暮らしのお悩み解決サイト

一人暮らしの洗濯機サイズは?コインランドリーのほうがお得?

一人暮らしの洗濯機サイズは?コインランドリーのほうがお得?

憧れの一人暮らしをスタートするとき、さまざまな家電を揃える必要があります。中でもサイズ選びに迷うのが、「洗濯機」ではないでしょうか。洗濯機のサイズは、単純に「一人暮らしだから小さくてOK」というわけではありません。一人暮らしにおける洗濯機のサイズ選びのヒントや、一人暮らしの洗濯を効率よく行う方法など、一人暮らしの洗濯に役立つ情報をまとめていきます。


自由気ままでありながら自立したイメージのある、憧れの一人暮らし。一人暮らしを始めるなら、まず生活をするのに必要な家電を揃えなくてはいけませんよね。一人暮らしをするにあたって揃えたい家電は冷蔵庫、エアコン、テレビなどさまざまですが、中でもサイズ選びに迷うのが「洗濯機」ではないでしょうか。

この記事では、一人暮らしにおける洗濯機のサイズ選びのヒントや、一人暮らしでの洗濯を効率よく行う方法、コインランドリーやクリーニング、洗濯代行サービスの価格相場など、一人暮らしの洗濯における役立つ情報をまとめていきます。一人暮らしの洗濯デビューを控えている方は必見ですよ。

一人暮らしで洗濯するやり方のコツ7つ

Getty logo

はじめての一人暮らしの洗濯では、どの時間帯に洗濯をすればいいのか、衣類が色落ちしてしまわないかなど、不安に感じることもたくさんあると思います。ここでは、一人暮らしの洗濯をスムーズに行うためのコツ7つを紹介していきます。一人暮らしの洗濯のコツをおさえて、上手に洗濯してみましょう。

1.洗濯する時間帯

一人暮らしの方が住んでいる家は、アパートやマンションなどの集合住宅であることが多いでしょう。その場合、近隣の住人の方に騒音などの配慮をする必要がありますよね。洗濯機を回す音は、日中はあまり気になるような音ではありませんが、シーンと静まり返った夜中では意外と響いてしまうことがあります。また、洗濯物を干す時間帯としては、天日干しができる日中がおすすめです。

これらのことを考慮すると、洗濯するおすすめの時間帯は、やはり朝です。理想をあげれば、朝の8時〜9時の間が最もよいでしょう。ただし、お仕事などの関係で8時〜9時までの間に干せないという場合は少し前後してもOKです。

事情があってどうしても朝に洗濯することができない場合は、夜21時頃までには洗濯機を回すようにし、それも難しいといった場合は週末などにまとめて洗濯を行うように心がけましょう。

2.一人暮らしの洗濯物の干し方

一人暮らしでは、防犯上の理由や急な悪天候、花粉やホコリなどが心配で、普段から室内干しをしているという方も多いのではないでしょうか。一方で、室内干しの生乾きやにおいに悩んでいる方も多いことでしょう。

室内干しを成功させるコツとしてまずおさえておきたいのが、洗濯物同士の間隔です。洗濯物は、お互いを密着させてしまうことで乾きにくくなり、結果として生乾きの原因となってしまいます。洗濯物同士はなるべく離して干し、風を通してあげましょう。

室内で洗濯物を干すとき、エアコンの前や扇風機の前に干してあげることで風通しが良くなり、結果として洗濯物が早く乾き、生乾きを防ぐことができます。エアコンや扇風機を利用する方法は、特に厚手の衣類やタオルなどの乾きにくいものを干すとき、洗濯物を急いで乾かしたいときなどに大変効果的です。洗濯物を干すときはエアコンや扇風機の前に簡単に移動できるよう、キャスター付きのラックを利用すると良いですね。

3.初めて洗濯する服は色落ちに注意

新しく買った衣類は、色落ちをすることがありますので白色の衣類と一緒に洗わないようにしましょう。特に色が濃い衣類には注意が必要。色落ちが心配な衣類は白色の衣類と分けて洗うか、もしくはネットに入れて洗うようにすると安心ですよ。

4.洗濯機の中に服を入れっぱなしにしない

一人暮らしの洗濯でついやってしまいがちなのが、日々溜まっていく洗濯物を洗濯機の中に次々と放り込んでしまうこと。しかし、これは実はとてもNGな行為なのです。

洗う前の洗濯物を洗濯機に放置することの何がいけないのかと言うと、洗濯機に衣類を溜め込んでしまうことで、洗濯機の中が雑菌の温床になってしまうことです。洗う前の洗濯物には水分や汗、皮脂などが含まれており、それらを栄養源として菌が大繁殖してしまうわけです。しかも、洗濯機は皆さまもご存知のとおり、風通しの最悪な密閉空間。これでは雑菌が繁殖してしまうのも無理はありません。

洗う前の洗濯物はなるべく風通しの良い場所で保管し、洗う直前に洗濯機に入れるように心がけましょう。

5.ホックやファスナーは閉めて洗濯する

皆さんは洗濯物にホックやファスナーが付いているとき、どのように洗っていますか?特に気にしたことがないという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

ホックやファスナーのついている衣類を洗濯するときは、それらをしっかりと閉めてから洗濯をするのが正解です。なぜ閉める必要があるのかと言うと、洗濯している間にホックやファスナーがほかの洗濯物に引っかかってしまい、生地を傷めてしまう可能性があるためです。

ちなみに、ボタンはすべて開けたまま洗ってOKです。ボタンを閉めて洗ってしまうと、ボタンホールが洗濯機による強い攪拌力で引っ張られて伸びてしまったり、穴が大きくなってしまう恐れがあるためです。

6.洗濯機の中に洗濯物を入れすぎない

一人暮らしをしているとついつい洗濯物を溜め込みすぎてしまうこともあるでしょう。しかし、いくら洗濯物が溜まってしまったからといって、洗濯機の適切な量を超えた洗濯物を洗濯機に詰め込んでしまうことは絶対にやめましょう。

洗濯機の適切な量を超えた洗濯物を詰め込んでしまうことで、洗濯機がうまく回らなくなり、汚れをしっかり落とすことができなくなってしまいます。汚れがしっかりと落ちないことで、見た目が悪いだけでなく、嫌なにおいの原因にもなってしまいます。最悪の場合、洗濯機の故障を引き起こす原因となってしまうこともあるでしょう。

では、洗濯機にどのくらいの洗濯物を入れるのが適切なのかと言うと、「洗濯槽の7、8割程度」です。洗濯物の量が適切な量を超した場合は、面倒かもしれませんが、2回に分けて洗濯機を回すようにしてくださいね。

7.水洗いすると縮んだり型崩れする服もある

洗濯機はどんな衣類でも洗うことができる魔法の機械ではありません。生地の素材によっては、水洗いをすることで縮んでしまったり、型崩れをしてしまったりする恐れがありますので、注意が必要です。

洗いたい衣類が洗濯しても問題がないかどうか見分けるためには、「洗濯表示」をチェックすることが大切です。衣類の裏側を探せば、洗濯表示の書かれたタグを見つけることができるでしょう。洗濯表示で特に注目したいのが、水洗いマーク。洗濯桶に水がたまっているマークがあれば、水洗いをすることができます。水洗いができない衣類には、このマークに「バツ」が書かれています。水洗いができない衣類については、クリーニングに出したほうが無難です。

大切な衣類をダメにしてしまわないよう、洗う前に洗濯表示をしっかりチェックする習慣をつけましょう。

一人暮らしの洗濯の頻度は週何回?

Getty logo

洗濯は本来毎日行いたいものですが、一人暮らしの場合、仕事などで多忙なため難しいという場合も多いでしょう。また、毎日洗濯機を回すことによる電気代や水道代も気になるところです。

一人暮らしの方におすすめの洗濯の頻度についてみていきましょう。

1.洗濯の頻度を減らすことによるメリット

まず、洗濯の頻度を減らすことによるメリットをあげていきましょう。

洗濯の頻度を減らす1番のメリットは、なんと言っても「楽」なことです。洗濯機を回す、洗濯物を干す、取り込む、畳むといった面倒な作業を減らすことができますし、その分空いた時間も有効活用できますよね。さらに、電気代や水道代がその分安くなるというメリットもあげられます。一人暮らしの方には魅力的なメリットなのではないでしょうか。

2.洗濯の頻度を増やすことによるメリット

つぎに、洗濯の頻度を増やすことによるメリットをみていきます。

洗濯の頻度を増やすと、まず洗濯物が溜まり過ぎてしまう恐れがありません。洗濯物を放置することで菌が増殖してしまう恐れもありませんし、干すときも洗濯物の量が少ないため風通しも良く、嫌な臭いの原因にもなりにくいでしょう。また、着たい服がいつでも清潔な状態になっているため、いざという時に焦ることもありません。衛生面を考慮すると、洗濯は高頻度で行うのが断然おすすめです。

3.おすすめ頻度はずばり、週に2、3度!

上にあげたそれぞれのメリットを踏まえて、一人暮らしの洗濯頻度は、週に2、3度程度が望ましいでしょう。3日ほど経ったら一度洗濯を行っておくことで、洗濯物が溜まり過ぎることもなく、無理せず丁度良いペースで洗濯を行うことができるでしょう。

一人暮らしの洗濯機サイズは7kg?8Kg?

Getty logo

つぎに、一人暮らしにおすすめな洗濯機のサイズについてみていきましょう。洗濯機のサイズは、単純に「一人暮らしだから一番小さいものでいい」…というわけではないのです。

1.洗濯物の量は1日あたり1kg〜1.5kg/1人

1人が出す洗濯物の量は、1日あたり1kg〜1.5kgと言われています。ということは、洗濯機の最も小さなサイズは一般的には4kg程度となっていますので、4kgサイズの洗濯機を買えば十分ということですね! 

ただし、これは毎日洗濯する場合のお話です…。

2.重要なのは、洗濯の「頻度」!

洗濯機のサイズを決める上で重要視していただきたいのは、洗濯の頻度です。「一人暮らしだから1番小さなサイズの洗濯機でOK!」と、早合点してはいけません。

一人暮らしの方は、洗濯を数日間まとめて行うという方も多いでしょう。すると、1日あたり1kg〜1.5kgの洗濯物は、3日もすれば3kg〜4.5kgに増えてしまいます。そうなってしまっては、4kgサイズの洗濯機では十分とは言い難いくなってきますよね。洗濯物をギュウギュウ押し込んで攪拌したところで、きれいに洗うこともできません。

洗濯物をある程度まとめてから洗濯しようと思っている方は、ぜひ6kg〜7kgサイズの洗濯機を検討してみましょう。大きめサイズであれば、毛布などの大物も洗えちゃいますので後々便利ですよ!

コインランドリーの値段は?

Getty logo

天候を気にせず小さなものから大きなものまで洗濯・乾燥ができる便利なコインランドリー。一人暮らしの方はいざという時に頼りにしている方も多いでしょう。コインランドリーの値段の相場についてまとめていきます。

1.コインランドリーの洗濯料金

コインランドリーの洗濯にかかる料金は、容量によって異なります。容量が8kg前後だと、300円〜400円程度が相場です。容量が12kg前後になると、500円〜600円程度が相場でしょう。25kg〜30kg前後の大容量になると、大体1,200円前後になることが多いようです。

一人暮らしの方であれば、1回につき大体300円〜500円程度で済んでしまうことがほとんどでしょう。

2.乾燥機のみの利用の場合

コインランドリーは乾燥機のみ利用することもできます。乾燥機のみ利用の場合の料金相場についてもまとめておきます。

コインランドリーの乾燥機は10分につき100円程度のことが多く、乾燥は1回につき30分〜50分程度時間がかかります。つまり、乾燥機のみの利用は1回につき300円〜500円程度ということになりますね。毛布などの大物の乾燥にはもっと時間を要しますので、500円〜700円程度かかると考えておきましょう。

クリーニングや洗濯代行サービスの相場は?

Getty logo

最後に、クリーニングや洗濯代行サービスを利用した場合の料金相場についてみていきましょう。状況に合わせて活用することで、毎日の洗濯をもっと楽にしてくれますよ。

1.クリーニングの料金相場

クリーニングの料金は、洗いたいアイテムによって異なります。主要アイテムの相場を以下にまとめていきます。

ワイシャツ 200円〜350円
ジャケット 700円〜1,200円
パンツ 450円〜700円
スカート 450円〜700円
セーター 500円〜800円
コート 1,200円〜1,800円

上に紹介した料金相場は、あくまでも目安です。キャンペーンや割引サービスなどを上手に活用することで、相場よりも安く済ませることももちろん可能です。

2.洗濯代行サービスの料金相場

洗濯物を送るだけで、洗濯・乾燥を仕上げた状態で送り返してくれる「洗濯代行サービス」。家事代行サービスの人気に劣らず、近年人気が高まっているサービスのひとつです。

洗濯代行サービスの料金はエリアによって異なりますが、大体1回につき専用のランドリーバッグ(6kg〜8kg)に詰め放題で3,000円〜4,000円前後(往復送料込み)となることが多いようです。

少々高額にも感じますが、詰めて送るだけで洗濯・乾燥、さらにきちんと畳まれて返ってくる洗濯物…その楽さにやみつきになってしまう方も多いそうですよ。

まとめ

洗濯機選びは、「一人暮らしであればサイズは小さなものでいい」といったような単純なものではありません。洗濯物の頻度や量、品目によって、適したサイズは変わってきます。あなたの生活スタイルを考慮しながら上手に選んでみましょう。

何かと忙しいことの多い一人暮らしです。コインランドリーやクリーニング、洗濯代行サービスなどの便利なサービスを活用しながら、少しでもお得に、そして楽に洗濯ができるよう工夫してみてくださいね。

【PR】満足度94%!プロの掃除

なかなか落ちない頑固な汚れにはこちらの会社がオススメです。無料の見積り相談であらゆるハウスクリーニングに対応してくれます。諦めている長年の汚れを落としてませんか?

\家全体全てに対応/

年間3000件の実績
  • ◇満足度94%!
  • ◇全国各地に完全対応
  • ◇速い、安い、信頼。

関連するキーワード


洗濯テクニック 衣類洗濯

関連する投稿


自宅で洗える?23種類のコート別洗濯方法と生地7種類の洗濯時の注意点

自宅で洗える?23種類のコート別洗濯方法と生地7種類の洗濯時の注意点

レザーコートや毛皮のコート、モッズコートやミリタリージャケット、そして冬の定番ダウンコートやダッフルコートなど、さまざまなタイプのコートの洗濯方法と注意点について解説しています。また、ウールや羽毛、綿、ポリエステルといった素材別の洗濯での注意点も説明しています。


ウールを縮ませないで自宅で洗濯する方法6ステップ

ウールを縮ませないで自宅で洗濯する方法6ステップ

ウールのセーターやカーディガン、マフラーやガウンコートなど、ウール製品を自分で洗う場合について解説しています。洗剤の選び方や水温、脱水方法、干し方について解説しているほか、万が一縮んでしまった場合の対処方法についても紹介しています。


酸素系漂白剤の5つの使い方と塩素系漂白剤との違い。粉末?液体?

酸素系漂白剤の5つの使い方と塩素系漂白剤との違い。粉末?液体?

キッチンや洗濯で大活躍する酸素系漂白剤について解説します。ここでは、漂白剤の種類とそれぞれの特徴についてや、キッチンや洗濯でどのようにして酸素系漂白剤を使用すれば良いのか、酸素系漂白剤を使う時の注意点などについてまとめました。


セーターが縮まない洗濯の6つの手順と4つのコツ

セーターが縮まない洗濯の6つの手順と4つのコツ

セーターの洗濯方法について、縮まずに洗う手順とコツを解説しています。洗剤の選び方や、手洗いの方法、干し方のコツのほか、洗った後にセーターが縮んでしまった場合の型くずれを簡単に直す方法も説明しています。


毛布を洗濯機で洗う方法9ステップ!6種類の素材別洗い方

毛布を洗濯機で洗う方法9ステップ!6種類の素材別洗い方

毛布を自分で洗う方法について解説しています。洗濯できる毛布の見分け方や、失敗しない毛布の洗濯方法、アクリルやポリエステル、ウール(羊毛)、カシミヤ(カシミア)、キャメル、シルクといった毛布の素材別の洗濯方法についても調べています。


最新の投稿


大きくて困る!マットレスの捨て方・処分方法5つと料金

大きくて困る!マットレスの捨て方・処分方法5つと料金

古くなったマットレスを使用していると、気付かぬうちに安眠を妨げられていることがあります。マットレスを交換したいと思っても、古いマットレスの処分にお困りではありませんか? どのような方法がり、お金がかかる場合の相場はどの程度なのか、調べてみました。


 油汚れをピカピカに!ガスコンロ掃除の裏技を9ステップで徹底紹介

油汚れをピカピカに!ガスコンロ掃除の裏技を9ステップで徹底紹介

キッチン周りの掃除が面倒くさいと思われる箇所の1つに「ガスコンロ」がありますよね。普段家で料理をされる方だと毎日使う場所かと思います。ある日気づいたら炒め物や揚げ物で飛び散った油でぎとぎとだった…。いうことも珍しくありません。今回は油がこびりついたガスコンロを、手早く簡単にピカピカにする方法をご紹介いたします。


カメムシの効果的な駆除方法5つとおすすめ殺虫剤TOP10【プロ監修】

カメムシの効果的な駆除方法5つとおすすめ殺虫剤TOP10【プロ監修】

黒くて丸いカメムシと、角ばっているカメムシのどちらにも効く駆除方法を紹介します。洗濯物について臭いにおいを出すカメムシを、叩かずに退治する方法や、殺虫剤を撒く場所を紹介するほか、カメムシによく効く殺虫剤を解説します。


お風呂の鏡の水垢ウロコ掃除方法6つ!ガラコや重曹で曇り止めできる?

お風呂の鏡の水垢ウロコ掃除方法6つ!ガラコや重曹で曇り止めできる?

浴槽の鏡の水垢を取るための掃除方法をお教えします。厄介な水垢はカルシウムでできているので、酸性で落とすのが一番です。また、水垢ができる原因や、どのような水質であれば水垢ができるのかといったことについても解説しています。


虫除けスプレーの最強ランキングTOP19【プロ監修】

虫除けスプレーの最強ランキングTOP19【プロ監修】

ドラッグストアやインターネットには、たくさんの種類の虫除けスプレーが用意されています。その中からどの虫除けスプレーを選べばよいのか、迷ってしまう人も多いはず。そんな虫除けスプレー選びをお手伝いすべく、「虫除けスプレーの最強ランキングTOP19」を紹介していきます。


引越し見積もり
ビジネスパートナー募集