウフラの発生する時期についてみていきましょう。ボウフラの発生時期を理解しておくことで、ボウフラを発生させないための予防や、ボウフラが発生してしまったあとの対策をスムーズにし、蚊の大量発生を防ぐことにつながります。

① ボウフラが発生する条件

ボウフラが発生するためには、「水」「25度程度の温度」「雌と雄の蚊」の3つの条件が揃う必要があります。ボウフラはちょっとした容器の水たまりや植木鉢の水受け皿など、わたしたちが普段意識をしないような水たまりでも繁殖してしまいます。25度程度の温度を保つことができるような暖かい季節で、水が少しでも溜まっている状態であれば、ボウフラが簡単に繁殖してしまうということですね。

② 発生時期は4月〜9月

ボウフラの発生時期は、4月〜9月頃の暖かい季節です。この時期は雨が降ることも多いため、あらゆる場所に水が溜まりやすく、さらに蚊にとって最も活動しやすい気温であるため、蚊はあらゆる場所に卵を産んで繁殖していきます。

③ 最近では発生時期が早まっている!

従来ボウフラの発生時期は、上記に記載した通り「4月~9月」ですが、最近では温暖化の影響で蚊の発生時期が早まっていると言われています。
このままでは将来的に、蚊の活動時期が長くなることで、さまざまなウイルスを媒介するリスクが増えてしまうことが懸念されています。 地球温暖化が及ぼす影響の大きさがうかがえますね。

室内に置いている水槽でもボウフラが発生することはありますか?
「ない」と考えて良いです。

ボウフラの発生を防止する方法

ボウフラの発生を防ぐために、本当は水が溜まった場所を作らないようにしたいところですが、排水溝、雨水マスなど、わたしたちが生活していく中でさまざまな水の溜まり場所が発生してしまうもの。水が溜まった場所を生活から完全に除去することは難しいでしょう。

それでは、そのような水が溜まった場所にボウフラが発生してしまわないよう、わたしたちができる予防策にはどのようなことがあるのでしょうか。ボウフラの発生を防止する方法についてみていきましょう。

① 水中に10円玉を入れる

水中に10円玉を入れておくと、銅イオンが水中に溶け込み、ボウフラが成虫(蚊)になる前に死んでしまいますので、結果的にボウフラの発生を防ぐことにつながります。

ボウフラ対策に必要な10円玉の量は、1リットルの水に対し10円玉20枚です。ボウフラの対策をしたい箇所の水が少なめである場合は、10円玉をポチャンと入れるだけとお手軽な方法です。反対にボウフラの対策をしたい箇所の水が多い場合は、たくさんの10円玉が必要になりますので、現実的ではないかもしれません。そもそもなるべく水たまりをつくらないことを心がけた方が、ボウフラ対策に効果的と言えそうです。

庭の池のボウフラ対策に効果的な方法を教えてください。
池には発生しませんので対策不要です。

② 水たまりをつくらない工夫をする

ボウフラは、全て水の中にいるので、水たまりをなくせば蚊は発生しません。まずは、蚊の発生源である水たまりをなくす対策が基本になります。側溝や雨どいは水が溜まらないよう詰まりを清掃しましょう。排水溝もゴミなどでつまっていると、うまく水が流れてくれません。そのため、日頃から掃除をしておくようにしましょう。

梅雨など雨が続く時期に、水たまりを処理できない場合に、どのように予防すれば良いですか?
水たまりができそうなものを屋根下に置く、蓋をして蚊の出入りを阻止する、屋内に入れる、などです。

まとめ

【PR】今すぐ害虫駆除をしたいなら!日本全国に対応

緊急を要する害虫駆除にはムシ・プロテックがオススメです。最短即日対応、迅速な駆除が可能です。素早い解決に向けて対応してくれます。害虫駆除は虫のプロにお任せ!

害虫トラブル最短即日解決

\最短期間で駆除/

年間3000件の実績

 

  • ◇現地見積、出張費用無料
  • ◇全国各地に完全対応
  • ◇速い、安い、信頼。

関連するキーワード


害虫駆除 ムカデ駆除

関連する投稿


最強のゴキブリ対策グッズ12選!ゴキブリのいない家を作ろう!

最強のゴキブリ対策グッズ12選!ゴキブリのいない家を作ろう!

ゴキブリ対策グッズは本当に効果のあるアイテムを選びたいもの。本記事ではみんなが選んでいるゴキブリ対策グッズ12点を徹底紹介!毒エサタイプとスプレータイプ、2つのカテゴリに分けて紹介しています。あなたの用途に合った人気対策グッズを選んでください。本当に効果のあるゴキブリ対策グッズで、ゴキブリを見なくていい家にしましょう。


ゴキブリの寿命を種類別に解説!冬は?水なし餌なしでも生きられる?

ゴキブリの寿命を種類別に解説!冬は?水なし餌なしでも生きられる?

あなたはゴキブリの寿命を知っていますか? 実はゴキブリの種類によって寿命が全然違います。ゴキブリの駆除方法は知っていても、意外と知られていないのがゴキブリの寿命です。寿命が短い残念なゴキブリもいます。


効果あり!ゴキブリ団子の作り方6ステップとおすすめの置き場所9選!

効果あり!ゴキブリ団子の作り方6ステップとおすすめの置き場所9選!

ゴキブリ団子で家の中のゴキブリを一掃したいと思っている方は必見!本記事ではゴキブリ団子に必要な材料から作り方まで、6ステップで詳しく解説しています。作ったゴキブリ団子の効果を最大限に発揮する、効果的な置き場所についてもご紹介。本記事を読めば怯えながら自分でゴキブリを退治しなくても、家の中のゴキブリを駆除することができますよ。


冬にゴキブリはどこにいる?家の中に出る?冬の間に死滅させる駆除方法3つ!

冬にゴキブリはどこにいる?家の中に出る?冬の間に死滅させる駆除方法3つ!

温かい春や夏に比べて冬はゴキブリを目撃しにくいですが、どこにいるのでしょう?本記事では冬のゴキブリの隠れ場所や冬の間にゴキブリを死滅させる駆除方法を徹底解説!ゴキブリの活動量が落ちる冬にしっかり駆除しておけば来年の春・夏はゴキブリを目撃せずにすむかもしれません!ぜひ本記事を読んで冬のゴキブリ対策を完成させてください。


マンションのゴキブリ対策7つ!侵入経路はどこから?ゴキブリが出ないのは何階以上?

マンションのゴキブリ対策7つ!侵入経路はどこから?ゴキブリが出ないのは何階以上?

ゴキブリが出にくいと言われているマンションですが、実際にゴキブリが出ないのは何階以上なのでしょう?本記事ではマンションへのゴキブリの侵入経路から、ゴキブリが出にくいと言われているマンションでも行うべきゴキブリ対策7つを徹底的に紹介!本記事を読んでゴキブリの出にくいマンションでの住環境を整えれば「家の中でゴキブリを見たことがない」と言える日も遠くないでしょう!


 

ビジネスパートナー募集