暮らしのお悩み解決サイト

エアコンにゴキブリを侵入させない対策5つ。ドレンホースは要注意!

エアコンにゴキブリを侵入させない対策5つ。ドレンホースは要注意!

夏の暑い時期に欠かせないエアコン。でも、その中にゴキブリが侵入することがあるということをご存知でしょうか?快適なはずのエアコンからゴキブリが出てくるなんてぞっとしますよね。この記事では、ゴキブリの侵入する原因と、その対策についてまとめています。暑くなる前に、しっかり対策を取りましょう!


気温が上昇してくると、そろそろエアコンを動かしたくなってきますよね。
でも、実はエアコンってゴキブリが侵入しやすい場所だということをご存知でしょうか?この記事では、ゴキブリが侵入してくる経路、そしてその対策についてご紹介しています。
暑くなる前に、ご自宅のエアコンを確認してみませんか?

エアコンにゴキブリが出入りする原因3つ  

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

エアコンからゴキブリが飛び出してきた……なんて考えただけでも怖い事態ですが、意外と経験した人が多いケースのようです。でも、なぜエアコンにゴキブリが侵入してしまうのでしょうか。
ここでは、ゴキブリがエアコンに侵入してくる原因を3つにまとめてみました。
 

① ドレンホースからゴキブリが侵入  

ドレンホースとはエアコンから出てくる水を排水するものです。どんなエアコンにも必ず設置されているものですが、ホースがどこに設置されているのかご存知ない方も意外と多いようです。
外へと貫通したドレンホースは、エアコンから排出される水を流し続けています。場所によっては水分が滞留してジメジメした環境になっていることも。
また、ホースは細いとはいえ外と直通しているので、ゴキブリ程度の大きさであれば簡単に通り抜けることができます。ホースを伝ってエアコン内部に侵入し、そこで定住するものもいれば、室内に巣(コロニー)を作って繁殖するものもいるでしょう。そうなると、退治するのは非常に困難です。

また、ジメジメした環境はゴキブリだけでなく他の害虫にとっても好ましいものです。ゴキブリだけでなく、ナメクジ等も集まってしまう恐れがあります。そして、その害虫を餌にするゲジゲジ等、他の害虫も寄ってくるというイヤな連鎖に陥ってしまうことがあるのです。

② 冬の間にエアコン内部がゴキブリの巣になっている

暖かい環境を好むゴキブリは、気温が低下してくると冬を越せる場所を見つけて、そこで活動を停止します。
温風の出てくるエアコン周りは、ゴキブリにとって理想の場所と言えるでしょう。エアコンの内部は、意外とスペースがあり潜伏するのにも不自由しません。ホコリや水分といったゴキブリの大好物と薄暗い環境が確保された場所で、ゴキブリは巣(コロニー)を作って繁殖します。それが自宅のエアコンの中だなんて、考えただけでもぞっとしますね。
これは、ドレンホース等を伝って侵入してきたゴキブリにも、家の中に潜伏しているゴキブリにもあてはまります。
こういった事態は、春や秋といったエアコンのオフシーズンにも起きる可能性があります。使っていない間はドレンホースを巻いておいたり、エアコン本体にカバーをかけておく等の対策を取ることが効果的です。

③ エアコン内部にゴキブリが卵を産んでいた

外から侵入してきたゴキブリが、家の中で繁殖するというのもよくあるケースです。
エアコン経由で侵入してきたゴキブリがすぐに見つかって退治されたとしても、その前に卵を産みつけていたら大変です。エアコン内で孵化して居着いてしまうことになります。一度でも繁殖されてしまうと、全てを退治するのは非常に困難です。
また、めったにないことですが中古品を購入した場合、メンテナンスが不十分だったために、ゴキブリの卵がくっついた状態で設置される可能性もあります。こういった場合は、もはや不可抗力と言っても良いでしょう。
他の場所でゴキブリが出たことはないのに、エアコン周辺でだけ姿を見る。もしくは中古エアコンを買ってから、急にゴキブリが出だしたという場合は、このケースを疑ってみたほうが良いでしょう。

エアコンにゴキブリを侵入させない対策5つ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

エアコンにゴキブリが侵入してくる経路についてご紹介しましたが、それを防止する方法はないのでしょうか?
ここでは、毎日のひと手間でゴキブリの侵入を防げる対策方法についてご紹介しています。侵入阻止のカギになるのは、エアコン室外機とドレンホース周りの環境整備です。お住まいの状況に合った対策方法を試してみて下さいね。

① ドレンキャップ  

ドレンホースがゴキブリの侵入口になることはご紹介しましたが、ホースの先端にキャップを被せることでゴキブリの侵入を防ぐことができます。
このキャップはホームセンターや家電量販店、ネット通販等で安価に販売されており、自分で簡単につけることができます。見た目がスッキリしているので、人目に触れる場所にドレンホースが伸びている場合にもおすすめの方法です。
キャップによって網目の大きさが異なるので、用途に応じてサイズを選ぶのがポイントです。あまり網の細かすぎるものは、他のゴミが詰まりやすくなるので注意しましょう。

② ドレンホースの先にストッキングをかぶせる

専用のキャップ以外でもゴキブリの侵入を防ぐ方法があります。排水ネットや使い古したストッキングをドレンキャップの先端に装着することで外部からの侵入をガードします。テープや結束バンドで留めるだけなので、すぐに対策できるのが嬉しいですね。
使い捨てにできるので手入れが簡単ですし、すぐに手に入るもので対策が取れるのもメリットと言えるでしょう。

しかし、どの場合も内部にヘドロやホコリ、ぬるぬるしたバイオフィルムが溜まっていないかを定期的にチェックすることは非常に重要です。
ドレンホースの詰まりはエアコンの故障に直結するので、気を付けるようにしたいですね。

③ ドレンホースを地面から浮かせる  

ドレンホースからゴキブリが侵入するのなら、侵入できないように位置を変えてしまうのも効果の高い方法です。
地面についた状態のドレンホース周辺は、水分が染み出してコケやカビが生えやすいゴキブリの好みの環境です。これを数センチ短くして地面から浮かせてやることで、地面を這う虫は入ってこられなくなります。
もちろん、ゴキブリは飛ぶことが出来るので完全にシャットアウトできるわけではありません。しかし、先に挙げた方法と組み合わせて対策を取ることで、より効果がアップすることが期待できます。

また、この対策を取る前に詰まりや破れがないか、ドレンホースの中をチェックしておくことも重要です。場合によっては、ドレンホースを交換してからの方が良い場合もあります。
ある程度DIYに慣れている方ならば、自分で交換することも可能です。業者に依頼することもできるので、自分に合った方法を選びましょう。

④ 室外機の周辺の雑草を刈る

室外機の周辺環境を良くするのも大切なポイントです。周りに雑草が伸びっぱなしになっていたり、不用品がそのままになっていませんか?
室外機の周辺は適度な温度が保たれているので、暖かい環境を好むゴキブリが寄ってきやすくなります。また、伸びっぱなしになった雑草は日光をさえぎるので、これもゴキブリにとって嬉しい環境になってしまいます。

夏はもちろん、春先の暖かくなる時期も定期的にチェックして、周りの雑草を短く刈っておくようにしましょう。
また、雑草を刈ったあとは粉状の殺虫剤等を撒いて、家にゴキブリが寄ってきにくくする対策を取るのも効果的です。

⑤ エアコンはこまめに掃除する

お掃除不要のエアコンが広く普及してきましたが、お手入れを全くしなくても良いというわけではありません。
フィルターや、本体の周辺のホコリは定期的に掃除していますか?エアコンにホコリが溜まった状態だと、運転効率が悪くなるだけでなくホコリが大好物のゴキブリも呼び寄せてしまいます。季節の変わり目はもちろん、日々の掃除のサイクルにエアコンのお手入れも組み込むようにしたいですね。
また、エアコン外部のドレンホースや室外機まわりも定期的にチェックすることを忘れないようにしてくださいね。パイプを壁に通す穴を埋めるパテは、経年劣化でやせてきます。パテが減って穴が開いたりしていないかを確認して、必要なメンテナンスをしましょう。

エアコンにゴキブリが入り込んだ時の対策3つ  

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ゴキブリがエアコン周りに逃げ込んで行くのを見た。家中をチェックしたが、怪しいポイントがエアコンしか思いつかない……というふうに、明らかにエアコンにゴキブリが入り込んでいると確証が持てるケースは意外と少ないものです。
しかし、本当にエアコンが原因だとしたら、早めに対策を取らないと退治がより困難になります。
ここでは、エアコンに入り込んだゴキブリを退治する方法と注意点を3つにまとめました。
自分たちでできる方法からプロの手を借りるものまで、状況に合わせてチョイスしたいですね。
 

① 殺虫剤をエアコン内部にスプレーしない

エアコンの中にゴキブリの気配がする。または、ゴキブリがエアコンの中に逃げ込んでしまった。そんな時は、中に殺虫剤をスプレーして一網打尽に!なんて考えてしまいますが、これは絶対にNGです。
エアコンは精密機器がたくさん使われており、故障の原因になります。それに、殺虫剤を撒いた状態でエアコンを作動したら、殺虫成分を含んだ風を浴びることになってしまいますよね。これは人間にもペットにも非常に有害です。
殺虫剤に一気に退治したくなりますが、ぐっと抑えて他の対策を考えましょう。

② エアコンの近くに置くタイプの殺虫剤を仕掛ける  

エアコンの中のゴキブリを退治するには、まず外におびき出さなくてはいけません。
まず、エアコンの近くに置くタイプの殺虫剤やゴキブリ団子を設置してみましょう。嗅覚の鋭いゴキブリがエアコンから出てきて毒餌を食べれば、あとは待つだけで退治できます。 
殺虫剤は、ゴキブリが好みそうな狭くて薄暗いところに設置しましょう。エアコンの上や隣接した家具のすき間、天井裏等がおすすめポイントです。
置き型タイプの殺虫剤は、カバーをつける等して子どもやペットが誤食しないようにくれぐれも気を付けてくださいね。

③ 業者にエアコンをクリーニングしてもらう

エアコンは、中のフィンまで綺麗にするのは専門的な技術が必要です。無理やり外したり分解したりすると、エアコン自体が破損してしまいます。何年も掃除をしていなかったり、確実に中にゴキブリの巣があることがわかっている場合は、専門業者にクリーニングを依頼したほうが良いでしょう。

自分たちで掃除をすると外から洗浄液をスプレーして洗うことしかできませんが、専門業者は分解して中のパーツまで洗ってくれるので隅々まで綺麗になります。数年に一回は、専門業者にクリーニングしてもらうことで、清潔な状態を維持できます。
また、その際にホースや配線を見直し、徹底的にオーバーホールするのも効果的です。

こんな時はエアコンにゴキブリが入っているかも?  

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

エアコンにゴキブリが入り込んでいるという確証を得るのは意外と難しい、というのは先にご紹介しましたが、見分けるポイントがいくつかあります。疑わしい時は、以下のポイントを参考にエアコン周りを観察してみましょう。
 

① エアコンからカサカサ音がする  

夜、寝静まった部屋からカサカサと音がする……しかもエアコンの中から。
まるで怪談のようですが、ゴキブリが中に入ってるエアコンはかすかに動いている音がするそうです。中には、エアコンからゴキブリの鳴き声がした!なんて体験談も。ゴキブリは、発砲スチロールをこすり合わせたような甲高い音で鳴くことが知られています。
テレビ等を消して、そっとエアコンに耳を傾けてみましょう。稼働音以外の音が聞こえる場合は、中にゴキブリが潜伏しているかもしれません。

② エアコンの下に黒いゴキブリのふんがある

エアコンの周辺に、1mm~2mm程度の黒い粒がバラバラと落ちていませんか?これは、ゴキブリのふんかもしれません。それがエアコンの下に集中しているとしたら、そのうえにゴキブリの巣があると予想できますね。
掃除機であっという間に吸ってしまえる程度の大きさなので、よく観察してみましょう。
ゴキブリのふんは、「集合フェロモン」という物質を含んでいます。このフェロモンで仲間を呼び寄せることもあるので、発見次第きちんと掃除してゴキブリ対策を取りましょう。

まとめ

エアコンはその構造上、内部が見えづらいのでこまめなチェックとメンテナンスが欠かせません。毎日、安全で快適な環境を手に入れるために、ひと手間かけてエアコン周りを整備しましょう。一度対策を取れば、あとは簡単なチェックだけで済むものもあります。
夏の暑い時期が来る前に、きちんと確認しておくようにしたいですね!

【PR】今すぐ低価格で害虫駆除をしたいなら

蜂や蟻のトラブルには、全国各地に完全対応の
こちらのサービス『ムシプロテック』 がオススメです。ムシプロテックは24時間365日無料見積りが可能、業界最安値を目指す低価格で技術力の高い駆除が依頼でできます。

関連するキーワード


害虫駆除

関連する投稿


どこから出てきた?小さいゴキブリの種類と駆除対策方法6つ

どこから出てきた?小さいゴキブリの種類と駆除対策方法6つ

自宅で小さいゴキブリを遭遇した時はパニックになる方もいるでしょう。小さいとは言え、できればゴキブリとは遭遇したくないものです。では早速、「小さいゴキブリの種類や生態」「駆除対策6つ」等をご紹介します!


ノミを駆除する5ステップ

ノミを駆除する5ステップ

ノミの駆除方法について解説しています。ノミの生態や、刺されやすい場所、ノミを発見した時の注意事項や、ペットについたノミの駆除方法などを説明しています。また、駆除に役立つ殺虫剤や殺虫器具の紹介もしています。


シロアリの調査内容・方法8STEPと費用相場

シロアリの調査内容・方法8STEPと費用相場

「我が家ではシロアリを見かけたことがないから、シロアリ被害の心配はないわ」と思っている方にこそぜひ行ってほしいのが、「シロアリの調査」です。シロアリはわたしたちが気が付かないうちに被害を拡大させています。シロアリの調査をすることで、シロアリ被害を最小限に抑えることができます。シロアリの調査内容やその方法、業者に依頼した場合の費用相場などについてまとめていきます。


自分でやるのは危険?!スズメバチの巣の駆除方法と必要な準備3つ

自分でやるのは危険?!スズメバチの巣の駆除方法と必要な準備3つ

スズメバチの巣を駆除する時に必要な道具や、駆除するのにベストな時間帯、具体的な駆除方法などについて解説しています。また、蜂の巣の駆除を専門業者に委託した場合の費用の相場についても細かく説明しています。


ダンゴムシの効果的な駆除方法9つとおすすめ殺虫剤TOP10

ダンゴムシの効果的な駆除方法9つとおすすめ殺虫剤TOP10

ダンゴムシは黒くて丸まって可愛いですが、枯れ葉だけでなく新芽や花を食べる害虫でもあります。ダンゴムシが好きなものや苦手なものを利用した駆除方法や、ダンゴムシを駆除する殺虫際にはどのようなものがあるかご紹介します。


最新の投稿


水着の洗濯方法6ステップと注意点4つ!洗う頻度は毎回?

水着の洗濯方法6ステップと注意点4つ!洗う頻度は毎回?

夏のレジャーに欠かせない水着ですが、正しい洗濯方法って意外と知らないものですよね。 お気に入りの水着を長持ちさせるために、知っておきたいポイントを6つにまとめました。どれも簡単なポイントばかりなので、さっそく今日から始めましょう!


小型家電回収ボックスはどこにある?回収品目は?

小型家電回収ボックスはどこにある?回収品目は?

わたしたちにとって大変身近で必要不可欠な小型家電。普段から使用頻度の高い小型家電ですので、その分故障や買い替えを理由に処分をする頻度が高いはずです。小型家電の処分をするときの4つの回収方法やその注意点についてみていきましょう。


布団への掃除機のかけ方5つとおすすめ布団クリーナー5選

布団への掃除機のかけ方5つとおすすめ布団クリーナー5選

布団をキレイにするなら掃除機や布団クリーナーを使いましょう。特にダニの死骸には掃除機が効果的です。布団クリーナーは布団の掃除に着目しているためダニの死骸だけでなく、生きているダニにも効果を発揮します。


粗大ごみ回収!不用品回収業者と自治体、値段はどちらが安い?

粗大ごみ回収!不用品回収業者と自治体、値段はどちらが安い?

粗大ごみの回収を自治体に頼む場合、面倒だなと感じるのが手続きです。ここでは、自治体に粗大ごみの回収をしてもらう場合の手続きの方法、費用だけでなく、回収してもらえないものの処分方法、民間の回収業者さんに依頼した場合のメリットデメリットについても分かりやすくご紹介しています。


今月は引っ越しの繁忙期?閑散期?安くする7つのコツ

今月は引っ越しの繁忙期?閑散期?安くする7つのコツ

一年のうちで、何月に引っ越すと安くなるのかを、単身引越しとファミリー引っ越しに分けて調査しました。また、引越しを1円でも安くコストダウンするコツや、引越しの時にあると便利なグッズについても解説しています。


ビジネスパートナー募集